HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ビバリウム

キープ中のビバリウムプランツ

現在までのビバリウム植物 飼育記録

ヤドクガエル用のビバリウム制作はまだ進んでいませんが、
ビバリウムに入れる植物はどんどん集めています!
入れる前に枯らさないように、頑張ってキープしなければ。
どうせ植え替えるので、買ったままのポットに入った状態です。

フィットニア(シロアミメグサ)
フィットニア(シロアミメグサ)
ポピュラーな観葉植物ですが、網目状の葉脈が本当に美しい。
小型・安価で販売されているのも扱いやすい。
フィットニア(シロアミメグサ)
フィットニア(シロアミメグサ)
耐陰性があり、高湿度の環境を好むのも
ヤドクガエルビバリウムと一致するのでうってつけではないかと。
寒さに弱いというのも、加温するビバリウムでは問題になりません。
乾燥に弱いといっても、かなり丈夫な種類なので
水を切らしたらすぐ弱るということは全くありませんね。
南米のペルー・コロンビア原産というのも、
ヤドクガエル産地に近く、理想的かもしれません。

フィットニア(ベニアミメグサ)
フィットニア(ベニアミメグサ)
フィットニア(ベニアミメグサ)
フィットニアには赤色の葉脈の種類もあります。

ペペロミア・真亜子(まあこ)
ペペロミア・真亜子(まあこ)
ペペロミア・真亜子(まあこ)
ペペロミア・真亜子(まあこ)
コショウ科ペペロミア属の多肉植物ですが、耐陰性があるので
ツル性で垂れ下がる系のレイアウトをしたいと考えました。
「真亜子」は葉の外側に斑入りが特徴とのこと。
ポピュラーなセネシオ属のグリーンネックレスでもいいかなと思いましたが、
セロペギア属ハートカズラまたはペペロニアの方がビバリウムには合うかなと。
葉水は良くないらしいので、ビバリウム上層に植えるべきかな。

リュウノヒゲ(タマリュウ)
リュウノヒゲ(タマリュウ)
グラウンドカバー等にも使われる、常緑性多年草です。
リュウノヒゲ(タマリュウ)
リュウノヒゲ(タマリュウ)
こちらも耐陰性があり、何より強健な種類なので
ビバリウムの土に直接植栽しようかと考えました。
暗緑色の葉が、雰囲気をぐっと引き締めてくれそうです。

ビバリウムに欠かせないブロメリアを含め、
まだまだビバリウムプランツはキープしてるのですが
続きは次回で…(植物紹介だけで何回続くのか^^;

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/286-44828220

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。