スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病再び

30cm海水水槽 199日目
11月27日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

ブルーレッグハーミットクラブが写真を
撮って欲しそう(?)にしてたので1枚。
妄想アクアリウム
カリブ海のヤドカリは本当に綺麗ですね。

そして、なんと!
ネットで知り合ったJURIさんから、サンゴを頂いちゃいました!
妄想アクアリウム
バブルディスクとマメスナです!JURIさん、ありがとうございます!
なんでも、バブルディスクが大きく成長しすぎて置き場所が無いという
なんとも贅沢な悩みだそうで…
私もサンゴが増えすぎるとかそんな悩みをしてみたい…
あ!誰かうちの巨大ウミキノコさんをいりませんか?
あの大きさなら、株分けも十分できそうなんですが^^;

頂いたサンゴは小さいかわいいサイズなので、とりあえずサテライトへ。
バブルディスクは翌日にはポリプを開き始めたのですが、
マメスナはダンスゴビーシュリンプによって砂に埋められてしまいました…
うーん、小さなサンゴの置き場所を考えないとな。

ウミウシの餌として、ブルースポンジが到着。
妄想アクアリウム
コストパフォーマンスは悪いですが、水槽スペースがほとんどないので
幅8cmほどの小さな個体を購入しました。
写真には写っていませんが、裏側ではすぐにウミウシが齧りついています!

しかし、その2日後…なんだか様子がおかしい。
あれだけ調子が良くて巨大化していたナガレハナサンゴが小さくなってる。
ガラス面には線虫が何匹もくっついています。
いったい何事?っていうか、この線虫は何!?

ブルースポンジの白化が始まりました。
今からの経験からいうと、たぶん翌日には真っ白になっているでしょう。
そしてブルースポンジにくっついてるウミウシをよく見ると、いつもと様子が違う。
スポンジを食べても大きくならないし、フンが出ていない。
妄想アクアリウム
真っ白になってゆくブルースポンジと一緒に、そのまま溶けるように。
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の飼育日数は133日間でした。
直前まで予兆は無かったので、寿命…なんでしょうか…
(ウミウシの寿命は1年以内とも言われています。卵を産むとさらに縮まる)
大好物だったブルースポンジを食べながら天寿を全うしたと信じたいです。
餌代が高くついてしょうがなかった子だけど、悲しい。
いつかまたリベンジしたいです。

魚混泳水槽の方でも異変が。

あれだけ好調だった水槽の調子ですが、2つとも急降下した模様…
妄想アクアリウム
たった1日で、ロイヤルグラマが白点塗れに…
妄想アクアリウム
目を疑う白点の数…
以前、ロイヤルグラマを白点病で失ってるだけに、恐怖です。
妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼにも、見たこと無いくらいの白点…
妄想アクアリウム
なんと、ブルーリーフクロミスにまで白点が…
カクレクマノミは白点が1つ目視できる程度。

当初は白点病とは無縁だったうちの水槽ですが、
秋から白点病が猛威を振るうようになってきました。
今のところ、餌食いが良いのでまだ大丈夫と思いたいですが…
薬浴しても対処療法でしかないので、毎日水換えをしつつ
白点病と戦っていくつもりです。

ウザいくらい元気だったカタリナゴビー、グリーンバンデットゴビーも行方不明…
アカホシカクレエビの姿も見えないのは、落ちてしまったのか…
カニハゼ餌付けのために、餌の食い残しが大量に出たのが
水質悪化や不調の原因かもしれません。
小型水槽は水質が不安定なので、本当に水槽の好調~不調の波が激しすぎます。
細心の注意を払ってるつもりですが、小型水槽では如何ともし難く
いつも自分の無力さを痛感します。
引越しして大きな水槽を立ち上げるまで、生体追加は控えようかな…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

アクア熱は燃え尽きず

さて現在、うちの水槽は調子が悪いです。
好調~不調の波を定期的に繰り返すのがアクアリウムなので
こういう不調のときは耐え忍ぶしかありません。
淡水水槽はベタ薬槽+リセット中。
海水水槽は絶不調。試薬で水質を計っても問題ないはずでも不調。

水温 25度前後
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0+mg/l
硝酸塩(NO3)10mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

ただし、ここ数日の気温乱上下のせいで、
今までは24.5~25.5度に正確に維持してきた水温が
26.5度オーバーまで上昇してしまいました。
慌てていつもの水温に戻しましたが、そのせいか初白点を発症。
ロイヤルグラマの頭、マッコスカーズラスの腹ヒレ、キイロサンゴハゼの側面に
白点がポツリと1~2個ずつ…
いままで白点なんて出たこと無かったのでショックですが、
ロイヤルグラマは少し餌食い落ちてますがまだまだ元気なので
このまま慎重に推移を観察していきたいと思います。
ライブロックを複雑に配置したリーフタンクなんで、
魚を捕まえることはまず不可能で薬も使えないから何も治療できないんですけどね!
人間の風邪と同じで、栄養をたっぷり摂取して、
ストレスを与えず体力を回復させるのが一番だと思います。

