HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

水槽連結

30cm海水水槽 115日目
9月3日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

先日行った久々の水質検査。
水温 24度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)10+mg/l
ペーハー(pH) 7.4+pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l
またpHが低くなってるので、アラガミルクを少しずつ添加。
蒸発した分の足し水で水道水からリン酸も入ってくるので
当分はこのコケ天国が続きそうです;

さて、海水水槽ではまたマニアックなことにチャレンジします!
2つの水槽を並列に連結する試み。

妄想アクアリウム
セッティング中なので見た目が悪いのはご勘弁を。
右側の立ち上がっている30cmキューブ水槽の隣に、
全く同じ大きさの30cmキューブ水槽を新しく設置。
水中ポンプで左水槽から右水槽に水を送り、
右水槽から左水槽へサイフォンで水を戻す仕組みです。

こちらのブログ↓を参考にさせてもらいました!
連結水槽の仕組み(。-∀-)ニヒ♪

サイフォンパイプを特注で制作してもらってるんですが、
まだ到着していないのでとりあえず水質を揃える準備と
機材のセッティングに取り掛かっています。
妄想アクアリウム
新水槽を置く場所を作るために、元水槽を5cmほど動かしたんですが
その衝撃だけでウミキノコがぐったりうなだれてしまいました;
キーパーからしたらたった数センチの水槽移動ですが、
中の生き物達からしたら巨大地震でしょうからねぇ…。
妄想アクアリウム
ウミウシの餌となるブルースポンジが到着したので
ライブサンドをひいた後に入れています。
何も入っていない水槽は、本当に広く感じますねー。
シムシティの新しいMAPみたいで、何を入れようかワクワクしますw
といっても、入れる生体は決まってるんですがね!

実は、ショップでまたイバラカンザシを見つけまして。
私がイバラカンザシを大好きなのは、購入時にも書いた通りなんですが
今回は、ハマサンゴにイバラカンザシとカンザシヤドカリまでいるんですよ!
ヤドカリって普通は貝殻に入って生活するものなんですが、
カンザシヤドカリというのは、サンゴに開いたイバラカンザシの穴に入る
珍しい種類のヤドカリなんですよ!ショップで販売されることは極めて稀なので、
悩んだ挙句、ベースとなるハマサンゴが入る大きさの水槽を連結させることにしました。
余っている20cmハイキューブ水槽の連結も考えたんですが、底面積が狭いので
スペースに余裕を持たせた方がいいでしょうからね。
どうせ私のことだから色々と生体を入れたくなるに決まってるし!

水槽連結のメリットとしては
・今まで総水量が約30リットルだったのが一挙に倍になり、水質が安定する。
・新水槽には魚やエビが居ないので、産卵・繁殖などに使える。
 ライブロックの微生物も捕食されず、ゆっくり観察できる。
・魚にいじめが発生した場合には、すぐに同じ水質の隔離水槽として使用できる。

逆にデメリットとしては
・当然、魚の泳げるスペースは広がらないのでテリトリー争いは解決しない。
・サイフォンパイプが詰まれば即大洪水の事故が発生。

大洪水だけはどうしても避けないといけないので、対策を練っておきます。
しかし、目の前に空き水槽があると、色々生体を入れたくなってやばいですねw

「底砂がパウダーなら、チンアナゴもいけるな。もう少し厚みが必要か。」
「砂に穴を掘って寝るイエローコリスも可愛いよな。」

「あれ?俺は何を飼おうとしてたんだっけ?」

せっかく憧れのイバラカンザシとカンザシヤドカリを飼うために拡張したのに、
危うくチンアナゴ水槽になるところでしたw
こんな感じで魚をポチりそうになるのを堪えないといけませんw

追記にはまたウミウシが登場します↓
妄想アクアリウム
3個目のブルースポンジ。1つ3,000円もする、ウミウシの餌です(泣
袋から取り出すときに、スポンジがちょっと破損してしまいました;
水合わせまでに時間がかかり、付着していたクモヒトデが瀕死になっていましたが
とりあえず動いているので一緒に水槽へ入れました。
新水槽も生態系が厚くなって欲しいですからね。

妄想アクアリウム
ガラス面にくっついていたポルカドットスラッグをさっそく移動させると
落ちてきた変な体勢のまま、すぐさまブルースポンジを食べ始めました!
1週間以上の絶食だったので、お腹が空いていたのか…
ウミウシは半月以上餌が無くても大丈夫という記事もありましたが、
何しろウミウシ飼育の情報は少ないので、慎重に経験を積んでいきたいと思います。

ブルースポンジは水質にかなり敏感なので、早くも先端の白化が始まっています。
いくら飼育水を流用してライブサンドを使っていても、立ち上げ直後の水槽だと厳しいか。
パワーヘッドで強めに水流を作ったので、ウミウシが食べ終わるまでは耐えてもらいたい。
白化したスポンジには興味を一切示さないグルメ野郎ですからね、ウミウシは。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
山岡「このブルーのスポンジは出来そこないだ。食べられないよ。」
山岡「肝心のスポンジが白化もので栄養もうま味もあったもんじゃない。
   さらに硝酸塩の過剰な蓄積でスポンジの風味が完全に殺されてる。
   おまけに飼ってる人間が水質管理のやり方をまるで分かってないせいで
   スポンジはベシャベシャ、サクサク感がまったくない。
   これじゃスポンジも泣いてらぁ。」
こんな感じで食わなくなるんですよ。高価なスポンジなのに(泣

ちなみに、ウミウシの卵は、跡形も無く消滅していました…
まあ、そりゃそうだよなぁ。孵化したところで魚がバクバク食べるだろうし。
次にまた産んだら、今度はじっくり観察してみたいと思います!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/99-4d5c7b73

コメント

水槽連結、なるほど
如何に自分が知恵を使ってないか
分かってしまうなぁー。

あ、コメント書き忘れてたんですが
前の日誌のぬこと魚。

ああ言うの好きです俺w
良いもの見せてもらいました。

海水さんも、
あり得ない魚の感情と言うものを
もし具現化出来たら、
クソ文句言われながらも
良い主と思われるんだろうな(チラッ
Re: 水槽連結、なるほど
オーバーフローでなければ、水槽連結は思ったより簡単でした。
水槽に穴開けたりするのは難易度高すぎ;

ぬこは飼えませんは、次はウサギを飼おうと思います!(ぇ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。