スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンゴウオ餌付け

ダンゴウオがショップに入荷していたので
どうしょうもなく可愛すぎて思わず飼い始めた。
汚名は甘んじて受けよう。後悔はしていない。
私の名はジブン・デ・シイクスルゼー。
水族館やダンゴウオ写真集に魂を売らなかった男だ・・・

勢いだけで立ち上げたダンゴウオ水槽ですが、
ダンゴウオ3匹は元気いっぱいに飼育できています。

ダンゴウオはお腹に吸盤があるので、
妄想アクアリウム
こんな感じや
妄想アクアリウム
こんな感じで垂直面や裏面にくっ付くことができます。

妄想アクアリウム
底砂の入ってないベアタンクなので、
ガラス面にお腹の吸盤が映って見えますね。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ガラス面にくっ付くと、お腹の吸盤がよく分かります。

さて、さっそく餌付けに挑んでみました。
コレなら確実と、みんな大好き活ブラインシュリンプを入れてみたら…
え!?まさかのガン無視…!
そ、そうだ。ダンゴウオは夜行性だから、夜ならきっと…
夜に与えてみても…
無反応…!圧倒的無反応…!

まさかの展開に動揺を隠せませんが、
ダンゴウオのメイン餌といえばイサザアミです。
活イサザアミはストックしていないので、
冷凍ホワイトシュリンプを解凍しながら夜を待ちます。

アクア用ライトだけじゃなくて室内灯まで消して暗くすると、
いきなりダンゴウオたちが活発に動き回るようになります。
明るいうちはほとんど動かないのが嘘のよう。
そして冷凍ホワイトシュリンプを水流で流してみると…
食べた!
これはすぐに餌付きました。
ブラインシュリンプは小さすぎたとか?
でももっと大きな魚もブライン大好きなんだけどな…
プテラポゴン・カウデルニー「何か言った?」
妄想アクアリウム
↑4ヶ月経っても冷凍コペポーダは吐き出して活ブラインしか食べない人

これだけでは実験として不十分なので、次なるテストは…
赤ミジンコ(淡水)
妄想アクアリウム
卵生メダカの餌として赤ミジンコを購入したのですが、
以前の記事に書いたタマミジンコよりかなり大型。
ネコゼミジンコでしょうか?
これならブラインシュリンプとヨコエビの中間くらいのサイズなので
ダンゴウオの生き餌にはちょうど良いサイズかと思われます。

与えてみると…これがすごい食いつきっぷり!
淡水ミジンコなんで海水中では数分しか持ちませんが、
すごい反応でミジンコに飛びついて食べています。
2日目にしてガラスピペットにまで寄って来る反応の良さ。
淡水プランクトンでは海水魚に必要な栄養が不足してしまうので
メインの餌にはなり得ませんが、これはなかなか使えそうです。

現在、ダンゴウオは赤・紫・緑の3匹が居るんですが
妄想アクアリウム
背びれの形状からして、緑の子はメスっぽい?
妄想アクアリウム
赤の子はオスでしょう。
ただ、ダンゴウオって周りの環境に合わせて体色も変化させるんで、
どの子がどれか分からなくなりそうです^^;

ダンゴウオ水槽用のライブロックも、只今キュアリング中!
妄想アクアリウム
大量のライブロックに見えるかもしれませんが、これプラケースなんでw
握りこぶし大より小さなものを見繕ってもらったんで、全部で1kgくらいだと思われます。
いつもはあまりキュアリングしない(付着物をできるだけ導入するため)んですが
今回は水量8リットルに満たない小型水槽なので、
このままキュアリングを続けて安全を期したいと思います。

さあ、2013年も残り僅かとなりました。
2013年の最後は、ダンゴウオギャラリーで!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
2013年5月にアクアリウムをスタートして、ブログ投稿も今回で173記事となります。
色んな生き物との出会いがあり、新たな人との交流もありました。
アクアリウムを始めて、人生が豊かになったと実感しております。
うちに迎えた魚たちにも感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさん、今年は本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

チランジア緑葉種

現在のエアープランツ飼育記録

今回も新しくお迎えしたエアープランツの紹介から!

チランジア・イオナンタ”フエゴ”(T.ionantha "Fuego")
チランジア・イオナンタ”ピーチ パープルフラワー”(T.ionantha"Peach-Purple Flower")
妄想アクアリウム
小さい個体なので、まとめてウッドバスケットに入れています。
左側と中央がフエゴ、右側がピーチパープルフラワーです。
中央はもうフエゴらしく少し紅色に染まっていますね!
フエゴはその名の通り「炎」のように真っ赤に染まるので、楽しみです。
ピーチパープルフラワーは開花期に葉が桃色に染まって
紫色の花を咲かせるとのことで、どんな風になるのでしょうか。
ただし、この小ささなので、果たして何年後になることやら^^;

そしてついに壺型エアープランツにも手を出してしまいました!
育成がなかなか難しそうですが、頑張ってみようと思います。

チランジア・カプトメデューサ(T.caput-medusae)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
チランジア・ブッチー(T.butzii)
妄想アクアリウム
どうですか、この禍々しさすら感じさせる造形美は!
安く満足のいく形のエアープランツが手に入ったのでとても嬉しいです。
これからどんな風に成長していくのか楽しみです。
乾燥を好む銀葉種チランジアと違い、葉が緑色の壺型種は水分を好みます。
ブッチーはかなり小さい個体なので、さっそくポットに植え込んでみます。

本来は屋外で樹木に着生させた方が望ましいエアープランツですが、
室内でも置き場所に注意すれば十分楽しめると思います。
スペースもコンパクトで見た目もスタイリッシュ、
虫害とも無縁であまり手間もかかりません(放置すると枯れますが)。
100円ショップでも小さな株を売ってるので、みなさんもいかがですか??

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クラゲ飼育失敗

クラゲ飼育 22日目
12月29日(日)

ミズクラゲ成体飼育に再挑戦してみたんですが、
タイトルにある通り、失敗に終わってしまいました。
緩い水流が丸く循環する専用水槽を準備して
万全の体制で意気込んで挑んだだけに、ショックが大きいです。

妄想アクアリウム
水槽内にセパレーターを入れて、フィルターの吸い込み口に
クラゲが吸い込まれないようにしています。

プラケースで水合わせ中の様子。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
前回の反省を踏まえて、今回は水合わせにも1時間以上かけたのですが…

数日以内に拍動が止まり、全個体が底に沈んでしまっていました。
このまま諦めたくないのですが、全く手がかりが掴めず、途方に暮れています。

水槽はベアタンクで、水温16度、外掛フィルターを絞って水流を作り
セパレーターと塩ビ板で曲線を作って水が回るように設定しています。
クラゲに水合わせは不要という意見もありますが、
以前にエフィラが水合わせ不全と思われる原因で全滅したこともあり、
今回は水合わせに1時間以上かけ温度も合わせてから水槽に入れています。
人工海水は別の海水水槽で使っているものと同じで、
新しく作った海水を1晩エアレーションしたものにアクアセイフを定量添加。
ですので、比重・phなども問題無いはずです。
あと考えられる原因としては、袋から水槽に移す際のショック
(小型水槽なので急角度で勢い良く注ぐことになる)くらいですが、
自然の海ではもっと激しい波に揺られる状況もありえるので、これも考えにくいのですが…
どうしてクラゲだけ即全滅してしまうのか。
止水で放置しても1週間は生存できるだろうミズクラゲが
たった数日間で全滅してしまう状況は、致命的な何かがあるんでしょうが…
できることなら再チャレンジしたいのですが、生き物でトライ&エラーを繰り返したくないし
このままではあまりにも手探りすぎて…
どなたか、クラゲ飼育されている方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたいです。

妄想アクアリウム
前回の飼育時に裏返しになったミズクラゲ。
ミズクラゲを飼ってみる
こちらによると、調子が良くないときの症状のようです。

妄想アクアリウム
前回飼育時に1cmほどの小さなカニがいました。
ミズクラゲと共生していたのでしょうか。
このカニは丈夫で、クラゲ全滅後も数週間生きていました。

エフィラ幼生飼育も壁にぶち当たっています。
萎んでしまったような感じになり、明らかに調子が落ちています。
毎日のように活ブラインを与えていたのですが、
うまく捕食できていなかったのでしょうか。
シャーレよりもさらに小さな容器でブライン密度を高めて給餌しましたが
弱ってしまったためか、もう捕食できていない様子。
もっと強制的に給餌した方が良かったのでしょうか。

ポリプ幼生の方は、完全にストロビラへ変態しました。
妄想アクアリウム
拡大すると
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
このヒダの1つ1つから新しいクラゲが誕生してくるのです!
(子供ではなくてクローンと思ってもらえばいいです)
今のエフィラはかなり厳しい状況ですが、
ストロビラから大量のエフィラが誕生することは確実なので
成体クラゲの飼育は一旦断念して、エフィラの育成に取り組みたいと思います。
クラゲ飼育は本当に難しいですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

卵生メダカに挑戦

淡水水槽 179日目
12月28日(土)
現在の淡水水槽タンクメイト

さて、先日に立ち上げたボトルアクアリウム(4リットル)
妄想アクアリウム
に入れる魚を物色。
パネルヒーターで加温してみたものの18度前後…
これでは熱帯魚は無理だな。
(しかし後日確認すると22度…8Wしかないので気温に影響を強く受けるのかも…)
それじゃ卵生メダカにしたいなーと考えていました。

魚を決めたものの、ネットで色々と情報を集めるうちに
体長5cmの卵生メダカペアではボトルは狭すぎるんじゃ?とか
オスがメスを追いかけ回す習性があるらしい、とか
どうせなら繁殖まで狙いたいし、流木ストック用で放置している
20cmハイキューブ水槽をリセットして卵生メダカ水槽にしてみることに!
いったいいくつの水槽を立ち上げたら気が済むんだよ!
という見方もあると思いますが(8個目です)、それは気にしない方向で…

あ、ボトルに入れるはずの魚は…定番のアカヒレにする?
それともグラミー?エアレ要るけどクラウンキリーとか?
結局何も決まってないけど、また改めて考えます^^;

魚購入前の立ち上げ中の様子。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
余っていた水槽に余っていたソイルをひき、
余っていた流木に余っていたウィローモスを巻きつけ、
余っていた水草を茂らせ余っていたライトを付けた、
完全余り物リサイクル水槽です^^;
まあ、フィルターとヒーターは新たに購入することになるんですが。

選んだ魚は、卵生メダカ
「アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ」をペアで導入。
非年魚なんで、複数年の飼育が可能な種類です。
プラケースでの水合わせ中に撮影してみました!

オス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
この程度のヒレ欠けは許容範囲内として、
腹部分の色が不自然に薄くて凹んでいるのが気になる。
大丈夫なんでしょうか。(大丈夫じゃありませんでした…

メス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
体色が薄く、地味な方がメスです。
尾ビレに欠けがあるのと、鰓が赤く爛れてるように見えるけど
これで正常な状態なのか…?

