FC2ブログ

海水アクアリウムの宿命

30cm海水水槽 558日目
12月5日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

うさぎやネズミや小鳥を飼い始めたこともあり、
すっかり更新頻度が下がってしまった海水アクアリウムですが
当然のことながら、毎日の世話は欠かしていません。

今日、カンザシヤドカリが脱皮していました。
カンザシヤドカリ
カンザシヤドカリの脱皮を目撃するのは3回目。
水族館でも見られない、かなり貴重な瞬間だと思う。
ソリハシコモンエビ
ソリハシコモンエビの脱皮殻もあったので
タイドグラフを見てみたら、今日は「大潮」だった。
水槽という人工環境内でも、自然の摂理は生きているんですね。

昨年7月から飼育していた、一番古株のヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
ライブロックから外れて落下していました。
元の位置に戻そうとしたら、自力で貝殻が閉じられない。
あっ、これは終わったな…と思った翌日には
ヒメシャコガイ
シャコガイは綺麗に食べられてしまいました。
エビとヤドカリにとっては、新鮮な刺身でしかないですからね。
メタリックグリーンに輝く一番思い入れがあったシャコガイなのに…悲しい。
でも、仕方がないんです。これが自然の掟なんです。
海水アクアリウムでも、弱った個体は容赦なく食べられてしまいます。

その日、ブラインシュリンプを与えていたら、
いつもは食べに出てくるオドリハゼが出てこない。
代わりに、同じ場所で大きなカニが何か大きな肉片を掴んで食べています。
あっ、これは捕食されたな…
共生エビとセットで9,800円もした、高級ハゼなのに…悲しい。
と思った2日後には、普通にオドリハゼが泳いでいましたw
え!?じゃああの肉片は何!?と混乱しましたが、
どうやらアレはシャコガイだったようです。
シャコガイさんはみんなのご馳走になったんですね;

オドリハゼ
このオドリハゼは、以前にも死んだと思ったら
なんと隣の水槽に移動して生きていたこともありました。
どうやって!?ジャンプしたの!?
信じられない、奇跡のハゼかもしれません。

そして、ダブルスター(ヒトデ)
ダブルスターフィッシュ
残念ながら、底砂上でバラバラになっているのを発見しました。
飼育約半年。ジュズベリヒトデよりは長生きでしたが、悲しいです。
原因ははっきりとわかりませんが、またヒトデ飼育にも挑戦したいです。
次以降は生態系が豊富な90cm水槽に入れると思うので、
もっと長期飼育が狙えると考えています。

明日は、東京レプタイルズワールド冬へ行く予定。
東京レプタイルズワールド冬
またイベントレポートの記事も書くので、お楽しみに!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ

メジロ飼育日記

12月2日(火)
キイロメジロ飼育14日目

なかなかブログを更新する時間が取れず、
書きたい内容が貯まる一方で悶々としていたのですが
今回は、私が一番熱を入れている野鳥飼育についてです!

当初は年内にヤドクガエル飼育をスタートするつもりで準備していたのですが
想定外の支出(←大赤字なデザインフェスタのこと;)で予算オーバーとなり、
1匹3万円くらいするヤドクガエルを揃えるのはしばらく保留を余儀なくされました。
替わって、小鳥ショップにアフリカ産メジロが入荷していることを知り、
かなり入荷頻度の少ないメジロ飼育を先に始めることにしました。

(ブログランキングも、一旦「ヤドクガエル」カテゴリーを外して
 現在は「野鳥」というカテゴリーに登録しています。
 来年以降にはヤドクガエルも飼うことは間違いないですが
 そのときにどのカテゴリーを優先するかはまだ決めていません)

カメラで怖がらせないように注意を払いながら撮影した、うちのキイロメジロです!
キイロメジロ
前回の記事にも書きましたが、
国産のメジロは、現在は鳥獣保護法により捕獲も飼育も禁止となっています。
いくら可愛らしくて欲しくなっても、法を破るのは犯罪行為です。
飼育する場合は、ショップで販売されている海外産メジロを購入しましょう。

鳥インフルエンザの影響でアジア産野鳥は輸入禁止になっているので、
アフリカ産の「アフリカヤマメジロ(キクユメジロ)」か「キイロメジロ」が入手可能です。
タンザニアからの輸入でペットショップに入荷しますが、頻度は非常に少なく
販売価格も数年前の2倍以上に上昇しています。

・アフリカヤマメジロ
(英名:Montane White-eye 学名:Zosterops poliogaster)
東アフリカの山地や高原に点在して分布。
アイリング(目の周りの白い環状模様)が大きい。
キイロメジロより生息分布が狭い為、環境にもシビアかと思われる。

・キイロメジロ
(英名:African Yellow White-eye 学名:Zosterops senegalensis)
アフリカの森林~疎林に生息、アフリカ中央部の熱帯雨林には棲まない。
小型で日本のメジロの囀り(さえずり)に近い。
小型の為か、アフリカヤマメジロより環境急変に弱く落鳥し易い。

