スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバリウム用ガラスケース到着

現在までのビバリウム植物 飼育記録

ビバリウム用ガラスケースが到着。
ビバリウム
ワイルドスカイオリジナル自然通気式オールガラスビバリウムケース
幅60×奥行45×高さ60cm

さすがにでかい!(60cmワイド水槽のハイタイプと同じサイズだからね)
そして重い!1人で運べる限界の重さだ…
60cmキューブ以上は1人で運ぶのは無理だな。

この写真では隠れていて見えませんが、
右下部分には排水ソケットが装備されています。
パイプが詰まってオーバーフローした場合に備えて
洗濯機用防水パンを敷くことにしました。
洗濯機用防水パン
洗濯機用防水パン
排水溝(トラップ)は不要なので、
パナソニック 防水パン/防水フロアーGB606J クールホワイト
この商品にしました。

標準的な防水パンは、次の3サイズあります。
・幅640×奥行640mm
・幅740×奥行640mm
・幅800×奥行640mm
ケージが600×400mmなので640×640mmでいけそうに思えますが
実は内寸が580×580mmしかないので、僅かに足らないのです。
オーバーフローによる水漏れ対策ということもあり、
一回り大きな防水パンを準備しました。
アクアテラリウムのように水を貯める訳じゃないので
高さ5cmの防水パンで十分な保険になると思います。

自動的に霧吹きしてくれるミスティングシステムを組むつもりですが
”朝靄が立ち込める熱帯雨林”の図に憧れるので、
霧発生装置(ミストメーカー)も設置したいと思います。
ミストメーカーシャロー
SKトレードに直接注文しました。
他メーカー製で「霧発生装置フォギー」という似た商品もありましたが
水深が浅くて済むミストメーカーシャローにしました。
ビバリウムのどの位置に設置するのが適切なのか、
後ほどテストをしてみたいと思います。

色々と構想は練っているんですが、思うように完成するかどうか。
楽しくもあり大変でもある立ち上げ作業ですね!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 うさぎブログへにほんブログ村 うさぎブログ ネザーランドドワーフへにほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

90cm規格水槽立ち上げ

90cm海水水槽 11日目
7月25日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

引越ししたら海水水槽をサイズアップさせるぞ!すごいの作るぞ!
と一心不乱に計画(妄想)を立てていると、気がつけば
・120cm水槽+60cmワイド水槽(リフジウム)連結(総水量300L超)
・長期間の安心安全と部屋のカラーリングに合わせた高級水槽台
・擬岩バックウォールでドロップオフを再現
・照明はディープブルー(深場)からリーフホワイト(浅場)へと変化をつける
などとどんどん無計画に構想が膨らみすぎました。
これを実現するには膨大な資金と時間が必要になり、途方に暮れておりましたw
今の30cmキューブをサイズアップするのは必要に迫られて、ということではないので
理想へ向かって準備しつつ、ある程度揃ったら一気に実現!
という方針で考えております。

ただ、私の性格上、そんな数年先までガマンできるはずがありません!
それまでの間、2Fの部屋にサブ水槽を立ち上げよう!と代替案を考えて
サブ水槽と言いながらもデカい90cm規格水槽の立ち上げを開始。

妄想アクアリウム
・ガラス水槽
ADAキューブガーデン(900×450×450)総水量約150L
・水槽台
コトブキ プロスタイル900Lホワイト
・ウェーブメーカー
フォルス WMP4000

近所のショップが家まで運んでくれるので水槽を購入。
予想通りにデカい!
30cmキューブ(水量25L)の床面積4.5倍・容量6倍だから当然か。
しかし、台風の影響で航空便が欠航となり
沖縄からライブサンドやライブロックが届かず、
空の水槽のまま数週間、エアアクアリウムを続ける羽目に…;

あ、アクアには関係ないですが、近日中にうさぎも飼うつもりですw
妄想アクアリウム
こちらも仔うさぎが生後2ヶ月になるまでお迎えできないので
ケージどころか牧草もペレットも既に全部揃っているのに
空っぽでエアうさぎを絶賛継続中。辛い。
ネザーランドドワーフ
ネザーランドドワーフ♂のオレンジ。
ぐうかわ。マジ天使。
うさぎについては、また別記事にて。

ものすごく安くて見た目もスタイリッシュなのに
かなり評判も悪い水槽台(プロスタイル)なんですが
原因は濡れると水を吸って膨らんでしまう、ということらしい。
妄想アクアリウム
以前、ショップの方に対策を教えてもらいました。
それは「コーキング」です!
水が入り込むような隙間を自分でコーキング材で埋めてしまうと
耐久性・耐水性が大幅に向上するとのことで、隙間を埋めまくりました。
かなり面倒な作業ではありますが、数年以上使う水槽台だから手間を惜しみたくないし
水槽台交換で90cm海水水槽のリセットなんて気が遠くなる手間だし
それが嫌なら10万円くらいする水槽台を買えよ、って話だと思います。

