HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>覚え書き

注目生体メモ

注目生体メモ

■海水魚

・タマムシサンゴアマダイ
「チェンジカラー・タイルフィッシュ」「チェンジングカラーゴビー」の別名があるように、玉虫色の体色を瞬時に変化させるという特徴をもつ。マリンフィッシュとして数種が知られているサンゴアマダイの中でも、たいへん美しく人気が高い種類だ。自然下では、水深30m以深の砂礫底などに生息している。フィリピンから輸入されるが、入荷量は非常に少なく、価格的にも高価である。プランクトン食性で、デリケートな面があり、飼育はやや難しい面がある。
タマムシサンゴアマダイ
サンゴアマダイ飼育 覚書き

・オウゴンニジギンポ
別名:イエローファイングブレニー
淡い白色の体色をベースに、頭から尾ビレにかけて青から黄色のグラデーションがかかる美しいギンポの仲間。
ギンポの仲間の中では、よく泳ぎ回る種類。
下アゴに比較的大きな鋭い犬歯と弱毒の毒腺を持つ。
丈夫で飼い易く、冷凍飼料にすぐ餌付く。
下顎に大きな犬歯と毒腺を持ち手を噛まれると腫れることもあります
飼育は容易でエサは冷凍ブラインや乾燥クリルの砕いたものを好みますが
慣れれば人工飼料も食べるようになります
オウゴンニジギンポ

・ハナダイギンポ
遊泳性で餌付きもよいギンポですが、水質の悪化には敏感です。
カラーバリエーションもあり、興奮状態によって色彩変化します。
インド洋(スリランカ)産は全身イエローと青い目。
ギンポ紹介

・レッドシーミミックブレニー
オウゴンニジギンポのようなカラーリング

・アレンズダムセル
気性の激しいスズメダイ系の中では温和な方です。
海水魚は体色がけっこう変わります。
アレンズダムセルも店頭で見た色と、家に帰って水あわせをしているときの色では
まったく違います。
アレンズダムセルは底砂を掘って巣を作る性質があります。

・インディアンフレームアンティアス
ハナダイの飼育難易度(コラム)

・ベントラリス
別名:ニラミハナダイ・ディープウォーターアンティアス・ロングフィンアンティアス

・ケラマハナダイ
別名:ブルーアイアンティアス

・ハナゴンベ
ゴンベの名が付いているが、ハナダイの仲間。臆病な性格。

・ハシナガベラ
大人しいというか臆病な種類。
カクレエビとも混泳できる可能性が高い。

・ライムラス
別名:パステルグリーンラス
パステルグリーンの体色のベラ。体長は最大19cmにも及ぶ。
キュウセンの仲間なので夜間は砂に潜る。

・ローンボイドフェアリーラス
別名:ゴールデンラス
イトヒキベラの仲間で、マーシャル諸島クェゼリン環礁の固有種。
”ローンボイド”は菱形の意味で、尾ビレの形状から冠されてます。
紫と金の模様が刺繍されたような美しさですが、高価。

・ラボウテッドラス
イトヒキベラの仲間、オーストラリア便やバヌアツ便で入荷。
非常に美しく独特な模様が目を惹く。
オスの個体はメスに比べヒレが黒く深みのある体色餌へ変化します。

・キューバンホグフィッシュ
キューバンホグフィッシュ(スポットフィンホグフィッシュ)
砂に潜らないが大型になる

・レッドシークリーナーラス
レッドシークリーナーラス
成長と共にクリーナーフィッシュの働きをしなくなります。
成長した個体はサンゴのポリプをたべるため、餌付きにくいですが
幼魚の時から飼育すれば、人工飼料にも餌付きます。
他魚の鰓を齧るという情報もあり。
ソフトコーラルはセーフ・ハードコーラルはアウトという情報あり。
ホンソメ・ハワイアンもソフトハード共に食害する可能性あり。

・フルムーンリーフゴビー
フルムーンリーフゴビー
性格は極めて臆病。

・タイニーダートゴビー
セブ便で入荷するモエギハゼの仲間。
見事なシルバーの体色にブルーアイが輝きます。
極めて臆病な性格。

・サンライズドティーバック
サンライズドティーバック(ブリード)

