スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスモノクルブリーム

30cm海水水槽 389日目
6月19日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

本日、プリンセスモノクルブリームを飛び出し事故で失ってしまいました。
プリンセスモノクルブリーム
飼育期間は約5ヶ月でした。
水槽引越しにも耐えたのに、残念です。

プリンセスモノクルブリームはバナナフィッシュ・パープルリーフとも呼ばれる
紫地にイエローのストライプが入った、キツネウオの一種です。
プリンセスモノクルブリーム
人工餌にも慣れやすく、水槽前面にも出て来てくれるので飼いやすい魚です。
自分より小さなカクレクマノミやスズメダイに追い回されたりしても反撃しない、
ずっと大人しい魚だったんですが、あるときからイトヒキベラ系を思わせるような
貪欲で落ち着きの無いガサツな動きになってしまいました。
餌と見るや猛然と突進して独占しようとし、いつ見ても腹はパンパン。
(おそらく、ライブロックを突いてヨコエビ等を捕食していたのでしょう)
何かに驚くと猛スピードで逃げようとするので水面から飛び出すこともしばしば。
静かで大人しい性格だったのに、どうしちゃったの?という感じなんですが
自分より大きく強い存在だったサンシャインクロミスやロイヤルグラマなどが
居なくなったので、こんな風に変化してしまったのかもしれません…

1度目の飛び出し事故は、偶然にも床に置いていたブラインシュリンプの
ハッチャーに飛び込んだため、事無きを得ました。
2度目は、私の目の前で飛び出したため、手掴みですぐ水槽に戻しました。
そして3度目は…飛び出しから時間が経過していたのでしょう、既に手遅れでした。
これで飛び出し事故で失った魚は
 マッコスカラーズラス1
 ハタタテハゼ1
 プリンセスモノクルブリーム2
うちは30cmキューブの小型水槽でギリギリまで水が入っているし
構造上、完全にフタをすることはできないので、事故は防げないとはいえ悲しいです。

プリンセスモノクルブリームは、ショップへの入荷数は少ないですが
安価(2,000円程度)、入荷時体長5~6cmで他魚へも攻撃しないので
リーフタンクの脇役としていかがでしょうか?
私もメイン水槽をサイズアップさせたら、
ハタタテハゼやこの魚を再び入れると思います。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

プリンセスモノクルブリーム再び

30cm海水水槽 254日目
1月21日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

今回の新顔タンクメイトは、プリンセスモノクルブリーム
妄想アクアリウム
ガラス面が汚くてすいません…
お魚自身に斑点などは無く、綺麗な個体です。
妄想アクアリウム
ブルーのボディに入った鮮やかなイエローのストライプが特徴。
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームは以前にも飼育していました。
2013年7月11日(木)の記事
このときは、pHショックを起こして水槽からの飛び出しで死なせてしまいました。

キーパーの不注意や不手際で落としてしまった魚は
ペットロスまでは至らなくても、本当に精神的に堪えます。
小さな魚でも、たった十数日の飼育でも、魚1匹1匹には思い出が詰まっています。

先代プリンセスモノクルブリームの思い出も忘れられません。
通販で購入して、営業所止めにしていたのに宅配便会社のミスで行方不明になり
最寄の営業所まで走って取りに行ったっけな。
営業所のお姉さんが「なんか揺れるとチャプチャプ音がしますが…」と不安げなので
「中身は熱帯魚です」と答えると、
「え!?生き物送るなんてありえないでしょ!?」
「いやいやいや。犬や猫はありえないにしても
 熱帯魚は通販で購入することも一般的になってきてますよ」
「へー…知りませんでした」
こんな会話をしたことも鮮明に覚えています。
部屋を整理していて、そのときのダンボール箱が出てきたとき、
購入したときのことも、餌やりのときのことも、
そして自分のせいで死なせてしまったときのことも…
全部の記憶を思い出すんですよね。

先代も水面の餌を食べるのがヘタクソだったなぁ…
先代もライブロックを突いていたなぁ…
半年が経過しても悲しみは完全に消えていないのかもしれないけれど、
今度こそ、元気で長生きして欲しいです。

さて、水槽に出現した謎の生物などは追記に記載しますので
見たい人だけ一番下の「続きを読む」をクリック!

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

追記はこちら↓

ウミウシ初挑戦

30cm海水水槽 67日目
7月18日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

どうせ餌付けしないといけないんだから!ということで
餌付けが難しい魚をさらに追加!!

マンダリンフィッシュ(ニシキテグリ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ヨコエビやプランクトンを中心に食べるネズッポの仲間で、
人工餌をなかなか食べない飼育が難しめな魚です。
このカラフルでサイケデリックな体色!
引っ越して大型水槽になってから飼おうかと考えていたんですが
コバンハゼ(キイロサンゴハゼ)でどうせブラインシュリンプ湧かせるなら
一緒に飼えるかな、ということで。

実は、キイロサンゴハゼと一緒に注文してたんですが、
ショップのミスでホンソメワケベラが届いてしまっていたんですよ^^;
すごい元気なホンソメワケベラだったんですが、うちの水槽でベラは飼えないし
大型ヤッコも居ないんでクリーニングの必要も無いし…
そういえば、ソリコシコモンエビもクリーニングシュリンプなんですが、
動きの早い魚ばかりですぐ逃げられています^^;
マンダリンは動き遅いからさっそくクリーニングに向かうけど、
ネズッポは鱗が無いし、クリーニングの必要無いんじゃ…?

