HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>海水日記

エロくないエロス

30cm海水水槽 182日目
11月10日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

忙しくてもブログを毎日書けるように頑張ろうと
誓った直後から挫折しそうになってる私です。こんばんは。
ブログで近況を書いておくのは自分のためですからね。
生体が増えてくると、いつ何が起こったのかを鮮明に覚えておくのは難しいんで。

先週の水質検査の結果

水温 24度前後
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0+mg/l
ペーハー(pH) 7.8pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l
(2つの水槽共に同じ)

またpHだけがかなり低下してるような色に。
しかし約1/4の水換えで水槽状態が改善されたようで、
ほぼ全ての生体の調子が上向きに。
この好調期が続くといいな~と思った矢先、
ウミキノコの開きが悪くなり、アワサンゴとツツウミヅタが不調に。
これは明らかに何らかの異常のバロメーターです。
水質が悪化したかな、と思った瞬間、またもブルースポンジが真っ白に…
またですか…。白化が始まると、たった2日間で全滅します。

ホムラハゼやオドリハゼに活ブラインを給餌してるせいで
硝酸塩が早期に蓄積した可能性を考えますが、
テトラ テスト5in1
妄想アクアリウム
この試験紙はお手軽な反面、はっきりした数値はまるで分かりません。
なので、今回は試験液を使ってみることにしました。

エロス アクアテスト NO3測定
妄想アクアリウム
「エロス」はメーカー名ですからね!念のため。
妄想アクアリウム
硝酸塩(NO3)2.5mg/l
でしょうか。
うーむ、この濃度でサンゴが不調になるんでしょうか?
ペーハー(pH)やリン酸(PO4)も測ってみないと、何とも言えないな…
しかし検査液は結構高価なんです…

一度に数種類を検査できる試験紙は確かに安いですが、
誤差が大きく読み取りも困難で、大まかな測定しかできません。
昔は試験紙(約2,000円)も高く感じて買うのを躊躇していたのに、
今やデジタル表示なpH測定電極式検査器(5,000円以上)や
24時間監視pHモニター(1万円前後)を買おうか真剣に悩む俺がいる。

試験紙の検査ではpHの低下が当面の問題なんですが、
一度pH上昇剤を使うと、使い続けないと水槽が維持できなくなるという
「pH上昇剤は麻薬と同じ」ということなので、これは使わない方向で。
どうせ硝酸塩やリン酸の蓄積も気になるし、基本の換水が一番ですかねー。

あとはこんなものも購入。
妄想アクアリウム
Sサイズでもホムラハゼには大きすぎますが、
今後カエルウオなんかも飼うかもしれないし無駄にはならないと思う。
しかしこれで700円くらいするのは高すぎるだろ…

妄想アクアリウム
ヤドカリの引越し用貝殻をサイズ別に取り揃えました。
左がcharm、右2つが宮古海水魚購入分です。
しかしこれもなかなかいい値段がします。
左側は1ケース434円、右側は1袋367円。
1cm以下の極小サイズから1cm前後、2cm前後と
ヤドカリの成長に合わせて貝殻を準備してやる必要があります。
その甲斐あって、ついにヤドカリの生着替え、
もとい生引越しを目撃することもできました!
これもマリンアクアリウムの楽しみの1つですよねー。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/129-14860baf

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。