HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>イベント

文鳥まつり

今日から始まる「文鳥まつり」に行ってきました!
文鳥まつり公式サイト
文鳥まつり
文鳥まつり08
2014年11月21日(金)~26日(水)
11:30~17:30 最終日のみ14:00まで
場所*ギャラリー永谷(吉祥寺)
文鳥まつり
しかし、平日だというのに入場制限で30分待ち…
文鳥愛な人の多さを感じさせます!
(場内は撮影禁止なので写真は無し)
私はまだ文鳥を飼ってはいませんが、近いうちに手乗りで
シルバーかシナモンを飼いたいなぁと考えています。

せっかく吉祥寺に来たので、近くの熱帯倶楽部に寄ってみました。
アメリカチョウゲンボウが可愛くて、猛禽熱が再燃。
「クレジットカード10回分割払いで今すぐお持ち帰り可能」とか
恐ろしく誘惑してくるPOPがヤバい。危険すぎる。
店員さんと話し込んでいると、ショップを訪れた女子高生が
ボールパイソンやヒョウモントカゲモドキを見て「かわいー!」を連発しておりました。
以前よりは一般に爬虫類や猛禽なんかも受け入れられてきたのでは。
エキゾチックアニマルにももっとスポットが当たって欲しいと思う反面、
安易なブームで不幸になる動物が多発するのだけは避けたいものです。
ちなみにこの店員さんは、猛禽の他にオカメインコ5羽、
ヘビ20匹(!)、猿も飼育されているというツワモノでした。
私も海水魚や熱帯魚から、クラゲ、うさぎ、アフリカチビネズミ、キイロメジロ。
次はヤドクガエルか文鳥か猛禽か…
まだまだ止まりそうもありません!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/311-f1b945fa

コメント

水槽の調子はどうですか
 Pino様、水槽の調子はどうですか。
 いろいろな動物に興味を持ち、見聞を広めようとする姿勢は、私も見習うべきでありまして、ダンゴウオを繁殖している(ショッカー水槽の)友人もPino様の事を見習うべきところが多いと絶賛していました。
 ショッカー水槽の友人も、ダンゴウオについてできる限りの協力をしたいと言っていましたが、やはり心配していたのは、他に新しく立ち上げているものがあるため、立ち上げのための準備が重要なダンゴウオ飼育を失敗されることを心配されていましたが、Pino様の今は余裕がないとのお返事で安心したと言っていました。
 「安易なブームで不幸になる動物が多発するのだけは避けたいものです。」というお考えはやはり生き物を飼う上で一番重要で、ショッカー水槽の友人も、言っておりまして、ショッカー水槽の友人は採集ではなくあくまでダンゴウオ飼育の参考のためにダイビングや磯での観察もしている様ですが、観察を目的にしているため、敢えて市の条例で採集が禁止されている磯や、特別な許可が無いと採集が禁止されているスキューバダイビングで観察するなどモラルを第一に目的をハッキリさせているようです。
 残念なことに、本来は採集が禁止されているところで採集をしている人(ほぼ毎回同一人物)も度々目撃しているようで、それらの人はモラルを守らない=カワイイという考えだけで何回も同じ原因で殺していて殺した原因を探求できずに安易な飼育を繰り返す皮肉にもショップにとっては一番儲かる客だと言っていました。
 過去をぶり返してしまいまして申し訳ありませんがアメリカンピグミーマウスの不幸な事故につきましては、ダンゴウオは小さい隙間に入り込み、そのまま死亡する事故があると聞いていましたがそれを書き込むのを忘れていたため、もしも書き込んでいましたらその事故は防げたのではと私も悔やんでいますが、その事故の教訓を今後に活かして危険要素を取り除くことは本物であり、無駄な犠牲ではなく、意味のある犠牲であり、その後に繋がりますのでその後の良い結果が最大の供養となると思っています。
 ショッカー水槽の友人からの提案ですが、現在はそのような余裕はないのは承知していますが、余裕ができましたらPino様に飼ってもらいたいものは「タコ」だと言っていました。
 飼育するタコと言いますとヒョウモンダコを思い浮かべると思いますが、マダコかより小さく飼いやすいイイダコで、有名なパウル君でもご存知名とおり、タコは知性が高く、飼っても面白いのではないかと言っていました。
 飼育の最大の難所は隙間を作ると脱走する場合もあり脱走対策が必要で、寿命は1年から2年とダンゴウオの寿命の半分ですが、最後まで飼えたという実感と悲しさも味わう場合もございますが、知性的な楽しさもあると言っていました。
 ショッカー水槽の友人は現在タコ釣り(ルールを守るためと検挙されないため第1種共同漁業権の設定されていない場所で遊漁として認められている竿釣り)にはまっていまして、目的はタコを釣る事とおいしく食べる事ではあるが、釣るために研究するとタコは好奇心と知性があり、飼育しても面白いのではないか(飼ってしまうと情が沸き一生タコを食べれなくなってしまうリスクもありますが、、、)とPino様に伝えてくださいと言っていました。
 毎度のこと長文な駄文をご容赦お願い申し上げます。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。