HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

釣りゲームからリアルへ

ここまで急にアクアリウムにハマった理由はいくつかあると思う。

小学生の頃、ネオンテトラが飼いたくてしょうがなかったのに
家庭の事情で熱帯魚を飼うことができなかった。
それで熱帯魚の飼い方の本を、擦り切れるほど読み漁っていた。
その頃の満たされない想いが、心の奥底に眠っていたのだろうか。

最近、釣りMMOゲームをプレイしていたことも大きく影響している。

Fish Hunt 世界を釣れ!
Fish Hunt 世界を釣れ!
Fish Hunt 世界を釣れ!
このゲームは釣りシミュレーションとしてはどうかと思うが、
ゲームとしては本当に良くできていて面白い。
最初は淡水でフナやドジョウを釣ったりする面なんだが、
先へ進むと海水域や東南アジアで巨大魚を狙ったりもできるようになる。
Fish Hunt 世界を釣れ!
アクアリウム機能もあり、釣った魚を泳がせたり
飾り珊瑚や水草を配置して眺めることもできる。
なかなか美しい。

しかし・・・物足りない。
当然だ。
デジタルデータの魚は死ぬこともないし、
餌をやってもプログラム化された動きを繰り返すだけ。

さらに、私の興味を惹き付けて止まないのが、この存在。

ライブロック

直訳すると、「生きている岩」。
死んだ珊瑚の骨格がが実際の海の中で熟成されたもの。
これを海水魚用の水槽に入れると、
バクテリアが繁殖して水質改善に役立つし、
小魚やエビの隠れ家にもなるし、なにより見た目も綺麗。
それだけじゃない。
このライブロックは、「生きている」のだ。
付着していたサンゴやイソギンチャクが生えてきたり、
カニやシャコが隠れていたり、くっついてきたエビの幼生が成長したり。
ライブロックがあることによって、水槽が「海の一部」へと昇華される。
福袋的な楽しみと大自然の神秘性が一度に楽しめる、
と言ったら言い過ぎだろうか。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/5-41d5cd7f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。