HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

海藻導入のプロセス

90cm海水水槽 70日目
9月23日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

今回は、海水水槽の脇役たる海藻にフォーカスしてみたいと思います。
90cm無濾過水槽には微生物を活動させるために、いくつかの海藻を入れています。

ヘライワヅタ
8月上旬
ヘライワヅタ
水槽導入からしばらくすると、葉が炭化したように黒くなり、
その後、葉がまとめて溶けていきました。
これは、海中で茂っていた元の葉が水槽環境に適応できず
枯れてしまい、新しく環境に合った葉が生えてくるプロセスです。
海藻は頑強種でも水質変動に敏感なので、
個人的には水合わせも重要だと考えています。
8月20日
ヘライワヅタ
ヘライワヅタ
古い葉が完全に消滅して、ランナーが伸びて成長しています。
こうなればもう安心。あとは育っていくだけです。
一度葉が枯れた時期には、ヤドカリが盛んに群がっていました。
小型で草食性の強いヤドカリを多めに導入しておくと
スムーズに新芽に移行できて海藻にも良いと思います。
私のオススメは、
・スカーレットリーフハーミット
・ブルーレッグハーミット
・マダラヨコバサミ
です。
いずれも小型種で大人しく、スカーレットリーフ以外は安価です。
マダラヨコバサミは地味ですが、いい仕事してくれるんですよねー。
8月29日
ヘライワヅタ
ランナーが長く伸びて、底砂にまで達しました。
9月23日
ヘライワヅタ
ヘライワヅタ
そして現在ではこの猛烈な繁栄っぷり。
ライブロックや底砂を覆い尽くす勢いなので、
トリミングの必要性をひしひしと感じます…
タカノハヅタやウミブドウより成長の遅めなヘライワヅタでも
デリケートな導入時を乗り切れば、こんな感じで定着して
猛烈な勢いで成長していきます。
海藻ってショップでは数千円するのに、この頃になると
どんどん捨てないと水槽が海藻だらけになってしまう矛盾;
もったいないので、ライブロック欠片に活着させて、オークションにでも出そうかなぁ。

レッドグレープ
8月20日
レッドグレープ
赤い海藻は成長が遅いのですが、順調な育成っぷり。
というか、これも茂ってきたらトリミングしないとな…
9月23日
レッドグレープ
右端に写っているウスコモンサンゴがミノウミウシにやられて
悲しいくらいに白化していっています;
水槽が不安定になってコケが繁殖した時期に
レッドグレープの先端もコケに覆われてそのままになっていますが
環境さえ落ち着けば、勢いでコケに負けることはありません。
逆に富栄養な環境が長く続けば、成長の遅いレッド系海藻は
ヤドカリが食べる量を上回るコケに覆われて、短期間で枯れてしまうでしょう。

ちなみに、赤色のウミブドウたるレッドグレープは
ショップではだいたい3,000円くらいするんですよねー。
トリミングして捨てるの本当にもったいないなぁ^^;

マユハキモ
マユハキモ
私が一番好きな海藻、マユハキモです。
このフサフサした繊細な葉が水流で揺れるのは美しいですし、
細かい葉の間は微生物からヨコエビ、カニまでの良い住処になります。
これはcharmで購入したもの。左側のように、元の葉が枯れ落ち、
右側のように環境に適応した新芽が生えてきます。
ただし、マユハキモはかなり飼育難易度高めだと思います。
強めの水流と強照明がないと、新芽が出ずそのまま消えてしまいます。
また(これは海藻全般に言えることですが)、定期的に葉が生え変わるので
そのタイミングで環境が良くないと、溶けるように消滅してしまいます。
マユハキモ
これは沖縄水族館から届いたもので、立派な株です。
右側のように真っ白になって枯れます。
まだ新芽が出てないので、適応できるか予断を許さない状態です。
マユハキモ
マユハキモ
なので、私はマユハキモをいくつか導入しておいて
水槽内の異なる環境の場所に置き、一気に全滅しないように配慮しています。
しかし、マユハキモも安くありません。
5cmくらいの小さな株でも2,000~3,000円はします。

購入時のポイントとして、必ずベースロックに活着しているものを選ぶべきです。
ベース無しのマユハキモが安価で売られていることがありますが、
輸送時の振動や強水流でバラバラに散ってしまうと、もう終わりです。
淡水水草のようにライブロックに縛って活着を試みたりしますが
私は一度も成功したことがありません。
淡水と違って水流が強いし、ヤドカリやマガキガイの干渉もあるせいだと思います。
センナリヅタなどは、ベースロックが無いもので全く問題ありません。
お好みの場所に入れておけば、ランナーが伸びて勝手に活着します。

マユハキモ
30cmキューブから持ってきたマメスナのポリプの隙間から
ウミブドウ(クビレズタ)が生えてきました。もしくはセンナリヅタでしょうか?
30cmキューブではウミブドウが爆発的に繁殖して手を焼いているので、
90cm水槽では先手を打って取り除いてしまいたいと思います。

海藻を茂らせる目的のリフジウムではなく、本水槽に導入するのなら、
ウミブドウとフェザープランツ(タカノハヅタ)は避けるべきだと思います。
この両種は爆発的に増え、欠片からも別の場所に飛んで繁殖するので
適切な量で管理するのが非常に困難です。
私の場合は、マメスナがウミブドウに覆われて消滅してしまいました。
いくら剛健なサンゴでも、照明を完全に遮られたら死んでしまいますからね…
ちなみに、いくら繁殖力の強い海藻でも導入はシビアに行って下さい。
温度合わせもせず清涼でない水に放り込んだりすると、
冗談ではなく一晩で溶けてしまうこともありえます。
このバランスの不安定さが、海藻の難しさなんですよねー…
でも、メリットも多いです。
何より、水槽内の微生物の数が全然違います。
プランクトンリッチな環境を目指す方には、海藻も必須だと思いますよ!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/282-5646d00d

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。