HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

半透明のホヤ

90cm海水水槽 75日目
9月28日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

沖縄より、またもマニアックな生体が到着しました。
ワモンツツボヤ(Clavelina cyclus)
ワモンツツボヤ
ホヤ綱ヘンゲボヤ科の郡体性ホヤで、各個体は根元で繋がっているとのこと。
ワモンツツボヤ
手持ちレンズではこれ以上寄れないけど、ブルーと入水口の白い輪が美しい。
ワモンツツボヤ
横から見た図。
ホヤは本当に不思議な生き物ですよね。
見た目は似ていても、ホヤカイメンなんかより断然高等生物です!
ワモンツツボヤ
ちなみに、既に水槽に入れていた沖縄産ライブロックにも生えていました。
一応、2ヶ月近くは維持できています。

ツノヤドカリsp.
ツノヤドカリ
最初の写真の下にも映っていますが、
小さな小さなヤドカリも一緒にやってきました。
「sp.」は同定できていないときの「~属の一種」という意味。
ヤドカリといえばライブロックに住みつくのが普通ですが、
このツノヤドカリはパウダー砂の上で活動して
ライブロックには登らない種類だそうです。
ツノヤドカリ
ツノヤドカリ
ガラス面の藻やプランクトンも多すぎて、クリアな写真が撮れない件。
タイミングを図って、マクロレンズも手配してみます!

ちょっとカメラの話も…
メイン機でニコンD800を使っているんですが
AF性能悪すぎて、動体撮影や暗部で使う度にいつも悲しくなります。
以前のD3xと比べると、瞬時のフォーカスとか本当に無理なレベル。
高画質デジタル一眼はD800しか選択肢がなかったから使ってるけど、
プロはこれで納得できているのでしょうか?できないでしょう。
中級機ボディではプロユースはやっぱり無理だと感じてしまいます。
新機種D810でどうなっているのか興味はありますが、やっぱり一桁機が恋しくなります。
(仮にD4xが出ても高額すぎて、今は買えないでしょうが;)

ツツボヤsp.(Clavelina Savigny sp.)
ツツボヤsp.
インボイスネーム「ツツボヤ属の一種」で販売されていた群体。
キノコボヤなんかでもそうですが、ホヤは環境変化や周期的変化で
縮んだりするので、何だか分かりませんね^^;
ツツボヤsp.
元々付着だらけのライブロックの上に載せているのも、さらにカオス感…
ホヤの下にはボタンポリプのようなサンゴも見えます。

ライブロックにはベニボヤも付いていたんですが、
水槽白濁やレイアウト変更時に残念ながら溶けてしまいました。
ホヤは情報も少なく長期飼育も難しいですが、頑張ります!

追記↓はウミウシの写真なので、お好きな方だけどうぞ。
ここからはウミウシの話題。
何気なく水槽を見たら、ガラス面にウミウシが!
コノハミドリガイ
コノハミドリガイ(Elysia ornata)でしょうか?
体長5cm以上あると思います(ウミウシなので伸び縮みするけど)。
ウミウシはいつも突然、唐突に現れるけど、
今までいったいどこに隠れていたのかいつも不思議に思います。
コノハミドリガイ
背側にはレタススラッグのようなヒラヒラがあります。
コノハミドリガイ
コノハミドリガイ
私はコノハミドリガイも好きなんですよねー。
深緑の斑点に加えてオレンジ色の縁取りがあり、近くでよく見ると本当に綺麗です。
食性不明なウミウシが大部分を占める中で、コノハミドリガイは葉緑体を取り込んで
光合成を行うので、水槽でどうにか飼育を狙えそうなのもポイント!

他にも謎の貝やカニダマシもライブロックから出現しているので、
チャンスがあれば紹介していこうと思います!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/288-64cbd354

コメント

Pino様には脱帽です。
 毎回のごとく書き込みをいたしましてすみません。
 本当にPino様の寛大な心と挑戦心には脱帽な思いでいっぱいです。
 ウミウシや海藻、微生物が繁殖しているということから、無濾過水槽は成功に向かっていると私は感じております。

 Pino様の言われている無濾過水槽というのは、既存の濾過ではなく、自然の力だけでの濾過をめざすという真の濾過でありまして、運用を間違った濾過システムこそ無濾過水槽だと私は思っていましてPino様の考えには脱帽します。
 
 先日に毎日の水換えを行っていることを根拠にあげたのは、既存の濾過システムでは、バクテリアを繁殖し、定着させて硝酸塩へと変化させる方法、プロテインスキマーでできるかぎりのたんぱく質を除去し、残りはライブロックや底砂の嫌気層によって濾過するという方法を利用しないため、たんぱく質はほぼ全てアンモニアになってしまい、除去のためには、水換えしか方法がないということを理解していてのことであると感じました。

