スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日性サンゴに挑戦!

30cm海水水槽 79日目
7月30日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

暗い話題ばかりだと気が滅入ってしまうので、
ここらでニューフェイスの話題を。

私はサンゴ飼育にハマっていますが、サンゴには大きく分けて2つあります。
好日性サンゴ(光合成する、浅瀬の日向に生息)
陰日性サンゴ(光合成しない、深海や日陰に生息)

好日性サンゴは強力な照明と清涼な飼育水があれば飼育可能なんですが、
では陰日性サンゴはどうやって飼育するのかというと…

YAHOO!知恵袋
陰日性サンゴの飼い方を教えてください

これを読んで、
「ああ、俺には関係ないなぁ」
「いくらなんでも世話が大変すぎるだろ」
「こんなに苦労してまで、世の中には物好きな人も居るんだなぁ」
と思っていましたが…

気がつくと、自分も陰日性サンゴを買っていました!!!

しかも、飼育難易度が高いオオトゲトサカです。

東京ズーネット-念願のトゲトサカが咲き誇る

水族館でも飼育が困難なこのサンゴ…
ショップのセールで相場よりかなり安かったのが発端なのですが、
陰日性サンゴの色鮮やかな色彩に魅了されてしまったのが決め手でした。
別名:カリフラワーコーラルと言われ、ベニウミトサカと共に
レッド・ピンク・オレンジのカラーは別世界のような美しさです。

この難しいサンゴの対策として、準備したのはコレ↓
妄想アクアリウム
100均で釣り糸を購入。
好日性のチヂミトサカやヌメリトサカは比較的丈夫なことで知られていますが
陰日性のトサカ類は非常にデリケートなため、水槽導入時には
通常のようにライブロックに立てるのではなく、逆さ吊りのように
上から吊り下げて、サンゴに負担をかけないのが狙いです。
妄想アクアリウム
隔離ボックスのマーブルサロンシュリンプをサテライトに移して、
フタのキスゴムを利用してトゲトサカを吊り下げます。
これなら、導入時にトサカの身体が折れてしまう危険性を防げます。
ショップから輸送されてきたときも、
発泡スチロールの浮きに止められて逆さ吊りの状態で届きました。
これは「分かってる」ショップさんで、嬉しい配慮です。
妄想アクアリウム
偶然、土台のライブロックに小さな穴が空いていて、
釣り糸を通してしっかりと固定することができました。
こんな幸運、そうそうは有り得ませんよ!
このサンゴは絶対に育ててみせるとさらに固く誓った瞬間です。
妄想アクアリウム
数時間すると、トゲトサカが膨らんできました。
妄想アクアリウム
ポリプの状態までははっきり把握できませんが、
この状態のときに給餌すべきなんでしょうね。
妄想アクアリウム
そしてここまで大きく!
体長4~5cmと聞いていましたが、10cm近くになっています^^;
妄想アクアリウム
クリアな透明感と鮮やかなレッドのコントラストが本当に美しいです。
妄想アクアリウム
こちらは消灯後。
陰日性といっても光が嫌いな訳ではありません。
ただ、リズム的に消灯後に開く方が多いように思われます。
妄想アクアリウム
この神秘的な姿を見るためには、水流を止めて、サンゴ用液体フードや
プランクトンフードをスポイトでゆっくり給餌する必要があります。
本来、好日性と陰日性サンゴを一緒の水槽で飼うのはデメリットの方が多いのですが
こまめな世話でカバーできると考えています。
私は1日2~3回の給餌と、2~3日に1度の換水を続けています。
餌付けが難しい魚への給餌を含め、毎日3~4時間の世話をしてました。
私は(飼育に関しては)ドMなんで、全然問題ありません!!
この苦労に見合う美しさを見せてくれますよ!

魚とエビが大打撃を受けた「不在の2日間」を耐え、
現状でこのオオトゲトサカが一番元気なサンゴです。
アワサンゴはまだ不調ですが、水質にうるさいツツウミヅタも
ポリプを開くようになったので、再びこのまま頑張りたいと思います。

そしてもう1つ。
妄想アクアリウム
同時に購入したバブルディスク。
妄想アクアリウム
こちらもセールでありえない安さだったので一緒に購入w
どの程度までポリプを開くのか、慎重に観察していきたいです。

ちなみに、海藻ジャングルなサテライトに放り込まれた
マーブルサロンシュリンプですが、すぐ死んでしまったらどうしようと
心配していましたが、意外と元気でちょっと一安心。
引っ越したら水槽に戻してあげようと思います。
スポンサーサイト

悲しみを乗り越えて

30cm海水水槽 78日目
7月29日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

仕事等忙しすぎたのとショックから立ち直るまでに
少し時間が必要だったので、久々の日記になってしまいました。
もちろん、ブログ書いてない日も足し水や水質検査したり、
毎日3~4時間くらい世話してましたよ?

この前、所用と仕事で2日間だけ実家に帰っていたのですよ。
それまでに、不在時に備えて換水もして飼育水比重も低めにして
エアコンも付けっぱなしにして、万全の体制で臨んだのですよ。

…が、しかし。
戻ってくると、魚は2匹死亡。残りも瀕死。
見ている前で、もう1匹も息を引き取り、翌日にはさらに1匹死亡。
エビも死亡。サンゴは軒並み絶不調。スポンジは白化(=死亡)。
海水水槽は壊滅寸前でした。(淡水水槽のベタは元気です)

出かける前は海水魚もサンゴも絶好調だったのに。
信じられない現実。
この48時間の間に何があったんだ…

とりあえず、生体別に時系列で書いていきます。

オウゴンニジキンポ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
前から注目していた魚だったので、入荷情報をこまめに調べて
片道2時間近くかけて遠方のショップまで買いに行きました。
頭から尾びれにかけての青~黄色のグラデーションが美しい遊泳性ギンポです。
流し目かアイシャドウのような体色も特徴的です。
下アゴに比較的大きな犬歯と毒腺を持ち、手を噛まれると腫れることもあるそう。
妄想アクアリウム
これ、死んでるように見えますが、死んでませんよw
照明が消えると、オウゴンニジキンポはすぐさま寝るんです。
たまたまマーブルサロンシュリンプを隔離してるケースがあったので
そのケース上がお気に入りみたい。魚とは思えない可愛らしさです。
寝ると、こんなくすんだ体色に変わります。
ちなみに、プリンセスモノクルブリームも寝てるときは体色が地味になります。

オウゴンニジキンポについてネットでの情報では
「丈夫で飼い易く、冷凍飼料にすぐ餌付く」
「飼育は容易でエサは冷凍ブラインや乾燥クリルの砕いたものを好みますが
 慣れれば人工飼料も食べるようになります」
とのことですが、冷凍ブラインどころか生ブラインにも餌付きませんでした。
これでは手の打ちようがありません。
でも別に痩せている様子もなく、元気に泳ぎ回っています。
かなり臆病で、すぐライブロックに隠れてしまうので、
環境に慣れるまでじっくり待とうと考えていたのですが…

目を離した2日間の間に、オウゴンニジキンポは死んでしまいました。
ずっと餌付かないといずれ魚は死んでしまうものですが、
あんなに元気だったのに、どうしてこのタイミングで落ちるのか…
推測ですが、悲劇はこの魚の死から始まったと思われます。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
この写真からも、死の影は窺い知ることができません。
これがこの子を見た最後になってしまうとは考えてもみませんでした。

ブルースポンジ

30cm海水水槽 68日目
7月19日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)用の餌が到着!