日本で小鳥飼育といえば、文鳥やセキセイインコなど小型インコが一般的で
文鳥以外のフィンチや野鳥はとてもマイナージャンルだと思います。
ネットでの記述も文献も乏しいなかで、関連する情報を調べまくりました。
これからメジロを飼育する方の参考になるかどうか分かりませんが、
時系列にまとめて記載しておきます。

11月19日(水) -飼育1日目
予め購入しておいた竹鳥篭に竹椿油を塗って乾かしておく間に
レンタカーを手配してショップに向かう。
サシコ
KAWAI 竹カゴ スス竹風細ヒゴ 尺1寸(180×340×230)

竹鳥篭は、同じものを2つ準備しておき、掃除の際は
鳥を怖がらせないように別の籠に移すのが一般的です。

ショップにはキイロメジロが3羽いたが、
2羽は羽根を膨らましていてあまり状態が良くないように見えた。
一番元気に動き回っている小柄な1羽の購入を決定。
ショップで食べている餌も同時に購入。
仔うさぎを迎えた時と同じく、竹鳥篭にカバーを掛けて暗くして
まずは落ち着かせることを優先する。

11月20日(木) -飼育2日目
朝、部屋から聞こえる美しいメジロの囀りで目覚めました。
なんという贅沢。愉悦。感激。
ああ、幼少の俺がこれを見ることができたら、
羨ましさのあまり叫んだり喚いたりしただろうな。

ショップで与えられていた餌
すり餌
ヨシガイ工芸 めじろ極上餌

中身はこんな感じ↓
すり餌
きな粉みたい、と言えば想像できると思います。
ちなみに、デザートスプーンは付属していませんので要準備。

これは擂り餌(すりえ)と言って、日本の伝統的な和鳥用餌で
粉末を水で溶かしてペースト状にして与えます。
上餌(大豆粉、米ぬかなど植物性たんぱく質)と
下餌(魚粉など動物性たんぱく質)を配合したもので、
上餌10に対し下餌7の割合で配合されている餌を「7分餌」
上餌10に対し下餌5の割合で配合されている餌を「5分餌」
という風に呼びます。
和メジロの場合は、一般的に3分餌を与えます。

これを、ペットショップでは水で溶かずに粉末で与えていました。
(夏場などすり餌が痛みやすい時期には粉のまま与える方法もあるので
水で溶かないのが一概に悪いという訳ではありません)
しかし…食べません。
ショップでも補助食として与えられていた「メディマル きびしぼり」ばかり食べます。
まずは体力をつけることが先決なので、
何でもいいから食べて環境に慣れて欲しいと思います。
ミカンを輪切りにして入れておいたら、少し突いた形跡がありました。
(刺激を与えないように竹鳥篭をカバーで全面覆ってあるので、
 食べている様子などは全く観察できません)

11月21日(金) -飼育3日目

カバー内でメジロが動き回っている音がする。
反復横飛びのように、またはスクリプトのように
同じ行動をひたすら繰り返している。
これは元気なのか、暴れているのか、区別が付かない。

水換えするために手を入れると激しく暴れる。
これは荒鳥だからしょうがない。
焦らずじっくり慣らしていくしかないと思う。

新しいミカンを入れておいたけど、全く口を付けてない様子。
メジロといえば柑橘類だと思ったんだけど…
きびしぼりだけは減っているけど、このままでは栄養の偏りも心配だ。

11月22日(土) -飼育4日目
この頃から、昼間はカバー上面を外して明るくするようにした。
ただし、人の姿が視界に入ると怯えるので、側面は引き続き隠す。

バナナを買ってきて輪切りにして入れてみたが、これも全く興味を示さない。
すり餌はなかなか食べなくても、果物には飛びつくと思ったのだが…
キイロメジロ
スーパーへ蜂蜜を買いに行ったが、メープルシロップしかなかった。
それでも安価なシロップではなく、メープルシロップ100%の商品をチョイス。
これをすり餌に混ぜて甘い味と香りを付けてみたが…見向きもしない。
やはり、ワイルド個体の餌付けは一筋縄ではいかない。

11月23日(日) -飼育5日目

室温は24度。
人間用より高価な遠赤外線ヒーターで鳥かごを保温中。
それでも、キイロメジロは羽根を膨らませてることがある。
日光が差し込んで室温が27度まで上昇したとき
うさぎは暑さで寝転んでたけど、メジロはすこぶる好調そうだった。
徹底して保温して、鳥篭付近は常時30度維持してみるか。

再びミカンを輪切りにしてシロップを塗ってみる。
すり餌は100%オレンジジュースで溶いてみる。
これでどうだ!
しかし、全く食べる様子が無い。
ここまで苦戦するとは…
マジで「きびしぼり」だけが生命線です。
日に何度も囀っているので、そこまで状態が悪化してるとは思えないが…。

(続く

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ

うさぎの体温

12月1日(月)
うさぎ生後148日目・飼育108日目
ネザーランドドワーフ♂(オレンジ)・ピノ君

体重推移
ネザーランドドワーフ
体重は迎えたときの2倍以上になりました。
今ではすっかり落ち着き、うさぎと良い信頼関係を築きつつあります。

さて、うさぎを撫でたときに、
「あれ?うさぎの体温が低くない?」
と思うことはありませんか?
人間もそうですが、寝ているとうさぎも体温が下がります。
触ってみたときに、うさぎの身体が暖かいと活発な活動中、
いつもより冷たい感じだとウトウトしていたり眠いということになります。
病気では!?と焦る前に、うさぎをよく観察してみるといいと思います!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
人気ブログランキングにも登録しています!

