HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記

アクアリウム生活スタート!

30cm水槽が届いたので、早速セッティング開始!

30cm水槽 立ち上げ 初日

何はなくてもまずは人工海水を作らないといけないので、
バケツで水道水をカルキ抜きしている間に梱包から出していく。
淡水魚すらずっと飼っていなかった私には、
濾過装置の説明が難解で理解するのに時間がかかったが
まずはチェックするために真水で組んでみた。
妄想アクアリウム
水回りを楽にするためにシンクで作業しているので
背景にコップなどが写っているのはご容赦を。
水槽の横に写っているのはカルキ抜き剤です。

水漏れや異音など不具合も無さそうなので、
真水を捨てて今度は人工海水を入れていく。
妄想アクアリウム
比重を計ってみると…
1.021くらい
ちょっと軽いが、水が蒸発すると若干比重が重くなるし
まぁ許容範囲内ということで…
妄想アクアリウム
水温を計ると、22.4度。
これじゃライブサンドを入れられないので
次はヒーターをセットすることにする。
妄想アクアリウム
どんどん器具やコードが増えて煩雑になってきました。
しばらく待つと…
妄想アクアリウム
これで水温はOK。
いよいよライブサンドを投入します。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ライブサンドはこんな感じに温度変化が少ないよう梱包されています。
そう、「生きて」いるサンゴ砂なんです。
付着しているバクテリアが死んでしまったら意味無いですからね。
妄想アクアリウム
投入直後は真っ白に水が濁ります。
このへんはネットで調べた通りなので特に焦りません。

しかし、ライブサンド3リットルはちょっと多すぎた…
そりゃそうですよね。
水槽の総容量12リットルに対して底砂3リットルだと
約1/4が砂になってしまう計算です…
30cm水槽だと2リットルで十分でした。
砂を少し減らしましたが、これにライブロックを入れた場合
水の容量は大丈夫なのか。ちょっと心配です。

ここまでに要した時間は約3時間。
小型水槽の立ち上げとはいえ、海水は色々と準備が必要ですね。
妄想アクアリウム
数時間すると、水は澄んできます。
水温が27度と、ヒーターの設定温度より高くなっているので
ヒーターの電源は切ってしまいました。
妄想アクアリウム
そして、餌をやります。
「え!?砂しか入っていない空っぽの水槽に餌をやるの?
 …頭、大丈夫?
 エアーペット?エアーアクアリウム!?」

と思われるかもしれませんが、
いえいえ私は別に空想家でもヤンデレでもありません!
詳しい説明は長くなるので省略しますが、
水槽にバクテリアを繁殖させる必要があるので
生体を入れる前から餌を投入するのです。

生体を購入する予定のショップへ出かけていって
ショップで魚に与えてるのと同じ餌を買ってきました。
これなら間違いなく魚にも餌付くはずです。

明日には水質も検査してみましょう。
さて、これからどうなることやら。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://delusionaquariums.blog.fc2.com/tb.php/12-7c179d19

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。