ブルースポンジ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
すごい立派で色鮮やかなスポンジです!
ウミウシの餌にするのはもったいないくらい!^^;
小型水槽でもう残りスペースがほとんど無いので、
無理矢理押し込んだようなレイアウトになってしまいましたが
高さのあるスポンジで水槽がさらに華やかになって見ごたえがあります。
妄想アクアリウム
さっそくイソギンチャクモエビがお掃除を始めました。
スポンジ類はコケに弱いので助かります。
妄想アクアリウム
ウミウシがなかなかスポンジを見つけられない、という
情報もあったのですが、うちではすぐにスポンジの上に移動しました。
1日中このまま。きっとモグモグしてるんでしょうね。

ウミウシの飼育については、ほとんど情報がありません。
食性や生態が不明の種類が多いですし、
設備の整った水族館ですら長期飼育は難しいと聞きます。
ウミウシ購入者のレビューやブログを見ても、
購入1週間~1ヶ月で死んでしまうことがほとんどみたいです。
しかし、個人でも半年~2年の飼育に成功している人も
(ごく僅かですが)存在します。
ウミウシ飼育に全力を傾けつつ、貴重な飼育データが収集できれば。

それから、ほとんど動くこともなくなっていたキイロサンゴハゼですが、
今朝には行方不明になっていました。
いつも全開のウミキノコが、今日に限って全くポリプを開きません。
水質変動(生体死亡)を感じ取っているとしか思えず、嫌な予感しかしません…

いくら探しても見つからなかったのですが、サンゴの裏で
午後にはエビとヤドカリに食べられている姿を発見しました…
弱っているから襲われて捕食されたのか、
息絶えてから食べられたのか、はわかりませんが、残念です。

キイロサンゴハゼのように餌付けや飼育が難しい魚で
購入時から痩せていて弱っている個体は、手の打ちようがありません…
特に超小型の魚は体力が無いので、痩せてしまうと回復が難しいです。
今回は通販だったので、魚を直接見て選べないので、運任せになってしまいます。
数時間かけて付きっ切りでブラインシュリンプ食べさせたのに。
やれることは全てやったつもりですが…悲しい。
本当に可愛らしい魚なので、すぐにでもリベンジしたいくらいですが、
生体が落ちるのは本当にショックなので…
ショップで直接見て、状態の良いものを入手しないと。
もう同じ悲しみを味わうのは避けたいものです。

同じく飼育が難しいマンダリンは、痩せ気味ですが今のところ元気です。
人工餌とブラインシュリンプを混ぜて餌付けを試みてみましたが、
現在のところは人工餌に見向きもしません。
とりあえず毎日ブラインシュリンプを湧かせて、
環境に慣れさせて体力をつけさせてから、じっくり餌付けしようと思います。

ウミウシ初挑戦

30cm海水水槽 67日目
7月18日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

どうせ餌付けしないといけないんだから!ということで
餌付けが難しい魚をさらに追加!!

マンダリンフィッシュ(ニシキテグリ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ヨコエビやプランクトンを中心に食べるネズッポの仲間で、
人工餌をなかなか食べない飼育が難しめな魚です。
このカラフルでサイケデリックな体色!
引っ越して大型水槽になってから飼おうかと考えていたんですが
コバンハゼ(キイロサンゴハゼ)でどうせブラインシュリンプ湧かせるなら
一緒に飼えるかな、ということで。

実は、キイロサンゴハゼと一緒に注文してたんですが、
ショップのミスでホンソメワケベラが届いてしまっていたんですよ^^;
すごい元気なホンソメワケベラだったんですが、うちの水槽でベラは飼えないし
大型ヤッコも居ないんでクリーニングの必要も無いし…
そういえば、ソリコシコモンエビもクリーニングシュリンプなんですが、
動きの早い魚ばかりですぐ逃げられています^^;
マンダリンは動き遅いからさっそくクリーニングに向かうけど、
ネズッポは鱗が無いし、クリーニングの必要無いんじゃ…?

妄想アクアリウム
100均でパスタケースを買ってきて、
この中でブラインシュリンプエッグを孵化させます。
これならエアレーションしても塩水が飛びにくいかなと。
妄想アクアリウム
ちなみに、同じようにパスタケースでワムシ(海生動物プランクトン)の
養殖も試みています。どんどん研究所チックに…

妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼに餌付きやすいと聞いて準備した
「メガバイトレッドS」「メディフィッシュ」
妄想アクアリウム
今まで使っていた人工海水「テトラ マリンソルトプロ」が尽きたので
「レッドシー コーラルソルトプロ」へ変更。
割高ですが、リーフタンクにはこちらの方が安心感があります。
マリンソルトプロ買った当初は、サンゴ飼うつもりなかったんですけどね!w
妄想アクアリウム
神々しいまでの純白の塩。

スポイトでブラインシュリンプを与えているのですが、
キイロサンゴハゼはほとんど食べません。
スポイトを警戒しているのか?と思ったので
水流に乗せてブラインシュリンプを流してみると、
いくらかは食べている様子。しかし、食が細すぎる…
今日はライブロックの上からほとんど動かない。
購入時から痩せていて元気が無い状態で、厳しい感じです。
少しは食べたということで前向きに考えて、
キイロサンゴハゼの体力が尽きる前になんとか頑張りたいと思います。

マンダリンは、ブラインシュリンプをいくらか食べているようですが、
動きが遅いのであまり食べれていません。
それより底砂やライブロックをつついているので、
ヨコエビなどを食べているのでしょう。
元気に泳ぎ回っているし、マンダリンの方は元気で心配なさそう。

連日の餌付けチャレンジで、餌をたらふく食べているのは
デバスズメダイとプリンセスモノクルブリームの2匹!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームはお腹パンパンなほど食べてるし、
パープルな体色がここまでビビッドに色揚がりしてきました!

