スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海水魚の色揚がり

30cm海水水槽 197日目
11月25日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

魚をいっぱい増やして賑やかになった混泳水槽。
サンゴは花畑が咲き乱れるようにポリプを開いてるし、
魚たちは元気いっぱいに泳ぎ回って、水槽は好調です。
問題といえば、カニハゼがまだ餌付かないことくらいでしょうか。

ブルーリーフクロミス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
「メタリックな美しさではアレンズダムゼルに劣る」みたいな書き方をして
ブルーリーフクロミス先輩、すいませんでした!
くすんだ色合いだったのは、輸送のストレスのせいだったんですね。
すっかり色揚がりして、ブルーの体色が際立っています。
妄想アクアリウム
うちの水槽では最も大きな魚なので、存在感もバッチリ。
それでいて他の魚を苛めたりしないところが素敵。
さすがデバスズメダイの10倍の値段するだけあります!
妄想アクアリウム
サンゴの間を泳ぐブルーリーフクロミス。絵になります。
カリブ海の魚は、名前もカッコイイですよね!
ロイヤルグラマとか、ロックビューティーとか、スイスガードバスレットとか。
妄想アクアリウム
そのロイヤルグラマと並んだところ。
美しさでは負けてません、と言いたいところですが、
やっぱりうちの水槽の主役はロイヤルグラマですよね。
妄想アクアリウム
たまにロイヤルグラマが口を開けて威嚇するんですが、
ブルーリーフクロミスは意に介しません。
「ああん?ヤんのか?コラ」とヤンキーがガン飛ばすみたいに
超至近距離なんですが、相手は平気です。
っていうか、ビビって逃げる魚を見たことがありません。
ロイヤルグラマの威嚇は魚界でナメられているのかも…

ロイヤルグラマ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
私一押しの海水魚です。
隔離ケースでしつこく慣らしたおかげで、
うちの環境では全然ライブロックに隠れません。
おかげで、いつでもゆっくり鑑賞することができます。
ただし、情報どおり白点病には非常にかかりやすいです。
この写真には写っていませんが、白点がポツリポツリと…
餌食いは非常に良いので、このまま自然治癒して欲しいものです。

テールスポットブレニー
妄想アクアリウム
すぐに粒餌に餌付いたブレニーですが、餌を食べるのが本当に下手。
餌を要領良く食べるカクレクマノミにいつも奪われてしまいます。

キイロサンゴハゼ
妄想アクアリウム
ボスの座から転落しましたが、飼育4ヶ月を超えました。
以前ほど良い体格ではなくなりましたが、元気です。
ただ、やっぱりすぐに白点が出ますね。ちょっと心配。

ホワイトソックス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
淡水ではありえない、ド派手な真っ赤なエビです。
やっと環境に慣れてきたのか、昼間でも出てくるようになりました。
ちなみに、この緑色の物体はマガタマモです。
LEDライト直下に置いてると、こんなに濃い色になりました。
妄想アクアリウム
餌で釣って、さらに前面へ誘導してみます。
妄想アクアリウム
着色したのかと思うほどの鮮やかなレッド。
妄想アクアリウム
ザリガニ用餌をもらってバンザイしてるところ。
ピンセットから直接餌を受け取ってくれるので楽しいです。
可能ならもう1匹入れたくなるな…
妄想アクアリウム
ピントが外れて後ろのタカラガイに合ってしまったんですが、
外套膜がゼブラ柄みたいで綺麗に見えるので載せてみました。

妄想アクアリウム
そろそろ元気がなくなってきたポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)君。
20日間近い絶食だからな。もうすぐブルースポンジ届くから、待ってろよ。
しかし、餌にお金がかかるなぁ…
今までのトータルで(白化したものを含む)送料抜きでも餌代に17,520円。
なかなかにお金がかかりますなぁ;;
でもいいんです。ウミウシが元気に暮らせるならば。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

魚たくさんで一気に賑やかに!

