スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水アクアリウムの宿命

30cm海水水槽 558日目
12月5日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

うさぎやネズミや小鳥を飼い始めたこともあり、
すっかり更新頻度が下がってしまった海水アクアリウムですが
当然のことながら、毎日の世話は欠かしていません。

今日、カンザシヤドカリが脱皮していました。
カンザシヤドカリ
カンザシヤドカリの脱皮を目撃するのは3回目。
水族館でも見られない、かなり貴重な瞬間だと思う。
ソリハシコモンエビ
ソリハシコモンエビの脱皮殻もあったので
タイドグラフを見てみたら、今日は「大潮」だった。
水槽という人工環境内でも、自然の摂理は生きているんですね。

昨年7月から飼育していた、一番古株のヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
ライブロックから外れて落下していました。
元の位置に戻そうとしたら、自力で貝殻が閉じられない。
あっ、これは終わったな…と思った翌日には
ヒメシャコガイ
シャコガイは綺麗に食べられてしまいました。
エビとヤドカリにとっては、新鮮な刺身でしかないですからね。
メタリックグリーンに輝く一番思い入れがあったシャコガイなのに…悲しい。
でも、仕方がないんです。これが自然の掟なんです。
海水アクアリウムでも、弱った個体は容赦なく食べられてしまいます。

その日、ブラインシュリンプを与えていたら、
いつもは食べに出てくるオドリハゼが出てこない。
代わりに、同じ場所で大きなカニが何か大きな肉片を掴んで食べています。
あっ、これは捕食されたな…
共生エビとセットで9,800円もした、高級ハゼなのに…悲しい。
と思った2日後には、普通にオドリハゼが泳いでいましたw
え!?じゃああの肉片は何!?と混乱しましたが、
どうやらアレはシャコガイだったようです。
シャコガイさんはみんなのご馳走になったんですね;

オドリハゼ
このオドリハゼは、以前にも死んだと思ったら
なんと隣の水槽に移動して生きていたこともありました。
どうやって!?ジャンプしたの!?
信じられない、奇跡のハゼかもしれません。

そして、ダブルスター(ヒトデ)
ダブルスターフィッシュ
残念ながら、底砂上でバラバラになっているのを発見しました。
飼育約半年。ジュズベリヒトデよりは長生きでしたが、悲しいです。
原因ははっきりとわかりませんが、またヒトデ飼育にも挑戦したいです。
次以降は生態系が豊富な90cm水槽に入れると思うので、
もっと長期飼育が狙えると考えています。

明日は、東京レプタイルズワールド冬へ行く予定。
東京レプタイルズワールド冬
またイベントレポートの記事も書くので、お楽しみに!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コモンサンゴの食害にお困りの方へ

90cm海水水槽 88日目
10月11日(土)
現在の海水水槽タンクメイト

ウスコモンサンゴ白化の記事で書いたように、
ミノウミウシによってウスコモンサンゴが食害され続けています。
毎日ミノウミウシを除去しているのに、おかしい。数が増えている!
と、その原因に思い当たる節があります。
キヌハダウミウシ
スポイトでミノウミウシを取り除いている時に
一緒に吸い込まれたこのウミウシ、キヌハダウミウシでしょう。
キヌハダウミウシは、ウミウシを食べるウミウシです。
つまり、厄介なミノウミウシを食べてくれるのです!
ミノウミウシの駆除作業で、キヌハダウミウシまで一緒に除去してしまい
結果としてミノウミウシが増えてしまうという悪循環が考えられます。
何度かは気付いてキヌハダウミウシだけ水槽に戻したのですが、
どうやらキヌハダウミウシまで減ってしまったようで…後悔しきりです;

小さすぎて撮影できなかったのが惜しいのですが、このビーカー内でも
キヌハダウミウシは豪快にミノウミウシを食べていました!
ミノウミウシを根絶することは無理でも、十分に抑制効果はありそうです。

ミノウミウシによるコモンサンゴの食害にお困りの方へ。
ミノウミウシと一緒にキヌハダウミウシまで駆除してしまっていませんか?
キヌハダウミウシはサンゴには全く無害です。
アクアリウムに有益な生き物を上手く利用して、
健全でバランスの取れた水槽環境を目指したいですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

ウミウシだらけ!

90cm海水水槽 85日目
10月8日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

またまたウミウシの話題が、はーじまるよー。
例によって、苦手な人は見ないように!

以前の記事「マユハキモとウミウシ」の後も、ウミウシが出現しまくっています。

ウミウシ
ホヤの近くで何かが動いてる!
と思ったら、真っ黒なウミウシでした。
ウミウシ
調べてみたけど…ホンクロシタナシウミウシ?
うむむ、よく分かりません…
ウミウシ
ウミウシ
ウミウシ
マメスナの方に這っていきました。
触覚の先に白い斑がありますね。
ウミウシ
別角度からだと鰓がよく見えます。

なんだか急にいっぱいウミウシが出てきたんですよ。
ウミウシ
磯採集用のアクリルケースを取ってきて、
自宅の水槽なのに、採集気分です^^;
ミドリアマモウミウシ
これはミドリアマモウミウシ(Placida dendritica)ですね、たぶん。
ミドリアマモウミウシ
後鰓目・嚢舌亜目・ハダカモウミウシ上科・ハダカモウミウシ科・ツマグロモウミウシ属
ということで、姿は似ていても
裸鰓目・ミノウミウシ亜目
のミノウミウシとは全くの別種ということですかね。
ミドリアマモウミウシ
ミドリアマモウミウシ
俯瞰からだとこんな感じ。
ミドリアマモウミウシ
背面からだとこんな感じ。
モツレミル(海藻)とかに付いてるらしいので、ミルを食べているのかな…

アカボシウミウシ
お次はさらに小さなウミウシ。
アカボシウミウシ(Gymnodoris alba)でしょうか?
アカボシウミウシ
キヌハダウミウシ科だし、他のウミウシを捕食する食性のはず。
コモンサンゴを食べまくるミノウミウシを食べてくれー!頼む!

