HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>クラゲ

ミズクラゲ飼育の続報

クラゲ飼育 16日目
12月23日(月祝)

さて、ミズクラゲ飼育の続報です。
エフィラを全滅させてしまってから再挑戦後、
ポリプ幼生もエフィラ幼生も1匹も落とさず順調に推移しています。

現在飼育中のミズクラゲ
ポリプ幼生 6個体→目視できるだけで12個体
エフィラ幼生 8個体

クラゲはポリプの状態でも繁殖するんで、どんどん数が増えています。

12月11日時点のポリプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ポリプ幼生は岩などに活着して、動かずに生活します(固着性)。
この長い毛のような触手でプランクトンを捕食します。

12月23日時点のポリプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ポリプというより、ストロビラ幼生になっていますね。
水温が15度以下になると、ポリプはストロビラに変態します。
かなり身体が細長くなり、くびれが見えてきました。
ここから新たなクラゲが切り離されるので、楽しみです!

エフィラ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
エフィラ幼生も一回り大きく成長しました。
メテフィラ幼生になるにはまだしばらく時間がかかりそうです。

さて、いつものことながら、アクアリウムというより
生物学の研究のようになってきましたが…
ミズクラゲのポリプ・エフィラ飼育については自信がついてきました。

ポリプ幼生飼育のポイント
・ポリプが活着していない状態でも給餌可能。
・シャーレで飼育する場合は水深を浅くすることで
 ポリプがブラインシュリンプを捕食しやすくなる。
・ブラインの走光性を利用して、手持ちライトを使って
 ブラインを誘導すると、無駄なく給餌できる。
・給餌後、数時間経過したら必ず水換えすること。

エフィラ幼生飼育のポイント
・導入時の水合わせには細心の注意を払うこと。
 ポリプと違い不調になると回復は極めて困難。
・給餌は別の容器に移して活ブラインシュリンプを与える。
 ブラインの密度を上げないとなかなか捕食してくれないが、
 大量にブラインを食わせる必要は無いので、のんびり待てばそのうち捕食してくれる。
 満腹?になると捕食しなくなるので、
 ブラインを多めに投入しておくのもいいかもしれない。
 ただし、ストロビラから分離したばかりのエフィラに
 給餌しすぎると奇形になるという報告もある。

このまま頑張って来年春くらいまで飼育してれば
晴れてクラゲ成体まで育てることができると思うのですが、
さすがに気が長い話なので…
安価で成体ミズクラゲを販売している方を見つけたので
成体クラゲの飼育にもリベンジしてみることにします!

クラゲは注目度が高く、飼ってみたい人も多いと思いますが、
本当に手間と時間がかかるので、「手軽に飼う」のは不可能です。
それでも「手軽に癒されたい」という人のために、
クラゲのインテリアも販売されてたんですね↓


よくできてるけど、クラゲはこんな動きしませんよ^^;
やっぱり私は本物の生きているクラゲがいいなぁ。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/166-a8e3211b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。