30cm海水水槽 191日目
11月19日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

うちの水槽でボスとして君臨するのは
カクレクマノミ(体長3cm以上)
妄想アクアリウム
2cmに満たないベビーサイズで購入した当初は、
キイロサンゴハゼに噛み付かれてヒレがボロボロになっていましたが
今ではすっかり形勢逆転。キイロサンゴハゼをイジメまくっています。

そんなカクレの天下を脅かすかもしれない、新たなタンクメイト。

ブルーリーフクロミス(Cromis cyanea)(体長6cm)
妄想アクアリウム
「カリブ海のデバスズメ」と呼ばれる、青い魚。
小型魚しかいないうちの水槽ではデカい!デカすぎに見えます。
本当はもっと小さなサイズが欲しいのですが、
ベビーサイズの入荷は稀ですし季節的にも無理だと判断。
妄想アクアリウム
カクレと並んだところ。厚みがあるので、さらに大きく見えます。
メタリックブルーの体色が美しいアレンズダムゼル
どちらにしようかずっと迷っていたんですが、
凶暴化する可能性の高いアレンズダムゼルより、
大人しくて混泳しやすいブルーリーフクロミスを選びました。
ロイヤルグラマもカリブ産だし、同じカリブ産を入れたいしね!
今のところ、抗争は勃発していません。
自分より大きな魚が現れたことで、カクレの苛めも減っています。
スズメダイだけあって、餌付けも順調です。
ただし、まだ水面に浮かぶ餌は食べてくれません。
デバスズメやカクレ、プリンセスモノクルブリームは
すぐに水面の餌に慣れたんですが、この魚はどうでしょうか。

テールスポットブレニー(体長5cm)
妄想アクアリウム
右端でサボテングサから顔を出してる魚です!
「顔がトノサマバッタに似てる」とか言われるブレニー系。
よく泳ぎ回るから見てて飽きないし、ベラのような煩わしさもありません。
今のところケンカも全くしないし、優等生ですね!

以前はイエローヘッドジョーフィッシュを飼おうか考えてたんですが
イバラカンザシを入れたりしてるうちにスペース的に断念。
代わって候補に上っていたのがギンポやブレニーでした。

普段は海藻の上に鎮座していますが、
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
サボテングサやポンプの表面を盛んに突いています。
ヤエヤマギンポやフタイロカエルウオのようにコケを食べるんでしょうか?
ショップでも人工餌を食べていただけあって、すぐに餌付きました。
水面まで上がってきて初日から粒餌を食べています。
ただし、活ブラインには全然反応しません。
土管を底砂に挿しておいたら、夜は土管に入って寝てくれました!
顔だけ出して寝てる姿はものすごく可愛いのですが、暗すぎて撮影できません;

ハタタテハゼが居なくなって再び静かになったイバラカンザシ水槽ですが、
やっぱりハゼ水槽化の妄想を止められなくて、実現しちゃいました!

カタリナゴビー(体長3cm)
妄想アクアリウム
アメリカ産の色鮮やかな小型ハゼです!
真っ赤な体色に青のバンドという派手なカラーリング。
販売価格が「でも、お高いんでしょう?」なので、ずっと購入しなかったんですが、
ついに勢いで買っちゃいましたよ!
妄想アクアリウム
緑の海藻とのコントラストも綺麗ですね~。
水槽前面に出てきてくれるので、写真もたくさん撮れます!
妄想アクアリウム
よく見ると、結構怖い顔してるかも…
冷凍ホワイトシュリンプにすぐ餌付いたし、
活ブラインにも反応しているので餌付けは順調に進みそうです。
何より、水槽前面に出てきてくれる積極性格がいいですね。
テグリの餌付け超困難に比べたら楽チンすぎますw

カタリナゴビーは低温海域に住むので20~22度が適正と聞きました。
水温が高いと、白点病のように斑点が出て弱ってしまうらしいです。
いきなりそこまで水温を下げるのは危険なので、
魚水槽は24度、イバラカンザシ水槽改めハゼ水槽は23度に設定しています。
ただ、室温が20度くらいになると、水温はすぐ24度まで上がってしまいますね。
これからの季節は寒くなっていくので、23度固定で様子を見てみたいと思います。

グリーンバンテッドゴビー(体長2cm)
妄想アクアリウム
さらにもう1匹。かなりレアなハゼを追加。
ストライプ模様が印象的です。
妄想アクアリウム
ちょこちょこ動く面白いハゼです。
活ブラインを食べてくれたので、とりあえずは安心。
小さすぎていい写真が撮れません…またマクロレンズを手配せねば。

妄想アクアリウム
新参2匹のツーショット。
この2匹だけで値段は…と考えると、ちょっと血の気が引く思いですが、
ハゼ水槽は楽しいからいいよね!!!と自分を強引に納得させていますw

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。