スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「REEF BREEDERS」フルスペクトルLED

90cm海水水槽 23日目
8月6日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

立ち上げたばかりの90cm海水水槽ですが、
急ピッチで構築が進んでおります!
当初はグラッシーレディオ1灯でしばらく済まそうかと思いましたが
暗いと視認性が低くて水槽の観察に適さないので、
高価なグラッシーレディオ多灯にするくらいなら
「REEF BREEDERS」120WフルスペクトルLEDシステムにしてみました。
REEF BREEDERS
設置についてはこちら↓を参考にさせて頂きました。
参考リンク:LED - REEF BREEDERSのレビュー
説明によると

チャンネル1
・450nm ロイヤルブルー 20個
・460nm ディープブルー 6個

チャンネル2
・ホワイト 4500K 6個
・ホワイト 7500k 6個
・ホワイト 10000-12000k 4個
・400nm UV 2個
・420nm バイオレット 4個
・495nm シアン 2個
・660nm スーパーレッド 2個

120Wだけあって、眩しい!
SUN(晴天)モードだと両チャンネルが100%になるんですが、
CLUOU(曇天)モード(それぞれ60%と50%)で十分な明るさ。

10万円くらいするRadion XR30W G3 PROなどに比べれば格安の本機。
詳しい比較はしていない(できない)ですが、
今のところサンゴも海藻もシャコガイも調子を上げつつあります。

まだ数日ですが、使用感というと…

光量は申し分ない。
高さ45cm水槽の底にシャコガイを置いても平気な感じ。
ただ、非常に目が疲れる印象です。
強い光量のせいなのか、含まれているUVのせいなのか。
とりあえず簡易的なカーテンを設置して、目の負担を抑えています。

説明では90cm水槽にこれ1台でいけるとの記述でしたが
デフォルトでは(設置する高さに因りますが)両端には光が届きません。
飼育するサンゴの種類や水槽環境に左右されますが、
補助としてスポットLED1~2灯が必要かもしれません。
マニュアルでは、OPTIC LENSを外すと広範囲を照らせるとのことなので
これ1機だけの場合は外すのも手だと思います。
(私はこれ以上光が拡散して欲しくないので外しません)

現在、この90cm水槽には好日性サンゴは
アワサンゴ
コハナガタサンゴ
ウスコモンサンゴ
しか入っていませんが、近日中にもっと種類を増やす予定。
もっと詳しいレビューもお届けできると思います。
ただし、この水槽はイバラカンザシのために立ち上げた
特殊な「無濾過水槽」なので、ミドリイシなどは無理だし
SPSはハマサンゴ・ムカシサンゴ・ハナヤサイサンゴくらいに留まると思うので
あまり参考にならないかもしれませんが…

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。