余談ですが…
魚のデカいウンコを初めて見た気がします。
いや、魚も生きてるんですから、毎日排出してるはずなんですが、
今まで餌は最小限に抑えていたので、
ウンコはほとんど目に入らなかったんですけどねー。
同様に、淡水水槽のショーベタのウンコも見たことがありません。
アイドルはウンコなんてしないんです!!!(オスだけど)

妄想アクアリウム
ウミキノコもこんなに巨大に成長して…
ちなみに、6月3日のウミキノコさん↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
1ヶ月ちょっとでこんなに大きくなるとは。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミキノコに裂け目が。2つに別れたりして^^;
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴもどんどん広がってきました。
海生生物は成長が早いですね。30cmキューブ水槽じゃすぐ手狭になってしまいます。

さて、またまた生体追加なんですが…
ここからはウミウシの写真が続くので、
苦手な方はこの後は見ないようにご注意下さい。

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水合わせ中。
ついにウミウシ飼育にまで手を出してしまいました。
ウミウシは飼育が困難なことで有名なんですが、
このポルガドットスラッグは珍しく食性が判明しています。
それでも長期飼育は困難なほど難易度が高いんですが、
頑張ってみたいと思います!
妄想アクアリウム
水槽へ。すごい存在感です。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
体長4~5cmと聞いていたのに、伸びると6cm以上あるんじゃないか!?
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽の中を元気に動き回っています。
妄想アクアリウム
フィルターのポンプの上に登ったり、
妄想アクアリウム
パワーヘッドの上にも登ったり。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
フィルターの排出口近くに腰を据えて、
気持ち良さそう(?)に水流に当たっています。
水流が好きなんでしょうかね。
妄想アクアリウム
水槽のガラス面を這っていたと思うと…
妄想アクアリウム
滑って底まで落ちてしまいましたwドジっ子かよw
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミウシは本当にミステリアスな生き物です。
見ていて飽きませんね。

餌付け特訓中

30cm海水水槽 66日目
7月17日(水)

現在の海水水槽タンクメイト

またまた期待の新人!
キイロサンゴハゼ
妄想アクアリウム
水合わせ後、すぐにライブロックの隙間に移動。
妄想アクアリウム
サンゴの上にちょこんと乗っかる可愛いハゼなんですが、
そこはサンゴじゃありません!!
妄想アクアリウム
鮮やかな黄色い体色が存在感抜群。
ただ、ちょっと痩せてる個体なので、早めに餌付けしたいところ。
妄想アクアリウム
遊泳型のデバスズメも、生活域が異なるキイロサンゴハゼには興味無し。
キイロサンゴハゼも臆病に隠れたりせず、マイペースなようです。

投入日は餌付けしませんでしたが、翌日に餌付けをテスト。
「メガバイトレッドS」「メディフィッシュ」を混ぜて、
目の前にスポイトで噴射してみましたが…キイロサンゴハゼは完全無視。
デバスズメが新しい種類の餌に気付いて狂喜乱舞しております^^;
いきなり人工餌は難しいか、ということで、次は冷凍ミジンコに挑戦。
また目の前にスポイトで噴射してみましたが…これも完全無視…
うーむ。やはり最初は生餌(ブラインシュリンプ)に頼るべきか。
サテライトでコペポーダやヨコエビを湧かしているので
餓死、ということはないと思いたいのですが
いったん痩せてしまうと小さい魚は体力回復が難しくなるので
手遅れになる前になんとか餌付けを頑張りたいです。

プリンセスモノクルブリームの餌付け
妄想アクアリウム
浮遊性の人工餌を餌だと認識しなかったので、
最初はわざと餌を沈めてみて、食べさせてみました。
最初は吐き出したものの、口にさえ入れてくれればしめたもの。
翌日にはゆっくり沈降する人工餌を食べるようになりました。
数日後には浮遊性餌も認識したものの、食べるのが下手で苦労している。
プリンセスモノクルブリームはライブロックをつついているので、
浮いている餌を食べる食性は無かったのかもしれません。

水中ポンプを見てみると、ピンク?赤紫?のコケが。
妄想アクアリウム
これは石灰藻が生えてきてるんでしょうかね??
妄想アクアリウム
シアノバクテリア(藍藻)ではないだろうし、
もっと石灰藻が増えて欲しいところですね!

マメスナギンチャクを見てみると
妄想アクアリウム
見慣れない貝が貼り付いています…
妄想アクアリウム
ピンセットで剥がそうとしたら…硬くて剥がれない!
妄想アクアリウム
調べてみたら、どうもマメスナを食害する貝とは違うようなので、
このまま様子を見ることにします。
マメスナを食べるのは、
クルマガイ
ホンハナマツムシ
という種類らしい。

マーブルサロンシュリンプ隔離

30cm海水水槽 64日目
7月15日(月)

現在の海水水槽タンクメイト

前回に書いた、ナガレハナサンゴをタッパーで守る作戦、
一晩でマーブルサロンシュリンプがあっさり捕まりました!
妄想アクアリウム
すぐに隔離ケースに入れます。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ユーモラスな体型と鮮やかな紫色の脚を持つおとなしいエビなんですがね。
サンゴさえ食べなければ良きタンクメイトになっただろうに。
妄想アクアリウム
隔離ケースのせいでライトが当たらなくなったナガレハナサンゴが
嫌がってポリプを偏らせています^^;
妄想アクアリウム
何度見てもミステリアスなサンゴですよね~。
食害された部分は復活できるかわかりませんが、
大事に育てていこうと思います。

妄想アクアリウム
隔離中にちょっと実験。
マーブルサロンシュリンプはモエビの仲間ということで
海藻(ホソジュズモ)を食べるかテストしてみました。
結果:食べる!
けれどかなりゆっくりだし、飛びつくほど好物ではない模様。
ザリガニ用人工餌に餌付けも成功しました。
こいつ、隔離中の方が贅沢な暮らしができてる気がします…^^;

現在の30cmキューブ海水水槽全景
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
だんだん過密飼育になってきましたが、サンゴも魚も調子が良くて
美しい姿を見せてくれています!
妄想アクアリウム
水換えの度にポリプを閉じてしまうくらいデリケートな
ツツウミヅタ(写真下側の白い花のようなサンゴ)も調子が良くて満開です。
写真上部、ヒメシャコガイもとりあえず現状は調子は良さそう。
14W+7WしかないLED照明で果たして飼育できるのか疑問だったんですが、
今は問題無さそうで一安心。シャコガイ買うときに
「ああ~、ケチらないで20WマルチスペクトラルLEDを買えば良かったかな~」
とちょっと後悔したんですが、白+青のLEDでもイケてます!

ホームセンター侮り難し

20cm淡水水槽立ち上げ 15日目
7月15日(月)

HMマーブルは3日間の薬浴を終え、水槽に戻しました。

水質検査結果
水温 25度
ペーハー(pH) 6.0pH
アンモニア(NH3)0.25mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.3-mg/l

硝酸塩(NO3)の試薬が無いため、
どの程度水槽が立ち上がってるのか把握できないですが
今夜に2リットルずつを水換え予定。

2つの水槽間の仕切りを黒から白や半透明に代えて試してみましたが
OHMグリーンが自分の写り込みにすぐ敏感に反応して威嚇したり興奮するので
このままではストレスでまたヒレが傷ついてしまうと思われます。
とりあえず水槽を離しておいて、早めに配置転換(=リセット)するしかないな…
淡水や水草のことも分かってきたので、ちょっと凝ったレイアウトにしたいですね!

