HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>ボトルアクアリウム

海水ボトルアクアリウムの現在

海水ボトルアクアリウムの現状です。

1月12日飼育開始なので、現在で約4ヶ月経ちました。
これは3月15日撮影分。
海水ボトルアクアリウム
ウメボシイソギンチャクの1個体は
エアーホースを伝って、水面付近に陣取っています。
水面を漂う餌を食べるためでしょう。理に適っています。
ヤドカリの引越し用貝殻を入れたんですが、
空気が抜けずに浮かんでいるものもあります。
貝殻
宮古島でお土産として売られていたので
購入したカノコガイなどの貝殻セット。
東京で買うより半額どころか、1/5くらいでしょうか?
まぁ、宮古島の海岸にはいくらでも綺麗な貝殻やサンゴ骨格が落ちてるので
自分で拾えばタダなんですけどね!
仕事で行ったんで、貝殻を集める時間はありませんでした。
海水ボトルアクアリウム
こちらは本日撮影分。
もう1個体も急にガラス面へ移動を始めたんですが
薄っぺらく広がっているので、裏面からは身体が透けて見えます。
この状態で給餌したら、体内で消化される様子まで観察できるかも…
ただこの薄く広がった個体は体色が薄く(半透明に近い)なり、
餌を掴む力も弱くてまともに給餌できなくなっています。
調子を崩しているのでしょうか…ちょっと心配です。
イソギンチャク類は非常に長寿と言われているので、寿命とは考えにくいんですが;
(一説には100年とも言われています)
子供(というかクローン)を含め、他の3個体は元気なのですが
こんなことは初めてなので、注視していきたいと思います。

このボトルには近海産ヤドカリも4個体入ってるんですが、
現在のところ1匹も落ちていません。
定期的な給餌と水換えさえ続けていれば、
近海産の丈夫な生体を使った海水ボトルアクアリウムは成立すると思います!
ただし、同時に30cmキューブへ入れた近海産ヤドカリの方は
貝殻を引越しして一回り大きく成長しているのに、ボトルのヤドカリはそのままです。
やはり閉鎖環境だと、ライブロックが豊富な環境より成長が遅れるのは仕方がないかもですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/219-6aa4cd77

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。