HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

謎の生き物

30cm海水水槽 85日目
8月5日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

うちのポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)君は今日も元気です。
妄想アクアリウム
餌のブルースポンジにむしゃぶりついて(?)ました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
思ったより、食べるのが早いです。数日でこの状態に。
その間、ブルースポンジの上から一歩も動きません^^;
妄想アクアリウム
2日間不在の間に、ブルースポンジが半分以上真っ白に!
こうなってしまっては、ウミウシも餌と認識していないようです…
妄想アクアリウム
この翌日にはほとんどの部分が真っ白になってしまいました…
キーパー不在時の急速な水質悪化とはいえ、
スポンジは状態が不調になるとあっという間に全滅してしまいますなぁ;
妄想アクアリウム
また水槽の中を徘徊し始めて、キイロサンゴハゼを追い出して
隔離ケース上の空間を占領してしまいました^^;

ウミウシの生態は謎に包まれていますが、思うに
餌を求めてひたすら歩く→餌を見つけると食べれるだけ食べる
→餌が無くなると再び放浪の旅へ
こんな感じなのかと推測。
ウミウシは究極に偏食なので、自然界でも餌を見つけるのが困難でしょうから。
このポルカドットスラッグも、ブルースポンジしか食べません。
他の色のスポンジじゃダメなんです。味が違うのだろうか…

陰日性サンゴのオオトゲトサカも調子は悪くないみたいですが
妄想アクアリウム
縮むと、こんなに小さくなるんですね。
膨らんだ時と大きさの差が激しすぎる^^;

他のサンゴもやっと調子が戻りました。
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴとイソギンチャクモエビ。
こういうシーンが見られるのがほんとキーパー冥利に尽きます。
イソギンチャクモエビは2匹しか居なくなってしまったから、
また追加で投入しようかな。

ここからは、水槽内で発生した謎の生き物。
見たい人だけ「続きを読む」をクリック↓
スポンジにくっついてきた、1cm未満の謎の生き物。
細かい足を動かして、底を高速移動しています。
妄想アクアリウム
調べてみると、どうもウミセミの一種らしい。
ホタテガイを食害するという情報以外は手に入らなかったので、
念のため、本水槽には入れませんでした。

ガラス面を這いずる、謎のニョロニョロ。
長さは3cm以上はあるでしょうか。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
線虫ってこんなに大きくなるものなんでしょうか?
いや、ならないでしょう。
ってことは、ゴカイ類なんでしょうか。謎です。

数mmしかないクラゲっぽいのも泳いでいますが、
小さすぎて写真が撮れません!
キイロサンゴハゼの近くまで行きましたが、食べませんでした。
現在、魚はキイロサンゴハゼとマンダリンしか居ないので、
微生物も捕食されにくく、色んな種類が発生しているようです。
魚やエビを入れると、小さな生物が食べ尽くされてしまいますからね。
謎の生物の観察も、海水水槽の楽しみの1つです!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/82-d5b3380e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。