閑話休題。

先日、仕事のついでにホームセンターへ寄る機会があり、
せっかくなのでペットコーナーも見に行ってみました。

なんと!
犬猫用ペット用品に加えて、モルモットやフクロモモンガまで!
爬虫類コーナーではサラマンダーやボールパイソンまで!
アクアリウムコーナーでは金魚やメダカだけではなく、
オトシンクルスやコリドラス、水草から海水魚水槽まで!
ホームセンター侮り難しですな。

海水魚水槽には、目立つカクレクマノミ・ルリスズメダイだけじゃなく
なんとサンゴまで入っているのには驚かされました。
スターポリプ、ディスクコーラル、ウミキノコ、ケヤリも。
これはペット担当者が海水にも詳しいんでしょうね。

海水水槽は遠目でも色鮮やかで本当に美しい反面、子供連れのお父さんが
「この青い魚、綺麗だね~。いくらかな?買って帰ろうか?」
なんて言ってるのを見ると、思わず止めようかと思ってしまいます^^;
魚と水槽を一緒に買うなんて、海水魚では致命傷になりますからね…

ベタも売られていたのですが、金魚すくいのような
小さな小さなビニール袋に詰められて並べられていました…
缶ジュースの半分くらいしかないような水量…
トラベタは価格が安いせいもあり、どこのショップでも酷い扱いですね;

プリンセスモノクルブリーム

30cm海水水槽 60日目
7月11日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽にも魚を追加しました!
プリンセスモノクルブリーム
妄想アクアリウム
キツネウオの一種で、別名:バナナフィッシュ・ヤエヤマキツネウオ・パープルリーフ
以前から狙っていた魚なので、ショップから入荷案内が届いたらすぐ注文。
運送会社の手違いで届くのが遅れましたが、猛暑の中にも関わらず元気。
今回も水合わせに1時間以上かけ、飼育水も4リットルくらい使いました。
水合わせ失敗で絶対に死なせません!
プリンセスモノクルブリーム
鮮やかなイエローのラインが美しく目を惹きます。
魚が複数になると、一気に水槽が華やかになりますね。
大きさは5cmほど。平たい身体のデバスズメダイと違い、
円柱形をしているのでかなり大きく感じます。
しかし、先住のデバスズメは3cmほどしかないのに
自分より大きなプリンセスモノクルブリームを追い掛け回す!
スズメダイの中では温和な種類と言っても、
同じ上層遊泳型が来たら、縄張りを主張するのが当然か。
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームは大人しいですが、臆病ではないですね。
ハタタテハゼのようにライブロックに隠れることもなく、
水槽投入直後からさかんに餌を探しています。
デバスズメとの違いは、ライブロックや底砂をつつくことですね。
いきなり小さなケヤリムシを食べてしまいました(泣
口の大きさ的にイソギンチャクモエビは食べられないだろうし、興味もないみたい。
この辺りの習性は、実際に飼ってみないと分からないですね。

先日にスタートしたクロレラ培養ですが
妄想アクアリウム
これは7月9日の写真です。
大きなペットボトルが太陽光が当たる場所に設置した分、
小さなペットボトルは室内の蛍光灯のみです。
たった数日でこれだけの差が生まれました。
海水水槽のサテライトに、毎日少しずつ投入して、コポペーダの餌にしています。

ゆっくり沈むタイプの餌だと魚に全部食べられてしまい
エビに餌が回ってるかどうか心配だったので、沈降性の餌を探していたのですが、
妄想アクアリウム
実はこれが使えるんじゃないかと!ものすごく安いし。
妄想アクアリウム
予想に反して、すぐさま反応したのはイソギンチャクモエビ。
横取りされないように、餌を抱えて逃げていきますw
エビやヤドカリ達が集まってきます。
なにしろ、うちは小型水槽なのにエビが7匹も居ますからね!
妄想アクアリウム
匂いに惹かれたのか、久々にテッポウエビも姿を見せました。
後ろのサンゴモエビは4cmくらいに成長していますが、小さいな…
こんな小さなテッポウエビに6cmのハタタテハゼが捕食されたとは
今でも信じられない気持ちなのですが…;

現在、養生中のナガレハナサンゴ。
妄想アクアリウム
タッパーで囲んで、これ以上食害されないようにしています。
もしマーブルサロンシュリンプが食べに来たら
妄想アクアリウム
隔離グッズは万全です!w

ベタ薬浴開始

20cm淡水水槽立ち上げ 11日目
7月11日(木)

ベタのヒレ破損の原因が判明しました。
雄ベタ同士の姿が見えると威嚇し合ってストレスになるので
2つの水槽の間に仕切り板を差し込んでいるんですが、
黒い板で水槽の鏡面作用が起こり、常に鏡に映っている
自分の姿に威嚇し続けている状態になっていたようです…
すぐに仕切りを白色に変えたのですが、
水槽自体の透過性が低いのですぐに鏡面作用が発生してしまう…
抜本的な解決策を示さないと、このままベタのヒレがボロボロになってしまうかも;

妄想アクアリウム
ヒレ異常の改善に効果的との触れ込みの
suma(スーマ)が届いたので、プラケースで薬浴開始。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
毎日換水して治療に専念。

他にも添加剤を追加。
妄想アクアリウム
テトラ バイタル
手間もお金も惜しまないので、早く治って欲しいです。

水質検査結果
水温 26度
ペーハー(pH) 6.5pH
アンモニア(NH3)0.25mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.3-mg/l

水質は改善傾向で、水槽がやっと立ち上がってきたようです。
妄想アクアリウム
背びれ・尾びれの一部に裂け目が見て取れます。
鏡面作用が無くなり、ちょっと落ち着いたかな。

ベタの飼育は難しい

20cm淡水水槽立ち上げ 9日目
7月9日(火)

ベタの飼育は簡単、と言われていますが…

ベタの飼育は本当に難しい!

