HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

「濾過なんてしないよ」「えっ」

アクアリウムにおいて、濾過は生命維持ともいえる重要な要素。
簡単に説明すると、水槽内で発生した有毒物質を分解して無害にしたり、
飼育水のゴミを濾しとって澄んだ綺麗な水にする役割です。
濾過は無くてはならないもので、濾過無しなんて考えられません。

で、私は常識外れな無濾過水槽を立ち上げようかと考えています。

海水水槽には濾過槽が無い「ベルリン式ナチュラルシステム」という考え方があります。
強制濾過をせず、プロテインスキマーという設備で水質を保つシステムですが、
私はこのスキマーも付けません。
まさに無濾過。ノーガード戦法です(意味不明
無茶とも思える環境ですが、順を追って説明すると…

とりあえず引越しを終え(荷物の整理は全然終わっていませんが)、
悩みに悩み、迷いに迷っています。
何かって?新しい水槽をどうするかに決まってるでしょうが!!!

引っ越して部屋が広くなる

大きな水槽が欲しくなる

まだスペースがある?
↓YES
もっと水槽を置こう

まだスペースがある?
↓YES
もっと水槽を置こう

まだスペースがある?
↓NO
しょうがない。ガマンしよう

これ、アクアあるあるですよね。
30cm以上のスペースがあると、すぐ水槽置けるかどうか考えてしまいます。
これは病気(しかも不治の病)なんでしょうがありません。

旧居では30cmキューブ2個をサイフォンで連結
(水量約50L=60cm規格水槽と同等)という海水水槽環境でしたが、
新居では居住面積が1.5倍に広くなり、
アクアリストなら誰でも憧れる(?)、大型水槽を置くことができます。
ここはいっそ夢の120cm水槽を設置したいな、という野望に燃えています。

120規格水槽(水量200L)
+サイフォンorサイドフロー連結
60cmワイド水槽(水量100L)リフジウム

なんと!総水量300L超えの巨大水槽!
このメイン水槽にも濾過槽は付けず、その代わりにリフジウムと連結して
海藻とライブロックの水質浄化に期待しようと考えています。
元々、サンゴメインなんで大型魚は入れる気が無いですし、
ミドリイシも入れないのでそこまで硝酸塩に拘らなくてもいいかなぁと。
片側にはバックウォール(擬岩)を貼り付けてオーバーハングを再現したり、
照明をディープブルー(深場)~ホワイト(超浅場)まで変化させたりと
やれるだけのアイデアを詰め込みたいです。

しかし、当然のことながら立ち上げには高額の費用と時間がかかります。
特に引越し直後で、そんなお金はありません。

メイン水槽にはやっぱり魚泳がせたいじゃないですか~。
鮮やかなサンゴいっぱい入れたいじゃないですか~。
やりたいこといっぱいあるじゃないですか~。
丈夫で見栄えの良い水槽台だけで軽く10万円以上するから
生体抜きで予算が余裕で30万円を超えるじゃないですか~。
どう考えても、メイン水槽には半年くらいはかかると思います。

で、色々と思案したのですが、
このメイン水槽と別に、第2海水水槽を立ち上げてはどうか?と。

実が、私が愛して止まない「イバラカンザシ」を
頻繁に入荷する海水魚ショップを見つけまして。
いい歳したオッサンが、奇声を挙げるほど大興奮してしまいました。
メイン水槽に収納しようかと考えたのですが、水槽立ち上げまで半年かかることと
サンゴメインの水槽にイバラカンザシを多数収納するのはどうかと。
もちろん、イバラカンザシのベースはサンゴなんで、実質サンゴを飼うことになるんですが
人に見せる(=魅せる)ことも考慮したいメイン水槽と区別すれば
自分が楽しむことだけに特化した超マニアックな水槽を作れるのでは?
(まあ、うちの水槽はどれも既にマニアックすぎるという説もありますが…)

水槽は置けるサイズ目一杯に広げて60cmワイドもしくは90cm規格。
主役はイバラカンザシをこれでもか!というくらい満開に。
魚は全く入れない、もしくはマンダリンやヨウジウオ程度。
あまり費用を割けないこともあり、照明は抑え目。
なので、基本的に他のサンゴは入れない。
大量のケヤリ類に液体フードなどを個別に給餌するのは不可能です。
かといって、大量に投入すると大規模な水質悪化を招きます。
濾過槽やプロテインスキマーを用いると、プランクトンまで濾しとってしまう。
それを避けたいがための無濾過水槽です。
この水槽の生命線は、豊富なライブロックとウェーブメーカーの水流と考えます。
微量元素の補給は添加剤で補い、硝酸塩処理は基本的には頻繁な換水で。

どうでしょうか。
安定するまで最低でも数ヶ月はかかりそうですが、
微生物の生態系を厚くすれば、ケヤリ向きな環境ができるのでは?
これならウミシダもイケるんじゃねーか?

ここまでして水槽を立ち上げる必要があるのか?という気にもなりますが
やりたいんです。ええ、どうしても。

イバラカンザシのためだけに水槽を立ち上げるは奴はおるか!
ここにいるぞ!

こんな猛者(変人)は他には居ませんよねぇ…
狂ってるくらいがちょうどいい。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/232-bb5d5f01

コメント

うーん・・・・・なんと壮大な構想・・・・
淡水だと、ブルカミアってゆうソイルで無ろ過飼育してる人も
いるみたいなんですけど
海水のことはサッパリ・・・・

満開のイバラカンザシ水槽の完成を楽しみにしてまーす!!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。