HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

フレームカージナル

30cm海水水槽 466日目
9月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

90cm海水水槽を立ち上げてからはすっかり影が薄くなった
30cmキューブ海水水槽ですが、blog更新してなくても放置していませんよ!

フレームカージナル(レッド)(Apogon sp.)
フレームカージナル(レッド)
7月30日から飼育してるのに、掲載するのが遅くなってしまいました…
ガラス面掃除前の写真なので、見苦しくてすいません。
白い斑点はガラス面に付着したカノコガイの卵ですので、
白点病等じゃありません(これらの写真の撮影日は8月7日です)。
フレームカージナル(レッド)
地味な体色が多いテンジクダイの中で、
真っ赤なボディがひときわ目立つ種類です。
フレームカージナル(レッド)
同じく真っ赤なホワイトソックスとのツーショット。
大人しいテンジクダイの仲間だけあって、
他の魚と突き合うことは全くありません。
フレームカージナル(レッド)
個体差もあると思いますが…同じテンジクダイでも
他の魚を気にしないプテラポゴン・カウデルニーと違って
フレームカージナルは非常に臆病です。
30cmキューブに8cmくらいの魚が入った訳なんですから、
大きさ的に存在感ありすぎてどこに居ても見える筈なんですが
導入から数日間はライブロックの影から1度も出てこず、
もう死んでしまったのかと思ったほどでした。
活ブラインシュリンプを流しても食べてるかどうか全く確認できず。
しかし幸いなことにたっぷり太った個体だったので、
環境に慣れて人工餌を食べるようになるまで、体力が尽きずに済みました。
最初はピンセットやスポイトが見えただけで岩陰に隠れてしまいますが
ゆっくり慣らしていくうちに、流れてくる餌を食べるようになります。
ピンセットから冷凍ホワイトシュリンプを食べるようになればしめたもの。
あんなに臆病だったのに、今ではピンセットに体当たりしてくるようになりました^^;
完全に人工餌に餌付かせるまで2週間程度かかりました。
身体のサイズ的に、ブラインシュリンプや冷凍コペポーダは
小さすぎて餌として認識せず無視するようです。
ゆっくり沈むタイプのMサイズ粒餌が適していると感じました。
ヤドカリ用の沈降性粒餌にも喜んで飛びつきます。
あまり海水魚に与える餌ではありませんが、
余った冷凍赤虫を与えてみると、ものすごい食い付きでした…
淡水魚も飼われてる方は試してみてもいいかもしれません。

他の生体の動きは…
アカヒメジュズベリヒトデが落ちてしまいました。
在りし日の姿(といっても裏面ですけど…
アカヒメジュズベリヒトデ
アカヒメジュズベリヒトデ
飼育日数は36日間でした。約半年間飼育した先代に比べて短命に終わり、残念です。
餌が無くなって溶けてしまった先代と違い、今回は腕に酷いダメージを受けていました。
同じくヒトデのダブルスターに接触して溶かされてしまったのでしょうか?
ダブルスターフィッシュ
ダブルスターも毒性は弱めだと思ったのですが…
次にヒトデに挑戦する場合は、90cm水槽に入れようと思います。

あと、底砂にはこんな生物も出現。
アカヒメジュズベリヒトデ
たぶん、ミズヒキゴカイでしょう。
底砂攪拌に一役買ってると思われます。
これは撮影日が4月3日…引越し前かよ…
どんだけ掲載せずに放置してたんだって感じですね;

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/263-d4671bd9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。