HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

逆転の発想

もう怯えずに暮らしたい! 虫に魅せられた女性にインタビュー
この記事を読んで。

ヤドクガエル飼育について調べていて、自然と餌となる昆虫についても調べることになり、
AntRoomというサイトは知っていました。
そしてその方の溢れんばかりの昆虫への愛も。

以前にも書きましたが、私は虫が大の苦手です。
虫だけじゃなく、ゴカイやミミズも本当に苦手「でした」(過去形)。
小学生の頃は動物図鑑や百科事典を読むのが大好きで、
本がボロボロになるまで繰り返し熱心に読んでいたのですが
昆虫の幼虫のページと、海に住む環形動物のページだけは
恐ろしくて開くことができませんでした。

それがどうだ。齢30を超えた今では、
自分の家に置いている水槽にチンチロフサゴカイが出現しても熱心に観察して、
ユムシホシムシを購入したいと真剣に考えるように。
(今でもウミケムシは本当に嫌ですけど)
素手で触るのはさすがに抵抗がありますが、
冷蔵庫に冷凍赤虫が入っていても全く平気です。

どうして心境が変化したのか?
それは、それらの生物の役目を理解し、そして必要だと理解したからです。

肥えた優良な土壌にはミミズや原生生物など分解者がたくさん居るはずじゃないですか。
「有機野菜を作りたいけど、気持ち悪いからミミズは根絶したい」
「綺麗な草花を育てたいけど、気持ち悪いから虫は絶対に耐えられない」
これは全くナンセンスだと思うんですよね。
矛盾すぎて、本当に意味がわからない。
自然の仕組みを無視したシステムは、短期間で崩壊します。
「鮮やかな海水魚を飼いたいけど、気持ち悪いからヨコエビとコペポーダは駆除したい」
「ライブロックからゴカイやクモヒドデを全滅させるにはどうすればいいですか?」
ネットでこんな記述を見る度に、怒りと悲しみを覚えます。
そんなに嫌なら、最初からアクアリウムなんてやらなきゃいいじゃないか!
ライブロックは水中にあった岩(正確には死サンゴの骨格)なんだから、
その中には微生物がたくさん居るし、それが目的で導入するものなんだから。
何でも気持ち悪いと言い出す人は、生物を死滅させたデスロックか
作り物のライブロックレプリカもしくは飾り珊瑚を入れるか、
もしくは生きてる魚じゃなくてロボフィッシュでも飼えば?と思ってしまいます。

ちょっと熱くなってしまいました^^;
で、何が言いたいのかといえば。

私はたぶん、近い将来にはヤドクガエルの飼育を開始するでしょう。
あれだけ苦手だった昆虫ですが、愛おしい自分のカエルが喜んで食べるなら
私は躊躇せず餌昆虫の繁殖も始めることは間違いありません。
それどころか、ビバリウムの生態系を豊富にして少しでも自然に近づけるために
トビムシやヤスデまで投入するかもしれません。
(海水アクアのナチュラルシステムにおけるライブロック・底砂と同じ考え方で、
 ベントスに相当する分解者を導入することで環境を維持したいと考えました)

引越し先には小さいながらも庭とバルコニーがあるので
多肉植物に加えてハーブや野菜の栽培もやろうと思います。
今までは室内栽培でしたし、多肉植物には元々虫は付きにくかったんですが
ハーブや野菜だと間違いなく虫が付くでしょう。
今まではそれが嫌で栽培をしなかった面もあります。
しかし、これからは違います。逆転の発想です。
植物に虫が付くのは当然です。
防虫するのは無理があるし、人間にも有害な駆除薬を使うのは本末転倒です。
付いた虫を再利用すればいいのです。
カエルを飼っているなら、栄養抜群の生き餌になります。
溜め水にボウフラが湧いたら、メダカやベタに与えれば大喜びで食べます。
虫が湧くのが楽しみになる、というのは少し言いすぎですが、
自然を拒絶するのではなく、受け入れて共存共栄する考え方にすれば
マイナスではなく何事もプラスで思考できるはずなんです。
頭ごなしに「気持ち悪いから無理」と思考停止せずに、
ちょっと好奇心を働かせれば、きっと見る世界が変わると思いますよ。


さて、ヤドクガエルについて調べるうちに、両爬も飼ってみたくなり、
気軽に飼育できて安価なアカハライモリもいいなぁと思ってたんですが、
ある懸念のために躊躇っています。
それは カエルツボカビ症 です。
カエルだけじゃなく両生類全般に感染・発症するので
ペットショップから購入したアカハライモリがキャリア(保因者)だったとすると
アカハライモリは発病しなくてもヤドクガエルへ伝染→発病して
ヤドクガエルだけ全滅という最悪のパターンが考えられます。
ブリーダーから直接購入したヤドクガエルはほぼ感染していないと考えられるので
多数の生き物を扱うペットショップの流通経路に乗った両生類は
安全のために飼育しない方がいいかな、と悩んでいるのです。
まあ、誘惑に負けてアカハライモリを買ってしまうかもしれませんがw


ちなみに、私はまだ両爬を飼ったことは無いですが、
【知識】一般人と爬虫類飼育者の見分け方と違い【part1】
【知識】一般人と爬虫類飼育者の見分け方と違い【part2】
私は既にそっち側の人間になってるようですwww
「モニター」と聞いたらまずオオトガゲが浮かぶもん。

28: 名も無き飼い主さん 2009/10/14 22:26:10 ID:xP7AUphc
虫発見
【一般人】ギャーッ
【両爬飼育者】エサに出来るか考える。


私も近い将来、必ずこうなる自信がある。
っていうか、上に長々とそう書いたばかりだしねwww
(だがダニ。てめーはダメだ)

カエルや爬虫類飼うなら、餌が同じ(虫)の小型猛禽も飼えるんじゃね!?
フクロウ喫茶で見たチョウゲンボウの子供が無茶苦茶可愛かったしなぁ。
google画像検索を見て下さいって。マジ天使なんですって!

さて、私はどこに向かうんでしょうかw

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/217-24a60bf6

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。