FC2ブログ

ライブロック導入

30cm水槽立ち上げ 7日目
5月19日(日)

朝からライブロック到着を待ち受けて準備。
ライブロックはその名前の通り、「生きている岩」と言えるから
空気中に放置すると腐ってしまう。
妄想アクアリウム
保冷剤入りで厳重に梱包されています。
ほとんど匂いもしません。かなり状態良く到着したようですね!

キュアリング中。
(以降、大きな画像で保存した方が参考になると思うので
サムネイルをクリックすると1200×800ピクセルの画像が開きます)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
見た目はまさに岩です。
このサイズ、大手ショップで購入したら、軽く5,000円超えるだろうな。
「それじゃ海でそこら辺の石ころ拾ってきて売ればウハウハじゃね!?」
と思うかもしれませんが、これは岩石じゃありません。
死んだハードコーラル(硬質サンゴ)が長い年月を経たものです。
だから、手で持つと見た目に反して軽いです。

そしてできるだけ付着生体を生かしたまま配置したいので
キュアリングは短時間にして素早く移し変えることに。

本水槽にライブロックを配置する際に使うのがコレ。
妄想アクアリウム
痛がる猫のイラストが可哀想と評判ですw
この記事などを参考にさせてもらいました。
少々見た目は悪いですが、小型水槽では水質保持が最優先です。

キュアリング水槽の底で、何か貝が動いたのを発見。
よく見るとヤドカリのようですが…
たった数ミリの大きさなので、よくわかりません。
ピンセットでつまんで本水槽へ移動。
妄想アクアリウム
今度は何か半透明の物体が移動しています。
イサザアミでしょうか?
すばしっこくてピンセットでは捕まえられないので
タッパーで掬って本水槽へ移動。
先人がタッパー必須と言っていたのを思い知った瞬間です。

どっちが上なのか分からない…
光合成を行う藻が付いてるのが上のはずなんだが…
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
こんな感じになりました。
妄想アクアリウム
これはカイメン?藻?
このスペースなら、水槽にもっとライブロック置けるかも?
妄想は広がります!

楽しい水槽観察の時間はここまで。

ライブロックを水槽に入れたので、アンモニア濃度も測ることにします。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
これは試験紙ではなく、試薬を飼育水に垂らして色の変化で測定します。
理科の実験みたいでちょっとワクワクしますねw
結果は…
妄想アクアリウム
水温 25度
アンモニア(NH3)1.5-mg/l
亜硝酸塩(NO2)0.5mg/l
硝酸塩(NO3)10mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)15d
カルシウム(Ca)400mg/l

やっぱりアンモニアが検出されたか。
バクテリアの繁殖には48時間かかるらしいけど
30cmキューブの追加ろ材を入れてから
まだ24時間も経過していませんからね…
大丈夫なのか心配。

アンモニアの高濃度が続くと
生体が死ぬ→さらにアンモニアが増える
→その毒性でもっと生体が死ぬ→さらにアンモニアが増える
というデススパイラルに陥る危険性があります。
ライブロックが腐って水槽全体がドブ川のような悪臭を放つ…
そんな阿鼻叫喚な地獄絵図にならないように
数値を注視していく必要があります。

なんとかライブロックに持ち堪えて欲しい。
キーパーにできることは、とりあえず待つことと
バクテリアによる分解が進むことを祈るだけです。

まさかの水槽2つ目

続きです。
ごく初歩的なミスでいきなりピンチです。

どうしよう。どうしよう。
どうすればいいんだ?
とりあえず落ち着くんだ…『素数』を数えて落ち着くんだ…

選択肢は2つしかない。
1.ライブロックを捨てる
2.水槽のサイズアップ
3.水槽で岩と砂だけを飼う → これは無いw

今の水槽を置いていた場所は、幅40cmしかない。
45cm規格水槽を置くのは物理的に無理。
しかもガラス製チェストなので
重さ30kgを超える45cm水槽を置くのは危険。
水槽台に替わる物を考えるとしても、
やっぱりそんなに大きな面積は厳しい。

取り急ぎ熱帯魚ショップに確認すると、
ガラス製30cmキューブ水槽がセール中で在庫有るそうだ。

これはやるしかないか…!
アクアリウムスタートから1週間で早くも水槽2個目かよ^^;

30cmキューブ水槽の容量は約26リットルで45cm規格水槽とほぼ同じ。
現在の容量約12リットルの2倍以上。
結局、超小型水槽での挑戦じゃなくなってしまった…
でも水量が増えた分、水質変化の影響は少し減るはず。
それに

いっぱい魚が飼えるようになったよ!やったね!