 今日は、ショッカー水槽の友人と会いまして、ショッカー水槽の友人はPino様と考え方が一緒であると言っていました。

 私はヤドクガエルのことしか記が付かず見落としていましたが、ショッカー水槽の友人はPino様がダンゴウオを飼っていたことを教えてくれまして、残念な結果になった原因は実際に全てをみていなので断定はできないのですが、普通は気づかず見落としがちな水温の変化ではないかと言っていました。
 無加温の水槽は気温任せになる傾向があり、気象庁のホームページに各地点に観測データの履歴があるそうですので原因のひとつの参考にしていただきたいと言っていました。
 友人は実際に湿度や気温なども毎日計測しているそうで、気象庁のデータも自分が計測したデータが間違っていないかの参考に毎日確認しているそうで、Pino様の飼育されていましたダンゴウオが全て残念な結果になった日の前後は気温変動が激しかった日と言っていました。
 ショッカー水槽は低温のための水槽ですかと友人に聞いたところ、回答は冷やすことよりも水温をできる限り変化させないことに重点をおき、水温の変動は幅は冷却はZC-500を利用し、加温はレイシーの水温コントローラー HC101をヒーターの制御のみにしようし、変動幅は0.5℃以下の温度変動に抑えていて、2℃以上水温が変化したらすぐさまけたたましい警報音がなり、近所迷惑になるので特に気を使うようにしているほか、濾過もかなり気を使ってるが、既存の濾過装置を使用して強制的に濾過しているため、野心のある濾過に挑戦しているPino様への関心が高く、決して無茶苦茶な考えではなく、理論は間違っていないと言っていました。

 友人から伝えてほしいと言われたダンゴウオの飼育で一番難しいのは冬場の加温でむしろ楽なのは冷やすだけで良い夏場であり、クーラーだけで水温の変動を0.5℃以内に抑えられることで、結露も、以前にヤドクガエルの水槽の換気で提案しました送風ファンの使用に関しての注意点であげました乾燥を招くという自然の現象を利用しまして、水槽の外側の側面に送風ファンで風を当てることによって空気の相対湿度が80パーセントを超えないかぎりはかなり軽減でき、多少の騒音を我慢できれば高価なペアアクリル水槽(結露しないと言われているが実際は相対湿度が90パーセントを超えると結露する)に準じた結露防止を実現でき、正面以外の3面は発泡ウレタンスプレーで塗り固めることによって送風ファンが正面のみになり、配管やフィルターには空間を作らないように注意して断熱材を巻くと結露を防止でき、30cmキューブでしたら、エーハイムの外部フィルター2232か2234とクーラーはゼンスイのZC-100が最適で洗濯機状態になりやすいですが流量はそのままでも問題はないようです。

 冷温庫を使用する方法もメリットとしましては安価、水温の維持ができるがありますが、デメリットは効率が極めて悪く、気温28℃で14度を維持する際の冷却のための消費電力は、ペアアクリル水槽で配管、フィルターに結露防止のための断熱処置をした総水量約100リットルの水槽と総水量約6リットルの冷温庫を使用した水槽がほぼ同じであり、ペルチェを使用した冷温庫は耐久性はコンプレッサーを使用したクーラーに比べると話しにならないレベルでありまして、冷温庫の良くある故障の温度センサーの故障、誤作動では、高温のほうに向かい、友人がブリードした生体での実験(この実験では水温20℃で1ヶ月飼育した後に冷温庫で意図的に28℃の設定にして短時間で水温を上昇させる)では25℃付近で即死に近い状態で死亡したそうです。
 冷温庫は性質、性能の関係から水槽を入れると庫内の相対湿度は100パーセントに近くなり、条件によっては1年中毎日結露した水を排除しないと大惨事になるそうですし、万が一火災になってその火元と断定されても自己責任となる可能性もあるみたいです。

 結露を前提とした水槽も構築前に検討した様ですが、実現する際に必要な条件は、床は防水コンクリートで、水槽台は木材はチークが最適で、金属では、SUS429J4L(塩分に強いステンレスですが長期的には腐食する)かチタニウムという莫大な資金がかかるため、コストパフォーマンスを総合して飼育のための装置を選定したそうです。

 毎度が長々とした文章で生体をわざと殺したという不適切と思う内容もありますが、Pino様は真の飼育とはを存じておられますと私は感じておりますので友人から聞いた事を敢えて書き込ませていただきました。

  友人も熱いエールを送っていました、
 
 
 
Re: Pino様には脱帽です。
色々とありがとうございます。
失敗・全滅によりダンゴウオ飼育は諦めていたのですが、
再挑戦する意欲が湧いてきました。
年末のダンゴウオの季節が来るまでに、構想を練りたいと思います!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。