スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病再び

30cm海水水槽 199日目
11月27日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

ブルーレッグハーミットクラブが写真を
撮って欲しそう(?)にしてたので1枚。
妄想アクアリウム
カリブ海のヤドカリは本当に綺麗ですね。

そして、なんと!
ネットで知り合ったJURIさんから、サンゴを頂いちゃいました!
妄想アクアリウム
バブルディスクとマメスナです!JURIさん、ありがとうございます!
なんでも、バブルディスクが大きく成長しすぎて置き場所が無いという
なんとも贅沢な悩みだそうで…
私もサンゴが増えすぎるとかそんな悩みをしてみたい…
あ!誰かうちの巨大ウミキノコさんをいりませんか?
あの大きさなら、株分けも十分できそうなんですが^^;

頂いたサンゴは小さいかわいいサイズなので、とりあえずサテライトへ。
バブルディスクは翌日にはポリプを開き始めたのですが、
マメスナはダンスゴビーシュリンプによって砂に埋められてしまいました…
うーん、小さなサンゴの置き場所を考えないとな。

ウミウシの餌として、ブルースポンジが到着。
妄想アクアリウム
コストパフォーマンスは悪いですが、水槽スペースがほとんどないので
幅8cmほどの小さな個体を購入しました。
写真には写っていませんが、裏側ではすぐにウミウシが齧りついています!

しかし、その2日後…なんだか様子がおかしい。
あれだけ調子が良くて巨大化していたナガレハナサンゴが小さくなってる。
ガラス面には線虫が何匹もくっついています。
いったい何事?っていうか、この線虫は何!?

ブルースポンジの白化が始まりました。
今からの経験からいうと、たぶん翌日には真っ白になっているでしょう。
そしてブルースポンジにくっついてるウミウシをよく見ると、いつもと様子が違う。
スポンジを食べても大きくならないし、フンが出ていない。
妄想アクアリウム
真っ白になってゆくブルースポンジと一緒に、そのまま溶けるように。
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の飼育日数は133日間でした。
直前まで予兆は無かったので、寿命…なんでしょうか…
(ウミウシの寿命は1年以内とも言われています。卵を産むとさらに縮まる)
大好物だったブルースポンジを食べながら天寿を全うしたと信じたいです。
餌代が高くついてしょうがなかった子だけど、悲しい。
いつかまたリベンジしたいです。

魚混泳水槽の方でも異変が。

あれだけ好調だった水槽の調子ですが、2つとも急降下した模様…
妄想アクアリウム
たった1日で、ロイヤルグラマが白点塗れに…
妄想アクアリウム
目を疑う白点の数…
以前、ロイヤルグラマを白点病で失ってるだけに、恐怖です。
妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼにも、見たこと無いくらいの白点…
妄想アクアリウム
なんと、ブルーリーフクロミスにまで白点が…
カクレクマノミは白点が1つ目視できる程度。

当初は白点病とは無縁だったうちの水槽ですが、
秋から白点病が猛威を振るうようになってきました。
今のところ、餌食いが良いのでまだ大丈夫と思いたいですが…
薬浴しても対処療法でしかないので、毎日水換えをしつつ
白点病と戦っていくつもりです。

ウザいくらい元気だったカタリナゴビー、グリーンバンデットゴビーも行方不明…
アカホシカクレエビの姿も見えないのは、落ちてしまったのか…
カニハゼ餌付けのために、餌の食い残しが大量に出たのが
水質悪化や不調の原因かもしれません。
小型水槽は水質が不安定なので、本当に水槽の好調~不調の波が激しすぎます。
細心の注意を払ってるつもりですが、小型水槽では如何ともし難く
いつも自分の無力さを痛感します。
引越しして大きな水槽を立ち上げるまで、生体追加は控えようかな…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

カンザシヤドカリ

30cm海水水槽 122日目
9月10日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

どうも。マニアック生体の話題ばかりな海水水槽の時間ですよ!

現在の海水連結水槽全景
妄想アクアリウム
海水にもスポットLEDGrassy LeDio RS122を付けました!
浅場のスペクトラルを意識してリーフホワイトをチョイス。
もうやめて遊戯!財布の中身はとっくにゼロよ!

