スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水アクアリウムの宿命

30cm海水水槽 558日目
12月5日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

うさぎやネズミや小鳥を飼い始めたこともあり、
すっかり更新頻度が下がってしまった海水アクアリウムですが
当然のことながら、毎日の世話は欠かしていません。

今日、カンザシヤドカリが脱皮していました。
カンザシヤドカリ
カンザシヤドカリの脱皮を目撃するのは3回目。
水族館でも見られない、かなり貴重な瞬間だと思う。
ソリハシコモンエビ
ソリハシコモンエビの脱皮殻もあったので
タイドグラフを見てみたら、今日は「大潮」だった。
水槽という人工環境内でも、自然の摂理は生きているんですね。

昨年7月から飼育していた、一番古株のヒメシャコガイ
妄想アクアリウム
ライブロックから外れて落下していました。
元の位置に戻そうとしたら、自力で貝殻が閉じられない。
あっ、これは終わったな…と思った翌日には
ヒメシャコガイ
シャコガイは綺麗に食べられてしまいました。
エビとヤドカリにとっては、新鮮な刺身でしかないですからね。
メタリックグリーンに輝く一番思い入れがあったシャコガイなのに…悲しい。
でも、仕方がないんです。これが自然の掟なんです。
海水アクアリウムでも、弱った個体は容赦なく食べられてしまいます。

その日、ブラインシュリンプを与えていたら、
いつもは食べに出てくるオドリハゼが出てこない。
代わりに、同じ場所で大きなカニが何か大きな肉片を掴んで食べています。
あっ、これは捕食されたな…
共生エビとセットで9,800円もした、高級ハゼなのに…悲しい。
と思った2日後には、普通にオドリハゼが泳いでいましたw
え!?じゃああの肉片は何!?と混乱しましたが、
どうやらアレはシャコガイだったようです。
シャコガイさんはみんなのご馳走になったんですね;

オドリハゼ
このオドリハゼは、以前にも死んだと思ったら
なんと隣の水槽に移動して生きていたこともありました。
どうやって!?ジャンプしたの!?
信じられない、奇跡のハゼかもしれません。

そして、ダブルスター(ヒトデ)
ダブルスターフィッシュ
残念ながら、底砂上でバラバラになっているのを発見しました。
飼育約半年。ジュズベリヒトデよりは長生きでしたが、悲しいです。
原因ははっきりとわかりませんが、またヒトデ飼育にも挑戦したいです。
次以降は生態系が豊富な90cm水槽に入れると思うので、
もっと長期飼育が狙えると考えています。

明日は、東京レプタイルズワールド冬へ行く予定。
東京レプタイルズワールド冬
またイベントレポートの記事も書くので、お楽しみに!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

野鳥 ブログランキングへ
スポンサーサイト

フレームカージナル

30cm海水水槽 466日目
9月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

90cm海水水槽を立ち上げてからはすっかり影が薄くなった
30cmキューブ海水水槽ですが、blog更新してなくても放置していませんよ!