妄想アクアリウム
100均でパスタケースを買ってきて、
この中でブラインシュリンプエッグを孵化させます。
これならエアレーションしても塩水が飛びにくいかなと。
妄想アクアリウム
ちなみに、同じようにパスタケースでワムシ(海生動物プランクトン)の
養殖も試みています。どんどん研究所チックに…

妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼに餌付きやすいと聞いて準備した
「メガバイトレッドS」「メディフィッシュ」
妄想アクアリウム
今まで使っていた人工海水「テトラ マリンソルトプロ」が尽きたので
「レッドシー コーラルソルトプロ」へ変更。
割高ですが、リーフタンクにはこちらの方が安心感があります。
マリンソルトプロ買った当初は、サンゴ飼うつもりなかったんですけどね!w
妄想アクアリウム
神々しいまでの純白の塩。

スポイトでブラインシュリンプを与えているのですが、
キイロサンゴハゼはほとんど食べません。
スポイトを警戒しているのか?と思ったので
水流に乗せてブラインシュリンプを流してみると、
いくらかは食べている様子。しかし、食が細すぎる…
今日はライブロックの上からほとんど動かない。
購入時から痩せていて元気が無い状態で、厳しい感じです。
少しは食べたということで前向きに考えて、
キイロサンゴハゼの体力が尽きる前になんとか頑張りたいと思います。

マンダリンは、ブラインシュリンプをいくらか食べているようですが、
動きが遅いのであまり食べれていません。
それより底砂やライブロックをつついているので、
ヨコエビなどを食べているのでしょう。
元気に泳ぎ回っているし、マンダリンの方は元気で心配なさそう。

連日の餌付けチャレンジで、餌をたらふく食べているのは
デバスズメダイとプリンセスモノクルブリームの2匹!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームはお腹パンパンなほど食べてるし、
パープルな体色がここまでビビッドに色揚がりしてきました!

余談ですが…
魚のデカいウンコを初めて見た気がします。
いや、魚も生きてるんですから、毎日排出してるはずなんですが、
今まで餌は最小限に抑えていたので、
ウンコはほとんど目に入らなかったんですけどねー。
同様に、淡水水槽のショーベタのウンコも見たことがありません。
アイドルはウンコなんてしないんです!!!(オスだけど)

妄想アクアリウム
ウミキノコもこんなに巨大に成長して…
ちなみに、6月3日のウミキノコさん↓
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
1ヶ月ちょっとでこんなに大きくなるとは。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミキノコに裂け目が。2つに別れたりして^^;
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴもどんどん広がってきました。
海生生物は成長が早いですね。30cmキューブ水槽じゃすぐ手狭になってしまいます。

さて、またまた生体追加なんですが…
ここからはウミウシの写真が続くので、
苦手な方はこの後は見ないようにご注意下さい。

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水合わせ中。
ついにウミウシ飼育にまで手を出してしまいました。
ウミウシは飼育が困難なことで有名なんですが、
このポルガドットスラッグは珍しく食性が判明しています。
それでも長期飼育は困難なほど難易度が高いんですが、
頑張ってみたいと思います!
妄想アクアリウム
水槽へ。すごい存在感です。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
体長4~5cmと聞いていたのに、伸びると6cm以上あるんじゃないか!?
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
水槽の中を元気に動き回っています。
妄想アクアリウム
フィルターのポンプの上に登ったり、
妄想アクアリウム
パワーヘッドの上にも登ったり。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
フィルターの排出口近くに腰を据えて、
気持ち良さそう(?)に水流に当たっています。
水流が好きなんでしょうかね。
妄想アクアリウム
水槽のガラス面を這っていたと思うと…
妄想アクアリウム
滑って底まで落ちてしまいましたwドジっ子かよw
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ウミウシは本当にミステリアスな生き物です。
見ていて飽きませんね。

餌付け特訓中

30cm海水水槽 66日目
7月17日(水)

現在の海水水槽タンクメイト

またまた期待の新人!
キイロサンゴハゼ
妄想アクアリウム
水合わせ後、すぐにライブロックの隙間に移動。
妄想アクアリウム
サンゴの上にちょこんと乗っかる可愛いハゼなんですが、
そこはサンゴじゃありません!!
妄想アクアリウム
鮮やかな黄色い体色が存在感抜群。
ただ、ちょっと痩せてる個体なので、早めに餌付けしたいところ。
妄想アクアリウム
遊泳型のデバスズメも、生活域が異なるキイロサンゴハゼには興味無し。
キイロサンゴハゼも臆病に隠れたりせず、マイペースなようです。

