スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベタ水槽リセット

淡水水槽 419日目
8月25日(月)
現在の淡水水槽タンクメイト

引越し後、整理できないまま保留されていた淡水水槽ですが
ソイルが砕けてどうしょうもない状況なので、
順次リセットを開始しました。まずはベタ水槽から。
妄想アクアリウム
プレココーポレーション グラシアキューブ CU-200(20cmキューブ)水槽に
Do!aquaプラントグラス ポルカを入れて、風山石活着アヌビアス・ナナをレイアウト。
ベアタンクで極力シンプルな構成にしたかったんですが、
リセット水槽から避難してきたライフマルチ水草も
(見栄えは悪いですが)今のところは一緒に入っています。
妄想アクアリウム
やっぱりベタ水槽はこうでなくては、と思わされます。
演色性の高いGrassy LeDio RS122 フレッシュホワイトに照らされた
クリスタルガラスの煌きと、ゆったり泳ぐショーベタは本当に美しい。
妄想アクアリウム
低照度下のサルビニア・ククラータは可憐なんですけどね…
豊富な光があると、猛烈に繁殖して大きく育ってしまうからなぁ。
妄想アクアリウム
鏡を見せてもまるでフレアリングをしなくなり、すっかりおとなしくなったベタ。
餌は何でもよく食べるし、よく慣れてるし、超優等生。
お迎え時のナイーブさとはまるで別人。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽移動、引越し、リセットまでの保留期間を経て
ヒレはかなり痛んでしまったけど、元気に長生きしてもらいたいです。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ

淡水水槽 307日目
5月5日(日)
現在の淡水水槽タンクメイト

ずっとブログに掲載されてなかった可哀想なコを紹介します。
とはいえ、掲載してなかっただけで、ちゃんと世話はしてますよー。

アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
アフィオセミオン・オーストラレ オレンジ
チャームでペアを購入直後にオスだけが落ちてしまい、
ペアにしたかったので別の店から再びペアを購入。
するとチャームの個体より遥かに大きくて肥えてる個体が到着しました。
そのまま現在までオス1・メス2で飼育を続けています。
(上記の2枚の写真はオス。メスはもっと地味です)

アフィオセミオンは、派手で美しい体色の卵生メダカです。
こんなとぼけた顔をしていますが、かなり気が強い種類で
ペアとはいえ、オスが激しくメスを追い回します。
うちの水槽は流木が多めで浮き草も生い茂っているので
隠れる場所が多いから何とかなってる感じ。
オスとメスが寄り添っていても、給餌すると
即座に「お前の存在自体を消してやる!!!」とばかりに
オスがメスを激しく追い払って餌を独占しようとします。
うーむ、 食欲 > 性欲 ってことなんですね。
まぁ自然界では餌を食べることが激しい生存競争な訳ですから当然なのかも…

当初はボトルアクアで買おうかと考えていたんですが、
この種類は低温に強くないので、余っていた20cmハイキューブ水槽へ。

基本的に丈夫な魚で、もう飼育は5ヶ月目に突入したのですが、
相変わらず人工餌は食べてくれません。
冷凍赤虫が大好きで、私の姿を見かけると水槽前面に集まってくるのですが
ここで困ったことが。

冷凍赤虫を与える時、水面からジャンプするんです!

今は亡きショーベタのブルーマーブルもそうでしたが、
水面から数センチ以上は飛び上がります。
そりゃもう、水族館のイルカショーを思わせる感じで。
器用にピンセットから赤虫を咥えていくんですが、
お前ら、メダカだろ?そんな習性ないだろ?
水槽から飛び出す危険性があるし、金属製ピンセットにぶつかってきて
怪我をするかもしれないので、危ないから止めて頂きたいものです。
芸を仕込んだみたいで見た目は面白いので
そのうち動画を撮ってみるかもしれませんが、
もう飛び出し死は見たくないので、止めさせないといけませんね。

このアフィオセミオン・オーストラレに限らず、
うちの魚は人間に慣れすぎですね…
たぶん、手から直接給餌することも可能でしょう。
(冷凍赤虫を触りたくないんでやったことないですが)

引越し後は産卵・繁殖にも挑戦してみたいと思います!
もう既にピートモスは手元にあるんですが、
引越し前に産卵されても困るんで、まだ入れていません。
ハイキューブは底面積が狭いんで、
30cm規格に移すか、それともこのまま繁殖水槽にするか。
うーむ、淡水水槽もどうするか考えないといけませんね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
人気ブログランキングにも登録しています!