HMマーブルの尾びれが欠けてしまいましたが、
妄想アクアリウム
欠損がもう少し進行してしまった気がします…
妄想アクアリウム
OHMグリーンの背びれと尾びれにも裂け目を発見。

以下、この数日の出来事をまとめると

7月7日(日)

餌:冷凍ミジンコ
ベタの食いつきは…悪い!
一応、食べるんですが、水中を漂っているミジンコは無視。
嗜好性が高いと予想してたんですが、赤虫と違ってミジンコはダメなのか。
食べ残しが大量に発生する=水が汚れるため、餌付けは少しで終了。
余ったミジンコは、海水水槽のデバスズメダイに与えてみたら…
水槽から飛び出しそうな勢いで狂喜乱舞してましたw

水質検査結果
水温 26度
アンモニア(NH3)1.5-mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.8-mg/l

この数値はかなり厳しいです。
すぐに換水を各2リットル実施。

7月8日(月)

餌:チャーミーベタ
非常に食いつきが良いです。
今後もメインの餌になりそう。

水質検査結果
水温 26度
アンモニア(NH3)0.25+mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.3+mg/l
換水のおかげで前日より数値は下がっているが、
まだまだ水槽が立ち上がっていないことを示しています。
もっと水換えしたいけど、換水しすぎると逆にストレスになりそうで。

7月9日(火)

餌:冷凍赤虫
ヒレの回復には動物性餌が効果的ということなので。
やばいくらい食いつきます。
今まではOHMグリーンの方が元気だったんですが、
HMマーブルなんてピンセットにまで飛びついてきます。
ヒレが欠けてるくらい体調悪いんじゃないのかよ…^^;

濾過をストップしていたHMマーブルの水槽が油膜で酷いことになっているので、
排水口にウレタンマットを挟んで水流を出来る限り抑えて
スポンジフィルターの稼動を再開しました。

妄想アクアリウム
ヒレ保護のために、添加剤を購入。
テトラ アクアセイフ
マジックリーフを浮かべておいた水を各2リットルずつ換水。
スポイトで油膜を取り除いていると、HMマーブルの子が近づいてきて
ずっと餌クレクレダンスを踊ってきます…
元気なのか落ち込んでいるのか判断できません^^;

濾過を動かさない→水質が悪化。健康状態悪化、ヒレが溶ける可能性。
濾過を動かすと水流でストレス→ヒレ裂け。
換水しない→水質が悪化。健康状態悪化、ヒレが溶ける可能性。
換水すると水質変動でストレス→ヒレ裂け。
水草を入れない→水質が安定しにくい。
水草を入れる→引っかかってヒレが裂ける。

ショーベタの飼育は難しすぎる!

ハーフムーンのヒレは本当にデリケートですね。
現在は水槽が立ち上がっていなくて一番厳しい時期なので
なんとか環境に慣れてくれれば落ち着くんですが。
飼育水の生臭さも今日には消えたので、
バクテリアが増えて立ち上がりつつはあると思います。

明日くらいに薬が届くので、ヒレ回復を祈って薬浴を開始したいと思います。
HMマーブルの子だけ薬浴するつもりだったんですが、
ヒレ裂けが見つかったOHMグリーンの子もやらないといけなさそう;

グラスシュリンプ

30cm海水水槽 57日目
7月8日(月)

6日(土)に行った水質検査。

水温 26度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0mg/l
ペーハー(pH) 7.8pH
炭酸塩硬度(KH)15-d
カルシウム(Ca)400mg/l

アンモニアは検査不要なので行っていません。
PHが低めなのでアラガミルクを追加添加しました。
でもこれでさらにKHが高くなるかも。
最近、ガラス面のコケが増えているのは高KHのせいなのか。
検査してないリン酸(PO4)のせいかもしれないけれど。

餌の匂いに誘われたのか、珍しくソリハシコモンエビが昼間に出てきました!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
長いひげは輸送中に切れたのか見当たらなかったのですが、
現在は完全復活。透明の身体と共に、非常に美しいです。
脱皮の跡があったのは、このソリハシコモンエビなのかサンゴモエビなのか。

ライブロックの下に潜んでいたカーリーが移動してきたので、
ヒメシャコガイが閉じる消灯後に駆除薬をブシュシュ!とぶっかけて退治。
これでまた1つ問題が解決したのですが、新たな問題が…
一難去ってまた一難。まさに「渡る世間は鬼ばかり」現象^^;
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴが食害され、一部骨格が剥き出しに。
ネットで調べてみると、マーブルサロンシュリンプはサンゴモエビの近種のはずなのに
ハナサンゴやヒユサンゴを食害するという報告が見つかりました。
カーリー退治で有名なペパーミントシュリンプやモロコシハギも
オオバナ、ブレインなどプニュプニュ系サンゴを食害する恐れがある、との記述も。

解決策としては、どちらかを隔離するしかないんですが…
うーむ。難しいな。
海藻モジャモジャのサテライトを整理して、
マーブルサロンシュリンプを捕まえて移すのが現実的か。
(サテライトはさらにホソジュズモの勢力が強まって、
ジャングルどころか密集地帯になっています^^;)
せっかくプランクトンの楽園になってるサテライトですが、
これ以上被害が拡大するなら、実行するしかないかと思います。

ソリハシコモンエビが意外とおとなしいのも想定外。
グラスシュリンプの中では気性は激しくない方ですが
そもそも肉食性が強めな種類なので。

(参考リンク)
イソギンチャクカクレエビとイソギンチャクモエビの違いとはなんでしょうか?

このあたりは、実際に飼ってみないと分からない部分ですね。

ベタのヒレ欠損

20cm淡水水槽立ち上げ 6日目
7月6日(土)

ショーベタの尾びれが欠けてしまいました…
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
HMマーブルの尾びれ上部が欠損しています。
尾ぐされ病には見えないんですが、ショップに相談してみると
「ストレスが原因で齧ってしまったのかもしれない」とのこと。
食いもあまり良くなく、フレアリングも反応が鈍かったのはそのせいか。
輸送、水質変動、環境変化と負担が重なったこともあり、
ショーベタにはありがちなこととはいえショックです。

対処として、スポンジフィルターを停止して完全止水にすることと、
殺菌効果のあるマジックリーフを多めに投入しました。
ヒレが早く回復するように薬浴も予定しています。

(参考リンク)
ベタの病気の症状・治療について
絵で見る熱帯魚の病気と治療

OHMグリーンは元気でヒレも欠けていないので、フィルターもそのまま。
1日10分程度のフレアリングの反応も悪くありません。

海水水槽の足し水のついでに、ベタ水槽も各1リットルを換水。
今日の餌は、「チャーミーベタ」人工餌です。
食いつきもかなり良く、これはレギュラーの餌になりそうです!

