スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリビアンゴルゴニアン

90cm海水水槽 57日目
9月10日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

チャーム便の生体を纏めて紹介!
※今回よりサムネイル画像のサイズを幅350→450ピクセルに変更しました。

カリビアンゴルゴニアン(レッド)(Diodororgia nobulifera)
カリビアンゴルゴニアン(レッド)
(撮影日9月10日)
カリブ海産の陰日性サンゴです。
ヤギの仲間ですが、ポリプが大きく開きやすいという情報通り。
近海産ヤギがほとんど開かなくなったのに比べて、比較的頻繁にポリプを開いています。

カリビアンゴルゴニアン(イエロー)(Diodororgia nobulifera)
カリビアンゴルゴニアン(イエロー)
(撮影日8月20日)
カリブの陰日ヤギといえば、黄色のこちらをイメージする方も多いはず。
カリビアンゴルゴニアン(イエロー)
カリビアンゴルゴニアン(イエロー)
(撮影日8月29日)
絶好調だったときの写真。信じられないくらい大きなポリプを広げています。
ショップによってはイエローのカリビアンゴルゴニアンを
好日性サンゴだと記載していますが、
どう見ても褐虫藻が無くて陰日性だと思うんですが…

オオトゲトサカ(オレンジ)(Dendronephthya gigantea)
オオトゲトサカ(オレンジ)
オオトゲトサカ(オレンジ)
オオトゲトサカ(オレンジ)
(撮影日8月20日)
美しいオレンジのトゲトサカを諦めきれなくて、懲りずに再挑戦してみることにしました。
今回はドロップオフのイメージで、ライブロック斜面に設置。

イソハマグリ(Atactodea striata)
イソハマグリ
底砂攪拌用に、餌用として販売されているハマグリを購入。
水槽へ入れるとすぐに潜っていきました。
二枚貝の長期飼育はかなり高難易度ですが、どうなることか。

太陽の砂(タイヨウノスナ)(Calcarina spengleri)
太陽の砂(タイヨウノスナ)
生きている「星の砂」です!
参考リンク:wikipedia星の砂
90cm水槽に対してサイズが小さすぎるので
どのような生態か観察するのは難しいですが、
少しでも多様な生態圏を作っておきたいのです。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

陰日性サンゴに挑戦!

30cm海水水槽 79日目
7月30日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

暗い話題ばかりだと気が滅入ってしまうので、
ここらでニューフェイスの話題を。

私はサンゴ飼育にハマっていますが、サンゴには大きく分けて2つあります。
好日性サンゴ(光合成する、浅瀬の日向に生息)
陰日性サンゴ(光合成しない、深海や日陰に生息)

好日性サンゴは強力な照明と清涼な飼育水があれば飼育可能なんですが、
では陰日性サンゴはどうやって飼育するのかというと…

YAHOO!知恵袋
陰日性サンゴの飼い方を教えてください

これを読んで、
「ああ、俺には関係ないなぁ」
「いくらなんでも世話が大変すぎるだろ」
「こんなに苦労してまで、世の中には物好きな人も居るんだなぁ」
と思っていましたが…

気がつくと、自分も陰日性サンゴを買っていました!!!

しかも、飼育難易度が高いオオトゲトサカです。

東京ズーネット-念願のトゲトサカが咲き誇る

水族館でも飼育が困難なこのサンゴ…
ショップのセールで相場よりかなり安かったのが発端なのですが、
陰日性サンゴの色鮮やかな色彩に魅了されてしまったのが決め手でした。
別名:カリフラワーコーラルと言われ、ベニウミトサカと共に
レッド・ピンク・オレンジのカラーは別世界のような美しさです。

この難しいサンゴの対策として、準備したのはコレ↓
妄想アクアリウム
100均で釣り糸を購入。
好日性のチヂミトサカやヌメリトサカは比較的丈夫なことで知られていますが
陰日性のトサカ類は非常にデリケートなため、水槽導入時には
通常のようにライブロックに立てるのではなく、逆さ吊りのように
上から吊り下げて、サンゴに負担をかけないのが狙いです。
妄想アクアリウム
隔離ボックスのマーブルサロンシュリンプをサテライトに移して、
フタのキスゴムを利用してトゲトサカを吊り下げます。
これなら、導入時にトサカの身体が折れてしまう危険性を防げます。
ショップから輸送されてきたときも、
発泡スチロールの浮きに止められて逆さ吊りの状態で届きました。
これは「分かってる」ショップさんで、嬉しい配慮です。
妄想アクアリウム
偶然、土台のライブロックに小さな穴が空いていて、
釣り糸を通してしっかりと固定することができました。
こんな幸運、そうそうは有り得ませんよ!
このサンゴは絶対に育ててみせるとさらに固く誓った瞬間です。
妄想アクアリウム
数時間すると、トゲトサカが膨らんできました。
妄想アクアリウム
ポリプの状態までははっきり把握できませんが、
この状態のときに給餌すべきなんでしょうね。
妄想アクアリウム
そしてここまで大きく!
体長4~5cmと聞いていましたが、10cm近くになっています^^;
妄想アクアリウム
クリアな透明感と鮮やかなレッドのコントラストが本当に美しいです。
妄想アクアリウム
こちらは消灯後。
陰日性といっても光が嫌いな訳ではありません。
ただ、リズム的に消灯後に開く方が多いように思われます。
妄想アクアリウム
この神秘的な姿を見るためには、水流を止めて、サンゴ用液体フードや
プランクトンフードをスポイトでゆっくり給餌する必要があります。
本来、好日性と陰日性サンゴを一緒の水槽で飼うのはデメリットの方が多いのですが
こまめな世話でカバーできると考えています。
私は1日2~3回の給餌と、2~3日に1度の換水を続けています。
餌付けが難しい魚への給餌を含め、毎日3~4時間の世話をしてました。
私は(飼育に関しては)ドMなんで、全然問題ありません!!
この苦労に見合う美しさを見せてくれますよ!

魚とエビが大打撃を受けた「不在の2日間」を耐え、
現状でこのオオトゲトサカが一番元気なサンゴです。
アワサンゴはまだ不調ですが、水質にうるさいツツウミヅタも
ポリプを開くようになったので、再びこのまま頑張りたいと思います。

そしてもう1つ。
妄想アクアリウム
同時に購入したバブルディスク。
妄想アクアリウム
こちらもセールでありえない安さだったので一緒に購入w
どの程度までポリプを開くのか、慎重に観察していきたいです。

ちなみに、海藻ジャングルなサテライトに放り込まれた
マーブルサロンシュリンプですが、すぐ死んでしまったらどうしようと
心配していましたが、意外と元気でちょっと一安心。
引っ越したら水槽に戻してあげようと思います。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。