HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

初水質検査

30cm水槽 立ち上げ 2日目

昨夜はヒーターの電源を切ったにも関わらず、
夜になっても水温が27度から下がりません。
それどころかジワジワと上昇する気配。

ヒーターなんかいらんかったんや!

(いや、換水のときには絶対ヒーター要るんですけどね)

さて、今日は水質検査を実施したいと思います。
妄想アクアリウム
今回使用するのは、この検査紙。
しまった、この検査薬ってアンモニア(NH3)が測定できない!
って思ったけど、よく考えたら水槽には生体はおろか
まだライブロックさえも入っていないんで、
まだアンモニア濃度は関係無いか。
妄想アクアリウム
検査結果。
図表と比較して調査するんですが、かなり分かりにくい…

亜硝酸塩(NO2)0.5mg/l
硝酸塩(NO3)40mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

いきなり理科の実験みたくなってしまいました。
ここで重要なのは亜硝酸と硝酸塩です。

餌の食べ残しや生体の排出物などは、バクテリアによって
アンモニア(NH3)→亜硝酸(NO2)→硝酸塩(NO3)
と分解されていきます。
生体にとってアンモニアは猛毒、亜硝酸は毒、
硝酸塩はほぼ無害な存在と考えればいいと思います。

水槽立ち上げ2日目でいきなり硝酸塩が検出されているというのは
好気性バクテリアがもう活発に活動してるということかな?
30cm規格水槽とミディアム粒底砂では、
嫌気性バクテリアの活動は期待できないので
ライブロックを入れる直前に全換水しようかな。
亜硝酸がゼロになるまでは水槽が立ち上がったとは言えないので
引き続き油断せずに観察していこうと思います。
とはいえ、私にできることは待つことだけなんですけど(笑)

しかし、空っぽの水槽を目の前にして
何も生体を入れずに待つ毎日というのは、本当に辛いですね。
下着姿の女の子と一緒に居ても、私は余裕で
何もせずスルーできる自信がありますが
空っぽの水槽と一緒に居るのは、思わず誘惑に負けて
ショップへ魚を買いに走りそうになります;
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/13-7623fa82

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。