スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初採集

フィールドワークサークルゆるふわのメンバーと共に、葉山へ磯採集に行ってきました!
初の磯採集行きということで、私が準備したのは…
磯採集
釣り用の生餌バケツです!
磯採集
ポイントは、エアレーション用のポケットとエアチューブを通す穴が空いていること。
これなら、ストック中の酸欠も防げて万全です。
将来的には車での移動を考えて直径33cmのバケツを購入したのですが
水を入れると、当然のことながら…重い!重すぎる!
今回は電車&徒歩で移動したので、相当辛い道中になってしまいました;
これなら直径26cmの方でも良かったかも。

さて、磯に到着すると、当然のことながら荷物を置く場所も無いし
両手も塞がるしで、せっかくカメラを持って行ったけどなかなか撮影できません。
今回撮影したのは…
磯採集
タコ!
磯採集
計量カップに入っているタコというのは、なかなかシュールな光景ですが
おとなしいし愛嬌あるしで、よく見るとタコは可愛いなぁと。
磯採集
磯採集
持って帰っても飼えないので、すぐ逃がしたんですが
野生界のタコはカッコイイ!
磯採集
磯採集
磯採集
磯採集
スイーっと直線的に泳ぐ様も見応えがあります。
これは機会があれば飼ってみたくなりました。

ちなみに、同行したウミウシの人は、短時間でこんな成果!
磯採集
いやー、すごすぎます。
やっぱり磯採集は経験と知識が物を言いますね。

海藻が生えてる場所でずっと網でプランクトンを掬っていると
「何の調査ですか?」と何度も尋ねられましたw
そりゃそうですよね。
目立つ魚やカニなんかは全く無視。
傍目には、何も無いところで網を振り回してるようにしか見えないし
目に見えないような微小な何かを観察してるんですから。

見たかったアオウミウシは全く見つけられなかった代わりに、
メリベウミウシ(ムカデメリベ)が大量に採集できました。
以前に飼育を試みて短期間で挫折していたので、
思わぬところでリベンジする機会に恵まれました。
過去記事:ウミウシいっぱい
過去記事:飼育困難な生体

小さい個体にはピントが合わないので、ちょっと大きめな個体を撮影。

長期飼育が難しいウミウシなのは承知していますが、
飼育システムが確立できるように頑張ります!

結局、私が採集したのは
・ムカデメリベ
クモヒトデ
あとはクマノコガイマダラヨコバサミ(ヤドカリ)。
なんとまぁ、一見しただけでブキミすぎて、
SAN値チェックが必要になりそうな、名状しがたい冒涜的なものばかり。
こんなマニアックな生き物ばかり集めてたら
そりゃ海洋調査か何かと間違われますわなw
こんなの子供に見せたら泣きそう、と思われるかもしれないけど
なんとヒモムシを捕まえてる子供も居ましたから!
グロ注意なのでこれくらいで止めておきますが、
これくらい自然に親しんでるのは素晴らしいことですw

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。