・ホワイトリボンイール
和名ではモヨウタケウツボと呼ばれています。タケウツボ属として分類される場合もあります。太平洋側に分布するものは小斑点があり、インド洋側のものは小斑点は無く色もやや褐色が強いです。
体長約50-60cm。

・ゴールデンモレイ
ゴールデンモレイ

・ブルーリーフクロミス
ブルーリーフクロミス

・アオスジスズメダイ
深場に生息する単独型のスズメダイ

・レインフォースゴビー
ミクロネシア固有種、ベントス系

・クジャクスズメダイ
やや大人しいめのスズメダイで、混泳させると逆にやられてしまう可能性が高い種です。

・フジイロサンゴアマダイ
フジイロサンゴアマダイ

・アカオビサンゴアマダイ

・イエローサンドタイルフィッシュ
黄色い体色が鮮やかなサンゴアマダイの仲間。
イエローサンドタイルフィッシュ

・ダンゴウオ
ダンゴウオ通販・販売・飼育

・オコゼカジカ、クチバシカジカ
ダンゴウオと同様の低水温

・コンビクトブレニー
コンビクトブレニー
黒と白の縞模様は幼魚のもので、成魚は黄色と黒のまだら模様
ゴンズイに擬態、砂に巣穴を掘る

・バーナクルブレニー
フジツボやライブロックの穴に入る習性

・ポーキュパインフィッシュ(ハリセンボンsp)
ハリセンボン科の仲間たち

・メイタイシガキフグ
ハリセンボンより小型。あまり泳ぎ回らない。

・シマウミスズメ
ハコフグの中では小型。

・リーフスティングレイ、トビエイ
リーフスティングレイ餌付け

・ウミテング
タツノオトシゴと同じ扱い

・テングノオトシゴ
テングノオトシゴ

・ホウボウ
セミホウボウ飼育 覚書き
胸鰭が美しい
近海産・深場なので高水温注意

・ミヤケテグリsp.(セブ産)
ミヤケテグリsp.

・イエローアセッサ
オーストラリア便で入荷するタナバタウオの仲間。この種の割りに大型化せずに大人しく人気が有ります。
イエローアセッサ

・アオギハゼ
チビハゼ図鑑1

・ホタテツノハゼ
自然下では、コトブキテッポウエビやシジロテッポエビなどと共生している様ですが
ランドールピストルシュリンプとも共生します。

・ハワイトラギス
白色の体に鮮やかな赤の配色。
巣穴を掘るのと、小さいエビや魚は捕食されるので注意。

・ブラックキャップバスレット
カリブ海産

・ロングフィンスナッパー
和名イレズミフエダイ、最大20cm

・ニシキフウライウオ
ニシキフウライウオ
カミソリウオ

・スポッテッドドラム
~ スポッテッドドラム ~
カリブ産。ジャックナイフに類似

・アマクサヨウジウオ
レッドは特に人気。

■サンゴ

・クダサンゴ(フィジー産)
水質は、硝酸塩も低く0.1以下程度、リン酸も0.02程度とする必要があります。

・ナガレカタトサカ
好日性ソフトコーラル。昼と夜のサイズ変動が激しい。ピンクの個体も存在。

・ネジレカラマツ
ネジレカラマツ

・カリビアンゴルゴニアン
好日性ヤギ

・スパイニーシーロッド
好日性ヤギ

・ピピンネートシーブルーム
好日性ヤギ

・ウミエラ
ウミエラ

・ウミサボテン
陰日性サンゴ。砂に潜るので底砂10cmくらいは必要?

■無脊椎他

・フレームスキャロップ
フレームスキャロップ

・スパイダースポンジ
オーストラリア産

・カンザシヤドカリ&イバラカンザシ
カンザシヤドカリ&イバラカンザシ

・モクズショイ
モクズショイ

・デコレータークラブ
デコレータークラブ
(カリブ産もあり)

・マユハキモ
マユハキモ

・トサカガキ
トサカガキ レッド

・イバラカンザシ
イバラカンザシ(レッドフラワー)

・ヒメメリベ(メリベウミウシ)
食性:ヨコエビ・ワレカラ

・ミゾレウミウシ
白色カイメンを食べるという情報も。
ウミウシ図鑑004:ミゾレウミウシ

・オトヒメウミウシ
オトヒメウミウシ

・シロウサギウミウシ
シロウサギウミウシ

・ゾウゲイロウミウシ

・ホウズキフシエラガイ
餌はナミイソカイメン?