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
メスが近づくとオスはヒレを広げてフラッシングするので綺麗ですね。
この種類はオスがメスを激しく追いかけると聞いていたんですが、
この個体はいやにおとなしいな。というか活力が鈍い。
明らかに状態が良くない個体で、これは心配です。

妄想アクアリウム
こんな感じになりました!
紆余曲折あったけど、流木や水草が入り組んだ環境は卵生メダカの繁殖に適しているし、
ワイルドなイメージの水槽になりそうで気に入っています。
自然繁殖を目指すならもっと浮き草とモスだらけにする必要があるけど
そうするとまた鑑賞性が全く無い水槽になりそうですね^^;
妄想アクアリウム
卵生メダカは水流を嫌うそうですが、深型水槽だと底部分の酸欠が心配なので
外掛フィルターの吹出しで水の流れを作っています。
妄想アクアリウム
ちょっとだけアクアテラリウム気分ですよね!w
水のせせらぎと水面(みなも)の波紋を眺めるのも心地良いです。
妄想アクアリウム
この水槽のポイントは、樹の洞(ほら)をイメージした部分。
本来は狭いところに入り込むのが好きなベタ用の流木なんですが、
サイズ的にベタ水槽に入らなかったので、この水槽に入れています。
今後、ローチなんかを混泳させるとしたら入ってくれるかも。

導入翌日にアフィオセミオン・オーストラレ オレンジへ餌付け開始。
活ブラインシュリンプを入れると、さすがにすぐ反応して食べました。
海水で使った残りの冷凍ホワイトシュリンプ(イサザアミ)を刻んで入れると…
一旦口に入れるが吐き出してしまいました。
粒餌も試してみましたが、反応が遅いし口に入れても吐いてしまいます。
やはり人工餌に慣れさせるにはしばらく時間がかかりそう。
それまでは活ブラインと冷凍赤虫で体力をつけてもらおうと思います。
参考サイト:
豊橋アマゾン

それにしても、オスが全く餌に反応しない。
そのまま様子を見ていると、夜には底に横たわって瀕死の状態でした。
卵生メダカは状態が悪いことが多く、導入時の死亡例も多いと聞いていましたが
通販では生体を選べないので、状態が良くない個体が届くとどうしょうもないです。
その翌日には、なすすべもなくオスはそのまま落ちていました。
やりきれない思いでいっぱいですが、今キーパーにできることは何もありません。
もう少し水温が低い方がアフィオセミオンには適しているのか?
いくら種水を移していても飼育水がこなれてなかったのか?
もっと自分にできることはなかったのか自問しつつ、
残ったメスには元気に長生きして欲しいと思います。
もう一度オスを買ってペアリングしようかな…

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ダンゴウオ水槽立ち上げ

ショップの入荷情報を見てしまいガマンできず、
ついに。夢にまで見た。

ねんがんの ダンゴウオ水槽を 立ち上げたぞ!

いやぁ、マジで「殺してでもうばいとる」を選びたくなるくらいの
可愛い魚なんですよ、ダンゴウオって。

ダンゴウオが小さいので、水槽は余っている20cmキューブに決定。
通常はライブサンドをひくんですが、ダンゴウオ腹面の吸盤を使わせるために
当初はベアタンク(底砂無し)でいってみようと思います。
近海産ライブロックも追々仕入れるとして、
隠れ家&繁殖用としてフジツボ殻が欲しいところ。
通販ショップでは適当なものが無かったけれど、
パウパウアクアガーデンに在庫があったのを思い出して行ってきました。
妄想アクアリウム
小型水槽なので大きすぎるとかさばるし、
かといって小さすぎてフジツボが少なすぎると
肝心のダンゴウオが気に入る部屋がないという事態も考えられます。
これなら程ほどのサイズで良いのではないでしょうか。

ダンゴウオ水槽
妄想アクアリウム
水槽:PLECO GLASIAグラシアキューブ(200×200×200)
ちなみに横に見えているのは、クラゲ用水槽です。
妄想アクアリウム
外掛式フィルター:GEX簡単ラクラクパワーフィルターS
濾材:ウレタンマット+リバースグレイン マリン(400cc)
水温は現在16度前後。暖房さえ付けなければ、このままいけそうです。

ベアタンクの殺風景な水槽ですが、
さっそく愛くるしいダンゴウオちゃんを見てもらいましょう!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
正面からだとドラクエのスライムみたい。
いやー、かわいい。かわいすぎて辛い。ハァハァ。

ダンゴウオは周りの環境に合わせて体色を変化させるので、
背景に赤や緑の色が欲しいところ。かといって人工物だと雰囲気が台無しになるので。
自然ではエツキイワノカワ(紅藻類)やフクロノリ(褐藻類)の上に
ちょこんと乗っかっていることが多いらしいですが、
ショップには入手しないので欲しいなら自己採集するしかない。
レッドグレープや近海産ヒライワヅタで代用しようか検討中。
近海産ライブロックも手配中ですが、
凸凹があるとダンゴウオが定着できないので平らな岩が望ましいところ。
赤系の岩を探してみるが、なかなか見つかりません。
ゼオライト塊は色的にはOKですが、海水に漬けるのはヤバすぎる
(吸着物質を還元する)ので残念ながら却下。
小さな赤レンガならダンゴウオの体色に合うんじゃないかと考えています。

冷水で混泳できるおとなしいタンクメイトも選定中。
ペパーミントシュリンプ類似のアカシマモエビ、草食性のアシナガモエビ、
小さなウメボシイソギンチャク、あたりならいけそうかなぁと。
ヒメイカも飼ってみたいんですが、まだシーズンじゃないんですよね。
(しかも寿命が3ヶ月程度しかないらしい…)
おとなしいカニが混泳できれば面白そうなんですが。

この可愛い姿がずっと見られるように、ダンゴウオ長期飼育目指して頑張ります!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

モッスモスにしてやんよ(あげる)

淡水水槽 177日目
12月26日(木)
現在の淡水水槽タンクメイト

ベタちゃんに引越ししてもらった20cmハイキューブ水槽。
リセットこそしませんが、小型魚&エビ混泳水槽として生まれ変わります!
ベタが居たときは、小魚は怖がって一切出てきませんでしたからね。

まずはエビをお迎えする準備として、
エビが大好きなウィローモスを流木に巻きつけることにしました。
今までは巻きつけ済みを購入していたので、これが初チャレンジ。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
モッスモスにしてやんよ。
ウィローモスって、ご飯にかけて食べたら美味しそうな匂いしますよね?
(食べませんけど
妄想アクアリウム
つるピカハゲ丸に頭髪を植毛するように。
こんなにモスがフッサフサ!

そして、ずっと気になっていた青い淡水エビをついに導入。

ベルベットブルーシュリンプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ルリーシュリンプの体色が青い種類です。
届いたばかりの水合わせ中でもこの綺麗な青さ!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
せっかくなんで、エビ撮影会してみましたが、
標準レンズではこれが限界…
またマクロレンズでも撮ってみたいと思います。

魚も追加して、こんなスペックとタンクメイトに。

水槽:GEXグラステリアキューブ200H(200×200×350)
濾過:スポンジフィルター+バブルストッパー
照明:Grassy LeDio RS122
   フレッシュホワイト(10,000K)21W
底材:マスターソイルHGブラック
添加剤:テトラ アクアセイフ、テトラ バイタル
餌:テトラ リッチフレーク、日動 メディフィッシュ

生体:
・ボララス・ブリジッタエ×8
・ミクロラスボラsp ハナビ×4
・スカーレットジェム×1
・ヤマトヌマエビ×約6
・ベルベットブルーシュリンプ×9
・カラー石巻貝×1
・シマカノコガイ×2

魚は動きが早すぎるので、一眼レフデジカメで動画をテスト撮影してみました。

動画形式の関係で、視聴サイズが違ってしまったか…
標準レンズだとこれ以上寄れないし、
グリップ無しだと持ちづらくて本当に手ぶれが酷い。
マクロレンズ+グリップか、ビデオカメラで撮り直したいですね。

赤の体色が綺麗なボララス・ブリジッタエは、性格もおとなしく
表層まで泳いで餌を食べてくれるし、本当にいい子です。
以前飼育していたラスボラ・アクセルロディがガサツな一面がありましたが、
ブリジッタエはそんな下品な泳ぎ方はいたしません。
群れるし給餌でもケンカしないし餌付けもいいし、マジでオススメです。
最大でも3cm程なので、小型水槽でも十分に群泳を満喫できます!

ミクロラスボラsp ハナビは臆病な性格でほとんど見ることができなかったんですが、
ベタと離して複数飼育にすることにより、表に出てくるようになりました。
メタリックのボディにキラキラ煌く金色のスポットは、思わずうっとりする美しさ。
性能の良い照明を導入すると、魚の色彩を最大限に鑑賞できるんですよ!
ハナビもおとなしく、ブリジッタエを突くこともありません。
中層を好むのか、ブリジッタエより少し下を泳ぐことが多いです。
大型水槽にハナビ単独飼育というのも浪漫がありますね~。
それくらい見ごたえがある、小さくても主役になりうる魚です!

スカーレットジェムはソイル近くの底層を住みかとするので、
目にする機会はあまり多くありません。
人工餌に餌付きにくい種類の魚なので、
活ブラインを与えてみたらすぐに食べました。
ブラインに誘われてやってきたハナビに対しては
激しく追い払うので、結構気性が荒いのかもしれません。
しかし、深さのあるハイタイプ水槽だと底層の魚へ
ピンセットで冷凍赤虫を与えるのはかなり困難ですね…
メディフィッシュに餌付いたという情報もあるので、色々試してみます。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

アクアリウムで思ったこと

今回は、アクアリウムをやっていて思ったことを書いてみます。
色々な人から訊かれたり言われたりしたことに対して。


「魚飼ってて楽しいの?」

ものすごく楽しいです。
アクアリウムはペット飼育の悦びに加えて、
「水槽の中に世界を設計・創造する」という
好奇心や探究心を刺激する魅力が溢れています。

「どこがいいのかわからない。何の役にも立たないし」

手間と時間とお金がかかるアクアリウム。
確かに、アクアリウムをやっていても
儲かったり何か物質的に得をすることはありません。
他人に自慢することもないし、羨ましがられることもないでしょう。
自己満足の趣味なんだから、本人が満足ならそれで良し!