左側の新水槽で気になるのが…
妄想アクアリウム
白化したスポンジ周辺に積みあがった白いモヤモヤ、
いったい何だと思いますか?
これ、全部ウミウシのウンコです!!!
わずか数日間でどんだけ食ってどんだけウンコしてんだよ…
デトリタス掃除要員のマガキガイを入れてみましたが、
ウンコまで掃除してくれるかどうか不明…

コレを入れるために水槽拡張までしたんです。
遂に到着したのが↓
ハマサンゴ+イバラカンザシ+カンザシヤドカリ
妄想アクアリウム
SPSハードコーラルのハマサンゴの育成には
ミドリイシに匹敵する環境が必要との情報…
ライトを増やして照明を強化したのはそのためなんです。
戦いは数だよ兄貴!
ミドリイシと言えば、難関サンゴの代名詞。
自分に上手く飼育できるかどうか自信はありませんが、
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ベースとなるハマサンゴに
イバラカンザシ 15個体
カンザシヤドカリ 5個体
が共存しています!!
こんな素晴らしい個体に巡り会えるなんて!!
やるしかないです。
全精力を傾けて頑張ります!

ここでおさらい。
イバラカンザシとは…
海中生物図鑑-イバラカンザシ Spirobranchus giganteus
イバラカンザシ(ウィキペディア)

カンザシヤドカリとは…
串本海域公園-カンザシヤドカリ

ダイバーの間では、イバラカンザシとカンザシヤドカリは
観察対象や被写体としてそこそこ有名だと思います。
けれど、熱帯魚ショップで販売されているかというと、超レアです。
イバラカンザシは大手ショップでたまに入荷されていますし
購入するのもそんなに難しくないですが、
カンザシヤドカリとなるとそうそう見つかりません。
こんなにたくさんの個体となると、数年に一度も無いんじゃないですか?
まあ、イバラカンザシとカンザシヤドカリを好き好んで
飼おうという人がそれだけ少ないだけかもしれませんけどね!^^;

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
手持ちのレンズではこれが精一杯…
透明度が高いADAガラス水槽でもこれが限界。
マクロレンズが欲しいけど、仕事用デジカメを買い換えたり
出費がかさみすぎて到底そんな余裕はありません;

妄想アクアリウム
カンザシヤドカリはこんな感じで住み着いています。
触覚を振り回して水中プランクトンを捕まえ、
それをハサミで拭ってパクパク食べます。
この動きが本当に面白いんですよね~。ずっと見ていて飽きません。
妄想アクアリウム
触覚を振り回すスピードは意外に素早く、
低速シャッターではブレてしまいます。
今まで1/125秒程度で撮影していましたが、
カンザシヤドカリ相手ではもっと高速にする必要がありますね。

水槽導入直後なんで、ちょっと水槽の前を横切るだけで
イバラカンザシもカンザシヤドカリも一斉に穴の中へ逃げ込んでしまいます。
スポイトで給餌も試してみたんですが、
やっぱり影が見えるとすぐ引っ込んでしまいますね。
慣れてくれば、カンザシヤドカリはスポイトに寄って来て
人工餌のメガバイトなども食べてくれるらいしいので、それも楽しみ。

ここで疑問。
ヤドカリは分かりますが、イバラカンザシについてはどうなんでしょうか?
カンザシゴカイ=ケヤリムシの仲間にどれだけ知性があるのか分かりませんが、
妄想アクアリウム
以前に導入したイバラカンザシはすっかり水槽に慣れたのか、
魚が鰓冠に接触しようがヤドカリが上を歩こうが、全然引っ込まなくなりました^^;

妄想アクアリウム
以前は臆病そうにライブロック後ろに隠れていたのに
堂々と表に出てくるようになったプテラポゴン・カウデルニーさん。
水槽にスポイトを入れると一目散に逃げていたのに、
最近ではスポイトにぶつかる勢いで餌を食べに来ます。

海水魚は一部を除いてワイルド(野生種)なので、
人間に慣れることはあっても懐くことはまずありません。
しかし、私の姿を見かけただけで水面にワラワラ寄って来る
ベラやクマノミ達を見ると、嬉しい反面、「お前らは池の鯉かっ!」
「野生を失うな!」とツッコミ入れたい思いでいっぱいです。

妄想アクアリウム
ハマサンゴと一緒に、ブルースポンジも購入しておきました。
例によってウミウシの餌用ですが、すぐには与えません。
食べられないようにウミウシとは別水槽でストックしておきます。
ウミウシは1週間程度の絶食は平気そうなので、
タイミングを図って与えたいと思います。

