HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

捕獲作戦第2弾

30cm水槽立ち上げ 31日目
6月12日(水)

さっそく前日の影響が出ています。
あんなに元気だった、マメスナもウミキノコも開いていません。
妄想アクアリウム
パープルスポンジが明らかに変色。
キノコボヤの群生も全てぐったりしています。
ベニボヤはまだ大丈夫そう。

これはまずい…
テッポウエビを早く捕まえないと、
水槽全体に悪影響が大きすぎる。

意を決して、ライブロックを取り出しての
大捕り物をやることにしました。
テッポウエビが潜む岩をサブの水槽へ取り出し、
穴にスポイトで真水を注ぎ込みます。
すると、中の生物がびっくりして飛び出してくるという訳。
シャコ・カニを捕獲するときの割とメジャーな戦法。
というか、このやり方でないと、まず捕まえられない。

悪戦苦闘すること30分余り…

テッポウエビ捕獲に失敗しました;

隠れていたサンゴモエビは落ちてきたんですけどね。
しつこく真水を注入しても、テッポウエビは落ちてきません。
昼間なのでテッポウエビは深く潜り込んでしまっていたのか?
夜にもう一度挑戦して、早く取り除いてしまいたい。
このまま空気中に出しておくとライブロックの生体が全滅するので
泣く泣くそのまま本水槽に戻しました。
これでも、真水によってバクテリアは大幅に死滅したことでしょう。

はぁ…
テッポウエビの問題は解決せず、
水槽のダメージだけがどんどん蓄積されていく。

心配なので、水質検査を実施。

水温 26度
アンモニア(NH3)0mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.5-mg/l
硝酸塩(NO3)0+mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)15d
カルシウム(Ca)400mg/l

少し亜硝酸が検出されています。
KHが高すぎるのも苔の発生を誘発して
ホヤやスポンジには厳しい状況。
連日の換水も生態には負担が大きいだろうし、
祈るような気持ちで様子を見るしかないかもしれません。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/45-197820be

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。