遥々、沖縄から砂と岩が到着。
ライブアラゴナイトサンド
アクア知らない人なら
「ええっ!?ただの砂に1万円以上払ってわざわざ沖縄から!?」
って思うかもしれませんが、これが極めて重要なんです。

妄想アクアリウム
・照明
Grassy LeDio RS122 リーフブルー 21W
・底砂
沖縄産ライブアラゴナイトサンド
・人工海水
レッドシー コーラルプロソルト
・飼育水
石垣島産天然海水
・強制濾過やスキマーは一切無し

まだスッカスカの状態で、一部分しか照明を当てていませんが、
魚を一切入れずに無脊椎ばかりを集めた水槽にするので
以前に記事に書いたように、無濾過水槽です!
その分、ライブロック+ライブサンド+天然海水に
さらにヨコエビとプランクトンパックを投入、
水槽立ち上げには万全の体制を期したつもりです。

水質検査結果
水温 25度前後
アンモニア(NH3)0mg/l
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)0mg/l
ペーハー(pH) 8.2pH?
炭酸塩硬度(KH)15d
カルシウム(Ca)400mg/l

ヨコエビとプランクトンを大量に投入したので、
当然過密すぎて大多数がすぐ死んでしまうことになります。
水面には大量の死骸が浮かび、底にも死骸が沈みますが
私は一切取り除かず、そのままの成り行きに任せました。
個人的な考えなんですが、立ち上げ直後は「環境が綺麗過ぎる」んです。
有機物が無さ過ぎてバクテリアを含めた生態が活動できないので
最初に自然な範囲内で水槽を「汚す」ことで、
食物連鎖の底部分を担う生態系を強化できると思います。
数日経つとヨコエビの死骸はほとんど消滅=分解されました。
アンモニアも亜硝酸塩も検出されません。
さすがライブサンド+天然海水は強力です。
これを使えば立ち上げ失敗なんて考えられませんね!

立ち上げ直後ですが、既に少しだけ生体が入っています。

レッドグレープ
レッドグレープ
せっかくのヨコエビとプランクトンが喜ぶように、海藻をいれました。
かといって、30cmキューブで猛烈に生い茂ってるウミブドウを入れると
90cm水槽でもとんでもないことになりそうなので
成長の遅い赤色海藻を選択。
レッドグレープ
別角度から。
レッドグレープにはクモヒトデがくっついていました。
当然、慎重に水合わせして一緒に投入します。

マユハキモ
マユハキモ
私の大好きなふわふわ・ふさふさ海藻なんですが
ベースロックが超小型(というかライブロック欠片)のものがショップから届き、
さすがに話が違いすぎるのでクレームを入れました;
数千円払って親指くらいの大きさが届くとか、さすがにありえませんよ…

マガキガイ
マガキガイ
ここでも、EXILEメンバーのMAGAKIさんが大活躍。
マガキガイ
マガキガイが居ないリーフタンクなんて考えられませんからね。

ライブロックは、奮発してCPファーム製です!
ライブロック
ライブロック1,500円・3,000円均一セールをやってたので、
ライブサンドに同梱できる量をお試し気分で買ってみたんですが
ものすごい量の付着生物に衝撃を受けました。
梱包の袋にヒザラガイが何匹もくっついてるくらい。
こんなの見たら、他のショップでライブロックが買えなくなってしまいそう…
(その分、CPファームのライブロックはものすごく高価なんですけどね)

スタンダードSサイズ
ライブロック
マニアの人しか興味無いかもしれませんが、
ライブロックの写真も掲載しておきます!
なにしろ、私が重度のライブロックマニアなもんで!
アクリルのライブロックスタンドで底上げしています。

ライブロック
別角度から。
ホヤやカイメンが付着しているのが見て取れます。
小さなケヤリムシやカニも居ます。
ハナズタらしきサンゴのポリプもありました。

プレミアム Sサイズ
ライブロック
ライブロック
石灰藻やらカイメンやらで、ものすごい赤さ!
ライブロック
このポリプらしきものは何のサンゴでしょうか?
ライブロック
下に引っかかっているのは、ヨコエビパックに入っていたホンダワラです。
Sサイズのライブロック2個を入れただけなのに、
小さな貝がガラス面を這っていたり変化がありました。
適正量までライブロックを追加して、亜硝酸が検出されなくなったら
いよいよ本命のイバラカンザシを入れていきたいと思います!
そもそも、この水槽はイバラカンザシをコレクションするために
立ち上げたんですからね!

