HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

ムカデメリベ(メリベウミウシ)飼育

30cmキューブ海水水槽 220日目
8月1日(金)
現在の近海産水槽タンクメイト

ムカデメリベ(メリベウミウシ)飼育リベンジ
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
先日の初採集で、予期せず飼育に再挑戦しているムカデメリベ。
7匹くらい採集して30cmキューブ近海海水水槽にサテライトLを追加して
その中に収納したんですが、水質悪化により3匹くらいまで減少。
その3匹も、すぐにサテライトから脱走してしまいました…
数mmしか隙間が開いてないのに、どうやって出たんだ!?
夜中に見つけた1匹をサテライトに戻して飼育続行していますが、
残りのムカデメリベは行方不明&生死不明…
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
3~4cmくらいの個体で、身体は半透明でゼリーのよう。

ムカデメリベ飼育に向けて、私が考えたシステムは…
30cmキューブ水槽(水量25L)をリフジウムのように
微生物を湧かせるスペースに充てて、
サテライトL(水量2L)にムカデメリベを入れます。
本水槽を餌繁殖場にして、小さなサテライトを飼育スペースにするという
常識とは逆転の発想です。
ブラインシュリンプを湧かしていますが、
それだけでは大食漢のムカデメリベを養うのは厳しいかとの判断で
本水槽を使ってヨコエビやプランクトンを繁殖させます。
30cmキューブにはエビとヤドカリくらいしか入れません。
本来はダンゴウオ水槽だったんですけどね…;
まあ、ダンゴウオは冬まで入荷しないので
今の季節はムカデメリベ飼育に専念したいと思います!
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
今までのムカデメリベ飼育で分かったことを箇条書き。
・ムカデメリベは夜行性。
 照明点灯中は、ライブロックや海藻の下に隠れて動かない。
 消灯後は表に出てきて活発に捕食活動する。
・なので、ムカデメリベの活動時間に合わせて活ブラインシュリンプを与える。
 海藻を入れておくと、ヨコエビが付着するので
 ムカデメリベが捕食しやすい(気がする)。
・背側突起の自切は手遅れのサイン。
 刺激を受けたときに背側突起を自切するが、これは普通の行動。
 ただし物理的な刺激を受けていないのに背側突起を自切した場合は
 非常に弱っている状態で間もなく落ちてしまう。

ムカデメリベの行動を連続写真で。
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
ムカデメリベ(メリベウミウシ)
本日8月1日現在で14日間経過。
以前は1週間で死なせてしまいましたが
とりあえずその期間はクリアーできました。
飼育難易度高い種類ですが、長期飼育目指して頑張ります!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/238-86473489

コメント

見れば見るほどエイリアンっぽく見えてきました・・・
可愛いと思えるまでは
時間がかかりそうです・・・・・
pinoさんこんばんは。
先日は情報ありがとうございました。
おかげですっきりしました^^

ムカデメリベってなんだか
ドリームキャッチャーみたいですねー。
興味深いです。

又お邪魔させて頂きます^^
デカいムカデメリベはどう見てもエイリアンですけどねw
小さいのは、実は意外とかわいいんですよ。
実物を見れば、印象も変わると思うんですけどねー。
まあ、好んでメリベウミウシを飼う人も少ないと思いますが^^;
コメントありがとうございます。
カニハゼ、難しいけど頑張って下さいね。
私は短期間で死なせてしまいましたので、少ないながらも教訓としては…
・底砂がパウダーだと砂が舞い上がりやすく、飼育水が白濁しやすい。
 うちではそのせいで他の魚に白点病も蔓延しました。
・ショップで人工餌に餌付いたと聞いていても、環境が変わると食べなくなり易い。
 うちでは冷凍餌ですら吐き出してしまうので、餌付けが困難を極めました。
 そのために毎日ブラインシュリンプを湧かせて与えていましたが、
 砂を食むことしかしません。遊泳ハゼのように食べることは一切ありません。
・沈降性餌で餌付けを試みましたが、自分から食べに行くことはほとんどありません。
 活発なスズメダイ・クマノミなどが先に全て食べてしまいます。
 ヤドカリやイソギンチャクモエビにすら餌を取られてしまう始末。
・それでも餌付けるために大量に餌を投入すると、小型水槽では水質悪化を招きます。
 巻き上がる砂と多すぎる餌のせいで、水槽全体の調子が悪化しました。

以上のことながら、私見ですが、カニハゼ飼育に適した環境というのは
・カニハゼ単独飼育で、確実に餌を与えられる環境。
・もしくは数年くらい安定したリーフタンクで、底砂にベントスが豊富で
 人工餌に頼らなくてもカニハゼが自力で微生物をたっぷり捕食できる環境。
このどちらかでないとまず短期間で落ちてしまうように感じました。
参考になれば幸いです。
Pinoさんこんばんは。
カニハゼの情報、ありがとうございます。
とても参考になりました^^
苦戦してますが、がんばってみます!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。