「生き物を飼うって、人間の思い上がりだよな」

こう考えている人は、犬や猫を飼ってる人にも同じことを言うのでしょうか?
「高等な人間が下等な動物を世話してやっているにしている」
とでも思っているのでしょうか?
愚かな人間は、どれだけ全力を尽くしても
小さな魚を生き長らえさせることさえ難しいのです。
だからこそ私達キーパーは、知恵を絞り、お金を注ぎ込み準備を重ねて
手間と時間を惜しまず毎日世話をして、
少しでも魚たちが快適に長生きできるように努力しています。
責められるべきは、無責任に動物の生命を軽く扱う輩でしょう。

「アクアリウムなんて自然破壊で、人間のエゴだ」

個人が飼育する数匹の魚に目くじらを立てるなら…
釣りやスポーツハンティングも否定するんでしょうか?
(これらの趣味を貶める意図は一切ありません。念のため)
そんなことより…
ゴルフ場造成で山を伐採するのは?
リゾート施設建設で海を埋め立てるのは?
見えない場所での大規模な環境破壊で、遥かに大量の生命が失われています。
私は趣味のアクアリウムを始めてから、今までにも増して
自然の神秘や環境問題に興味を持つようになりました。
生の自然を観察してみようと海岸に出向いて遭遇したのは、
浜辺に打ち上げられた大量のゴミの山でした。
アクアに興味がなければ、気付かなかった・見逃していたことかもしれません。
無知と無関心、現実に目を背けることこそ罪だと思います。


このブログにも何度も書いていますが、
アクアリウムは本当に現代人向きの趣味だと思います。
限られたスペースでも始められ、音や臭いも発生しないので
狭いマンションでも何も問題ありません。
美しい水の波紋と色彩豊かな熱帯魚を眺めていると、
時間に追われテクノストレスに苛まれた心は、確実に癒されます。
ただし。
「めんどくさい」「お金がもったいない」は厳禁です。
アクアリウムは常に面倒な作業の連続です。
水換えすら億劫に感じるなら、アクアしない方が幸せでしょう。
魚たちに愛情を注ぐことに喜びを感じる人なら、
大きな満足感と達成感を得ることができると思います。
(ちなみに、私は魚の世話を「育児」と呼んでいますw)
「200円で買った魚に1,000円もする餌なんてもったいない」
「人工海水が高いので100円ショップの岩塩か食塩って使えないかな」
こんな人も、アクアやらない方が幸せになれます。
100円で買った魚が病気になったら、薬は1,500円します。
たった1,500円で「家族の一員」の命が救えるんですよ?
それでもお金を惜しんで、100円で新しく魚を買いますか?
迷わず薬を購入して薬浴出来る人でないと、
とてもじゃないが長続きしないと思います。



今回はちょっと硬い文章ばかりになってしまいました。
上から目線と受け取って不快に感じた方が居ましたらすいません。
考え方は人それぞれ。
私の意見が絶対的に正しいとは思いませんが、
今回はここで私の持論を述べさせてもらいました。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ミズクラゲ飼育の続報

クラゲ飼育 16日目
12月23日(月祝)

さて、ミズクラゲ飼育の続報です。
エフィラを全滅させてしまってから再挑戦後、
ポリプ幼生もエフィラ幼生も1匹も落とさず順調に推移しています。

現在飼育中のミズクラゲ
ポリプ幼生 6個体→目視できるだけで12個体
エフィラ幼生 8個体

クラゲはポリプの状態でも繁殖するんで、どんどん数が増えています。

12月11日時点のポリプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ポリプ幼生は岩などに活着して、動かずに生活します(固着性)。
この長い毛のような触手でプランクトンを捕食します。

12月23日時点のポリプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ポリプというより、ストロビラ幼生になっていますね。
水温が15度以下になると、ポリプはストロビラに変態します。
かなり身体が細長くなり、くびれが見えてきました。
ここから新たなクラゲが切り離されるので、楽しみです!

エフィラ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
エフィラ幼生も一回り大きく成長しました。
メテフィラ幼生になるにはまだしばらく時間がかかりそうです。

さて、いつものことながら、アクアリウムというより
生物学の研究のようになってきましたが…
ミズクラゲのポリプ・エフィラ飼育については自信がついてきました。

ポリプ幼生飼育のポイント
・ポリプが活着していない状態でも給餌可能。
・シャーレで飼育する場合は水深を浅くすることで
 ポリプがブラインシュリンプを捕食しやすくなる。
・ブラインの走光性を利用して、手持ちライトを使って
 ブラインを誘導すると、無駄なく給餌できる。
・給餌後、数時間経過したら必ず水換えすること。

エフィラ幼生飼育のポイント
・導入時の水合わせには細心の注意を払うこと。
 ポリプと違い不調になると回復は極めて困難。
・給餌は別の容器に移して活ブラインシュリンプを与える。
 ブラインの密度を上げないとなかなか捕食してくれないが、
 大量にブラインを食わせる必要は無いので、のんびり待てばそのうち捕食してくれる。
 満腹?になると捕食しなくなるので、
 ブラインを多めに投入しておくのもいいかもしれない。
 ただし、ストロビラから分離したばかりのエフィラに
 給餌しすぎると奇形になるという報告もある。

このまま頑張って来年春くらいまで飼育してれば
晴れてクラゲ成体まで育てることができると思うのですが、
さすがに気が長い話なので…
安価で成体ミズクラゲを販売している方を見つけたので
成体クラゲの飼育にもリベンジしてみることにします!

クラゲは注目度が高く、飼ってみたい人も多いと思いますが、
本当に手間と時間がかかるので、「手軽に飼う」のは不可能です。
それでも「手軽に癒されたい」という人のために、
クラゲのインテリアも販売されてたんですね↓


よくできてるけど、クラゲはこんな動きしませんよ^^;
やっぱり私は本物の生きているクラゲがいいなぁ。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ベタの引越し

淡水水槽 173日目
12月22日(日)
現在の淡水水槽タンクメイト

朝起きて、まず水槽を見るとき
「魚とエビは元気かな~?」と気楽に眺めるのが淡水水槽。
「何か死んでないかな…?」と注意深く確認するのが海水水槽。

常に手間がかかり観察が欠かせない海水水槽と違い、
落ち着いた淡水水槽でしたが、久々に大きな動きがありました。
20cmハイキューブ水槽でベタとラスボラ類とヤマトヌマエビを混泳させてたのですが
小魚はベタを怖れて全く出てこないので、ベタを別に移すことにしました。

元々、ベタをジュースサーバーのようなボトルで飼うアイデアを暖めていました。
ボトルのデザインが可愛い、蛇口が付いているので水換えがものすごく楽、
水量もたっぷりあるので、ベタ単独飼育には十分です。

用意したボトルは↓
ダルトン ビバレッジディスペンサー 5.8L

たまに「ベタはヒーター無しでも大丈夫」と言ってる人がいますが…
とんでもない!「熱帯魚」のベタにはヒーターは欠かせません。
ビバリア マルチパネルヒーター8W
妄想アクアリウム
設定温度可変式。色々と調べてみましたが、
私の知る限りではワイルドモンスターさんが最も安かったです。

水と底材を入れて水温をチェック。
妄想アクアリウム
最高温度に設定しても、20度に届かない…
なんと、全然ダメじゃないか!
5.8Lの水量に8Wのパネルヒーターでは非力すぎたようです。
15cmキューブ水槽でベタを飼う時に使うことにしよう。

妄想アクアリウム
この水温ではベタを入れられないので、
換水用に使ってたヒーターをとりあえずブチ込みました。
これは換水時に水温を合わせるためのヒーターなので
ヒーターカバーが付いていなくて危ないのですが、
翌日には新しいヒーターが届くので、それまでのガマン。

底材は初めて「シルバーシャインサンド」を使ってみました。
光線が当たるとキラキラと輝く砂です。
周りが白っぽいとベタの体色も薄くなってしまうので
黒の底砂にしようと考えていたのですが、よく調べないと
SUDOファントムブラック
こんな風なアクシデントに巻き込まれたくありませんからね!
当初は水草を植えるつもりがなかったのでコレにしたんですが、
ベタがヒーターの縁に乗って休んでるのを見ると、
やっぱり自然に近い環境の方が快適なのかなーと悩んでしまいます。
本格的なレイアウト組みは来年春の引越し以後になるので
どうしても今は仮レイアウトな感じですが、穴開き流木と
別の水槽に入れるはずだった水草をポットのまま入れています。
これならシルバーシャインサンドにした意味があまり無いですが…
ソイルと違ってバクテリアの定着も低そうなので、どうするか検討中。
同じようなボトルばかり立ち上げてもしょうがないので、
もっと違ったイメージにしてみたいんですけどね。

そして、淡水アクアリウムに避けては通れない道。
流木の煮沸も初体験。
妄想アクアリウム
これ、実家ならお母さん激怒確実ですよねw
妄想アクアリウム
「アク抜き」の流木でもこれだけアクが出ます。
数時間沸騰させたおかげで、ほとんどがすぐに沈みました。

これにウィローモスを巻き付けてボトルアクアに使おうと考えてたんですが、
さっきのベタのこともあり、色々と悩みますねー。
キーパーのイメージも重要ですが、生体に合った環境にするのも大切なので、
両立させるのがなかなか難しいです。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

イエローのマメスナ

30cm海水水槽 223日目
12月21日(土)
現在の海水水槽タンクメイト

パソコンが壊れてブログ更新ができませんでした…
無事に復旧したので、その間に溜まったネタを吐き出していきます!

立ち寄ったショップで、サンゴを衝動買いしてしまいました。
妄想アクアリウム
水槽投入から時間が経ってないので
まだ完全にポリプが開いていませんが…
どうですか、この鮮やかなイエローのマメスナ!
私は特にマメスナコレクターではなかったんですが、
このビビッドな色彩には魅了されてしまいました。

例の不安定な場所↓
妄想アクアリウム
に置いているので、EXILEメンバーのMAGAKIやヤドカリに
押されて落とされてしまわないか心配です。

マメスナといえば
妄想アクアリウム
うちの最古参サンゴのマメスナは、
ヤドカリ食害でこんなにされてしまいました。
犯人はこいつ↓
妄想アクアリウム
これはもう放置できないということで、サテライトへの隔離を決定。
狭くてちょっと可哀想だし、他のマガキガイやムシロガイを襲うリスクもありますが
粒餌を毎日与えているので、奴なら元気に暮らしていけるでしょう。
ナガレハナサンゴ食害でずっとサテライトに隔離されている
マーブルサロンシュリンプも、現在でも生存中です。

新たなタンクメイトの紹介

ニセアカホシカクレエビ
妄想アクアリウム
グラスシュリンプが大好きなので、またまた導入しちゃいました。
今度こそ、長期飼育を目指します。
ナガレハナサンゴと共生するはずなのに、どういうわけか
イエローポリプやハマサンゴの上がお気に召したらしい。

ムカデミノウミウシ
妄想アクアリウム
前回は導入失敗しましたが、今度は無事に水槽へ導入。
ヒドロ虫退治の効果と、水槽内で長期飼育できるのか
両方の挑戦の意味もあります。
妄想アクアリウム
この紫に近い色彩は、美しいといえば美しいですが
毒々しく感じる人も居るかもしれませんね。

ネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
妄想アクアリウム
ツイキャスで生放送やってます!
いきなり配信開始もあるので、通知リストに登録してくれると嬉しいです。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ボトルアクアリウムその後

妄想アクアリウム
このボトルを使った前回の記事の続き。

とりあえず水草を植えてみた結果↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ネサエアは大きすぎだし、ごちゃごちゃしててトホホな感じ…
バリスネリアの根も出てしまってるし、ダメな見本ですね、こりゃ。
しかし、ボトルアクアの植え込み、ムズすぎるぞ!
瓶の口が狭くて手が入らないし、ガラス面が曲線なので遠近感が掴めない。
4~5回くらい、水草全部植え直しました。
ボトルアクアが簡単とか言ってた奴、出て来いやぁ!

