HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>淡水日記

アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ

淡水水槽 307日目
5月5日(日)
現在の淡水水槽タンクメイト

ずっとブログに掲載されてなかった可哀想なコを紹介します。
とはいえ、掲載してなかっただけで、ちゃんと世話はしてますよー。

アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
チャームでペアを購入直後にオスだけが落ちてしまい、
ペアにしたかったので別の店から再びペアを購入。
するとチャームの個体より遥かに大きくて肥えてる個体が到着しました。
そのまま現在までオス1・メス2で飼育を続けています。
(上記の2枚の写真はオス。メスはもっと地味です)

アフィオセミオンは、派手で美しい体色の卵生メダカです。
こんなとぼけた顔をしていますが、かなり気が強い種類で
ペアとはいえ、オスが激しくメスを追い回します。
うちの水槽は流木が多めで浮き草も生い茂っているので
隠れる場所が多いから何とかなってる感じ。
オスとメスが寄り添っていても、給餌すると
即座に「お前の存在自体を消してやる!!!」とばかりに
オスがメスを激しく追い払って餌を独占しようとします。
うーむ、 食欲 > 性欲 ってことなんですね。
まぁ自然界では餌を食べることが激しい生存競争な訳ですから当然なのかも…

当初はボトルアクアで買おうかと考えていたんですが、
この種類は低温に強くないので、余っていた20cmハイキューブ水槽へ。

基本的に丈夫な魚で、もう飼育は5ヶ月目に突入したのですが、
相変わらず人工餌は食べてくれません。
冷凍赤虫が大好きで、私の姿を見かけると水槽前面に集まってくるのですが
ここで困ったことが。

冷凍赤虫を与える時、水面からジャンプするんです!

今は亡きショーベタのブルーマーブルもそうでしたが、
水面から数センチ以上は飛び上がります。
そりゃもう、水族館のイルカショーを思わせる感じで。
器用にピンセットから赤虫を咥えていくんですが、
お前ら、メダカだろ?そんな習性ないだろ?
水槽から飛び出す危険性があるし、金属製ピンセットにぶつかってきて
怪我をするかもしれないので、危ないから止めて頂きたいものです。
芸を仕込んだみたいで見た目は面白いので
そのうち動画を撮ってみるかもしれませんが、
もう飛び出し死は見たくないので、止めさせないといけませんね。

このアフィオセミオン・オーストラレに限らず、
うちの魚は人間に慣れすぎですね…
たぶん、手から直接給餌することも可能でしょう。
(冷凍赤虫を触りたくないんでやったことないですが)

引越し後は産卵・繁殖にも挑戦してみたいと思います!
もう既にピートモスは手元にあるんですが、
引越し前に産卵されても困るんで、まだ入れていません。
ハイキューブは底面積が狭いんで、
30cm規格に移すか、それともこのまま繁殖水槽にするか。
うーむ、淡水水槽もどうするか考えないといけませんね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/218-f676f30f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。