フレームカージナル(レッド)(Apogon sp.)
フレームカージナル(レッド)
7月30日から飼育してるのに、掲載するのが遅くなってしまいました…
ガラス面掃除前の写真なので、見苦しくてすいません。
白い斑点はガラス面に付着したカノコガイの卵ですので、
白点病等じゃありません(これらの写真の撮影日は8月7日です)。
フレームカージナル(レッド)
地味な体色が多いテンジクダイの中で、
真っ赤なボディがひときわ目立つ種類です。
フレームカージナル(レッド)
同じく真っ赤なホワイトソックスとのツーショット。
大人しいテンジクダイの仲間だけあって、
他の魚と突き合うことは全くありません。
フレームカージナル(レッド)
個体差もあると思いますが…同じテンジクダイでも
他の魚を気にしないプテラポゴン・カウデルニーと違って
フレームカージナルは非常に臆病です。
30cmキューブに8cmくらいの魚が入った訳なんですから、
大きさ的に存在感ありすぎてどこに居ても見える筈なんですが
導入から数日間はライブロックの影から1度も出てこず、
もう死んでしまったのかと思ったほどでした。
活ブラインシュリンプを流しても食べてるかどうか全く確認できず。
しかし幸いなことにたっぷり太った個体だったので、
環境に慣れて人工餌を食べるようになるまで、体力が尽きずに済みました。
最初はピンセットやスポイトが見えただけで岩陰に隠れてしまいますが
ゆっくり慣らしていくうちに、流れてくる餌を食べるようになります。
ピンセットから冷凍ホワイトシュリンプを食べるようになればしめたもの。
あんなに臆病だったのに、今ではピンセットに体当たりしてくるようになりました^^;
完全に人工餌に餌付かせるまで2週間程度かかりました。
身体のサイズ的に、ブラインシュリンプや冷凍コペポーダは
小さすぎて餌として認識せず無視するようです。
ゆっくり沈むタイプのMサイズ粒餌が適していると感じました。
ヤドカリ用の沈降性粒餌にも喜んで飛びつきます。
あまり海水魚に与える餌ではありませんが、
余った冷凍赤虫を与えてみると、ものすごい食い付きでした…
淡水魚も飼われてる方は試してみてもいいかもしれません。

他の生体の動きは…
アカヒメジュズベリヒトデが落ちてしまいました。
在りし日の姿(といっても裏面ですけど…
アカヒメジュズベリヒトデ
アカヒメジュズベリヒトデ
飼育日数は36日間でした。約半年間飼育した先代に比べて短命に終わり、残念です。
餌が無くなって溶けてしまった先代と違い、今回は腕に酷いダメージを受けていました。
同じくヒトデのダブルスターに接触して溶かされてしまったのでしょうか?
ダブルスターフィッシュ
ダブルスターも毒性は弱めだと思ったのですが…
次にヒトデに挑戦する場合は、90cm水槽に入れようと思います。

あと、底砂にはこんな生物も出現。
アカヒメジュズベリヒトデ
たぶん、ミズヒキゴカイでしょう。
底砂攪拌に一役買ってると思われます。
これは撮影日が4月3日…引越し前かよ…
どんだけ掲載せずに放置してたんだって感じですね;

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

カクレクマノミ3回目

30cm海水水槽 443日目
8月12日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

アクアリウムblogなのに、魚の話題が少なすぎる当ブログ^^;
今回は珍しく魚の話題です!
カクレクマノミ
カクレクマノミの3代目です。
1代目は122日間、2代目はわずか7日間で落ちてしまっているので
今度こそ、長生きして欲しいです。
カクレクマノミ
インボイスは「宮古島産」だからワイルド(自然採集)個体のはずなのに、
導入日からずっと水槽前面に出てくるし、他の魚にも全く怯みません。
翌日からは普通に粒餌を食べるし、お前本当はブリード個体じゃないの!?

まぁそれにしても元気なのは良いことです。
カクレクマノミは水流に向かって泳ぐ性質があるんですが、
1人で遊んでるみたいでものすごく可愛いですよ。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!


イエローポリプ増殖

30cm海水水槽 436日目
8月5日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

無事に引越しを乗り切った30cmキューブ水槽2つ。
現在はサイフォン式連結パイプは外しています。
妄想アクアリウム
写真を見て分かるように、ウミキノコがものすごく大きく成長して
右側水槽を大きく占有しております…
30cmキューブでハタゴイソギンチャクを飼うと
ほとんど大部分を占領されてしまう話はよく聞きますが、
まさかウミキノコでこんなことになろうとは。

それと、左側水槽下側のこいつ
イエローポリプ
妄想アクアリウム
レイアウトするのに丁度良いライブロックが無いので
ベース岩と底砂の上に置いておいたら、
条件が良かったのか猛烈な勢いで繁殖中。

イエローポリプ
妄想アクアリウム
以前の配置↑では、数日に1度はピンセットで粒餌を与えていたのですが、
匂いを嗅ぎつけたヤドカリやイソギンチャクモエビが群がってきて
さながらバーゲンセールのオバサン祭りの様相でサンゴを踏みつけまくるので
なかなかイエローポリプにきっちり給餌することができませんでした。