ダメすぎるので、全部やり直し。

妄想アクアリウム
ネサエアは丁度良い長さに揃えてカットし直しました。
バリスネリアの根もカットして植え直します。

妄想アクアリウム
グラッシーレディオ直下で光量豊富なベタ水槽に入れてたドワーフリシアですが、
ヤマト軍団にツマツマされ続けてこんな悲惨な姿に…
そりゃアオミドロなんかより新鮮な緑の新芽を食べるわなぁ;
生体の入っていないこのボトルに避難させておきます。

前景草も生体もまだ入っていませんが、現状↓

CASE:05
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:星硝Cellamate(セラーメイト)取手付密封びん(4L) 1,134円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:細葉レースプラント(アポノゲトン) 980円
   ネサエア 250円
   ラージリーフハイグロ 280円
   スクリューバリスネリア 280円
   ドワーフリシア
生体:無し
制作時間:約4時間
合計費用:2,924円

別の角度から。
妄想アクアリウム
後景のバリスネリアが4株しかないので寂しい感じ。
様子を見てから追加しようかと思います。

妄想アクアリウム
コレですよコレ。
この緑と赤の水草の対比を見たかったんですよ!
明るい太陽光の元でもゆっくり眺めてみたい。

多肉植物ポットと並べて明るい窓際に配置しておきました。
溶岩石が届いたらウィローモス巻き付けて前景にするとして、
入れる生体はまだ決めていません。
いっそパネルヒーターを使って加温、エアレーションも付けて
卵生メダカ入れようかと企んでいます。
もしくはクラウンキリーやオトシンクルス?
ランシーロンシュリンプにも興味があるんだけど、
小さすぎて魚に食べられてしまうかなぁ…
スラウェシシュリンプは弱アルカリ性らしいので諦めました。
参考リンク:ホワイトグローブ・シュリンプの飼育方法

妄想アクアリウム
以前に10分で作ったこの子も元気にしてますw
直後は水道水に含まれるCO2のせいで気泡出しまくりでしたが、
現在は落ち着いています。

本格的な水草植栽は今回が初でしたが、ようやく慣れてきました。
カッチョイイピンセットが無くてもできるんや!
この記事で、ボトルアクアに興味を持った人が少しでも増えてくれれば幸いです。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

虹の玉

自分のためにも多肉植物 飼育記録のページも作ってみました。
エアープランツ 飼育記録と合わせて活用していきます。

多肉植物は値段が安いのも魅力ですよね~。
園芸ショップでは1株500円以下で販売されているので
面白そうな種類を見つけると、ついつい買ってしまいます。
海水のサンゴは1万円くらいするのもザラなので、
サンゴをこんなに買ってたら破産してしまいますし;

さて今回紹介する多肉植物は↓

ベンケイソウ科セダム属・虹の玉
妄想アクアリウム
虹の玉ってロマンチックな和名ですねー。
お菓子やゼリーみたいな艶のあるプクプクの葉がキュート!
寒さに強く、秋~冬は葉が赤く染まるのが美しい種類。
強光に当てると美しい赤色が発色しやすいらしい。
多肉にしては水分を好むようなので、成長期は水やり多めにしないとな。

ベンケイソウ科パキフィツム属・千代田の松
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
このダイヤモンドなどの宝石のようなエッジが利いたカッティングのような
独特の葉の形に惹かれたんですが、成長するとただの丸い葉になってしまう
という情報もあって、どうなることか…
「コンパクツム」と「千代田の松」は同種?別種?うーむ、わかりません。

チープなビニール鉢に入った状態で到着しましたが、
これは後で自分の好きなデザインのポットに植え直せば済むこと。
インテリアショップで購入すると高価なので、
園芸ショップで買って植え替えるのが賢いやり方じゃないですかね。

しかし、「虹の玉」とかすごい和名ですよね。
サボテンなどの多肉植物の和名が厨二病すぎるまとめ【九頭竜・降魔の剣】

あと、園芸ショップをネットで巡っていると、面白い植物を見つけました。
これは多肉植物ではないんですが、「ケルベラ・オドラン」という植物です。
このケルベラの種は「ドラゴンの卵」とか面白い名称で
鑑賞用に発売されていて、こんな形をしています↓
ケルベラ
ケレベラ(ケルベラ)の育て方

「ケルベラ」でgoogle検索すると…
「死を呼ぶ樹-ケルベラ」「南の悪魔ケルベラ」など物騒なワードがたくさん!
このサイト↓が詳しいですね
ケルベラ・オドラン

まだまだこんな未知の植物が眠っているとは…世界は広い!!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ボトルアクアリウム製作

新しい瓶が届いたので、またボトルアクアリウム製作に取り掛かってみます。

ボトル:星硝Cellamate(セラーメイト)取手付密封びん(4L)
妄想アクアリウム
この右側のボトルです。
梅酒などを漬けるための瓶ですが、なかなか透明度も高くていい感じ。
左側の瓶には背の高い水草を植えようかと思ったんですが、
口の部分が狭すぎてかなり使い勝手が悪そう。

今回の素材は↓

細葉レースプラント(アポノゲトン)
妄想アクアリウム
考えてたよりもかなり小さいサイズが届きました。
うーむ、これでは主役になれないな…
この辺は、実物を見て選べない通販の欠点がモロに出てしまいました。
育成が難しいレースプラントですが、
大きく成長した姿が見られるように頑張りたいです。

ネサエア
妄想アクアリウム
緑に映える、赤系の水草を植えてみたかったので。
逆にこれはかなり長さがあります。
とりあえず植えてみてからバランスを考えようか…

ラージリーフハイグロ
妄想アクアリウム
明るいグリーンが鮮やかな中景の万能選手。
ネサエアとの色のコントラストを狙っています。

スクリューバリスネリア
妄想アクアリウム
螺旋状のねじれが美しく、背の高い水草。
前回も登場しましたね。こういう特徴的な水草が好きなんです。

ウィローモス
妄想アクアリウム
みなさんお馴染みのウィローさん。3カップ注文しました。
巻きつけるべき溶岩石がまだ届いていないので
とりあえず今はキープ。

妄想アクアリウム
前景をどうするかはまだ決めていませんが、
この素材でやってみようと思います。
(続く

しかし、ネットラジオでも「ロタラは雑草?」って言われた話をしましたが、
水草やアクアに興味無い人からしたら雑草にしか見えないかもしれませんね…^^;
雑草を水に漬けても水草にはならず枯れてしまいますんで!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ミジンコはじめました

ボトルアクアリウム 10日目
12月14日(土)

妄想アクアリウム
ボトルアクアやらクラゲシャーレやら色々並んでる右端に、
グリーンウォーターが入ってるボトルが見えると思います。
これ、ミジンコを飼育中なんです!
種ミジンコを購入して、淡水クロレラを餌にして繁殖させるつもり。
ブラインシュリンプの栄養強化用に淡水・海水クロレラを培養してたんですが
ずっと放置になっていたので淡水クロレラを活用することにしました。
(海水クロレラはメンテに手間がかかるのでリセット予定)
妄想アクアリウム
緑色が濃くて中身が見せませんが、ミジンコが数十匹泳いでいます。
繁殖したら、淡水水槽やボトルアクアに導入して少しでも生態層を厚くするつもり。
ベタは冷凍ミジンコを全く食べないんですが、活ミジンコなら食べるんですかね?

左側の100円ショップで購入した瓶(1.5L)に半分移して、
バックアップ用にするつもりです。
ミジンコは突然耐久卵作って全滅することがよくあるので、
2つの瓶で飼育したいと考えています。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エアープランツの女王

自分のためにもエアープランツ 飼育記録のページも作ってみました。
多肉植物とエアープランツは衝動買いから始めてしまったので
飼育しながら急激に知識を吸収していきたいと考えています。

まずは新しいメンバーの紹介から↓

チランジア・イオナンタ(T.ionanhta)
チランジア・イオナンタ
最もポピュラーな種類のエアープランツ。
空き缶みたいなデザインのポットに入れてみたんですが、
アクアリストからするとヤドカリに見えてしまう!?
葉が赤く染まって美しい花を咲かせるそうなんで、
その風景が見れるように頑張って育てたいと思います!

チランジア・テクトラム(T.tectorum)
妄想アクアリウム
一目惚れしてポチっちゃいましたよ、コレ。
エアープランツの王様と呼ばれるキセログラフィカ(T.xerographica)↓
キセログラフィカ
をポチることは思い止まったんですが。
(引っ越した後は確実に買っちゃうだろうけど)
妄想アクアリウム
真っ白なトリコームがふかふかで気品溢れるその姿は
エアープランツの王妃または女王と言えるでしょう!
妄想アクアリウム
葉のトリコーム(trichome)を拡大してみました。
銀葉系チランジアは水分が多すぎると退化して観賞価値が激減してしまうので、
そうならないように頑張ってみたいと思います。
妄想アクアリウム
とりあえずガラスポットの上に置いてみましたが、
そのうちガラスベースを用意して流木に着生予定。

エアープランツ暦1週間の私なんで、認識が誤っていたらすいません。
飼育が簡単と喧伝されているエアープランツですが、
調べれば調べるほど、長期飼育が難しいと思っています。

× 水をやらなくていい

○ 定期的な水やりが必須

× 光を必要としない

○ 植物は光合成のために光が必要。特に銀葉系チランジアは強い日照を好む

× 土や鉢植えは不要

○ 壷型など水分を好む一部の種類は鉢植えが適切

× 月に1回、一晩中ソーイング(水に沈める)すれば大丈夫

○ ソーイングは干からびてしまった個体への緊急手段でダメージが大きい

エアープランツは「風通しがよく涼しくて湿度が高い」気候に
生息する種類が多く、空気中の水分を葉から吸収します。
根は活着に使うのがメインで、根からあまり水分は摂りません。
そして「直射日光の当たらない明るい日陰」を好みます。
ここが最大のポイントだと思われます。
室内に置くと、「風通しが悪く湿度が低い暗い場所」になりがちです。
全く水を与えないと当然枯れますし、
葉に潅水しても、吸収されるまでに乾いてしまうと意味が無いし、
湿ったままだと蒸れて腐ってしまう。
この矛盾点が飼育の難しさだと思います。
普通の室内用蛍光灯下で健全に育成できるとは到底思えません。
(水草用の強照明下での育成は試してみたいですけどね!)
また、いくら鉢植えしていないエアープランツでも
手で触るとストレスを与えて調子が悪くなるので、
あまり頻繁に触ったり場所を動かすのは良くないようですね。

私の場合は、ブラインド越しの明るい日差しが入る場所に置いて、
窓を開けっぱなしにして少しでも風が抜けるようにしています。
本来なら屋外やベランダで育てるのが望ましいだろうし、
引っ越したらもっと開放的な場所に着生させてやりたいです。

しかし、多肉植物もそうですが、エアープランツの世界も
奥深く、そして長期的な趣味ですね。
花を咲かせるまで最低でも数年かかるし、先を見据えた飼育をしないとなぁ。

次回のネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

エアープランツ 飼育記録(随時更新)

エアープランツ 飼育記録(2014/08/16現在)

