スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バブルストッパー導入

20cm淡水水槽 110日目
10月19日(土)
現在の淡水水槽タンクメイト

アクアネタはたくさんあるのに忙しすぎて更新が滞ってました…
水槽の変化を詳しく記録しておかないと後で困るので、
自分の為にも頑張って更新していこうと思います!

さて。ベタのベタによるベタのための淡水水槽ですが、

ショーベタ 1→1
ボララス・ブリジッタエ 3→2
ミクロラスボラsp ハナビ 1→1
ラスボラ・アクセルロディ ブルー 3→0
ドラキュラ・ダニオ 1→0
ミナミヌマエビ 6→1
ヤマトヌマエビ 4→0
カラー石巻貝 2→2
シマカノコガイ 1→1

なんという悲惨な状況…
貝類を除いて全滅に近いではないか…

原因ははっきりしています。
ベタのためにフィルター排水口を加工して完全止水を実現したところ、
ハイキューブという深型水槽の底部分まで水が循環せず。
酸欠に弱いエビたちは耐え切れずに水槽から飛び出していってしまいました。

ヒドラも湧いたことだし、完全リセットも考えたのですが
せっかく立ち上がった水槽なので、半リセットでなんとかしようと思います。
そのためには、水草を覆ったアオミドロをなんとかしないといけません。

テデトールと共に、再び強力掃除部隊を導入です!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
今回のヤマトヌマエビはデカイ…デカすぎる…!
前回にcharmで購入したときはミナミとほとんど変わらぬ大きさばかりでしたが
今回届いたのは4cmを超える存在感ありまくりな個体揃いで、
ビニール袋を取り出したときに驚きで落としそうになりましたわ。
急に巨大エビが現れて泳ぎ回りそこらじゅうをツマツマし始めたので
ブリジッタエやハナビもパニックになって逃げ惑ってます。
でも、これこそがヤマト様。
ヤマト1匹でミナミ10匹に匹敵すると言われるのは伊達じゃない。
この大きさなら、コケ取り能力もものすごく期待できそうです。

しかし同じ失敗を繰り返すことは許されない。
またエビたちを飛び出しで死なせるわけにはいかない。
そこで考えました。

バブルストッパーミニ
妄想アクアリウム
こいつを使えば、強い水流を作らすに
循環と酸素補給が両立できるんじゃないか??
妄想アクアリウム
こんな感じになりました。
バブルストッパーを付ける前は、エビは底の方へ行こうとせず
逃げるように水面近くへ集まることが多かったのですが、
今では落ち着いて底の方でもツマツマするようになりました。

さて、残りの問題もクリアーせねば。
肉食のベタから小魚やエビが隠れるために
今まではこれでもか!というくらい水草を入れていたのですが
その弊害として水槽内のレイアウトが複雑になりすぎて
ベタ以外の個体の状況把握ができなかったのですが、
今は水草や流木の半分以上をストック水槽に移しての
半リセット中なのですっきりしています。
生き残ったブリジッタエにも毎日しっかり餌付けできています。
ここにベタを戻すと、またブリジッタエを追い掛け回して
ストレスになるんじゃないかと懸念してるんですが…
うーむ。流木で最低限の隠れる場所を作るけど
全個体の状態が見える状態にはしておこうと思います。

あと、ここ数日の気温の急低下で、水温が26度→22度まで激減。
このまま下がっていくとやばいので、急いでヒーターを装着します。
しかしさすが淡水魚たちは強いですね。
水温が下がっても元気にしています。
それに比べて海水の方は…
スポンサーサイト

ヤマトヌマエビ導入

20cm淡水水槽 66日目
9月5日(木)
現在の淡水水槽タンクメイト

淡水の20cmキューブ水槽のヒゲゴケが酷すぎるので、
遂にコケ取りの大本命を導入することにしました!

ヤマトヌマエビ
妄想アクアリウム
水合わせを終えて水槽に入れた途端、まだエアホースが残った状態でも
即座にヒゲゴケをツマツマし始めました!さすがヤマト様。頼りになります!
妄想アクアリウム
やっぱりすぐにベタが覗きに来ます。
じーっと見つめていましたが、やっと口に入らないと学習した模様w
レッチェリ(レッドチェリーシュリンプ)も表に出てくるようになりました。
マジックリーフも新しい葉に取り替えて、見た目もすっきりしました。

シマカノコガイ
妄想アクアリウム
コケ取り要員の貝も追加してみました。
カラー石巻貝より一回り以上大きなサイズです。
妄想アクアリウム
殻の縞模様がなかなか美しいですね。

ミナミヌマエビ、レッチェリに続く淡水3種類目のエビですが
ヤマトヌマエビは本当に飛び出しますね…
水合わせ後に水槽へ入れる際、5匹中3匹が飛び出しました^^;
そのときは慌てて床を探して水槽に戻して事なきを得たんですが、
水槽前を歩いていると足の裏に嫌な感触が…;
夜の間に1匹が水槽から飛び出して干物になっていたようです;;
水槽に蓋をして、流木の隙間にはサランラップを貼って塞いでいるのに
それでも僅かな隙間から飛び出すのかよ;;

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。