スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半透明のホヤ

90cm海水水槽 75日目
9月28日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

沖縄より、またもマニアックな生体が到着しました。
ワモンツツボヤ(Clavelina cyclus)
ワモンツツボヤ
ホヤ綱ヘンゲボヤ科の郡体性ホヤで、各個体は根元で繋がっているとのこと。
ワモンツツボヤ
手持ちレンズではこれ以上寄れないけど、ブルーと入水口の白い輪が美しい。
ワモンツツボヤ
横から見た図。
ホヤは本当に不思議な生き物ですよね。
見た目は似ていても、ホヤカイメンなんかより断然高等生物です!
ワモンツツボヤ
ちなみに、既に水槽に入れていた沖縄産ライブロックにも生えていました。
一応、2ヶ月近くは維持できています。

ツノヤドカリsp.
ツノヤドカリ
最初の写真の下にも映っていますが、
小さな小さなヤドカリも一緒にやってきました。
「sp.」は同定できていないときの「~属の一種」という意味。
ヤドカリといえばライブロックに住みつくのが普通ですが、
このツノヤドカリはパウダー砂の上で活動して
ライブロックには登らない種類だそうです。
ツノヤドカリ
ツノヤドカリ
ガラス面の藻やプランクトンも多すぎて、クリアな写真が撮れない件。
タイミングを図って、マクロレンズも手配してみます!

ちょっとカメラの話も…
メイン機でニコンD800を使っているんですが
AF性能悪すぎて、動体撮影や暗部で使う度にいつも悲しくなります。
以前のD3xと比べると、瞬時のフォーカスとか本当に無理なレベル。
高画質デジタル一眼はD800しか選択肢がなかったから使ってるけど、
プロはこれで納得できているのでしょうか?できないでしょう。
中級機ボディではプロユースはやっぱり無理だと感じてしまいます。
新機種D810でどうなっているのか興味はありますが、やっぱり一桁機が恋しくなります。
(仮にD4xが出ても高額すぎて、今は買えないでしょうが;)

ツツボヤsp.(Clavelina Savigny sp.)
ツツボヤsp.
インボイスネーム「ツツボヤ属の一種」で販売されていた群体。
キノコボヤなんかでもそうですが、ホヤは環境変化や周期的変化で
縮んだりするので、何だか分かりませんね^^;
ツツボヤsp.
元々付着だらけのライブロックの上に載せているのも、さらにカオス感…
ホヤの下にはボタンポリプのようなサンゴも見えます。

ライブロックにはベニボヤも付いていたんですが、
水槽白濁やレイアウト変更時に残念ながら溶けてしまいました。
ホヤは情報も少なく長期飼育も難しいですが、頑張ります!

追記↓はウミウシの写真なので、お好きな方だけどうぞ。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。