投入日は餌付けしませんでしたが、翌日に餌付けをテスト。
「メガバイトレッドS」「メディフィッシュ」を混ぜて、
目の前にスポイトで噴射してみましたが…キイロサンゴハゼは完全無視。
デバスズメが新しい種類の餌に気付いて狂喜乱舞しております^^;
いきなり人工餌は難しいか、ということで、次は冷凍ミジンコに挑戦。
また目の前にスポイトで噴射してみましたが…これも完全無視…
うーむ。やはり最初は生餌(ブラインシュリンプ)に頼るべきか。
サテライトでコペポーダやヨコエビを湧かしているので
餓死、ということはないと思いたいのですが
いったん痩せてしまうと小さい魚は体力回復が難しくなるので
手遅れになる前になんとか餌付けを頑張りたいです。

プリンセスモノクルブリームの餌付け
妄想アクアリウム
浮遊性の人工餌を餌だと認識しなかったので、
最初はわざと餌を沈めてみて、食べさせてみました。
最初は吐き出したものの、口にさえ入れてくれればしめたもの。
翌日にはゆっくり沈降する人工餌を食べるようになりました。
数日後には浮遊性餌も認識したものの、食べるのが下手で苦労している。
プリンセスモノクルブリームはライブロックをつついているので、
浮いている餌を食べる食性は無かったのかもしれません。

水中ポンプを見てみると、ピンク?赤紫?のコケが。
妄想アクアリウム
これは石灰藻が生えてきてるんでしょうかね??
妄想アクアリウム
シアノバクテリア(藍藻)ではないだろうし、
もっと石灰藻が増えて欲しいところですね!

マメスナギンチャクを見てみると
妄想アクアリウム
見慣れない貝が貼り付いています…
妄想アクアリウム
ピンセットで剥がそうとしたら…硬くて剥がれない!
妄想アクアリウム
調べてみたら、どうもマメスナを食害する貝とは違うようなので、
このまま様子を見ることにします。
マメスナを食べるのは、
クルマガイ
ホンハナマツムシ
という種類らしい。

プリンセスモノクルブリーム

30cm海水水槽 60日目
7月11日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽にも魚を追加しました!
プリンセスモノクルブリーム
妄想アクアリウム
キツネウオの一種で、別名:バナナフィッシュ・ヤエヤマキツネウオ・パープルリーフ
以前から狙っていた魚なので、ショップから入荷案内が届いたらすぐ注文。
運送会社の手違いで届くのが遅れましたが、猛暑の中にも関わらず元気。
今回も水合わせに1時間以上かけ、飼育水も4リットルくらい使いました。
水合わせ失敗で絶対に死なせません!
プリンセスモノクルブリーム
鮮やかなイエローのラインが美しく目を惹きます。
魚が複数になると、一気に水槽が華やかになりますね。
大きさは5cmほど。平たい身体のデバスズメダイと違い、
円柱形をしているのでかなり大きく感じます。
しかし、先住のデバスズメは3cmほどしかないのに
自分より大きなプリンセスモノクルブリームを追い掛け回す!
スズメダイの中では温和な種類と言っても、
同じ上層遊泳型が来たら、縄張りを主張するのが当然か。
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームは大人しいですが、臆病ではないですね。
ハタタテハゼのようにライブロックに隠れることもなく、
水槽投入直後からさかんに餌を探しています。
デバスズメとの違いは、ライブロックや底砂をつつくことですね。
いきなり小さなケヤリムシを食べてしまいました(泣
口の大きさ的にイソギンチャクモエビは食べられないだろうし、興味もないみたい。
この辺りの習性は、実際に飼ってみないと分からないですね。

先日にスタートしたクロレラ培養ですが
妄想アクアリウム
これは7月9日の写真です。
大きなペットボトルが太陽光が当たる場所に設置した分、
小さなペットボトルは室内の蛍光灯のみです。
たった数日でこれだけの差が生まれました。
海水水槽のサテライトに、毎日少しずつ投入して、コポペーダの餌にしています。

ゆっくり沈むタイプの餌だと魚に全部食べられてしまい
エビに餌が回ってるかどうか心配だったので、沈降性の餌を探していたのですが、
妄想アクアリウム
実はこれが使えるんじゃないかと!ものすごく安いし。
妄想アクアリウム
予想に反して、すぐさま反応したのはイソギンチャクモエビ。
横取りされないように、餌を抱えて逃げていきますw
エビやヤドカリ達が集まってきます。
なにしろ、うちは小型水槽なのにエビが7匹も居ますからね!
妄想アクアリウム
匂いに惹かれたのか、久々にテッポウエビも姿を見せました。
後ろのサンゴモエビは4cmくらいに成長していますが、小さいな…
こんな小さなテッポウエビに6cmのハタタテハゼが捕食されたとは
今でも信じられない気持ちなのですが…;

現在、養生中のナガレハナサンゴ。
妄想アクアリウム
タッパーで囲んで、これ以上食害されないようにしています。
もしマーブルサロンシュリンプが食べに来たら
妄想アクアリウム
隔離グッズは万全です!w

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。