スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高額魚投入!

30cm海水水槽 149日目
10月7日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

1匹も魚を入れていなかったイバラカンザシ水槽。
最初は、イエローヘッドジョーを入れようかと思ってたんですが
2つめのイバラカンザシ付きハマサンゴを入れた段階で、
スペース的にジョーフィッシュを入れるのは難しいとの判断。
プランクトンリッチな環境を維持したいので
遊泳性の魚や雑食エビは入れずにどうしようかと考えていたのですが、
実は、狙っていた魚がいるんです!

ミヤケテグリsp.ペア
メス
妄想アクアリウム
オス
妄想アクアリウム

私のアクアリウム始まって以来の高額な魚!
ビビッドレッドのボディとイエローの鰭の配色が美しいです。

「sp.」というのはspeciesの略で、「分類されると予想される属名+sp.」で
その種類の仲間、といった意味合いで用いられます。
ミヤケテグリsp.なのでスターリー・ドラゴネット(Synchiropus moyeri)の一種、になります。
ちなみに「ver.(variety)」は「~の変種」の意です。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ショップのストック水槽では一番大きなオスが小さいオスを突いていましたが
メスは突かれている様子もなかったので決断。
体長3cmに満たない小さな個体のペアを選んで購入しました。
まだ成魚になっていないからなのか、今のところは争う様子もありません。
ペアでもオスが攻撃的になるという情報が多いので、
平和にペアリングできるように注視していきたいと思います。

妄想アクアリウム
まだ環境になれていないので、すぐに隠れてしまいます。
落ち着いた頃に、じっくり撮影してみたいと思います!

ミヤケテグリsp.の飼育方法がどうなのか悩んでいたのですが、
スクーターブレニー(コウワンテグリ)やレッドスクーター(スターリー・ドラゴネット)と
同じじゃないかと予想して、砂地を多めにレイアウト。
(そのためにアクリルスタンドで二層構造にして砂地の回廊を作ったのです)
今のところ、「敏捷なマンダリンフィッシュ」という感じの動きです。
水槽投入直後から、底砂を啄ばんで人間の目には見えない何かを食べています。
普通にライブロックの間やパワーヘッドの上まで泳いでいったりもするので、
生態系は底周辺オンリーという訳ではなさそうです。
ライブロックをこれだけ入れて、天然海水も定期的に投入しているので
メスの方は購入時から痩せ気味でしたが餓死することはないと思います。
が、餌付けにはやっぱり苦労しそうです。
魚水槽の方のマンダリンも、未だに餌付いていません。
しかし、よく見たらお腹がパンパンで丸々と太っていました^^;
サテライトから溢れ出たヨコエビを食べているんでしょうかね。

他にも追加した生体を紹介。

トゲナシヤギ
トゲナシヤギ
懲りずにまた陰日性サンゴです^^;
ヤギやイソバナと違ってブラインを捕食できるということで、
それなら毎日ブライン湧かすうちにうってつけじゃないかと考えました。
トゲナシヤギ
しばらくすると、ポリプが少しずつ開いてきました。
トゲナシヤギ
トゲナシヤギ
ブルーの蕾が一斉に花開くように見えて、美しいサンゴです。
ただ、どのような条件でポリプが開くのかわからず
水流の強い場所へ動かしてみたり、まだ手探り状態です。

マユハキモ
妄想アクアリウム
サテライトのホソジュズモ、センナリヅタに加えて
イバラカンザシ水槽にも海藻を入れてみました!
「微生物のゆりかご」を目指して、プランクトン繁殖の一角を担ってもらうつもり。
最初はフサフサすぎてウザいくらいだったマユハキモですが、今のところ衰退の一途…
海藻は水質変動に弱い種類が多いので、ある程度は弱ることは想定内ですが
なんとか耐えて繁殖に転じて欲しいところです。

妄想アクアリウム
ショップからオマケでサンゴが入っていました!
妄想アクアリウム
水合わせ後にさっそくライトが当たる場所へ投入。
妄想アクアリウム
すぐにポリプが開きました。ボタンポリプでしょうか??

現在の水槽全景
妄想アクアリウム
イバラカンザシ水槽のライブロックスタンドを取り除きました。
これでカシパンやテグリの砂面活動スペースが広がりました。
もうちょっとブルー系の照明が欲しいですが、さすがにお金が…;
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。