HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>小動物日記

事故死

2014年9月16日(火)
アフリカンピグミーマウス飼育9日目
現在までの小動物 飼育記録

オス2匹・メス2匹の2ペアで飼育をスタートした
アフリカンピグミーマウス(アフリカチビネズミ)なんですが
アフリカンピグミーマウス
残念ながら事故で1匹を死なせてしまいました。
前回の記事に書いたように水ボトルをセットしたのですが
アフリカンピグミーマウス
三晃商会 ハッピーサーバー
隙間から陶器ケースの中に入り込んでしまい、
外に出られずそのまま死んでしまいました。
まさかこんな事故が起こるなんて…
急ぎ水ボトルは撤去しましたが、本当にショックです。
昔、トガリネズミが空き缶に入り込んで出られなくなる事故を
動物図鑑で読んだことを思い出しました。

悲しい。気持ちは落ち込むし自信も失います。
けれど、ショックを受けて落ち込んで呆然としている場合じゃない。
同様の事故の再発は絶対に防がなければ。
ハムスターやラットでは絶対に入れない隙間にまで入るので
細心の注意を払う必要がありますね;

しかし、飲み水対策はどうすればいいんだろうか。
給水用ゼリーは食べているけど、これで足りているのかは不明。
水分を多く含んだ生野菜を与えないといけないかもですね…。

人が近づくと隠れてしまうので、遠くから隠し撮り。
アフリカンピグミーマウス
アフリカンピグミーマウス
アフリカンピグミーマウス
アフリカンピグミーマウス
アフリカンピグミーマウス
アフリカンピグミーマウス
1匹を事故で失った直後なんで、珍しく表で寝てる1匹を見たときは
死んでるのかと思って焦ってしまいました^^;
どうやら、ケアペーパーを掘って巣穴を作った様子。
事故死したのはオスかメスか不明ですが、
残った3匹で繁殖まで繋げていきたいものです。

-----

あと、以下は私の考え方を少し記述しておこうと思います。

私は生き物の死を「落ちた」「失った」と書くことはあっても
「お星様になった」「☆になった」と書くことは決してしません。
生命を預かる飼い主として、飼育に対する責任の一環として
生物の生死も正面から見据えるべきだと考えているからです。

もちろん、他人にまでこの考え方を強制するつもりはありませんし、
「死」というインパクトの強すぎる表現を避けたい気持ちも理解しています。
しかし、生物の死はいずれ訪れる避けられないものですし、
寿命以外の死には、必ず原因があるのです。
「餌やるのを忘れてずっと放置してたらペットがお星様になってた。ゴメンね」
これでは、そのペットも浮かばれません。

私は決して「死」から目を逸らしません。生死の責任から逃避しません。
「ペットを飼う」ということは軽く考えるべきではない。
自戒の意味も込めて、ここに明記しておきます。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/275-d8afad5c

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。