スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨツハモガニ動画

20cm海水水槽 31日目
1月24日(火)
現在の近海産水槽タンクメイト

ダンゴウオを飼うために立ち上げた20cmキューブ無加温近海産海水水槽ですが、
ダンゴウオ以外のタンクメイトばかり紹介してる気がします。

ツノモエビ
ツノモエビ
は、前回の記事にも載せましたが、
ヨツハモガニが静止画像では分かりにくいので動画撮影してみました。

頭にモヒカンみたいに海藻(ヘライワヅタ)をくっつけています。
見る度にヘアースタイル(?)が変化してるんですよねー。

ええいカニなんかどうでもいい!ダンゴウオを映せ、ダンゴウオを!
と言われそうですが、ダンゴウオは近いうちにもっと特集したいと思います!

他にも掃除要員として
マダラヨコバサミ
マダラヨコバサミ
このヤドカリは近海産ではないですが、大きくならず草食性が強い種類なので。
肉眼では気付きませんでしたが、ライブロックに
バロニアかマガタマモのような海藻が生えてきてるっぽいですね。

ムラサキグミモドキ
おや?ダンゴウオ2匹の間にブキミな物体が…
※苦手な方も多いと思うので、サムネイルを小さくしました。
 クリックすると拡大します。
ナマコ(ムラサキグミモドキ?)
ムラサキグミモドキ
南方産と違ってあまり大きくならないようなので、こいつも掃除要員です。
しかしガラス面やフジツボ殻の上を動き回り、思ったよりアクティブだな…
虫が大の苦手な私ですが、ムカデミノウミウシやナマコはセーフなのは
やっぱりアクアリウム愛のおかげでしょうか^^;

そんな近海産水槽ですが、サイズアップを計画しています。
ベアタンクでダンゴウオだけを飼うなら20cmキューブ(水量8L)でもいけますが、
ライブロック入れて近海産生体を入れようとすると
超小型水槽の定めである水質急変動で生体が死んでしまうので
それならいっそ30cmキューブ(水量27L)へサイズアップして、
本格的にダンゴウオ繁殖を狙えたらいいなぁと考えています。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

海水ボトルアクアリウム

今回は、海水のボトルアクアに挑戦してみました。
といっても、ボトルでクマノミを飼ったりするような無謀な行為はやりませんよ。
海水は水量が少ないと特にバランスを保つのが難しく、
水質・水温・水流・濾過などあらゆる点から考えても
淡水ボトルに水草とアカヒレやエビを入れるような飼育は絶対に不可能です。
では、どうするのか。
水温変化や水質悪化に強い、つまり日本近海の磯の生体に限定。
具体的に言うと、「ウメボシイソギンチャク」です。
「コップでも飼える」と言われていますが、さすがにそんなことはしません^^;

妄想アクアリウム
ダイソーで1.9Lのガラスボトルを購入しました。
これはフタが透明ではありませんが、
ウメボシイソギンチャクに光は不要なので問題無いでしょう。
水草を植える場合はある程度の高さが欲しかったですが、
今回は幅が広いものを選択。この方が取り回しが利きます。

底砂には、共生エビ用にサテライトで使った
余り物の「プラチナリーフサンドのNo.5中目タイプ」を薄く敷きました。
妄想アクアリウム
水合わせしてボトルに入れると、すぐに触手を開きました!
いくら丈夫なウメボシイソギンチャクでも、
ある程度の水合わせくらいはしっかり行った方が良いでしょう。
妄想アクアリウム
日本近海のタイドプールでありふれたイソギンチャクですが、
色鮮やかな色彩で、なかなか美しいと思います!
妄想アクアリウム
購入したウメボシイソギンチャクはベースロック活着済なので、他には何も入れません。
ダンゴウオが入っている近海産水槽で余ったライブロックがあれば
小さいものをこっちに移すかもしれないけれど。
妄想アクアリウム
しばらくすると、縮んできました。
餌の匂いが無い時は縮んで過ごすらしいです。
妄想アクアリウム
左の個体が口から何かを出しています…
早くも子供(厳密にはクローン)を産んだみたい。
妄想アクアリウム
さらに縮んで、完全に梅干し状態に!
妄想アクアリウム
これだと、イソギンチャクには見えませんね。
妄想アクアリウム
エアレーションで弱い水流を起こしてみると、
またすぐに触手を伸ばしたので、給餌してみました。
妄想アクアリウム
冷凍ホワイトシュリンプを与えたのですが、
あっという間に口へ運んで食べてしまいました。
触手全体で包み込むようにして食べるのではなく、
餌を掴んだ触手だけを口に動かして食事しています。

パソコンデスクの傍にボトルを置いていますが、なかなか興味深いです。
近海産なので、加温は不要。
褐虫藻を持たない(=光合成しない)ので、照明も不要。
餌は魚用粒餌・クリルの他、白子・イカ切り身など。拘らなくても大丈夫。
エアレーションは無くても大丈夫かもしれませんが、
あった方が健全に飼育できることに間違いありません。
定期的な換水、数日に1度の給餌で問題無く飼えると思います。
こんなちょっと変わった海水ボトルアクアリウム、あなたもいかが??

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。