ブルースポンジは、いつでもショップで購入できる訳ではありません。
もしタイミング悪く数ヶ月購入できなかったりすると、
餌が無いウミウシは小さく縮んで消滅してしまうでしょう。
なので、買える時に買ってストックしておこうと思います。

苦手な人もいると思うので、
ウミウシの写真は追記にて↓

水槽連結

30cm海水水槽 115日目
9月3日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

先日行った久々の水質検査。
水温 24度
アンモニア(NH3)-
亜硝酸塩(NO2)0mg/l
硝酸塩(NO3)10+mg/l
ペーハー(pH) 7.4+pH
炭酸塩硬度(KH)10d
カルシウム(Ca)400mg/l
またpHが低くなってるので、アラガミルクを少しずつ添加。
蒸発した分の足し水で水道水からリン酸も入ってくるので
当分はこのコケ天国が続きそうです;

さて、海水水槽ではまたマニアックなことにチャレンジします!
2つの水槽を並列に連結する試み。

妄想アクアリウム
セッティング中なので見た目が悪いのはご勘弁を。
右側の立ち上がっている30cmキューブ水槽の隣に、
全く同じ大きさの30cmキューブ水槽を新しく設置。
水中ポンプで左水槽から右水槽に水を送り、
右水槽から左水槽へサイフォンで水を戻す仕組みです。

こちらのブログ↓を参考にさせてもらいました!
連結水槽の仕組み(。-∀-)ニヒ♪

サイフォンパイプを特注で制作してもらってるんですが、
まだ到着していないのでとりあえず水質を揃える準備と
機材のセッティングに取り掛かっています。
妄想アクアリウム
新水槽を置く場所を作るために、元水槽を5cmほど動かしたんですが
その衝撃だけでウミキノコがぐったりうなだれてしまいました;
キーパーからしたらたった数センチの水槽移動ですが、
中の生き物達からしたら巨大地震でしょうからねぇ…。
妄想アクアリウム
ウミウシの餌となるブルースポンジが到着したので
ライブサンドをひいた後に入れています。
何も入っていない水槽は、本当に広く感じますねー。
シムシティの新しいMAPみたいで、何を入れようかワクワクしますw
といっても、入れる生体は決まってるんですがね!

実は、ショップでまたイバラカンザシを見つけまして。
私がイバラカンザシを大好きなのは、購入時にも書いた通りなんですが
今回は、ハマサンゴにイバラカンザシとカンザシヤドカリまでいるんですよ!
ヤドカリって普通は貝殻に入って生活するものなんですが、
カンザシヤドカリというのは、サンゴに開いたイバラカンザシの穴に入る
珍しい種類のヤドカリなんですよ!ショップで販売されることは極めて稀なので、
悩んだ挙句、ベースとなるハマサンゴが入る大きさの水槽を連結させることにしました。
余っている20cmハイキューブ水槽の連結も考えたんですが、底面積が狭いので
スペースに余裕を持たせた方がいいでしょうからね。
どうせ私のことだから色々と生体を入れたくなるに決まってるし!

水槽連結のメリットとしては
・今まで総水量が約30リットルだったのが一挙に倍になり、水質が安定する。
・新水槽には魚やエビが居ないので、産卵・繁殖などに使える。
 ライブロックの微生物も捕食されず、ゆっくり観察できる。
・魚にいじめが発生した場合には、すぐに同じ水質の隔離水槽として使用できる。

逆にデメリットとしては
・当然、魚の泳げるスペースは広がらないのでテリトリー争いは解決しない。
・サイフォンパイプが詰まれば即大洪水の事故が発生。

大洪水だけはどうしても避けないといけないので、対策を練っておきます。
しかし、目の前に空き水槽があると、色々生体を入れたくなってやばいですねw

「底砂がパウダーなら、チンアナゴもいけるな。もう少し厚みが必要か。」
「砂に穴を掘って寝るイエローコリスも可愛いよな。」

「あれ?俺は何を飼おうとしてたんだっけ?」

せっかく憧れのイバラカンザシとカンザシヤドカリを飼うために拡張したのに、
危うくチンアナゴ水槽になるところでしたw
こんな感じで魚をポチりそうになるのを堪えないといけませんw

追記にはまたウミウシが登場します↓

カクレクマノミ登場!