ベタ撮影会

20cm淡水水槽立ち上げ 5日目
7月5日(金)

ベタが来てから初の水質検査。

水温 26~27度
アンモニア(NH3)0.25+mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.3+mg/l

水温は海水ほど厳密に管理する必要がないのでこれでいいとして
アンモニアが検出されているのが気になる。
まだ水槽が立ち上がっていない証拠ですね。
このままだとベタの体調が心配。状況を見つつ換水しかないかな。

さて、少し落ち着いたのでベタを色々と撮影してみました。
写真撮ってると、ベタが近づいてきてこっち向くので撮影できないw

OHM(オーバーハーフムーン)メタリックグリーンマスク
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ストロボ無しで撮影すると青っぽい体色に見えます。
妄想アクアリウム
肉眼ではこちらのイメージに近いです。

HM(ハーフムーン)ブルーマーブル
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム

1日断食の後、今日は「テトラベタ」人工餌を与えてみました。
ネットでの食いが悪いとの評判通りでしたw
OHMグリーンは、口に入れてすぐ「ペッ!!」と吐き出します。
でも、ピンセット=餌付けだとベタは早くも認識しているので
餌をピンセットでつつくと吐き出しつつも全部食べました。
HMマーブルは、匂いを嗅ぐような素振りだけで、口にも入れません。
時間が経って餌が沈んでいきましたが、しばらくすると餌が無くなっていました。
どうも、沈んでいるものも餌だと認識している様子^^;

食いが悪いと言っても、これくらいなら余裕ですね。
ワイルド種なら餌付けに苦労するんだろうなぁ。

クロレラ培養

30cm海水水槽 54日目
7月5日(金)

クロレラの培養を始めました!
妄想アクアリウム
クロレラの種水を購入して、プラケースやペットボトルに分けて
真水を足して繁殖させていく計画です。
青いボトルは、水性肥料のハイポネックス。
培養したクロレラの用途としては、ベタ水槽の亜硝酸対策と、
海水水槽のサテライトに入れてコペポーダの餌にするつもり。
プラケースは、自然光有り・空調有り(約30度)
ペットボトル大は、自然光有り・空調無し(約35度)
ペットボトル小は、蛍光灯下・空調有り(約25度)
この3箇所に設置して、増え具合を比較してみます。
しかし、アクアリウムというよりどんどん研究所みたくなってきましたねw

マーブルサロンシュリンプがナガレハナサンゴの上でツマツマ…
サンゴを食ってる可能性があるので、とりあえず追っ払いました^^;
エビは飢えるとこの危険性があるからなぁ。
水質向上のために餌付けを極少にしてたんですが、
デバスズメの寝ている夜にやってみることにしました。
沈降しやすいように粒を砕かないでそのまま。
しかし、餌の匂いですぐデバスズメが起きて食べ始めました^^;
でもいくつかは沈降したようで、レアキャラのソリハシコモンエビが出てきました。
ツツウミヅタの間に腕を突っ込んで餌を探している様子。
これはサンゴを食べてる風じゃないので安心かな。
エビ用に沈降性餌を買った方が安全そうです。
そうすれば夜中の餌付けも楽しそうですね!

消灯後に餌を入れると、ソリハシコモンエビが観察できます!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
アクアリウムというより、生物観察記になってきてる気が…w
自分で購入した生体なのに、なかなか見ることすらできないという
これが海水水槽なんですけどね!

ナガレハナサンゴからまた触手が…
妄想アクアリウム
消灯後はウネウネと触手伸ばしまくっています。
妄想アクアリウム
このときにクリル(オキアミ)を与えたら食べるのかな?

淡水水槽 飼育記録(随時更新)

淡水水槽 飼育記録(2014/11/22現在)

現在のタンクメイト

■淡水熱帯魚

ショーベタ オーバーハーフムーン
 (メタリックグリーンマスク)

妄想アクアリウム
飼育日:2013/07/03~
購入先:高知熱帯魚サービス
購入額:3,990円

・アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ(ペア)
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
飼育日:2013/12/27~
(オスは2013/12/29に落ちているのを確認)
購入先:charm
購入額:1ペアで1,350円

・アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ(ペア)
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
飼育日:2013/12/30~
購入先:アントニオ
購入額:1ペアで980円

■無脊椎他

・ミナミヌマエビ
妄想アクアリウム
飼育日:2013/08/14~
購入先:charm
購入額:巻きたてウィローモス付益子焼シュリンプシェルター+ミナミヌマエビ(3ペア)で1,058円

・ヤマトヌマエビ(2)
妄想アクアリウム
飼育日:2013/10/14~
購入先:アクアステーションピュア
購入額:5個体で360円

・ヤマトヌマエビ(3)
飼育日:2013/10/23~
購入先:charm
購入額:5個体で500円

・ヤマトヌマエビ(4)
飼育日:2013/11/03~
購入先:charm
購入額:5個体で500円

・ベルベットブルーシュリンプ
妄想アクアリウム
飼育日:2013/12/23~
購入先:ドリーム・シアター
購入額:3匹で1,480円×3

・カラー石巻貝
妄想アクアリウム
飼育日:2013/08/16~
購入先:charm
購入額:4匹で400円

・シマカノコガイ
妄想アクアリウム
飼育日:2013/09/05~
購入先:ネオス
購入額:3匹で450円

■水草

・ドワーフフロッグビット
妄想アクアリウム
飼育日:2013/07/02~
購入先:charm
購入額:5個セット620円×2

・マツモ
飼育日:2013/07/03~
購入先:charm
購入額:5個セット830円×2

・ウィローモス付流木
妄想アクアリウム
飼育日:2013/07/03~
購入先:charm
購入額:531円×2

・オオサンショウモ
妄想アクアリウム
飼育日:2013/07/03~
購入先:charm

・流木付きアヌビアスナナ
飼育日:2013/08/06~
購入先:ヤフーオークション
購入額:900円

・流木付きアヌビアスナナ
飼育日:2013/08/06~
購入先:ヤフーオークション
購入額:2個体で1,200円

・流木付きミクロソリウム+アヌビアスナナ
飼育日:2013/08/06~
購入先:ヤフーオークション
購入額:1,580円

・流木付きイエローハート
飼育日:2013/08/06~
購入先:ヤフーオークション
購入額:1,350円

・流木付き水草2種(赤+緑系)+ウィローモス
飼育日:2013/08/06~
購入先:ヤフーオークション
購入額:1,400円

・クリプトコリネ パルヴァ
飼育日:2013/12/20~
購入先:charm
購入額:3個で500円

ショーベタ飼育スタート!

20cm淡水水槽立ち上げ 3日目
7月3日(水)

さーて、淡水水槽の方も負けてませんよ!
まずは追加の水草から。
妄想アクアリウム
到着した水草を真水でクリーニング。
海水でいうキュアリングかな?
それでもいずれはスネールやプラナリアが湧くのだろうか…
妄想アクアリウム
チャームで購入した、小さなウィローモス付き流木。
ミニサイズでもこういう前景があると雰囲気出ますね。

オオサンショウモ・ドワーフフロッグビット
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
サルビニアククラータ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
やばい。想像以上に浮き草撮影が楽しいw
でも、淡水水槽はあくまでベタ飼育がメインで
水草はベタの環境を整える脇役としか考えてなかったので
ショボいLED照明(2.7W)しか購入しなかったよ…
これで水草にハマったら本末転倒な気が…w

ベタちゃんの水合わせをしながら準備を。
マジックリーフも用意してみました!
妄想アクアリウム
この葉を水槽に入れると成分が溶け出して飼育水に褐色の色が付き、
ベタが好む弱酸性の軟水に近づく、という効果が期待できるアイテムです。
お姫様待遇なんで、何でもしちゃいますよ!(ベタはオスなんだけどねw)