さらに夜に水槽を見てみると…
コノハミドリガイ
タカラガイと一緒に写っているのはコノハミドリガイだと思うんですが
コノハミドリガイって、
コノハミドリガイ
こういう形してませんでしたっけ?
コノハミドリガイ
こんな風にヒラヒラを広げましたっけ??
コノハミドリガイ
上側から見ると…なんじゃこりゃ!
中身が無いみたいになっとる!
コノハミドリガイ
レタススラッグ(Elysia crispata)みたいにこんな風になるんでしょうか…?
ううむ、これもよく分からない…ウミウシは奥が深いですのう…

おまけ
コノハミドリガイ
ホヤを踏み潰して歩くウミウシさん。
ホヤさんが可哀想だからやめて欲しいなぁ;

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

カニダマシ

90cm海水水槽 82日目
10月5日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

以前の記事に書いたように、ミノウミウシに食害されて
すっかり白化してしまったウスコモンサンゴ。
普通なら枝打ちして元気な部分を救出して成長を待つか、
ミノウミウシ根絶のために薬浴でもすると思うのですが、両方しません。
なぜかというと、せっかく良い形をしたウスコモンサンゴなので
完全に白化しても水槽のレイアウト的に残しておきたいのと、
ウスコモンサンゴに2匹のカニダマシが棲んでいるからです。
カニダマシ
カニダマシはその名の通り、カニじゃありません。
軟甲綱十脚目カニダマシ科(Porcellanidae)に属するヤドカリの仲間です。
カンザシヤドカリやツモヤドカリと同じく、第2触角を振り回して
水中を漂っている微生物等をキャッチして食べています。
参考リンク:イソカニダマシの摂餌行動
アクアシーンでは、イソギンチャクと共生する
アカホシカニダマシ(Neopetrolisthes ohshimai)が有名ですよね。
カニダマシ
たぶん、オオシライトゴカイに付いて来た個体だと思います。
しかしこいつは小さすぎて同定できません。
カニダマシ
カニダマシ
カニダマシ
環境に慣れたのか、それとも周囲に無頓着なのか
ウスコモンサンゴを動かしても近くにピンセットが来ても、全く逃げなくなりました。
ちなみに、この写真にはミノウミウシも写っているのが分かりますか?
カニダマシ
この白い円内のが、コモンサンゴを食害するミノウミウシです。
私は毎日駆除しているので、ミノウミウシを
即座に見つけるスキルが身に付きました…;

カニは大きく成長すると魚の寝込みを襲ったりするので嫌われがちですが
カニダマシは大人しいので、そんな心配は無用。
ただし、普段はライブロックの隙間などに隠れているので
なかなか鑑賞できません(これはカニも同じか。)。
以前、カリブ産のストライプ柄が鮮やかなカニダマシが
複数のショップに入荷していたので、コレクション魂をくすぐられたのですが
レイアウトが複雑なうちの水槽に入れると、
ほとんど姿を現さないことが予想されたので、購入をぐっとガマンしました…

通常、プランクトンフィーダーは長期飼育が困難ですが、
ヤギ類が元気にポリプを咲かせているうちの無濾過水槽なら
カニダマシの長期飼育も狙えるのかもしれません!
サンゴやカニダマシのためにも、プランクトンリッチな環境を維持したいと思います!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

緊急換水

90cm海水水槽 80日目
10月3日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

それは、10月2日の出来事。
朝目覚めて、90cm水槽が視界に入ると…
妄想アクアリウム

・・・

は!?

真っ白。
見事なまでに白濁しております。
寝る前、ほんの5時間前には何とも無かったのに
いったい、何が起こったんだ!?
妄想アクアリウム
白濁の原因はすぐに分かりました。
茂りすぎてバブルディスクが日陰になってしまうから
そろそろトリミングしないとな~と考えていた
海藻(ヘライワヅタ)が豪快に溶けています!!
妄想アクアリウム
ヘライワヅタが突然溶けた理由は不明ですが…
海藻は突然溶けることがあります。
以前にも、サテライトのホソジュズモの大部分が
原因不明で突然溶けた経験があります。
妄想アクアリウム
金魚飼うのに良さそうな、グリーンウォーターです^^;
妄想アクアリウム
カリビアンゴルゴニアンも調子悪そうだし、
貝だけじゃなくゴカイまで登ってきてるのは
かなり水質がヤバそうな気配…

水質検査結果
アンモニア(NH3)0mg/l
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0mg/l

しかし、手持ちの試薬では水質に異常は認められず
海藻が溶けたときって、何が起こってるんだろうか。
ph変動?リン酸(PO4)増加?

どう見ても、緊急換水決定。
やれやれ、色々と予定が立て込んでたのに…;
妄想アクアリウム
そうこうしてるうちに午前10時になったのでライト点灯。
換水中なので水位が下がっています。
約40リットルを換水してヘトヘトになりました。
妄想アクアリウム
同じ日の夕方撮影。
まだ換水中だけど、透明度がここまで上がっています!
環境にどれだけ影響があったのかは窺い知れませんが、
見た感じでは致命的なダメージは無さそうです。

この水槽の方針として、できるだけ環境自身の浄化能力に任せるつもりです。
緊急換水はするけど全換水はしませんし、吸着剤も使いません。
もちろん、濾過槽もプロテインスキマーもありません。
まだまだ不安定な状態に陥ることも多いですが、
先が読めない環境を逆に楽しんでいきたいと思っています!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。