30cm海水水槽 88日目
8月8日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

今回は、遂に真打ち登場です。
そう。この魚を飼うために、アクアリウムを始めたんです。

カクレクマノミ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
体長3cmに満たない、ブリードのベビーサイズ。
ケンカするといけないので、1匹だけの導入ですが
くねくね泳いだり、1人で水流に乗って遊んだり、可愛すぎる!!!

妄想アクアリウム
可愛さアピールしまくる新人アイドルのカクレクマノミさんを見て、
現役女王・温厚なキイロサンゴハゼさんもブチ切れました。
「ハァ?なにあの女!ブリッ子で超ナマイキ!
 ちょっとオトコにチヤホヤされたからって
 チョーシ乗ってんじゃないわよ!」というところでしょうか。
(ストーリーは妄想なんですが)

サイズ的にはキイロサンゴハゼの方がわずかに大きいくらいなのですが、
まさかキイロサンゴハゼが優勢になるとは想像もしませんでした。
体長1cmくらいのミニミニクマノミにしようかと迷ったんですが、
このサイズにしておいて正解だったようです。

本当は、ペアで飼って繁殖にも挑戦したいんですが、
サンゴがワンサカ入ってる今の状態では無理ゲーすぎる。
引越し後にはサンゴを大型水槽に移して、
30cmキューブはクマノミとイソギンチャクを入れたいと思います!

キイロサンゴハゼも一回り大きく成長して、
ほっぺがピンクに色づいてさらに可愛さアップ!
何匹か入れて群泳させたいなぁといつも思ってしまいます。

↓以下はまたウミウシが登場しますw

ブルースポンジ

30cm海水水槽 68日目
7月19日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)用の餌が到着!

ブルースポンジ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
すごい立派で色鮮やかなスポンジです!
ウミウシの餌にするのはもったいないくらい!^^;
小型水槽でもう残りスペースがほとんど無いので、
無理矢理押し込んだようなレイアウトになってしまいましたが
高さのあるスポンジで水槽がさらに華やかになって見ごたえがあります。
妄想アクアリウム
さっそくイソギンチャクモエビがお掃除を始めました。
スポンジ類はコケに弱いので助かります。
妄想アクアリウム
ウミウシがなかなかスポンジを見つけられない、という
情報もあったのですが、うちではすぐにスポンジの上に移動しました。
1日中このまま。きっとモグモグしてるんでしょうね。

ウミウシの飼育については、ほとんど情報がありません。
食性や生態が不明の種類が多いですし、
設備の整った水族館ですら長期飼育は難しいと聞きます。
ウミウシ購入者のレビューやブログを見ても、
購入1週間~1ヶ月で死んでしまうことがほとんどみたいです。
しかし、個人でも半年~2年の飼育に成功している人も
(ごく僅かですが)存在します。
ウミウシ飼育に全力を傾けつつ、貴重な飼育データが収集できれば。

それから、ほとんど動くこともなくなっていたキイロサンゴハゼですが、
今朝には行方不明になっていました。
いつも全開のウミキノコが、今日に限って全くポリプを開きません。
水質変動(生体死亡)を感じ取っているとしか思えず、嫌な予感しかしません…

いくら探しても見つからなかったのですが、サンゴの裏で
午後にはエビとヤドカリに食べられている姿を発見しました…
弱っているから襲われて捕食されたのか、
息絶えてから食べられたのか、はわかりませんが、残念です。

キイロサンゴハゼのように餌付けや飼育が難しい魚で
購入時から痩せていて弱っている個体は、手の打ちようがありません…
特に超小型の魚は体力が無いので、痩せてしまうと回復が難しいです。
今回は通販だったので、魚を直接見て選べないので、運任せになってしまいます。
数時間かけて付きっ切りでブラインシュリンプ食べさせたのに。
やれることは全てやったつもりですが…悲しい。
本当に可愛らしい魚なので、すぐにでもリベンジしたいくらいですが、
生体が落ちるのは本当にショックなので…
ショップで直接見て、状態の良いものを入手しないと。
もう同じ悲しみを味わうのは避けたいものです。

同じく飼育が難しいマンダリンは、痩せ気味ですが今のところ元気です。
人工餌とブラインシュリンプを混ぜて餌付けを試みてみましたが、
現在のところは人工餌に見向きもしません。
とりあえず毎日ブラインシュリンプを湧かせて、
環境に慣れさせて体力をつけさせてから、じっくり餌付けしようと思います。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。