現在飼育中のエアープランツリスト

■パイナップル(アナナス)科 チランジア(Tillandsia)属

コルビー(T.kolbii、別名イオナンタ・スカポーサ)
チランジア・コルビー
飼育日:2013/12/07~2014/04
購入先:luz
購入額:600円

テクトラム(T.tectorum)
チランジア・テクトラム
飼育日:2013/12/09~
購入先:charm本店
購入額:2,620円

イオナンタ(T.ionanhta)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/09~
購入先:charm本店
購入額:650円

イオナンタ”フエゴ”(T.ionantha "Fuego")(1)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/18~
購入先:Everything HP
購入額:800円

イオナンタ”ピーチ パープルフラワー”(T.ionantha"Peach-Purple Flower")
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/18~
購入先:Everything HP
購入額:1,200円

イオナンタ”フエゴ”(T.ionantha "Fuego")(2)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/18~
購入先:フラワーショップ江口
購入額:1,029円

カプトメデューサ(T.caput-medusae)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/29~
購入先:ヤフーオークション
購入額:800円

ブッチー(T.butzii)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/29~
購入先:ヤフーオークション
購入額:500円

イオナンタ(T.ionanhta)クランプ
チランジア・イオナンタ
飼育日:2014/06/04~
購入先:Lari-go[ラリーゴ]
購入額:680円

ジュンセア(Tillandsia juncea)
チランジア・ジュンセア
飼育日:2014/06/04~
購入先:Lari-go[ラリーゴ]
購入額:380円

イオナンタ”フエゴ”(T.ionantha "Fuego")(3)
チランジア・イオナンタ・フエゴ
飼育日:2014/06/04~
購入先:Lari-go[ラリーゴ]
購入額:550円×2

メラノクラテル(Tillandsia tricolor var.Melanocrater)
飼育日:2014/08/12~
購入先:アリスガーデン
購入額:200円

多肉植物 飼育記録(随時更新)

多肉植物 飼育記録(2014/09/21現在)

現在飼育中の多肉植物リスト

■■ユリ科(Liliaceae)

■ハオルチア属

十二の巻
ハオルチア・十二の巻
飼育日:2013/11/28~
購入先:東急ハンズ新宿店
購入額:1,000円

青雲の舞
ハオルチア・青雲の舞
飼育日:2013/12/07~
購入先:luz
購入額:350円

鼓笛錦
ハオルチア・鼓笛錦
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:500円

■アルブカ属

ナマクエンシス
アルブカ・ナマクエンシス
飼育日:2013/12/19~
購入先:ヤフオク!
購入額:600円

スピラリス フリズルシズル
アルブカ・スピラリス フリズルシズル
飼育日:2014/02/09~
購入先:ガーデニングshop岐阜緑園
購入額:1,000円

コンコルディアナム
アルブカ・コンコルディアナム
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:2,500円

■■ベンケイソウ科

■アエオニウム属

黒法師
アエオニウム属・黒法師
飼育日:2013/12/07~
購入先:luz
購入額:650円

■カランコエ属

月兎耳
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/09~
購入先:charm本店
購入額:450円

ロンボピロサ
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/14~
購入先:D.B.M.S
購入額:400円

■セダム(マンネングサ)属

虹の玉
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/14~
購入先:MILII/ミリー
購入額:250円

アラントイデス
セダム属・アラントイデス
飼育日:2013/12/13~
購入先:手作り雑貨とお花の店 Lari-go[ラリーゴ]
購入額:230円

姫笹(斑入りオノマンネングサ)(1)
セダム・姫笹(斑入りオノマンネングサ)
飼育日:2014/08/11~
購入先:オザキフラワーパーク
購入額:258円

姫笹(斑入りオノマンネングサ)(2)
セダム・姫笹(斑入りオノマンネングサ)
飼育日:2014/09/02~
購入先:マツモトキヨシ
購入額:168円

■クラッスラ属

紅葉祭(モミジマツリ)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/13~
購入先:手作り雑貨とお花の店 Lari-go[ラリーゴ]
購入額:280円

ゴーラム[宇宙の木]
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/13~
購入先:手作り雑貨とお花の店 Lari-go[ラリーゴ]
購入額:200円

サルメントーサ
クラッスラ・サルメントーサ
飼育日:2014/09/02~
購入先:マツモトキヨシ
購入額:168円

デービッド
クラッスラ・デービッド
飼育日:2014/08/~
購入先:マツモトキヨシ
購入額:399円

銀箭
クラッスラ・銀箭
飼育日:2014/08/11~
購入先:オザキフラワーパーク
購入額:258円

アルストニー
クラッスラ・アルストニー
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:900円

■パキフィツム属

グラウクム(1)
パキフィツム・グラウクム
飼育日:2013/12/13~
購入先:手作り雑貨とお花の店 Lari-go[ラリーゴ]
購入額:320円

千代田の松
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/14~
購入先:MILII/ミリー
購入額:280円

グラウクム(2)
パキフィツム・グラウクム
飼育日:2014/08/12~
購入先:アリスガーデン
購入額:250円

■グラプトペタルム属

朧月(1)
グラプトペタルム・朧月
飼育日:2014/01/07~
購入先:ヤフオク!
購入額:325円

朧月(2)
グラプトペタルム・朧月
飼育日:2014/01/02~
購入先:ヤフオク!
購入額:160円

■エケベリア属

ピーコッキー プラチナドレス
妄想アクアリウム
飼育日:2014/01/06~
購入先:フラワーネット
購入額:598円

■■ハマミズナ(メセンブリアンテマ)科(Lapidaria)

■アルギロデルマ属

パテンシス
アルギロデルマ属・パテンシス
飼育日:2014/01/22~
購入先:AZUMI GARDEN
購入額:700円

金鈴
妄想アクアリウム
飼育日:2014/01/22~
購入先:多肉植物主婦の会
購入額:315円

■リトープス属

トップレッド
トップレッド
飼育日:2014/02/01~
購入先:多肉植物主婦の会
購入額:2頭で945円

珊瑚玉
珊瑚玉
飼育日:2014/02/01~
購入先:多肉植物主婦の会
購入額:735円

■コノフィツム属

大典
コノフィツム・大典
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:500円

■コノフィツム属・リトープス属

ミックス寄せ植え(1)
コノフィツム&リトープス
飼育日:2014/01/22~
購入先:多肉植物主婦の会
購入額:735円

ミックス寄せ植え(2)
コノフィツム&リトープス
飼育日:2014/02/01~
購入先:多肉植物主婦の会
購入額:735円

■ラピダリア属

魔玉(2)
ラピダリア・魔玉
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:800円

■■ヒアシンス科

■シゾバシス属

イントリカータ(Schizobasis intricata)
シゾバシス・イントリカータ
飼育日:2014/08/11~
購入先:オザキフラワーパーク
購入額:850円

■■キク科

■セネキオ属

万宝(Senecio serpens)
セネキオ・万宝
飼育日:2014/08/20~
購入先:マツモトキヨシ
購入額:480円

銀月
セネキオ・銀月
飼育日:2014/09/20~
購入先:西武池袋本店9階・鶴仙園
購入額:500円

(多肉植物以外)

■■シソ科

■コリウス属

コリウス(金襴紫蘇キンランジソ・錦紫蘇ニシキジソ)(Solenostemon scutellarioides)
ライムサンシャイン
コリウス
飼育日:2014/08/11~
購入先:オザキフラワーパーク
購入額:(ノベリティ)

コハナガタサンゴ追加!

30cm海水水槽 214日目
12月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

最近は多肉植物やボトルアクアリウムの話題が多かったので、
海水水槽のネタが貯まってきました。
今回は写真と共に一気に放出したいと思います!

魚が7匹もにぎやかに泳いでいた海水混泳水槽ですが、
白点病のせいでついにプテラポゴン・カウデルニーだけになってしまいました。
前日まで普段どおりだったマンダリンが忽然と姿を消したのはショックで…
テグリはほとんど白点病にならないはずなんですけどね…

ウミキノコも久々に2次ポリプまで全開で、水槽の調子も快調に戻ったんですが
この好調~不調の波の激しさと急激な変動が小型水槽の怖さですよね…。
ナガレハナサンゴなんて購入時の3倍に広がるくらいものすごく好調なんですが
白点病ラッシュの直後なので、当分は魚を追加しないで様子を見たいと思います。
イバラカンザシ水槽改めハゼ水槽の方は、カニハゼ・ミヤケテグリ・オドリハゼと
全個体の生存を確認。カニハゼは元気かどうかさっぱりわからないので心配です。

さて、魚がダメならサンゴだよね!ということで、久しぶりにサンゴを追加~

コハナガタサンゴ
妄想アクアリウム
これは水槽に入れた直後の様子。
LPS(ラージポリプ)のハードコーラル(骨サンゴ)で、
ぷっくり膨らむ半透明の共肉が美しくも可愛らしい種類です。
どこまで膨らむか分からないので、置く場所に困って
クサビライシみたいにとりあえず底砂の上に置きました^^;
妄想アクアリウム
しばらくすると、共肉が膨らんできました。
触った感じもゼリーみたいにプニプニしてます。
まだ小さな個体ですが、レッドにグリーンの色鮮やかなラインが入り綺麗ですね!
コハナガタサンゴにはグリーン、オレンジなどのカラーバリエーションがありますが、
このレッドなんかは入荷数が多くなく、なかなかな値段がします;
メタリックやツートンは余裕で1万円超えますよね…ガクガクブルブル

そんなぷっくり可愛いサンゴですが、このサンゴには裏の顔があって…
消灯後の夜の水槽を覗いてみると
妄想アクアリウム
共肉が縮んで、代わりに触手を伸ばします!
この状態のときに給餌すると、中心の口まで運んで食べるんですよねー。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
給餌した翌日はさらに元気に!
存在感のあるサンゴなので、何個かまとめて主役にしたくなりますね!
(そんなお金に余裕は無いですが…
透明感のあるピンクになるかもっとレッドが濃くなるか、
どういう風に色揚がりして成長するのか楽しみです。

妄想アクアリウム
元はブルースポンジの土台だったライブロック。
この上にコハナガタサンゴを置く予定だったんですが、
なんだかハマサンゴがどんどん広がって接触しそうなので止めました。
ハマサンゴってこんなに早く成長するものですか?うーむ。

妄想アクアリウム
ヒドロ虫に侵食されて骨格が見えているコエダナガレハナサンゴ。
隣のナガレハナサンゴは超元気なんですが、どうしてコエダだけ…?
ヒドロ虫を食べるムカデミノウミウシ導入に失敗したことが本当に悔やまれます。

妄想アクアリウム
濾過を強化してパワーヘッドのメンテを実施したおかげなのか、
飼育水の透明度も上がり水槽も全体的に調子が良いです。
イバラカンザシベースのハマサンゴもフッサフサ!ポリプが茶色で地味だけど。
妄想アクアリウム
拡大してみます。
カンザシヤドカリやクモヒトデが顔を出していますが、
こんなにポリプがフッサフサの絶好調!でも地味だけど。

妄想アクアリウム
芝生の上を散歩するようなグラスシュリンプ。
絵になります。でもサンゴは地味だけど。

妄想アクアリウム
このハマサンゴ、未だによく分からないんですよねー…
20Wのフルスペを意識したLED直下に配置すると調子が悪かったんで
14Wのブルーに換えて直撃を避けるようにすると調子が上がったということは、
浅場じゃなくて深場産なのか?水流も強いより弱めが好みなのか?
よくわかりません。