サンゴの方ですが
ウミキノコは1次ポリプすら全く伸ばしません。
トゲナシヤギはあれから1度もポリプを開きません。
水流が直接当たる場所へ移してみても駄目でした。
ツツマルハナサンゴがポリプをほとんど伸ばさず、瀕死。
ただし、まだ少しは反応があるので望みはあると思います。
マユハキモは減退が止まらず、ハゲが進行中。
妄想アクアリウム
ハマサンゴは再び藻に覆われて、
イバラカンザシがほとんど顔を出さないようになってしまいました…
妄想アクアリウム
ヨツアナカシパンはなんだか表面が紫色っぽく変色して
ほとんど動かず、生死すら不明の状態。
ヨツアナカシパンを触ると赤くなるらしいんですが)
奮発して天然海水10リットル+活コペポーダで換水した直後に
この不調っぷりはどういうことなんだよ!
こういうときは、余計なことをしないことに限ります。
調子を取り戻そうと弄りすぎると、かえって弱った生体にダメージを与えるので
静かに換水を続行しつつ調子回復を待とうと思います。

しかし、悪いことばかりではありません!
毎日のようにナガレハナサンゴを食害していた
マーブルサロンシュリンプを遂に捕獲しました。
再びサテライトに幽閉です。今度は脱走させません。
妄想アクアリウム
オオトゲトサカは絶不調期を脱しました。
どうも水流を嫌がってるようなのですが、配置する場所が難しいです…
LED直下に移動させたヒメシャコガイは絶好調!
全く開かず死んでしまうんじゃないかと思われたのが嘘のようです。
そして、消えてしまったグラスシュリンプ(ソリハシコモンエビ)を再投入。
こいつはクリーナーシュリンプ(魚の体面を掃除する)なので、
前と同じ魚水槽に入れたら…即座にボラが食おうとして襲いかかってきました!
ソリハシコモンエビはびっくりして水槽から飛び出しそうになり、
私までパニックに陥るところでした…;
これはまずいと思い、もう1匹は消灯後の
ボラが寝静まった時間帯に静かに入れましたが…
翌朝、魚水槽を覗いてみると、ソリハシコモンエビが1匹も居ません。
しまった…無謀だったか…以前に行方不明になったのもきっとボラが食べたんだな…
イソギンチャクモエビは全く狙われないのに、どうしてグラスシュリンプは狙われるのか…
なんて高価な生き餌になってしまったんだ…と後悔に打ちひしがれておりますと、
なんと隣のイバラカンザシ水槽からソリハシコモンエビがひょっこり現れました!
妄想アクアリウム
え!?お前、どうやってこっちの水槽に移ったの!?
たぶん、マッコスカーズラスに追われて
水上のサイフォンパイプを伝って隣の水槽まで逃げたんじゃないかと。
その勇敢さと幸運に感謝します!1匹でも無事で良かった~。
妄想アクアリウム
ガラス細工のようで、本当に繊細な美しさを持ったエビですよねー。
抱卵・繁殖まで狙ってみたいので、現在は合計4匹入っています。
夜間は水槽内を漂うように泳ぎ回るので、見た目も楽しめますよ。

さて、そんなこんなで悪戦苦闘のアクア生活ですが、
「もう飽きた」「めんどくさくなった」
なんてことは、「熱しやすく冷めにくい」性格の私にはありえません。
さらに困難で新たな飼育に挑戦を考えています。

その1:ダンゴウオ
妄想アクアリウム
めちゃくちゃ小さくて可愛らしい魚です!
ダンゴウオ王国
ダンゴウオ 赤&緑
ただし、この魚は北半球の寒冷な海に生息するので、
室内で普通に飼うことは不可能です。
それではどうするのかというと…
ビールなどを冷やす、冷蔵ショーケースの中で飼う方法があるのです!
海水魚ぼブリードとダンゴウオ飼育
実際に冷蔵ショーケースで飼育されている方を参考にしつつ
4面ガラス冷蔵ショーケース 前後両開き扉タイプ
この中に水槽を収納すれば、鑑賞性も損なわないのでは?
とか考えています。
亜熱帯~熱帯のライブロックは当然使用できないので、
近海産ライブロックと何か近海生体が妥当なところでしょうか。
ダンゴウオと混泳できる生体
なんだかクリオネを飼うのと同じくらい苦労しそうだ…
長期飼育例は聞いたことが無く、困難を極めることが予想されますが
飼育に挑戦してみたい魚ですね!

その2:トビハゼ(マッドスキッパー)
妄想アクアリウム
有名なムツゴロウのように、汽水の泥に住む魚です。
トビハゼはよく人に慣れて、手から給餌することも可能みたいですね。
飼育情報収集中。
マッドスキッパーの飼育方法
新説・マッドスキッパー飼育
汽水に亀用の石を入れて陸地を作るレイアウトが一般的ですが
ここは生息域と同じ、干潟の泥の水槽を再現してみたいです。
アクアスタイル 450 LOW(450×300×230mm) 45cm水槽
こういう浅い水槽で飼えないものか?
底面式の浅瀬水槽(ビオトープ風)でヨシノボリを飼ってみた
こんな感じで水が循環するようにして、泥水槽ができないか妄想中。
あとこういうのを参考に。
流れる川の ベランダ ビオトープの作り方手順

こんな感じで、一般受けしないマニアックな水槽を増やしたいなぁと。
え?引越し?
うーん、引越し日程が近づいて来てる気がするけど…
アクア熱には勝てません!(現実逃避

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。