それが今の配置になってからは、一切給餌していません!
(調子が良すぎて増えすぎるから)
イエローポリプにはあまり強い水流は適していないと言われていますが、
今の場所は結構強めに水流が当たっています。
2日に1度は活ブラインシュリンプを投入しているので、
流れてきたブラインを捕食してこんなに成長したようです。
あとエビ・ヤドカリ用に沈降性粒餌を入れたときに
目標を外れて稀に流れてきた餌も食べています。

「イエローポリプをうまく飼育できない」という話も聞きますが、
給餌さえしっかりすれば丈夫で飼い易いサンゴだと思いますよ!
うちでは増えすぎたので、株分けのように切り離そうかな…

ハマサンゴ
カンザシヤドカリが生息しているハマサンゴ。
照明ガン当てだとどうも調子が悪そうなので
グラッシーレディオを離してみたら、調子が上がりました。
相変わらず、ハマサンゴの好む条件がいまいち掴めません…

そういえば、ブルースポンジが生えてた土台のライブロックを
ムカデメリベ飼育のサテライトに入れていたのですが
ハマサンゴ
ハマサンゴ
これ、ハマサンゴですよね…?
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の餌としてブルースポンジを与えた結果、
土台のライブロックが残る訳ですが、こういう丸みのある土台からは
高確率でハマサンゴが生えてきています。
ブルースポンジとハマサンゴは同じ環境が適しているのか?
スポンジが元気なうちは、ハマサンゴはどうやって生き延びているのか?
うーむ、謎ですな。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

プリンセスモノクルブリーム

30cm海水水槽 389日目
6月19日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

本日、プリンセスモノクルブリームを飛び出し事故で失ってしまいました。
プリンセスモノクルブリーム
飼育期間は約5ヶ月でした。
水槽引越しにも耐えたのに、残念です。

プリンセスモノクルブリームはバナナフィッシュ・パープルリーフとも呼ばれる
紫地にイエローのストライプが入った、キツネウオの一種です。
プリンセスモノクルブリーム
人工餌にも慣れやすく、水槽前面にも出て来てくれるので飼いやすい魚です。
自分より小さなカクレクマノミやスズメダイに追い回されたりしても反撃しない、
ずっと大人しい魚だったんですが、あるときからイトヒキベラ系を思わせるような
貪欲で落ち着きの無いガサツな動きになってしまいました。
餌と見るや猛然と突進して独占しようとし、いつ見ても腹はパンパン。
(おそらく、ライブロックを突いてヨコエビ等を捕食していたのでしょう)
何かに驚くと猛スピードで逃げようとするので水面から飛び出すこともしばしば。
静かで大人しい性格だったのに、どうしちゃったの?という感じなんですが
自分より大きく強い存在だったサンシャインクロミスやロイヤルグラマなどが
居なくなったので、こんな風に変化してしまったのかもしれません…

1度目の飛び出し事故は、偶然にも床に置いていたブラインシュリンプの
ハッチャーに飛び込んだため、事無きを得ました。
2度目は、私の目の前で飛び出したため、手掴みですぐ水槽に戻しました。
そして3度目は…飛び出しから時間が経過していたのでしょう、既に手遅れでした。
これで飛び出し事故で失った魚は
 マッコスカラーズラス1
 ハタタテハゼ1
 プリンセスモノクルブリーム2
うちは30cmキューブの小型水槽でギリギリまで水が入っているし
構造上、完全にフタをすることはできないので、事故は防げないとはいえ悲しいです。

プリンセスモノクルブリームは、ショップへの入荷数は少ないですが
安価(2,000円程度)、入荷時体長5~6cmで他魚へも攻撃しないので
リーフタンクの脇役としていかがでしょうか?
私もメイン水槽をサイズアップさせたら、
ハタタテハゼやこの魚を再び入れると思います。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。