妄想アクアリウム
私が愛して止まないグラスシュリンプの写真ももっと載せましょうかー。
現在、ソリハシコモンエビが2匹います。
妄想アクアリウム
水質悪化するとニセアカホシカクレエビは即行方不明ですが、
このソリハシコモンエビは生き延びてくれました。
ザリガニ用の餌を入れるとホワイトソックスは飛びついて来るんですが、
ソリハシコモンエビはそんなお下品なことはしません。
っていうか、普段は何を食べてるのか謎です…

妄想アクアリウム
マガキガイに押されて傾いてしまったトサカガキ(貝)ですが、
貝の口が5mmくらい開いてるでしょ??
これが調子の良い証拠なんです!!(地味
飼育難易度の高いトサカガキですが、何度か表面のカイメンが剥がれたものの
とりあえず真っ赤な状態を維持できています。

イエローポリプ
ほぼ毎日給餌してるせいか、どんどん成長するイエローポリプ。

妄想アクアリウム
小さい方のハードチューブはサテライトに入れてたら
砂を掘りまくる共生エビに埋められて弱ってしまい、
鰓冠がこんなに小さくなってしまいました。
ハゼ水槽に避難させて回復を試みます。

妄想アクアリウム
人工餌を食べ終え、ツツウミヅタとイバラカンザシの咲く前で
食後のコーヒーを飲む(?)、ホンヤドカリ。
こいつが問題児なんです。
妄想アクアリウム
タマゴの殻みたいな可愛い貝殻に入っていますが、
行動は全然可愛くありません。
マメスナを齧り、ラセンケヤリを襲ってるところを現行犯で押さえました。
「おまわりさーん、この人です!!」
妄想アクアリウム
購入時は5mmにも満たないミニミニサイズだったのに
3cmくらいになってこんなに凶暴に…
右腕のデカいハサミが恐ろしいですわ。
とりあえず毎日餌を食わせて、空腹で暴れないようにしています^^;
みなさんも、ヤドカリを買うときは注意が必要ですよ。
私も次は大人しいアカツメサンゴヤドカリにするつもりです!

次回のネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ボトルアクアリウム作ります!

ボトルアクアリウム 7日目
12月11日(水)

ボトルアクアリウムの記事で制作したボトルアクアリウムは、
無事に1週間が経過しました。
昼間は明るい窓際に置き、温度が下がる夜間は室内テーブルへ移動しています。
この間、1度も給餌・換水は行っていません。
微生物の活動を促すため、数日に1度、少量のEMミネラルパウダを添加しています。
コケの発生は、今のところ見当たりません。
既にこなれたベタ水槽の飼育水を使ったおかげか、安定しているようです。

CASE:01
妄想アクアリウム
ボトル:750ml 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:オーストラリアンノチドメ(溶岩石巻きつけ) 600円
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ 230円
合計費用:935円

CASE:02
妄想アクアリウム
ボトル:1L 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:ササバモ 680円
   バナナプラント 630円
   ウィローモス(流木巻きつけ)
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ×2 460円
合計費用:1,875円

ボトルアクアリウムの記事でも反響が多かったのですが、
このブログを見た方もボトルアクアリウムを手元に置きたいでしょうか?
こんなに安価な反面、水量が少なく不安定なせいで見た目ほど簡単ではなく
決して手軽とは言えないボトルアクアリウムですが、
もし要望があれば、原価だけで代わりにボトルアクアを制作しようかと考えています!

とはいえ、海水アクアは猛烈に勉強したのでマニアックな知識まで蓄えていますが
私は淡水アクアや水草に関してはド素人。
そこで、もっと色んな水草や水景を作っていきたいのですが、
部屋にボトルアクアや水槽をこれ以上増やすわけにはいきません。
(既に水槽8つ、ボトル8つありますからね…^^;)
私は撮影関連の仕事に就いていることもあり、
美しいボトルアクアリウムの写真ももっとたくさん撮っていきたい。
そこで考えたのです。
ボトルアクアを欲しいけど、自分で作るのは難しいという人がいれば、
予算や要望に応じて私が代わりに制作して撮影して、原価のみで譲るのはどうかと。

100均の瓶に砂とマツモとメダカをブチ込んで「ボトルアクアできた!」と
配るのは簡単ですが、色んな意味でそれはどうかと思いますし、
1リットル以下の小型瓶にアカヒレ5匹とアナカリスを入れただけの「ボトルアクア」が
数千円で販売されている現状からして、もっと豊富な選択肢を提示したかったのです。

先ほども書いたように、私は水草についてはド素人なので
・水草が枯れたり抜けたりしても泣かない!
・ネット上でもいいんで知人限定
という条件で…
代行業者のようなクオリティを求められても困りますが、
前回の記事のようなボトルアクアが1,000~2,000円で制作可能なのは
なかなか興味深いと考えています。
ごく安価に済ませたければ、私の水槽で余ってるソイルとヤマトヌマエビを入れて
増えすぎて毎週捨てているマツモとドワーフアマゾンフロッグピットとオオサンショウモを
入れるだけなら、瓶代105円だけで制作することもできますが^^;
見栄えも悪いし、そんなの誰も欲しくないでしょ??
まあ、私は綺麗なボトル水景を写真に撮りたいだけなんですけどね!

さて、ここからは自分用メモも兼ねて、自分用の次期ボトルアクアリウム制作について。
次は4リットルの瓶を使って、魚を入れるボトルアクアに挑戦してみます。
まだ素材が何も届いていないし検討中の部分も多いのでオリジナル写真はありませんが

ボトル:星硝Cellamate(セラーメイト)取手付密封びん(4L)
妄想アクアリウム
このサイズなら、小型魚を数匹入れることも可能ではないかと。
ただし、魚を入れる=給餌が必要ということなので、
濾過が無いボトルアクアでは定期的な水換えが必要になります。

水草は、主役としてレースプラント(アポノゲドン)を考えています。
妄想アクアリウム
飼育が難しい水草ですが、光量が少なくても平気で成長が遅いのは
ボトルアクア向きかと思います。なにより、美しいじゃないですか!
参考リンク:Aquaplant 球根系水草 > アポノゲトン
参考リンク:マダガスカル・レースプラントのボトルアクアリウム

その脇には、赤系の水草が欲しいので、
ネサエア
妄想アクアリウム
これも低光量でも育成可能。いいワンポイントになりそう。

他の候補として
アマニアグラキリス
妄想アクアリウム
これは大型でボトルには不向き?

ハイグロフィラ・ロザエネルビス
妄想アクアリウム
非常に美しい水草ですが、ボトルという限られた環境では
この赤い班模様を維持するのは困難ではないかと考えています。

レイアウトには溶岩石を使うつもりですが、
参考リンク:形状お任せ レイアウト用溶岩石Sサイズ5個セット
もし中景が寂しいようなら
ボルビティス・ヒュッデロイ
妄想アクアリウム

前景は、
アヌビアス・ナナ・プチ
妄想アクアリウム
なら安定でしょうが、できれば
キューバパールグラス
妄想アクアリウム
に挑戦してみたいんですよね~。
ボトルアクアでキューバパールグラスの草原作ってる人も居ますが、
ヒーターもCO2添加も無しでどうやってるの!?と思います…

最初は水草メインで、魚はアカヒレ1~2匹にしようかと思ってたんですが、
どうせなら魚にも拘って挑戦してみようかなと。

エアレーション無しでも飼える魚として
ネオンドワーフグラミー
妄想アクアリウム
コバルトドワーフグラミー
妄想アクアリウム
はいけるでしょうか?しかし体長6cmは大きすぎるか。

アルゼンチンパールフィッシュ
妄想アクアリウム
温帯産の卵生メダカなら無加温でいけるかもしれない!
しかし、エアレーションは必須ですな。
どうせなら、パネルヒーターを使って加温すれば
他の卵生メダカもいけるのでは?
アフィオセミオン オーストラレ オレンジ
妄想アクアリウム
ノソブランキウス ラコビー
妄想アクアリウム
しかしこれだと、ボトルにエアレーションとヒーターを付けないと。
濾過無いから頻繁に換水しないと。
それなら素直に水槽でやれよ、っていう話なんですけど^^;
ここはあえてボトルで色々と工夫してみたいです。
淡水は知識が乏しいんで、もっと情報を集めないとな。

加温するなら
ミクロスパイダークラブ
妄想アクアリウム
もいけるかな、とか夢が膨らみまくります!

値段安めなグラミーとかにすれば合計5,000~6,000円。
エアレーションとパネルヒーター追加するなら+1,500円という感じでしょうか。
このクラスになると、請け負って代行で制作するのはちょっと責任重いですね^^;
趣味で自作してた方が気楽で楽しいですw
1,000円くらいの小さなボトルアクアでも色んな水草選べるので、楽しいですけどね!

次回のネットラジオ告知

オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クラゲ飼育は難しい

クラゲ飼育 3日目
12月10日(火)

さて、ミズクラゲ幼生飼育の続報です。
さっそく給餌してみるので、湧かしたブラインシュリンプを準備。

(豆知識:ミズクラゲの変体)
プラヌラ→ポリプ→ストロビラ→エフィラ→メテフィラ→成体クラゲ

まずはエフィラ幼生に餌を与えるため、シャーレに移しました。
妄想アクアリウム
↑給餌風景

給餌に見えないけど給餌してるんです!^^;
左のタッパーに入ってるブラインを、シャーレへスポイトで投入。
体長5mmくらいのエフィラ幼生に1mmくらいのブラインを与えるんだから
超ミクロな世界になるのは必然ですよね…
直径10cmのガラスシャーレを用意していたんですが、明らかに大きすぎました。
そして給餌の際の器は、透明のものがいいです。
黒い器の方がクラゲが見やすいかと思ったんですが、
透過光が無いと透明のクラゲは全く見えません。
なので、ガラスやプラケースなどクリアな入れ物を使って
横から光を当てると、クラゲの動きをはっきりと視認できます。

妄想アクアリウム
アクアリウムから離れて、何かの研究所のようになってきましたが…

右側に写ってるように、クラゲの給餌にはペンライトが必須です。
デスクライトでも代用できるかもしれませんが、
上からではなく横からの光の方がクラゲを見やすい。
あと、ブラインシュリンプは走光性があるので、
クラゲの方にブラインを集めて捕食させるのに役立ちます。

はっきり言って、クラゲ幼生飼育には
非常に根気が必要なことがはっきりわかりました。
5mmのクラゲに1mmのプランクトンを与えて4時間後に全換水する作業を
毎日欠かさず数週間続けると次の段階に移りますが、
ブラインシュリンプを毎日湧かせて4時間後に換水するのは
クラゲが成体になる数ヶ月後までずっと続きます。
「クラゲを見て癒されたいな~」みたいなノリでは
到底モチベーションが続かないと思われます^^;
強い意志とクラゲへの愛情が必須条件ですね!

