スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフジウム急変

30cm海水水槽 120日目
9月8日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽の横に設置して簡易リフジウムとして使用していたサテライトですが
妄想アクアリウム
突然、海藻が半分以上溶けました!
あんなに隙間無くぎっしり繁殖してジャングル状態だったのに…
妄想アクアリウム
小型LEDライトを常時点灯しているのですが、
見事にその周りの部分(白線内)だけ生き残り、
その外の部分はキレイに溶けてしまいました。
(溶けた海藻はピンセットで取り除いています)

この小さな照明では足りなかったか。うーむ。
↓この通りの結果になってしまいましたね。
リフジウムで海藻を別の水槽に入れるのは何故ですか?

水槽は暇さえあればよく観察しておくことが肝心。
妄想アクアリウム
ふと見ると、隔離ケースのフタにカーリー(セイタカイソギンチャク)が出現!
デジタル温度計のキスゴムにも出現して退治したばかりだというのに。
すぐにカーリー駆除薬「アイプタシアX」を取り出して、お仕置きのお注射!
すると、飛び散ったアイプタシアXを、ベラがバクバク食う!
釣られてクマノミもバクバク食う!お前ら、それ餌じゃないから!
こんな毒々しい紫色の溶液にも喰らい付くとは…ベラの食い意地は恐るべし。

マメスナギンチャクにくっついていた貝はコイツ↓と判明。
ウノアシガイ

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)は、まん丸になってスポンジをモグモグ。
妄想アクアリウム
ブルースポンジはすっかり白くなってしまいました;
そしてウミウシはまたデカくなった…?
スポンサーサイト

まだ低空飛行ですが

30cm水槽立ち上げ 35日目
6月16日(日)

まだ墜落は逃れたものの低空飛行、という感じなのですが。

スポンジが白化して、そのせいで水質が悪化して
他の生体まで死ぬ、という話を聞くのですが
妄想アクアリウム
完全に白化したパープルスポンジに付着したコケ目当てで
イソギンチャクモエビやキイロタカラガイが集まってきています。
うむむむ…ここからスポンジの復活は無理だろうし、
取り除いた方がいいのだろうか。

ちなみに、このベースロックにはワカメのような海藻が付着してたんですが、
数日のうちに綺麗に食べられて無くなっていました。
本当にモエビ+タカラガイのコケ&海藻処理能力は素晴らしいです。
「サンゴモエビは海藻を食べない」という記述が多いです
(もちろん個体差はあるでしょう)が、
トゲアシガニやエメラルドグリーンクラブを導入せずとも
十分にタカラガイとのコンビで処理できることを示しています。

妄想アクアリウム
リフジウム(サテライト)の中はエライことになっております。
給水周辺はホソジュズモが変色しているので調子は良くないのでしょうが
サテライトに手を入れられないくらい、みっしりと海藻が生い茂っております!
掃除要員として1cm程度の超小型マガキガイを入れようと考えていたのですが、
それすら躊躇う程のジャングル地帯に…
海藻は本当にバランスが難しいですね。
水草のようにトリミングした方が良いのだろうか。

ヨコエビ買ったときに付いてきたワレカラは、1cm以上に成長してる!
本水槽ではヨコエビが1cm以上に成長してるし、
このサイズじゃ小型魚も食べないだろう^^;
海藻といい微生物といい、海水では成長が早くてびっくりしますね。

ついに魚がやってきた

30cm水槽立ち上げ 27日目
6月8日(土)

ライブロック上のカーリー退治。
これが
妄想アクアリウム
こうなりました。
妄想アクアリウム
綺麗さっぱりカーリーが消滅しています。
さーて、面倒でもライブロックを取り出して
裏面のカーリーも退治しようか!
両手が塞がってるので写真はありません。
アイプタシアXで裏面も無事に退治できたと思います。

面倒事をやり遂げたご褒美は…
そう、生体追加しかないでしょう!

久々にいくつか投入してみました。

イソギンチャクモエビ
妄想アクアリウム
体長1~2cm程度の超ミニミニサイズのエビです。
お尻をフリフリすることから「セクシーシュリンプ」とも呼ばれています。
草食性が強いですが、身体が小さすぎるため
コケ取り要員にはなり得ないと思われます。

ベニボヤ
妄想アクアリウム
怪しい解剖や実験ではありません。
ホヤを水合わせしているだけです。
2つくっついているので、まさに心臓!
妄想アクアリウム
ライブロックにくっつけてみました。
すごい存在感です^^;
早く活着してくれるといいなぁ。

キノコボヤ
妄想アクアリウム
「パームカリフラワー」とも呼ばれているみたい。
非常に珍しい個体。
ウルトラマンボヤと同様の群生ホヤなので
飼育は非常に難しいことが予想されます。

「ホヤはサンゴより飼育が難しい」とも言われていますが、
スポンジ・ホヤ用の添加剤も購入して頑張ってみたいと思います。

ハタタテハゼ(6cm)
妄想アクアリウム
ついにうちにもお魚がやってきたよ!!!
最初に入れる魚は、ハタタテハゼに決めていました。
30cmキューブ水槽なので、6cmでもかなり大きく感じます。
でもハタタテハゼは臆病な性格なので、
次に入れる魚より大きくないと隠れて出てこなくなるので
これくらいの大きさでいいのかな、とも思います。
水槽へ入れた直後、いきなり姿が見えなくなりました!
いきなり行方不明かよ、と必死で探したら、
枝状ライブロックの奥深くに隠れておりました。
1時間くらいしたら、ヨコエビを食べ始めたので
これは幸先良いスタートかも。
でもすぐ隠れるのでまだ撮影は難しい。
いっぱい食べて体力つけて長生きして欲しいです。

生体の水合わせで飼育水を使ったので、
それに合わせて約5リットルの換水を実施。

現在のサテライト
妄想アクアリウム
リフジウムは海藻が猛烈に茂っております…
海藻類は水質に敏感ですぐ溶けたり枯れたりするけど
水質が安定すると爆発的に増えまくるという性質。
本当にバランスが難しいです。
そろそろトリミングしないといけないのかも。

リフジウム水槽設置

30cm水槽立ち上げ 11日目
5月23日(木)

今日はサテライトL=リフジウムの取り付け作業。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽の外側に引っ掛けます。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
パウダー砂をひいて海藻を入れました。
小型LED照明で24時間照らして、プランクトンの繁殖を促します。

妄想アクアリウム
ライブロックのレイアウトも変更。
30cm規格水槽より高さがあるので、
スペースを立体的に使っていきたい。

今ある素材を使ってライトスタンドも作ってみました。
こういう工作は苦手なんです。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。