ちなみに…
天然海水に加えてプランクトンやヨコエビを大量に投入し、
付着豊富なライブロックを入れたということは…

夜になって照明を消すと、訳のわからん生き物がウジャウジャ出てきます!
虫が飛んでるように水槽内にはプランクトンが泳ぎ回り、
プレミアムの方のライブロックからは無数の触手が伸びてきます^^;
(ボネリムシだったら面白いのだけど)
興味無い人なら絶叫するかもしれませんが
(私は「ナイトメイア水槽」と呼ぼうかと思っていますw)、
これが海水アクアの醍醐味だと思います!

コケ1つ生えないピカピカの環境で魚を飼う楽しみも否定しませんが、
私は「海の一部分を切り取ったかのような環境を自宅で維持する」ことに
無上の喜びと知的好奇心を刺激される人なので
できるだけ生態系を厚くして、自然に近い状態を観察していきたいです。
夜の海は危ないし、夜の水族館には入れないでしょ?
それが毎日でも自宅で好きなだけ眺められるんですよ?
本当に贅沢な悦びです!

まだ立ち上げ直後の状態でも、部屋の照明を消すと
妄想アクアリウム
溜め息が出そうな美しい水景になります。
本当に海水アクアリウムは楽しすぎます!
どんなに面倒でも、これだからアクアリウムは辞められませんね!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!

90cm水槽の費用シミュレーション

以前、30cm水槽での費用をシミュレーションしてみたのですが、
今度は90cm水槽+リフジウムでの費用を見積もってみます!

■90cm水槽(900×450×450・総容量145リットル)
プレココーポレーション グラシアスタンダード
定価 42,000円
ショップ 28,929円
ADA キューブガーデン
定価40,950円
ここならかなり安いんだけど…
トロピカルフィッシュ佐野
本水槽は長く使う物なので30,000円で計算してみます。

■60cm水槽(600×300×360・総容量52リットル)
リフジウム用(サイドフロー加工+接続パイプ類)
15,000~20,000円

■90cm水槽用キャビネット
15,000円

■60cm水槽用ラック
10,000円

■底砂
前回の計算より。
ライブアラゴナイトサンド約50kg
30,000円

■ヒーター+サーモ
現在使っているヒーターでは容量が足りないので、
新しく買い足す必要があります。
300W
3,500円
150W
3,000円

■クーラー
今までは冷却ファンで凌いでいましたが、
水量が多くなるとクーラーは必須になります。
クーラーの選び方の記述を参考に。
ゼンスイZR-130E
50,000円

■パワーヘッド
水槽内に水流を起こすためのポンプです。
複数配置して、淀みなく水を循環させる必要があります。
コラリア2+フロー
11,000円
コラリア ナノ×2
10,000円
リフジウムOF用吸い上げ水中ポンプ
出力がどれくらい必要なのか調査中。
Rio2100
5,000円

■天然海水(立ち上げ用)
上質のライブロックを投入したいので
付着生物を守るために最初は天然海水を検討。
プランクトン入り(200リットル)
19,000円

■人工海水(水換え用)
コーラルプロソルト 660リットル/22kg
6,500円

■水温計(追加)
マルチ水温計(デジタルタイプ)×2
1,500円
       
■照明(追加)
LED24W+ソケット×3
30,000円

■水質検査(消耗品)
検査薬
5,000円

■ライブロック
30,000円
ライブロックは60cm→12kg・90cm→36kgが適正らしい。
私はライブロックをたくさん入れるので、もっと必要かも。

■合計
279,500円

予想通り、生体ゼロで約30万円でした!\(^o^)/
プロテインスキマー付けたら確実に30万超えますね。
立ち上げ時期を秋にすれば、とりあえずクーラーは削れるし
リフジウムも最初から無くてもいいかもね。
(最初から全部揃ってた方が立ち上げ易いけど)

当然、いきなりこんな予算は無理すぎるので、
どうするのか色々と検討していきたいですね。

底砂の料金シミュレーション

さて、ブログタイトルどおり、妄想の時間です!

現在、30cmキューブ水槽1本しか所持していないのですが、
引越しした後は大型水槽での飼育を目論んでいます。

まだ具体的な計画は煮詰まっていないのですが、
引越しするまでに色々と計画を練っておこうかと思います。

今回は、まずは底砂の料金比較。

リフジウム水槽設置

30cm水槽立ち上げ 11日目
5月23日(木)

今日はサテライトL=リフジウムの取り付け作業。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽の外側に引っ掛けます。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
パウダー砂をひいて海藻を入れました。
小型LED照明で24時間照らして、プランクトンの繁殖を促します。

妄想アクアリウム
ライブロックのレイアウトも変更。
30cm規格水槽より高さがあるので、
スペースを立体的に使っていきたい。

今ある素材を使ってライトスタンドも作ってみました。
こういう工作は苦手なんです。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。