ここでまたもトラブル発生。
飼育容器を2つに分けているのは、
何らかの理由で一気に幼生が全滅してしまうのを避けるためなんですが
給餌終了時に誤ってシャーレを破損してしまい、
物理的な事故でエフィラ幼生の半数を失ってしまいました…
残りの半数を弱くエアレーションした瓶に移したのですが、
数時間後には底に沈んでしまい、明らかに拍動が弱まっています。

比重が重い海水から軽い海水に移すとクラゲは沈み、
比重が軽い海水から重い海水に移すとクラゲは浮きますが、
生きているクラゲは自力で調整して元に戻ります。
沈んだままというのは、どう考えても異常な状態です。

普段海水水槽に使っているのと同じ人工海水で
新しく作ってから1晩以上エアレーションしたものなので
比重・pH・成分なども問題ないはず。
水温もほぼ完全に合わせてあるので、原因として考えられるのは
水合わせ不全、しかないんじゃないかと。
クラゲの水合わせについての記述はほとんど存在しないですが
短時間でミズクラゲ成体が急激に同じ症状に陥ったのと合わせると
今のところはそれしか考えられません。

数週間~数ヶ月の断食にも耐えるくらい丈夫なポリプ幼生は問題ありませんが、
エフィラ幼生は残念ながらこのまま全滅してしまうかもしれません。
再挑戦するときは、必ずシュリンプ並みの慎重な水合わせを試みたいと思います。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ウサギの耳

アクアネタ以外も増えてきて何のブログか分からなくなってきましたが
今回もアクアじゃなくて多肉植物ですw

カランコエ・月兎耳
妄想アクアリウム
その名の通り、短く柔らかい毛がウサギの耳のような葉を覆う多肉植物です。
妄想アクアリウム
このモフモフした感じが可愛いですなぁ。

室内で飼育できて見た目もお洒落な多肉植物・エアープランツは、
アクアリウムと同じく現代人向けな趣味だと思います!
ちょっとしたスペースに置くだけで部屋のイメージが爽やかになります。
多肉植物は値段も安いものが多いので、気軽に始めてみては??

にほんブログ村にも登録しました!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

クラゲ飼育スタート!

先日、ショップで見かけたミズクラゲに一目惚れして
衝動買いしてしまったんですが、数日持たずに飼育失敗してしまいました。
瓶に入れておいても1週間くらいは耐える丈夫なクラゲなのに
写真を撮る暇も無く落ちるとは…どうして?と思いましたが

生態を調べもせず、成体クラゲだけを飼おうとするのが
そもそも間違いだったのだ!!!

と自分の中で結論を出し、私に相応しいマニアックな方法で
クラゲ飼育に再挑戦したいと考えました。

クラゲ飼育 1日目
12月8日(日)

本日、謎の宅配便が到着しました。
妄想アクアリウム
ゆうパックのお兄さんも、まさかこの小さな包みに
生きたクラゲが入っているとは思うまい。ふっふっふっ。
妄想アクアリウム
あ、でも送り状にしっかり「くらげ」って書いてある!
「活魚でくらげ!?食べるの?」とか思われてるんだろうか…
妄想アクアリウム
梱包を開けるとこんな感じ。
全然そうは見えないけど、この中にクラゲが居るんです!!

今回は、クラゲの幼生(ポリプ)から飼育することにしました。
メリットを挙げると…
・成体に比べて遥かに安価
・デリケートな成体に比べてものすごく丈夫
・幼生のままで繁殖する
参考リンク↓
ミズクラゲ(wikipedia)

妄想アクアリウム
ポリプの飼育には、ガラスシャーレを使うことにしました。
シャーレを扱うなんて、中学校の理科の実験以来かな?
もっと安く済ますなら別に100円ショップの器でもいいんですが、
透明度と質感を重視して、しっかりしたシャーレを準備してみました。
飼育のモチベーションに影響する部分ですからね。
妄想アクアリウム
ガラスピペットで人工海水を注ぎ足します。
本当に理科の実験みたいになってきました。
シャーレの中に白い点が見えますが、これはゴミではありません。
これがミズクラゲのポリプ(幼生)です!

一緒に届いたボトルの方には、エフィラ幼生が入っています。
(ミズクラゲの変体)
プラヌラ→ポリプ→ストロビラ→エフィラ→メテフィラ→成体クラゲ

だんだん複雑で難しい話になってきましたが…
要はクラゲの幼生はそのままでも増えるし、
ここからクラゲまで成長させていこう!という試みです。

エフィラ幼生の飼育には100円ショップで購入した↓
妄想アクアリウム
ダイソー ミニガラスポット260ml
2個で100円という安さ。
ここに入れて、エアレーションしようと思います。
後ろに成体クラゲ用の20cmキューブ水槽も写ってますね。
来年春までに、ここに移せるくらい成長させるのが目標です。

ポリプ幼生もエフィラ幼生も小さすぎて写真が撮れません。
マクロレンズ用意しないと、文字しかない地味すぎるブログで
まるで飼育状況が伝わらないな…

というか…
ミズクラゲのポリプ幼生は水温15度を下回るとストロビラ幼生に変体するんですが…
半分くらいの個体が既にストロビラ幼生になってる!?
このまま観察してたら、1週間後には新しいクラゲが誕生するのだろうか。
うーむ。どうなることか…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

多肉植物とエアープランツ

アクアリウムを始めてから水草に興味を持ち、そこから植物全般へ。
以前の記事で、可愛すぎて衝動買いした多肉植物
ハオルチア・十二の巻
妄想アクアリウム
のことを書きましたが、もっと色々と育ててみたいと思います!

ハオルチア・青雲の舞
妄想アクアリウム
多肉植物独特のフォルムには、造型への興味と心惹かれるものがあります。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
透明感のある軟葉が美しい。
最も人気のあるオブツーサも欲しくなるなぁ…

アエオニウム・黒法師
妄想アクアリウム
葉が黒に近い紫色の、シックで個性が強い種類です。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
まだまだ子株ですが、どんな風に成長していくのでしょうか。

あと、興味があったエアープランツにも手を出しちゃいました。

チランジア・コルビー
妄想アクアリウム
ソニック・ザ・ヘッジホッグみたいな疾風感のあるトゲトゲフォルム!
妄想アクアリウム
エアープランツも造型が面白くて、コレクション心をくすぐられます。
水草からエアープランツにハマる人が居るのも頷けますなぁ。
引越し前だというのに、どんどん物が増えていく…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ボトルアクアリウム完成!

ボトルアクアリウム 2日目
12月6日(金)

とりあえず、ボトルアクアリウムをいくつか作成してみたので
制作時間やかかった費用も含めて紹介していきたいと思います!

CASE:01
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:750ml 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:オーストラリアンノチドメ(溶岩石巻きつけ) 600円
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ 230円
制作時間:約2時間
合計費用:935円

水草を植栽しないなら、ソイルはもっと薄くても良かったかな。
こちらの瓶の方が幅広だったのでノチドメを入れたんですが、
窮屈そうで発育に悪いのは否めません…
様子を見て、水草を入れ替えるかもしれません。
ボトルアクアにはミナミヌマエビが定番なのですが、
ヌマエビの改良種で緑に映える真っ赤なエビを選択しました。
ソイルや浮き草は余り物を使ったとはいえ、
こんなに低コストで立ち上げられるのがボトルアクアの魅力ですね!

CASE:02
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ボトル:1l 105円
底材:マスターソイルHGブラック
水草:ササバモ 680円
   バナナプラント 630円
   ウィローモス(流木巻きつけ)
   マツモ
   ドワーフフロッグピット
生体:レッドファイアーシュリンプ×2 460円
制作時間:約2時間
合計費用:1,875円

ベタ水槽で放置されていたウィローモス付き流木をリサイクル。
茶色くて間延びしてるんで、見栄えは悪いですが;
水量1リットルではアカヒレ(コッピー)でも負担が大きすぎるので
小さなエビ2匹でのスタート。
ガラス面にコケが生えてきたら貝も追加する予定。
妄想アクアリウム
逆光時のササバモはやっぱり美しい!
明るい窓際に置いてみたい気分にさせてくれます。

しかし、それより困ったのが
妄想アクアリウム
なんで水草はすぐ浮いてしまうん?

撮影のために移動しただけで、水草全部が抜けて浮いてしまいました!
私が不器用なのとソイルの粒が大きいせいもあるでしょうが、
水草を植え直す日々が続きそうな予感…
早く根を張って欲しいものです;

水草水槽を立ち上げるより時間もコストも大幅縮小できるボトルアクアですが、
見た目よりも難易度も高く、あまりお手軽ではなかったりします。
これからアクアを始めたい人は、小型水槽で構わないのでぜひ水槽でスタートして
濾過などアクアの仕組みを身に付けた方が楽になると思います。

だがしかし忙しい現代人、もっと手軽な方法はないのか!という場合は…

CASE:03
妄想アクアリウム
ボトル:水草ポット600ml 109円
底材:無し
水草:スクリューバリスネリア(マルチリング付き) 425円
生体:無し
制作時間:約10分
合計費用:534円

チャームで例として紹介されている組み合わせをやってみました。
ガラス製フラワーベースだともっとお洒落にできますが、
その分価格も数千円になってしまいます。
プラスチック製の透明ポットならこの安さ!
妄想アクアリウム
水草をそのまま入れただけですが、なかなかの美しさ。
テーブルや窓際のワンポイントにいいんじゃないでしょうか??

CASE:04
妄想アクアリウム
水槽:10cmキューブ水槽1l 444円
底材:パウダー砂(白) 250円
水草:マリモ(Sサイズ2個) 420円
生体:無し
制作時間:約20分
合計費用:1,114円

これもチャームで掲載されている例を参考にアレンジ。
パウダー砂を洗うのは本当に面倒なので、注意が必要。
何度洗っても、どうしても油膜や不純物が出るのは仕方ないので
最初は油膜取りや水換えが必要になってきます。
マリモは直射日光を嫌いますが、明るい場所に置いておけば
気泡を付けて浮上する姿も見れそうですね!

今回はガラスポットではなくて10cmキューブ水槽を選んだので、
Sサイズのマリモではちょっと寂しい感じかも。
ああん、これじゃ小さすぎて満足できないわ、という貴女(?)には、
そういうときはこれ。西洋マリモという巨大サイズも販売されてるんだ!
どうだジェーシー、ミーのビッグマグナムみたいですごいだろう?HAHAHA!

ちなみに、コケで擬似マリモを作ってる人の記事を見つけました↓
コケ丸
ベタ水槽で大増殖してるアオミドロでやってみようかな??

ドワーフリシアは、光量豊富なベタ水槽に入れてみました。
妄想アクアリウム
さっそく群がってツマツマするヤマトヌマエビと、それを見守るベタ。
成長する前にヤマト軍団に新芽が食い尽くされないかちょっと心配…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

はじめてのボトルアクアリウム

ボトルアクアリウム 1日目
12月5日(木)

さて、以前から興味があったボトルアクアリウムに挑戦してみるので、
その様子をリアルタイムでお伝えしていきたいと思います。
やらせ無しなので、途中で崩壊したらゴメンナサイ。
ボトルアクアリウムに興味がある人は、一緒にやりましょうよ!