妄想アクアリウム
水質検査薬も淡水用を購入。
妄想アクアリウム
さっそくPHを測ってみました。
ペーハー(pH) 6.5pH
ソイルのおかげか、なかなか理想的な数値です。

妄想アクアリウム
現在の淡水水槽全景。シンク前なので撮影が難しい;

入念な水合わせ後、ベタを水槽に入れたら…
空回し中に、バクテリア繁殖を助けるために、餌を水槽に入れてたんですよ。
海水魚用の餌をひとつまみ。
で、ベタを入れる前にスポイトで取り除いていたんですが、
ごく少量の餌がソイルの間に残っていたようで…
ベタちゃん達は、いきなり底に寝そべるようにして
この残り餌を食べ始めました^^;
ベタは人工餌に餌付きにくいんじゃなかったのかよ~
(しかもこれ海水魚用だし)
ベタはヒレのせいで底床に落ちてる餌を食べないんじゃなかったのかよ~
妄想アクアリウム
もしもベタが餌付かなかったとき用に、
あらかじめ4種類もの餌を買ってあったのにw
お姫様待遇ですから、ベタのために何でもしますよ!
(2匹ともオスなんですけどね)

そう、水槽が2個設置してあることからも分かるように、
いきなりベタを2匹飼うことにしました!
当初はショーベタを1匹飼おうと考えてたんですが、
専門店の写真を見て思い悩むうちに
「どっちの子も綺麗すぎて決められない…
 じゃあ、両方飼えばいいじゃないか!俺って天才!」
という訳で、2匹ともお迎えすることに決めました!

ショーベタ オーバーハーフムーン(メタリックグリーンマスク)
妄想アクアリウム
ショーベタ ハーフムーン(ブルーマーブル)
妄想アクアリウム
「ハーフムーン」というのは、尾びれが180度開く種類のこと。
「オーバーハーフムーン」はそれよりさらに開きます。

妄想アクアリウム
淡水水槽も18時消灯にタイマー設定しているため
少ししか写真が撮れませんでしたが、
ビロードやサテンのドレスをなびかせるようなこの美しさ!
これを毎日好きなだけ眺められるんですから…幸せすぎます!

本来は、魚が疲れている水槽投入初日には餌をあげないものなんですが、
どうも餌が欲しそうだし予想より元気だったので、
孫におもちゃをせがまれたおじいちゃんのような心境で
ついつい冷凍赤虫をあげてしまいました。
ピンセットで水槽の縁を叩いて、それが食事の合図だと覚えさせます。
飼育水で解凍した赤虫をピンセットで水面に落とすと…
食べる食べる!すごい食い付きです!
まだ初日なのに、もっとクレクレとおねだりしてきます!

気がつけば、5本以上ずつ食べさせてしまっていました^^;
これは明らかに多すぎですね。
赤虫は消化不良を起こしやすいし水質悪化も心配なので
明日はご飯抜きにしようと思う。

こんなに元気に餌を食べるんだから、と
水槽の間の衝立を外してみました。
妄想アクアリウム
ベタは「闘魚」と呼ばれるほど闘争本能が強いので、
オス同士は激しく威嚇し合います。
隣り合う水槽でずっとオス同士が見えていると
常に威嚇し合うことになりベタが疲れてしまうので、
普段は塩ビ板で仕切って、お互いの姿が見えないようにしています。
1日のうち10~15分間、オス同士の姿を見せることで
ヒレを広げさせるトレーニングを「フレアリング」と言います。
これを行うことで、美しいヒレの形を維持することができます。

メタリックグリーンの子はやる気マンマンだったんですが、
ブルーマーブルの子がすぐやる気を失ってしまったので数分で終了。
やっぱり初日からはきつかったか。反省。
テリトリー意識ができてから本格的にやろうと思います。

透明エビ投入!

30cm海水水槽 52日目
7月3日(水)

今後は、海水水槽とベタ淡水水槽は分けて書いていきます。

さーて、またまた生体追加です^^;
妄想アクアリウム
たった数センチのエビに、この巨大梱包と膨大な水量!
でも、この心遣いが嬉しいです。
エビは環境変化にとても弱いですからね。

ソリハシコモンエビ
妄想アクアリウム
どこにいるか分かりますか?
グラスシュリンプの中でも、身体がここまで透明なエビはこの種くらいでは?
妄想アクアリウム
水槽投入。すっかりエビ水槽な様相。
こいつもレアキャラになりそうな予感ですが…

水面付近に、謎の小型貝を発見!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
すごいスピードで移動していきましたw
カノコガイもこれくらい動けばいいのにね!

ナガレハナサンゴから触手が伸びて…
妄想アクアリウム
これが攻撃性のスイーパー触手なの??
ギリギリでツツウミヅタに触れないから良かった。
妄想アクアリウム
と思ってたら、マガキガイがサンゴを押しのけて移動したので
ポリプがガラス面に押し付けられていました^^;

妄想アクアリウム
ヤドカリの引越し用貝殻を購入。
もっとカラフルな貝が欲しいけど、入ってくれるかどうか分からないし
貝殻にそこまでお金を掛けるのは躊躇われます。

あと、写真無し。
カノコガイが砂の上にひっくり返っていたので救出。
シッタカ貝と同じで、自分では起き上がれないのだろうか。
ツツウミヅタの白いツブツブは幼生だという情報があったが本当なのだろうか。

シャコガイ配置!

30cm海水水槽 51日目
7月2日(火)

リーフタンクは今日も写真盛りだくさんでお送りします!

サテライトに投入したミニマガキガイの生存を確認。
妄想アクアリウム
もっと大きなマガキガイじゃないと掃除が到底終わらないですが、
大きなサイズは海藻ジャングルで動けないというジレンマ…

ヒメシャコガイの場所を変更しました!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
一度、ウミキノコ横の一等地に置いてみたんですが、
不安定なのとヤドカリの通り道ということで
ストレス多そうなのでこっちにしました。
でも日当たりが良くなっていきなり好調そうです。
妄想アクアリウム
横から見るとブルーに輝きます。
妄想アクアリウム
わずか約4cmなのに、圧倒的な存在感!
ほんと、キーパーの所有欲を満たしてくれます。

ヒメシャコガイはたった1日でライブロックに活着していて
剥がすのにちょっと苦労しました。
写真右上に外れた足糸の束が見えています。
(その後、サンゴモエビが美味しく頂いていました^^;)
活着には数日~1週間かかると聞いていたので驚きです。

サンゴがみんな元気なので、水槽撮影会。

ツツウミヅタ
妄想アクアリウム
光が強いのかやっぱりポリプが成長してきて、
可憐なスノーポリプからシダみたいになりそう^^;
でも、飼育が難しいサンゴなのに元気なのは良いことです。

ナガレハナサンゴ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
不思議な形をしているなぁとつくづく思います。
クリルなどを給餌可能みたいなんですが、どうやって食べるのだろう…

せっかく全部のサンゴが好調だったのに、
ライブロックからアワサンゴが落下してしまいました。
どうも、シャコガイの配置場所を変えている際に
不安定になったらしく、ヤドカリに蹴り落とされたっぽい…
妄想アクアリウム
ダメージが痛々しいです…
アワサンゴの死因のトップは、落下事故ですからね…
私の不注意が原因なので凹みます;

消灯後、マーブルサロンシュリンプが出てきました!
妄想アクアリウム
暗いし、すぐライブロックに隠れてしまうんで、
良い写真が全然ありません^^;
このエビ、足が鮮やかな青色で愛嬌もあるんだけど。
おっとりしてるとは聞いていたけど、こんなに動かないとは…
ちゃんと餌食べれてるんかいな?

