スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カシパン

30cm海水水槽 131日目
9月19日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

仕事でロケ撮影に外出していたので、またもや36時間近くの不在でしたが
水槽は無事な模様。帰宅したのは消灯後なので詳細はわかりませんが。
水槽連結で水量を増やしたのはやっぱり大きいですね。
小型水槽特有の水質急変で魚が死んだとき、
「水槽が大きければ死ななかったのに」
の言葉が真っ先に心に思い浮かびますからね~。

疲れきっていますが、帰りにショップへ寄ってきました。
お目当ては、新水槽のクリーナー部隊です。

ヨツアナカシパン
妄想アクアリウム
計量カップで水合わせ中~。
こんなに平べったい姿ですが、ウニの仲間の棘皮動物です。
英語圏では「sand dollar」(海の1ドル硬貨)と呼ばれているそうです。
以前、しょこたんスカシカシパン飼育を試みたりしてたんですね。
しかし、カシパン類ってデトリタス食なんで、飼育困難じゃないかな…
妄想アクアリウム
消灯後なので写真は暗いです。
新水槽は細かめの底砂なので、水槽に入れるとすぐに…
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
10分くらいで砂に潜っていきました。
マガキガイと共に、底砂の掃除を期待しています!

カシパンの飼育についてネットで調べてみましたが、具体的データはかなり乏しいですね。
イバラカンザシ、カンザシヤドカリ、ムカデメリベ(メリベウミウシ)もそうでしたが
飼ってる人が非常に稀な生体に関しては、できるだけ気付いた点をブログに記述して
今後の飼育に少しでも役立てばいいな、と考えています。

アツムシロガイ、イボヨウバイ
妄想アクアリウム
残り餌担当の巻貝たち。
水合わせ中も触角を伸ばしまくりで元気すぎ!

マクガイ
妄想アクアリウム
水質浄化担当、薄い形状の二枚貝です。
生きているか死んでいるかわからないくらいの存在感ですが、
サンゴから伸びるスイーパー触手の仕切りに使ったり、
見苦しいライブロックスタンドなどの人工物を隠したりと、使い勝手は抜群。
ショップでは気付かなかったんですが、裏面にフジツボなどがたくさん付着。
でもフジツボは既に死んでしまっているようで、ちょっと残念。

カノコガイ
妄想アクアリウム
ガラス面のコケを食べてくれる貝。
ひっくり返っても自力で起き上がれるのがセールスポイント。
コケ掃除の仕事は遅いので、数でカバーしてもらいます。

中身が出てしまっていたイバラカンザシは、やっぱり飛び出して死んでしまいました。
水中ポンプの目の前だったので、水流が合わなかったのでしょうか…
綺麗な花が1つ減ってしまい、非常に残念です。

以前の記事で、サテライトの海藻が激減したことを書きましたが、
最近はまた急激に茂ってきています。
海藻類は本当に移り変わりが激しいですね。
スポンサーサイト

ツツウミヅタ満開!

30cm水槽立ち上げ 43日目
6月24日(月)

昨日は仕事で外出していたので
照明の点灯している日中の水槽を観察できませんでしたが、
今日の昼間に確認してみると…
妄想アクアリウム
ツツウミヅタが咲いていました!
妄想アクアリウム
この後、満開になりました。
妄想アクアリウム
飼育が難しいサンゴなだけに心配していたのですが、
とりあえず導入には成功したようです。
妄想アクアリウム
アワサンゴも元気にポリプを広げています。
配置場所が水槽中央なので、撮影が困難なのが残念^^;

水槽レイアウトはこんな感じ。
妄想アクアリウム
マメスナの調子も戻ってきて、美しく水槽を彩っています。
これぞリーフタンクのキーパー冥利に尽きますね!

しかし…
いつも並んでお尻をフリフリしているイソギンチャクモエビの姿が
今日は3匹しか見えません。
サンゴモエビ、キイロタカラガイ、ヤドカリは全員の生存を確認。
サンゴモエビは夜行性でライブロックに潜む性質ですが、
イソギンチャクモエビの姿が見えないのは…
昨夜はテッポウエビがパチパチうるさかったので、
また凶行に及んだ可能性があります;

せっかくサンゴが絶好調なのに、ライブロックを動かしたりすると
またバランスが崩壊して絶不調に陥りかねないので
このまま様子を伺うしかなさそうですが、
このままいくとサンゴと貝しか居ない水槽になりかねません;
デバスズメだけでも魚を入れたいけど、死なせちゃったら可哀想だからなぁ…

妄想アクアリウム
マクガイによじ登っているのが、マガキガイ(小)です。
ミニマガキガイという種類もあるらしく、
そっちなら殻が小さいままで大きく成長しないということですが
この子はどっちなんでしょうかね。
妄想アクアリウム
そのマクガイ、全く動かないしずっと生死不明だったんですが、
今日はこんなに開いています!(いつもは数ミリしか開かない)
これは調子が良いってことなんですかね?
動き回るマガキガイやタカラガイと違って地味ですが、
この子にも元気に長生きして欲しいものです。

この角度から見ると、ツツウミヅタの断面が痛々しいです。
たぶん、大きな個体をショップが3分割~4分割に切り裂いて
販売したんでしょうが、そのダメージがありありと窺い知れます。

それ以上に成長して増えるくらいに元気になって欲しいですが、
ツツウミヅタの難しいところは、

光が少ないと調子が落ちる。
光が多いとコケが優勢になりツツウミヅタの成長が阻害される。
光が多いとポリプが伸びすぎて禍々しい外見になる。

どないせいっちゅうねん!

でもまあ現在は調子がいいので、とりあえずこのままでw

「水槽の調子が良い時は余計なことはするな」
というアクアの鉄則があるのですが、コレ↓を追加してみました!
妄想アクアリウム
Biota style
Bio AQUA marine ビオアクアマリン
食べて濾過する微生物 Bio Aqua -marine- 【海水用】
マニアックすぎてチンプンカンプンかもしれませんが、
バクテリアバランスを整える添加剤でございます。
本当はスポンジ・ホヤ飼育を考えて購入したのですが、
既にパープルスポンジとキノコボヤは水質悪化で死亡、
丈夫なベニボヤも購入時の半分くらいまで縮んでしまいました。
魚は居ませんが、引き続き頑張っていこうと思います!

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。