orz

ここで脳内の自分が
「せっかくだから60cm規格水槽にしちゃえば?」
「30cmでもトールサイズだとオシャレだし魚もいっぱい飼えるよ?」
とつぶやくのを聞きましたが、忍耐力を総動員して乗り切りました。
遠くない未来に引越しがあるのに、これ以上荷物を増やしてどうする;

パウパウアクアガーデンへ行ってきました。
うわああああああ
魚をお持ち帰りしたいいいいい
この誘惑はほんと強烈ですね。
水槽がまだ立ち上がってないのに
すぐ魚を買ってしまう人が多いのも頷けます。

30cmキューブのガラス水槽は1,980円。
今のライブサンド2.5kgではちょっと足りない気がするので
底面濾過にろ材を追加して強化しようと思います。
結局、水槽よりろ材にお金がかかる罠…;

水槽セッティングに約2時間
あー 疲れたー

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
30cm規格水槽と並べてみると、さすがにでかい。
(30cmキューブも、海水魚用としては小型なんだけど)
120cm規格水槽とか、淡水魚しか知らない人からしたら
ありえないでかさなんだろうなぁ。

でも、予備水槽の便利さに驚く。
換水のとき、バケツじゃ比重計見づらくてしょうがなかったけど
水槽なら透明なんでバッチリ確認できる。これは本当に便利。
明日はライブロックのキュアリング(汚れ落とし)に使うし、
病気になった魚の薬浴やケンカした場合の隔離にも使える。
先人が「予備水槽あった方がいい」って言ってた意味が分かりました。

そうそう、新水槽への水追加には、なんと天然海水を使いました。
妄想アクアリウム
本物の海水です!
水質が悪いとライブロックが腐って水槽全体が壊滅するので
それを避けるために天然海水を導入する作戦。

水槽移動からしばらくして、
まだ飼育水がちょっと濁ってるけど水質チェック。

亜硝酸塩(NO2)0.5mg/l
硝酸塩(NO3)10+mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH
炭酸塩硬度(KH)15d
カルシウム(Ca)400mg/l

底砂を掻き回したので、数値は出ると思ってました。
キュアリング用の人工海水も準備して、温度も合わせておく。
本水槽の方は水温が1.5度くらい高くなるのか。
水中ポンプが稼動しているせいですね。

さて、これでライブロックの受け入れ準備はできた。
無事に導入できますように。

写真で見る水槽の変化

立ち上げ 初日
妄想アクアリウム

立ち上げ 2日目
妄想アクアリウム

立ち上げ 3日目
妄想アクアリウム

立ち上げ 4日目
妄想アクアリウム

立ち上げ 6日目
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム

!?

水槽が増えました!!

不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった

30cm水槽立ち上げ 6日目
5月18日(土)

さて…突然ですが、ライブロックを買うことにしました!

ライブロックとは…
珊瑚の死骸で多孔質のもの。
バクテリアや微生物が住み着いて生物の住処となっている状態のもの。
(ただ海中にあった岩、という意味ではありません)

石灰藻と呼ばれる赤紫色の藻が生えているライブロックが上質と言われ
1kg当たり2,000~3,000円が相場です。
大型水槽の場合、ライブロック代だけで数万円することも珍しくありません。
「ただの石ころに数万円払うの!?」と思うかもしれませんが
見た目の美しさや海らしい雰囲気、水質浄化作用、魚やサンゴの住処、など
海水魚飼育水槽では非常に重要なポジションといえるでしょう。
ライブロックには海草、サンゴ、ホヤ、イソギンチャク、カニなど
たくさんの生物がくっついているので、それを見る楽しみもあります。
しかし、水槽が立ち上がっていない状態でライブロックを入れると
水質変化に弱い生物がどんどん死んでしまう可能性があります。
なので、立ち上げ時には、あまり生体が付いてないライブロックを
入れるのがセオリー…なんですが!

見つけちゃったんですよ。興味深いライブロックを。
通販のショップなんですが、そのショップのライブロックは
「自然に近い」というのがウリ。
海草やら海藻やらがワシャワシャ付いていて、
いかにも付着生物はものすごく多そう。
逆に石灰藻は少なそうだし、そもそも海藻が生えるということは
浅い海にあったということで、あんまり上質とは言えないんじゃ?

しかし、この生体てんこ盛りのライブロックは面白そうです!
しかもかなり安い!1kg当たりだと1,000円を切るでしょう。

迷いに迷ったんですが、ここはちょっと冒険したくなってしまって
ロマンティックあげるよ
つい、注文しちゃいました!

さて、どうなるかと不安と期待が入り混じりながら
ふとそのライブロックの詳細を確認してみると…

ライブロックのサイズ 約24×17×15cm

え…?

あれ…?

私の水槽のサイズ 315×185×244mm
 ↑
比較
 ↓
ライブロックのサイズ 約24×17×15cm

!?