ポリプを閉じたツツウミヅタの付着物?が気になります。
ヒラムシやウミウシじゃなければいいんだけど。
(アワサンゴやツツウミヅタはよく狙われます)

シャコガイの上のイソギンチャクモエビ。
妄想アクアリウム
さすが、うちの水槽のアイドル、いつでもどこでも絵になります!

生体追加と新水槽立ち上げ

30cm海水水槽 50日目
7月1日(月)

気がつけば海水水槽立ち上げから50日が経過。
現在のタンクメイト

今日も欲望の赴くまま、生体追加いってみよー!
妄想アクアリウム
ペットバルーンから到着した箱を開けるとレトルト食品が!
保冷剤代わりにしてるのかとびっくりしたけど、そうじゃないくて
メーカーとタイアップしてるみたい。

アクアステーションピュアからの梱包がものすごく丁寧で驚かされました。
どこのショップも丁寧に梱包されているんですが、
このお店はさらに懇切丁寧に梱包されています。

ナガレハナサンゴ(グリーンストーク)
妄想アクアリウム
安売りしてるのを見つけてしまったので、ガマンできず即購入。
こういう蛍光ふわふわユラユラサンゴって憧れてたんですよねー。
これもハードコーラル(骨格サンゴ)です。
妄想アクアリウム
さっそくイソギンチャクモエビが掃除しに来ました。
妄想アクアリウム
側面から。
ウチの水槽でサンゴが好調な理由として、
イソギンチャクモエビの働きが大きいと思うんですよね。
コケ類が繁殖するとサンゴが弱るんですが、
そうなる前にイソギンチャクモエビがクリーニングしてくれます。
ヤドカリが歩くとサンゴはポリプを閉じてしまいますが、
2cmに満たないイソギンチャクモエビならストレスも軽くて済みます。
イソギンチャクモエビは現在、1匹が行方不明で合計4匹ですが、
減ってしまったらまた補充しようかと考えています。
妄想アクアリウム
数時間経つと、ポリプが膨らんできました。
このサンゴは、他のサンゴを攻撃するスイーパー触手を
伸ばすらしいので、しばらくは間隔を空けて観察していきます。

妄想アクアリウム
ハードコーラルが増えてきたので、添加剤も準備。
カリブシー アラガミルク
ストロンチウムが足りなくなると、
ナガレハナサンゴの共肉が剥がれてしまうらしいので。

マーブルサロンシュリンプ
妄想アクアリウム
デフォルメしたような形の、変わったエビです。
速攻でライブロックの影に隠れてしまいました。
夜行性なので、隠れキャラになってしまうでしょう;

ちなみにこのエビ、「死んだフリ」するんですよね。
事前に調べておいたのでそんなに焦りませんでしたが、
1時間以上かけて水合わせしたにも関わらず
水槽に入れたら倒れたまま全然動かないのは心臓に悪い^^;

ヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
憧れのシャコガイをセールで見つけてしまったので
悩みぬいた挙句ポチってしまいました!
上から見ると緑色、横から見ると青色に見えます。
妄想アクアリウム
シャコガイがミューカス(mucus=粘液)を出していますが、
投入初日なので調子が良いのか悪いのか不明…
左部分に影が出るし、居心地良くなさそうなので、
明日にはもっとライトが当たる場所へ変更しようと思う。

ライブロックにサボテングサが生えてきてたんですが、
撮影する前に、夜間に何物かに食べられてしまいましたw

バロニア?
妄想アクアリウム
そして…
妄想アクアリウム
カーリー(セイタカイソギンチャク)が
ライブロック裏から移動してきています><
知らない人も多いですが、イソギンチャクって移動するんです!
もっと表に出てくれたら、駆除薬ぶっかけるのに。

現在の海水水槽はこんな感じ。
妄想アクアリウム
小型水槽なのに5種類ものサンゴを眺められて幸せ。

そしてついに…
妄想アクアリウム
新しい水槽を買っちゃいました!しかも2個!!
今度は淡水。ベタを飼いたいです。
ということで、新カテゴリー開始です。

20cm淡水水槽立ち上げ 1日目
7月1日(月)

水槽は高さが欲しかったので
GEX グラステリアキューブ200H(200×200×350)
ちょっと透明度が低くて緑がかって見えるのが不満ですが、
他にハイタイプ水槽の選択肢が無かったし、安かったのでまあいいでしょう。
妄想アクアリウム
水漏れが無いかチェックの為に空回し中。
ベタは水流に弱いので、スポンジフィルターにしました。
妄想アクアリウム
水合わせで消耗することを考慮して、
各水槽に10リットルずつ飼育水を準備。

海水については猛烈に勉強したのでマニアックな知識まで備わっていますが
私はまだ淡水には詳しくありません。勉強不足です。
ベタを迎えるまでの準備として考えたのは…
PHを弱酸性に保つためにソイルをひく。
底面濾過ではないので、ごく薄く1~2cm程度にしました。

ベタの隠れ家と水質安定のために水草を購入。
アナカリス
ドワーフフロッグビット
私は海水のサンゴについてはかなりの種類に詳しくなりましたが、
淡水の水草に関しては、まださっぱり分かりません^^;
ベタのヒレを傷つけないように柔らかい水草を選択。

スポンジフィルターから出る気泡で水面が揺れすぎるので、
ちょっとレイアウト変更しようと思います。

ヤドカリの大冒険

30cm水槽立ち上げ 49日目
6月30日(日)

消灯後、ウミキノコを倒して遊ぶ(?)、イソギンチャクモエビ。
妄想アクアリウム

ガラス面に登ってコケを食べている貝を見て触発されたのか、
急にヤドカリがガラス面を登り始めました!
妄想アクアリウム
水槽の隅を利用して、器用にするすると登っていきます。
妄想アクアリウム
まだまだ上へ。どこまで行くのか。
妄想アクアリウム
拡大してみると、ブルーレッグハーミットクラブのようです。
妄想アクアリウム
最終的にここまでよじ登っていますw
ヤドカリは見ていて飽きませんね!

以下、備忘録を兼ねて。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。