魚の餌

写真を載せ忘れていましたが、
日本観賞魚フェアで餌のサンプルを貰ってきました。
日本観賞魚フェア
引っ越したらビオトープでメダカを飼おうと思うので餌を見てると
メーカーの方がサンプルをくれました。
エビの餌も試してみようと思います。

しかし、小型魚しか飼育してないと、餌は購入する必要無くないですか??
以前、エーハイム リッチフレークのサンプルをもらったのですが
うちのミクロラスボラ・ハナビとボララス・ブリジッタエに
数ヶ月間毎日あげても、サンプルがなくなりませんw
キョーリン ネオプロスも買ったのに、封も切ってない状態です^^;

ベタは数種類の粒餌と冷凍赤虫をローテーションしてるし
海水魚は活ブラインと数種類の粒餌なんで、サンプルで済ませるのは不可能ですが
カラシンやラスボラなんかを飼育してる方は、サンプルを上手に活用すれば
経済的にも効率が良さそうですね!

さて、いよいよ引越しの時が近づいてまいりました。
それに伴い、強制的に水槽はリセットされるわけなんですが…
アクア熱が高まってまいりました!!
引越し先候補物件の内覧の合間に立ち寄ったアクアショップで
思わずアクアジャーナルを買ってしまったくらいw
アクアジャーナル
私は(当然のことながら)海水メインですが、水草水槽にも挑戦するつもり。
気合入れて水槽を立ち上げるつもりなので、
このブログ本来の「妄想」に立ち返って構想を練りたいと思います!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
人気ブログランキングにも登録しています!

スカーレットジェム

淡水水槽 222日目
2月9日(日)
現在の淡水水槽タンクメイト

綺麗なのに、不遇の魚。
その名は、スカーレットジェム(ダリオ・ダリオ)
スカーレットジェム
スカーレットジェム
スカーレットジェム
メタリックレッドの体色は、「インドの真紅の宝石」の呼び名に相応しい美しさ。

しかし、スカーレットジェムの特徴として、
照明が届きにくい底層が生活圏なので、なかなかシャープな写真が撮れません。
また、人工飼料にはかなり餌付きにくいので、ブラインシュリンプを湧かす必要があります。
慣れれば冷凍餌にも餌付くようですが、うちのハイタイプ水槽では
底付近まで冷凍餌を与えるのが難しいのと、冷凍赤虫は大きすぎてカットするのが面倒なので
うちでは専ら活ブラインを食べさせています。
最大でも体長3cmという小型魚なのに、気が強くてテリトリーの主張も激しく
餌やりにも手間がかかりますが、もっと注目されてもいい美魚だと思います!
なかなかメスは入手しにくいようですが、機会があれば繁殖まで狙ってみたいですね。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
人気ブログランキングにも登録しています!

叶わぬ恋のように

淡水水槽 216日目
2月3日(月)
現在の淡水水槽タンクメイト

本日未明、ハーフムーンショーベタ(ブルーマーブル)が他界しました。
先週から餌を吐き出すようになり、遂には底に沈んで泳げなくなっていたので
隔離ケースに移して3日間頑張りましたが、残念ながら助かりませんでした。

妄想アクアリウム
この子に一目惚れしてベタ飼育を決めたようなものでした。
去年7月3日から7ヶ月。あっという間の短い飼育期間でした。

大好物の冷凍赤虫をいつでもあげられように準備していたのに。
春になったらメスとお見合いして、
君の美しい姿を受け継ぐ子供をたくさん育てたかったのに。
それも、もう見果てぬ夢になってしまったんだな。

(ベタへの想いは、過去の記事をご覧下さい)
妄想アクアリウム

ヒレが欠けて薬浴しているのに、いつもジャンプして赤虫を食べに来て
治療中とは思えないくらい泡巣を作っていたよな。
ベタ泡巣
シンクで俺がコーヒーを淹れていると、いつも覗きに来ていたよな。
空っぽのボトルの中を見たら、いつものように君が現れるような気がして
君が遠くに行ってしまったなんて、今でも信じられないよ。
君の美しい姿を映し出すためにあんな高価な照明も買ったんだぞ。
それなのに、君が居なくなったらどうすればいいんだよ。

こんなオッサンになって本気で泣くと思わなかったよ。
そんな俺の姿を、君はいつものようにヒレをパタパタさせながら
天国から不思議そうに眺めているのかな。

もうこれっきり君に会えないのは本当に寂しいけれど、
うちに居てくれた思い出は、いつまでも、絶対に忘れない。

アクアリウム、というかペット飼育って、こんなに辛い思いをするのに
どうして止められないんだろうか。どうしてこんなに惹かれるんだろうか。
きっと恋愛と同じなのかもな。
そうだよな。俺は君に恋焦がれてたよ。君はオスだけどな!

君に出会えて、本当に良かったよ。
安らかに眠って下さい。

今までありがとう。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ ベタへ
人気ブログランキングにも登録しています!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。