HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

カニダマシ

90cm海水水槽 82日目
10月5日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

以前の記事に書いたように、ミノウミウシに食害されて
すっかり白化してしまったウスコモンサンゴ。
普通なら枝打ちして元気な部分を救出して成長を待つか、
ミノウミウシ根絶のために薬浴でもすると思うのですが、両方しません。
なぜかというと、せっかく良い形をしたウスコモンサンゴなので
完全に白化しても水槽のレイアウト的に残しておきたいのと、
ウスコモンサンゴに2匹のカニダマシが棲んでいるからです。
カニダマシ
カニダマシはその名の通り、カニじゃありません。
軟甲綱十脚目カニダマシ科(Porcellanidae)に属するヤドカリの仲間です。
カンザシヤドカリやツモヤドカリと同じく、第2触角を振り回して
水中を漂っている微生物等をキャッチして食べています。
参考リンク:イソカニダマシの摂餌行動
アクアシーンでは、イソギンチャクと共生する
アカホシカニダマシ(Neopetrolisthes ohshimai)が有名ですよね。
カニダマシ
たぶん、オオシライトゴカイに付いて来た個体だと思います。
しかしこいつは小さすぎて同定できません。
カニダマシ
カニダマシ
カニダマシ
環境に慣れたのか、それとも周囲に無頓着なのか
ウスコモンサンゴを動かしても近くにピンセットが来ても、全く逃げなくなりました。
ちなみに、この写真にはミノウミウシも写っているのが分かりますか?
カニダマシ
この白い円内のが、コモンサンゴを食害するミノウミウシです。
私は毎日駆除しているので、ミノウミウシを
即座に見つけるスキルが身に付きました…;

カニは大きく成長すると魚の寝込みを襲ったりするので嫌われがちですが
カニダマシは大人しいので、そんな心配は無用。
ただし、普段はライブロックの隙間などに隠れているので
なかなか鑑賞できません(これはカニも同じか。)。
以前、カリブ産のストライプ柄が鮮やかなカニダマシが
複数のショップに入荷していたので、コレクション魂をくすぐられたのですが
レイアウトが複雑なうちの水槽に入れると、
ほとんど姿を現さないことが予想されたので、購入をぐっとガマンしました…

通常、プランクトンフィーダーは長期飼育が困難ですが、
ヤギ類が元気にポリプを咲かせているうちの無濾過水槽なら
カニダマシの長期飼育も狙えるのかもしれません!
サンゴやカニダマシのためにも、プランクトンリッチな環境を維持したいと思います!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/297-80944a2b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。