既に底砂を約5cmひいています。

これじゃライブロックがデカすぎて、魚が入らないぜ!

特攻の拓

水槽で岩を飼うつもりか!?

やっちまった!
しかし、気付いた時には、もう既にライブロックは発送された後…

不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまったのさ…

いや、100%自分のせいなんだけどさ;

(続く

アクアリウムでモテモテ!?

30cm水槽立ち上げ 5日目
5月17日(金)

「アクアリウム」という言葉から…

ちょっといい感じな男女2人の会話
「うちの家に素敵なアクアリウムあるんだけど、見に来ない?」
「え、何それ素敵!じゃあちょっとお邪魔しようかな…」

理想
「わ!すごい綺麗!部屋にこんなオシャレな水槽があるなんて!」
「いやいや、大したことないよ。どう、お酒でも飲む?」
「きゃー、ニモもいる!可愛い!ずっと見ていたいな」
「でもキミの方がずっと可愛いよ…今日は泊まっていく?」

…的な展開ができれば!女の子にモテモテ!
と期待してしまう男性もいるかもしれません。
しかし実際は…

現実
「(え…想像してたのと違う…
 なんだかすごいパイプとかいっぱい付いてるし
 でっかいポンプとかずっと動いててうるさい…)」
「イレギュラーバンドのウズマキとスミレヤッコの混泳どうよ!
 ハードコーラルのミドリイシ色揚げには
 メタハラでしょメタルハライドランプ!
 見てよこのカルシウムリアクター!やっぱKHが重要っしょ!!
 ストロンチウム添加だとポリプの伸びが違うよね!」
「(全然意味わかんない。もう帰りたいな…)」
 (以降、一方通行な会話が続く)

残念ながら実際はこうなるでしょう!
いや別にことさら悪く書こうとする気はありませんw
アクアリウムへの愛情が深ければ深いほど、
よりマニアックな専門知識の話題ばかりになってしまうのです。

さて、アクアリウムに興味が無い人は
全く面白くないかもしれない当ブログですが^^;
今回もマニアックな話題からです。

外掛けフィルターは、以下のブログを参考に改造してみました。
改造1
改造2
改造3
到着したろ材はこちら。
毎日、何か買い足しているような…(泣
妄想アクアリウム
今までは外掛けフィルター内の活性炭パックで物理濾過(ゴミ取り)を
行っていたんですが、前記の通りにこれを取り去ってしまい
代わりにフィルターのストレーナー(水取入れ口)にスポンジを取り付けて
ゴミがフィルター内に入り込むのを防ぎます。
このスポンジにもバクテリアが繁殖するので生物濾過も期待できる!
…はずなんですが、バクテリアは活動に酸素を必要とするので
ここで水中の酸素を使い切ってしまうと、フィルター内のろ材で
バクテリアが繁殖しにくくなってしまいます。
それで、外掛けフィルターにエアレーションをかけることにしました!
これで好気性バクテリアの活動もバッチリ!
(バクテリアは目に見えないので気休めの可能性もありますw)
妄想アクアリウム
コンセントのハブを買ってきても追いつきません^^;
・底面フィルター用ポンプ
・外掛けフィルター用ポンプ
・LED照明
・冷却ファン
・サーモスタット
・外掛けフィルターエアレーション
ヒーターを外してもコンセント6個を占領してしまいます。
プロテインスキマーやら殺菌灯やら使ってる人は、
いったいどれだけコンセントを使ってるんだ…

そして恒例の水質チェック!

亜硝酸塩(NO2)0+mg/l
硝酸塩(NO3)10mg/l
ペーハー(pH) 7.8pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l

ペーハーが下がってきました。
試薬の誤差もあるので何とも言えませんが。
亜硝酸の反応もさらに弱まってきました。
水槽内が明らかに少し濁ってきたのは
バクテリアの活動のせいなんでしょうか?

2日目は活性炭パックが入っていたにも関わらず
飼育水から生臭い匂いがして気になっていたんですが、
4日目は活性炭パック無しでもほとんど匂いがなくなりました。
近所のオバチャンが鯉を飼ってて、その水槽が生臭かったので
「魚を飼うとそういう匂いがするのか」と思ってましたが
どうやらアンモニアや亜硝酸の分解が進めば
そういう匂いは解消されるようですね。

そろそろ藻が生えてくるかと思ったんですが
一向に生えてきません。硝酸塩値が低いせい?
リン酸(PO4)試験薬も買おうかと考えましたが
お金を使いすぎなので止めましたw
当初のコンセプトから外れてしまいますw

さて、水槽設置からほとんど進展が無かった当ブログですが、
いよいよ次回からは劇的な変化があります!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】