HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

好調なときほど対策を練る

30cm水槽立ち上げ 19日目
5月31日(金)

ガラス面にコペポーダ(動物性プランクトン)が
いっぱいくっついて綺麗に撮れないので、今回は写真無し。
でも、これは生物の多様性が保たれた望ましい状態です。
そのために天然海水使ったりプランクトンパック入れたりしたんだから。

先日導入したコケ取り部隊、マジで大活躍です。
もうコケ問題は解決したも同然です。
「モエビはコケは食べても海藻は食べない」と専らの噂でしたが、
散髪したかのようにキレイに刈り取られていました。
素晴らしいです。
ライブロックのコケに悩まされている人には、
ぜひタカラガイとモエビの導入を薦めたいと思います。

さて、水槽の調子が良いので何も弄らなかったんですが、
今後の対策を2つ考えています。

1つ目は、ハードコーラル(骨格サンゴ)導入による添加剤の必要性。
ハードコーラルはpH、KH、カルシウム(Ca)、ストロンチウム(Sr)
などの濃度に非常に敏感なため、頻繁な換水に加えて
サンゴ用添加剤も必要な可能性があります。
アラガミルクかパープルアップを準備しておこうかと思ったけど、
リン酸(PO4)はコケの発生を誘発するので、
ハードコーラル導入後にどうするか決めようと思う。

2つ目は、ウミケムシ繁殖への対策。
私の水槽ではまだ1度もウミケムシを見かけていませんが、
これだけ付着生物が多いライブロックでウミケムシだけ居ない
なんてことはまずありえないので、今のうちに手を打っておきたい。
具体的には、ウミケムシとライバル関係にあるヨコエビを導入して繁殖させます。
ウミケムシと同じベントス(底生生物)であるヨコエビを先に増やしておけば
ウミケムシに餌や生態圏が回らず、繁殖が抑えられるという寸法です。
仮にヨコエビが爆発的に繁殖しても、ほとんどの魚が喜んで食べるため、
あっという間にヨコエビは食べ尽くされてしまうでしょう。
逆にウミケムシが増えてしまうと非常に問題が多いです。
毒のトゲを持つウミケムシを食べる動物はほとんど居ません。
アロークラブやオトヒメエビはウミケムシを捕食するらしいですが、
他のゴカイや小型甲殻類や小魚までも食べてしまうため、
これらの導入はなかなか厳しいものがあります。
という訳で、ウミケムシは増やさないのが一番。
そのためには、今のうちから綿密に対策を練っておきたいのです。

・・・今回は小難しい話ばかりでしたね^^;
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/33-4644c77d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。