・ソメンヤドカリ
ソメンヤドカリ
イソギンチャクを殻に乗せることで有名なヤドカリです。また、殻を引っ越す際には、それらのイソギンチャクを一体残らず新たな殻へ移し替えるのですが、その仕草がとても一生懸命で見ていて健気に思えます。
また本種は非常に大型になる種で、好奇心も旺盛で色々とやんちゃもしますが、その分水槽でも慣れやすく、エサをねだる様はまさにペットの感覚にも似ています。
但し、本種に限らずヤドカリ属はとても摂食量が多いため、水槽での飼育は栄養不足による衰弱や脱皮の失敗に注意する必要があります。
自然下では迂闊に触るとベニヒモイソギンチャクが槍糸と呼ばれるピンクの糸をたくさん出すのでご注意ください。

・サメハダヤドカリ
ソメンヤドカリと形態的には良く似ているが、左はさみの掌部全体が顆粒突起の棘で覆われる事などで区別出来る。貝の表面にはベニヒモイソギンチャクを付けている。

・アカツメサンゴヤドカリ
超ヤドカリ図鑑
おとなしく、コケをよく食べる。
自然界ではミドリイシの枝の間に生息。

・ジュズベリヒトデ
体長は小さく、サンゴを食害しにくい?

・ハワイアンストロベリークラブ
エメラルドグリーンクラブ近種で藻を食べるピンク色のカニ

・ペダーソンシュリンプ
カリブ海のグラスシュリンプ
海水魚図鑑カクレエビ

・ギヤマンクラゲ

・ガラガラ
ストローのような筒状の茎が特徴、赤色をしたヤギのような形状の海藻。

・クチバシカジカ
近海産、飼育はダンゴウオと類似?

■淡水魚
・クラウンロケットフィッシュ
体色変化
ガラス面に貼り付くことはほとんどなく水草の上に常駐
クラウン・ロケットフィッシュ

・ポポンデッタ・フルカタ
レインボーフィッシュ
ポポンデッタ・フルカタ

・インドピンクイール
モレイ(ウツボ)の仲間?

・コリドラス イルミナティグリーン

・アフィオセミオン・オーストレリー・オレンジ
卵生メダカ、ペアで繁殖可

・ノソブランキウス・ラコビー
卵生メダカ、一年生魚、特殊な産卵
卵生メダカ専門店アントニオ

・コロンビアブラック
最大30cm程度の小型淡水エイ。比較的安価。

・マグダレナスティングレイ
20cm未満で成熟する世界最小のエイ。

・北米淡水カレイ(アキレス)
最大10cmほど。冬にベビーサイズが入荷する。
少し高めの水温28度前後が適している。飛び出し注意なのでフタ必須。

・ミクロスパイダークラブ、スラウェシシュリンプ
バクテリア食性、ボトルアクアリウムに。

■多肉植物・エアープランツ

・イオナンタ・ロシータ
T.ionantha var.stricta`Rosita'/イオナンタ・ロシータ
イオナンタ変種、葉が赤みを帯びる。

・コノフィツム 翡翠玉(Conophytum Calculus)

・ムイリア属 ホルテンセ(宝輝玉)(muiria hortense)

・ラピダリア 魔玉(Lapidaria Margaretae)

■機材他

・ステンレス製ライトスタンド 60cm水槽用
水景工房

■爬虫類・両生類

・グランカナリアカラカネトカゲ
ムスジカラカネトカゲ

・カリフォルニアキングスネーク
"90%ハイホワイト"カリキン

・ファンスロートリザード(Sitana ponticeriana)
ヒマラヤ山脈からパンジャブ、インドに生息するアガマ科の半樹上棲小型種トカゲ。
英名「Fan-throated lizard」の通り、デュラップが扇のように広がる。
発情期になるとこの扇部分はメタリックブルーと赤に染まる。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/8-10a42f84

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。