HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>エアープランツ

エアープランツの女王

自分のためにもエアープランツ 飼育記録のページも作ってみました。
多肉植物とエアープランツは衝動買いから始めてしまったので
飼育しながら急激に知識を吸収していきたいと考えています。

まずは新しいメンバーの紹介から↓

チランジア・イオナンタ(T.ionanhta)
チランジア・イオナンタ
最もポピュラーな種類のエアープランツ。
空き缶みたいなデザインのポットに入れてみたんですが、
アクアリストからするとヤドカリに見えてしまう!?
葉が赤く染まって美しい花を咲かせるそうなんで、
その風景が見れるように頑張って育てたいと思います!

チランジア・テクトラム(T.tectorum)
妄想アクアリウム
一目惚れしてポチっちゃいましたよ、コレ。
エアープランツの王様と呼ばれるキセログラフィカ(T.xerographica)↓
キセログラフィカ
をポチることは思い止まったんですが。
(引っ越した後は確実に買っちゃうだろうけど)
妄想アクアリウム
真っ白なトリコームがふかふかで気品溢れるその姿は
エアープランツの王妃または女王と言えるでしょう!
妄想アクアリウム
葉のトリコーム(trichome)を拡大してみました。
銀葉系チランジアは水分が多すぎると退化して観賞価値が激減してしまうので、
そうならないように頑張ってみたいと思います。
妄想アクアリウム
とりあえずガラスポットの上に置いてみましたが、
そのうちガラスベースを用意して流木に着生予定。

エアープランツ暦1週間の私なんで、認識が誤っていたらすいません。
飼育が簡単と喧伝されているエアープランツですが、
調べれば調べるほど、長期飼育が難しいと思っています。

× 水をやらなくていい

○ 定期的な水やりが必須

× 光を必要としない

○ 植物は光合成のために光が必要。特に銀葉系チランジアは強い日照を好む

× 土や鉢植えは不要

○ 壷型など水分を好む一部の種類は鉢植えが適切

× 月に1回、一晩中ソーイング(水に沈める)すれば大丈夫

○ ソーイングは干からびてしまった個体への緊急手段でダメージが大きい

エアープランツは「風通しがよく涼しくて湿度が高い」気候に
生息する種類が多く、空気中の水分を葉から吸収します。
根は活着に使うのがメインで、根からあまり水分は摂りません。
そして「直射日光の当たらない明るい日陰」を好みます。
ここが最大のポイントだと思われます。
室内に置くと、「風通しが悪く湿度が低い暗い場所」になりがちです。
全く水を与えないと当然枯れますし、
葉に潅水しても、吸収されるまでに乾いてしまうと意味が無いし、
湿ったままだと蒸れて腐ってしまう。
この矛盾点が飼育の難しさだと思います。
普通の室内用蛍光灯下で健全に育成できるとは到底思えません。
(水草用の強照明下での育成は試してみたいですけどね!)
また、いくら鉢植えしていないエアープランツでも
手で触るとストレスを与えて調子が悪くなるので、
あまり頻繁に触ったり場所を動かすのは良くないようですね。

私の場合は、ブラインド越しの明るい日差しが入る場所に置いて、
窓を開けっぱなしにして少しでも風が抜けるようにしています。
本来なら屋外やベランダで育てるのが望ましいだろうし、
引っ越したらもっと開放的な場所に着生させてやりたいです。

しかし、多肉植物もそうですが、エアープランツの世界も
奥深く、そして長期的な趣味ですね。
花を咲かせるまで最低でも数年かかるし、先を見据えた飼育をしないとなぁ。

次回のネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/159-6808fc2b

コメント

ROMってたけどコメントしてみる

エアープランツ綺麗でやりたいと思ったけど説明見たら難しそうだ…
ちなみにエアープランツってスペースってそんな取るの?
ネットラジオではありがとうございました!
エアープランツはきちんと生態を理解すれば大丈夫と思いますよ!
部屋に置くとしても、昼間は明るい場所に移動するとか、
忘れずミスティング(潅水)するとかすれば、簡単には枯れないかと。
スペースは、エアープランツのサイズによると思います。
風通しの悪い場所に押し込めないようにすれば、
スペースはそんなにとらないのでは?
クラゲにエアープランツにと。。。。
活動的ですねー!!!
どっちも静な感じで、癒されそうです~
クラゲは全く癒されるところまで辿り着けていませんよー!
このブログを見て興味を持った人に、
少しでも有益な情報が残せれば良いのですが。
魚と合わせて、長期飼育目指して頑張ります!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。