文鳥まつり

今日から始まる「文鳥まつり」に行ってきました!
文鳥まつり公式サイト
文鳥まつり
文鳥まつり08
2014年11月21日(金)~26日(水)
11:30~17:30 最終日のみ14:00まで
場所*ギャラリー永谷(吉祥寺)
文鳥まつり
しかし、平日だというのに入場制限で30分待ち…
文鳥愛な人の多さを感じさせます!
(場内は撮影禁止なので写真は無し)
私はまだ文鳥を飼ってはいませんが、近いうちに手乗りで
シルバーかシナモンを飼いたいなぁと考えています。

せっかく吉祥寺に来たので、近くの熱帯倶楽部に寄ってみました。
アメリカチョウゲンボウが可愛くて、猛禽熱が再燃。
「クレジットカード10回分割払いで今すぐお持ち帰り可能」とか
恐ろしく誘惑してくるPOPがヤバい。危険すぎる。
店員さんと話し込んでいると、ショップを訪れた女子高生が
ボールパイソンやヒョウモントカゲモドキを見て「かわいー!」を連発しておりました。
以前よりは一般に爬虫類や猛禽なんかも受け入れられてきたのでは。
エキゾチックアニマルにももっとスポットが当たって欲しいと思う反面、
安易なブームで不幸になる動物が多発するのだけは避けたいものです。
ちなみにこの店員さんは、猛禽の他にオカメインコ5羽、
ヘビ20匹(!)、猿も飼育されているというツワモノでした。
私も海水魚や熱帯魚から、クラゲ、うさぎ、アフリカチビネズミ、キイロメジロ。
次はヤドクガエルか文鳥か猛禽か…
まだまだ止まりそうもありません!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥飼育に挑戦!

11月19日(水)
キイロメジロ飼育1日目

カテゴリ名と記事冒頭の見出しでネタバレしてますが…
野鳥飼育にも挑戦することにしました!
アフリカ・タンザニア産「キイロメジロ」です。

メジロ科 Zosteropidae
メジロ属 Zosterops
キイロメジロ(African Yellow White-eye) Zosterops senegalensis

メジロ - Wikipedia
メジロ
メジロ
メジロ
(上記はwikipediaの画像で飼育個体ではありません。参考までに…)

国産のメジロは、現在は鳥獣保護法により捕獲も飼育も禁止となっています。
ですので、ショップで販売されている海外産のメジロを飼うことになります。
中国産メジロも輸入禁止になっているので、現在はアフリカ産の
「アフリカヤマメジロ(キクユメジロ)」か「キイロメジロ」ということになります。
アフリカヤマメジロはアイリング(目の周りの白い模様)が大きく、
キイロメジロは小型で日本のメジロの囀り(さえずり)に近いと言われています。
ペットショップに入荷することも稀で、飼育情報もほとんど見当たりません。

とりあえず、国産メジロや和鳥の飼育情報を集め、
それを応用して飼育していきたいと考えています。
和鳥用竹鳥篭(サシコ)
サシコ
KAWAI 竹カゴ スス竹風細ヒゴ 尺1寸(180×340×230)
事前に竹椿油を塗って乾かしておきます。

一般的な金属製鳥かご(ケージ)と違って、竹鳥篭(サシコ)は尺寸でサイズを表します。
奥行き×幅×高さ(単位cm)
八寸 25×12×17
九寸 27×15×19
尺 30×17×21
尺一寸 33×17×22
尺二寸 37×19×25
もっと大きな九官鳥用やオオルリ・ミソサザエ籠もあります。

メジロ用として九寸や尺サイズの竹鳥篭が販売されていますが、
少しでも大きいサイズを準備したいので、今回は尺一寸を選択。

肝心のメジロですが、人工繁殖個体(CB=Captive Bred、ブリード)ではなく
当然、野生採集個体(WC=Wild Caught、ワイルド)なので、
ショップ入荷から約2ヶ月が経過しているとはいえ、人馴れしていません。
動きが早すぎるのとあまり刺激を与えたくないので、まだ写真は撮っていません。
手乗りになるとは思っていませんが、じっくりしっかり慣れさせて
将来的には部屋で放鳥できるくらいになって欲しいなぁ、と夢見ています。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
人気ブログランキングにも登録しています!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】