まずは準備。
100円ショップで見つけたこのガラス瓶。
妄想アクアリウム
「ダイソー Jガラスポット No5 750ml」
妄想アクアリウム
この瓶を選んだ理由は、フタが透明なんですよ。
妄想アクアリウム
上から見るとこんな感じ。

しかし、水量750mlは少なすぎてさすがに心許無い。
この瓶のシリーズには1.3lと1.9lもあるらしいので、
大型店舗まで見に行ってみることにしました。
しかし、残念ながら品切れ。
妄想アクアリウム
「ダイソー プラフタガラスポット No2 1l」
最大サイズでコレしかありませんでした。
フタもクリアではなく緑かピンクかベージュしかなく
ボトルアクアなので違和感少なめな緑色を選ぶことに。

これでも水量1リットルしかないので不安だなぁ。
梅酒漬ける5リットルくらいの瓶にしようか。
密封せず酸素取り込めるように口は広い方がいいな。
魚入れるなら、ヒーターも必要かな。
どうせなら濾過も付けた方が…
…って、これじゃ水槽になっとるし!
全然ボトルアクアじゃなくなっとる!

5リットルクラスの瓶だとお手軽感がなくなるし、
それなりの値段もするので、今回はこの瓶でいこうと思います。

妄想アクアリウム
よくすすいだ後に、ベタ水槽立ち上げで余ったソイルを投入。

考えてみたら、淡水水槽の余り物だけでボトルアクアを開始できるよな。
余ったソイルを底材にして、余った水草(マツモとか)をテキトーに入れて、
ベタ水槽に入ってるヤマトヌマエビを移し変えて完成!
できたっ!かかった費用は瓶100円のみ!
勝ったッ!第3部完!
でも鑑賞意欲ゼロだし、何のためにボトルアクアを始めたのか
全く意味不明になってしまうので、新しく水草を揃えてみました。
妄想アクアリウム
どっかで見覚えのある梱包の上に並べてみました。
水草トリミング用のカッチョイイハサミなんて当然持ってないんで、
普通のハサミで切りますw

以前、サルビニアククラータを入れたときにヒドラが増殖してしまったので、
妄想アクアリウム
今回は「水草その前に」を使うことにします。
参考リンク:水草の残留農薬について

では、順番に水草を紹介~

ササバモ
妄想アクアリウム
縦長の瓶を使うので、高さのある水草を考えていたところ、
「窓辺の光が透明感のある葉に葉脈を透かして美しい」という
記載を見つけたのでコレを選びました。

スクリューバリスネリア
妄想アクアリウム
水槽では美しいねじれが弱まってしまうことが多いらしいのですが
ボトルで維持できるかどうか。

オーストラリアンノチドメ(富士ノ溶岩石巻き)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
キューバパールグラスやヘアーグラスは光量的にとても無理だろうし
ボトルアクアなのでもちろんCO2添加しないし、ということで
前景にノチドメを選んでみたんですが…明らかにでかすぎ!!
実物を見て選べない通販の弊害ですね…

ドワーフリシア
妄想アクアリウム
ボール状に巻いたものです。巻きたてなんで、まだ葉は出てきていません。
リシアよりも気泡を付けやすく、成長も遅め。
ただし、育成は難しいらしいですね…うーむ。

バナナプラント
妄想アクアリウム
レイアウト用というより観賞用の水草ですね。
バナナみたいな形状がかわいいです。

マリモ(モスボール)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
「なぜマリモ!?」と思うかもしれませんが、
マリモだって立派な水草なんです!!

妄想アクアリウム
という訳で今回はこの素材でやってみようと思います!
(続く

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

海水水槽近況

30cm海水水槽 206日目
12月4日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

マリンアクアリウムも飼育日数200日間を突破。
海水水槽近況報告というより、自分用メモとして。

白点病だったブルーリーフクロミスは落ちてしまいました。
同じく白点病のキイロサンゴハゼも行方不明に。
死肉食のムシロガイが動いていたので、残念ながら落ちたのでしょう。
ロイヤルグラマはいったん白点が消えたのですが、数日後に再発。
かなり餌食いが悪くなり、いつ落ちてもおかしくない深刻な状況。
カクレクマノミにも白点が目視できます。
水温は一定、水質もpHが低めなこと以外は正常。
pH上昇剤を使う訳にはいかないので、換水と少しずつアラガミルク投入で
凌いでいるんですが、pHが低めな状況は変わりません。
以前は全く見られなかった白点病の大流行は、何が原因なんでしょうかね…
どこまで効果があるかわかりませんが、白点病予防で
ラクトフェリンフコイダンを試してみようかな…
それでも白点病が多発するようなら、白点病が出やすい魚の飼育は
現在の環境では控えた方がよいかもしれませんね。

ハゼ混泳水槽でも、さらにカニハゼ1匹が行方不明。
もう1匹はさかんに砂を食んで、痩せ気味ではあるけど一応元気。
この水槽不調な状況でも、ミヤケテグリsp.のペアは依然元気。
魚水槽の方のマンダリン(ニシキテグリ)も、未だに冷凍餌にすら餌付かないのに
痩せてもなくて、うちの水槽での飼育最長記録を更新中。
飼育が容易なハゼが落ち、飼育が難しいとされるテグリが元気なのはどういうことだ。

ホワイトソックスが脱皮しました。
抜け殻まで真っ赤で、ちゃんと脚の先は白くなってる!
まるで分身の術だったので写真を撮りたかったんですが、
さすがにサンゴを動かしてまで撮影するのは躊躇われたので
残念ながら写真はありません;

ナガレハナサンゴの調子は復活してきましたが、
隣のツツマルハナサンゴが縮んだままです。
よく観察してみると…ヒドロ虫がびっしり付着しています!
ヒドロ虫を食べるムカデミノウミウシの投入を思案中ですが、
ヒドロ虫の毒性にやられて共肉が剥がれてしまっているので、
このサンゴの復活は難しいかもしれません…

ハマサンゴに共生しているカンザシヤドカリは、
現在でも5匹の生存が確認できます。
(裏側などにはもっと居るかも)
ハマサンゴにデトリタスが頻繁に溜まるので
スポイトで吹き飛ばしていますが、
ハマサンゴの調子は不明。一応、白化はしていませんが。

カニハゼがペアだった頃に比べると舞い上げる砂の量は減ったはずなのに
あまりにも浮遊物が多すぎて飼育水が澄まないので、
外掛けフィルター内にエアレーションを追加して
生物濾過を強化することにしました。
うーん、海道河童みたいなプロテインスキマーを
付けた方が安定するんでしょうかね。
プランクトンを濾しとってしまうのを嫌って
あえてスキマーを付けてないんですが、問題が解消されないようなら
抜本的対策をしなければいけないですね…
とりあえず、近日中に水流ポンプのメンテ・清掃を実施して、
手作業で水槽内の浮遊物を減らしていきたいと思います。

追記↓は、落ちた生体の写真があるので
見たくない方はクリックしないようにお願いします。

エビ水槽の下見

海水水槽のことばかりで淡水水槽の日記を全然書いていませんが、
放置してる訳ではないですよ!
ベタもボララスもヤマトヌマエビも石巻貝も水草も変わりなく元気です。
だから取り立てて書くことも無かったのです。
1ヶ月以上行方不明だったラスボラ・ハナビも無事に生存確認できました。
姿は見えなくても、毎日こまめに餌を投入してたのが功を奏したようです。
(ちなみに、海水では「いつかどこかで餌を食べてるだろう」という
考え方はタブーです。間違いなく魚は餌付かず落ちてしまうと思われます)

ただ、以前に書いたように、ショーベタのヒレが痛んでしまったので
ベタを単独飼育へ移動させて、水槽はリセットせずに
そのままボララス&エビ混泳水槽へリメイクしようと企んでいたんで、
ショップに下見へ出掛けることにしました。

場所は新宿・アクアフォレスト
店外の通路に設置してある水槽を撮ってみました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽もクリスマスムードに飾り付けられていて、
オブジェと一緒に居るカノコガイが微笑ましいです。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム

さて、目当ての生体は、濃いブルーが美しい「ランシーロンシュリンプ」です!
実物を見てみると…小さい!想像以上の小ささです。
調べてみると、最大体長3cmで、販売時は1.5~2cm位が多いのか…
これでは、ヤマトヌマエビと混泳させるのはリスクが大きい気がします。
ブルーのエビが欲しかったので、混泳はルリーシュリンプで考えてみるか。
それとは別に、滝のように水が流れるアクアテラリウムのような水景も
新規で立ち上げたいと考えているので、
ランシーロンシュリンプはそっちに入れたいと思います。
しかし、こんなのを立ち上げてしまったら引っ越しで猛烈に苦労するのは必至。
今すぐ立ち上げたい気持ちを抑えて、後日の楽しみにしますか。
と言いながら、新しくクラゲ水槽も立ち上げてるんですけどね!w
クラゲ飼育については追って書いていきたいと思います。

帰りに立ち寄った100円ショップで、クラゲ飼育に使う小物を購入。
そのついでに、フタが透明のガラス瓶も購入。
水量も750mlあるので、この機会にボトルアクアリウムにも挑戦してみたいと思います!

あと、不定期でアクアネタのネットラジオもやっております。
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
「通知リスト」に登録しておくと、放送開始のお知らせが届くので便利です。
過去の放送は録音してあるので、いつでも聴くこともできますよ。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

インコ・オウム専門店

知人がオウム・インコ専門店で働いていると知り、さっそく行ってみました!

俺、引っ越したらオカメインコのルチノーを飼うんだ…
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
携帯で動き回る鳥の撮影は厳しすぎる;

アクアリウムバス レポート

また忙しすぎてブログの更新頻度が下がりそうな今日このごろ。
用事の最中に見かけた多肉植物が可愛すぎて
ハオルチア・十二の巻
妄想アクアリウム
つい買ってしまったりしております。
さて、今回はイベントリポートです!

多忙な時間の合間を縫ってアクアリウムバスへ行ってきました!
妄想アクアリウム
アクアリウムバスとは、生き物やその関連グッズの即売会イベントです。

東京サンマリンさんのブースで
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ベタがいきなり目に留まり
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
危うくお持ち帰りしてしまうところでした…
この縁取りのような上品な色遣いが美しすぎる。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
この真っ黒なクラウンテールのショーベタも渋い。渋すぎる。
ショーベタはいくらでも欲しくなるから危険すぎます。
妄想アクアリウム
「日本初入荷」と書かれてたショーベタ。
今度、お店でゆっくり見てみたいです。

その他にも
妄想アクアリウム
バンパイアクラブとかカニがいっぱいいたり、
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
またまたベタがたくさんいたり、
爬虫類を扱うブースもたくさんありました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
カエルやイモリなど両生類も充実。
妄想アクアリウム
エアプランツも衝動買いしたいのをグッとガマン…

いつも通販でお世話になっているアクアステーションピュアさんのブースでは
ツツウミヅタ1,000円!
スベスベサンゴヤドカリ300円!
本当に安かったのですが、うちの水槽には空きスペースが無いので買えません;
しかし、海水は注目度低いですねぇ。こんなに安いのに…

私が行ったのは15時頃だったんですが、なかなかの盛り上がりだったと思います。
生体なんで即売会は難しいですが、もっとこういうイベントも増えて欲しいですね!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
にほんブログ村

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。