スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淡水でも混泳に挑戦!

20cm淡水水槽立ち上げ 40日目
8月10日(土)
現在の淡水水槽タンクメイト

淡水はベタ専用としか考えていなかったんですが、
20cmハイキューブのレイアウトを考えているうちに、
脇役として小さな魚を入れることを検討し始めました。
ベタは東南アジア産なので、ネオンテトラのような南米産カラシンを入れると
水草との統一感がなくなるなぁ、と思いつつ魚を探していると、
東南アジア産のラスボラ(コイの仲間)が適任という結論に!

さっそく、淡水でも混泳に挑戦してみたいと思います。

ボララス・ブリジッタエ
妄想アクアリウム
体長は1.5~2cm程度でしょうか。
赤味を帯びた体色とピンと立った背びれが特徴的。

ラスボラ・アクセルロディ ブルー
妄想アクアリウム
体長は2cm程度。
ブリジッタエよりも性格が強いようで、投入直後から水槽前面に出てきます。
水質に敏感な種類なので、今後も気をつけて注視していきます。

ドラキュラ・ダニオ
妄想アクアリウム
牙のような特徴があるだけで、血を吸ったりしないですよw
透明な身体は、食べたエサまで透けて見えるそうです。

ミクロラスボラsp ハナビ
すぐに水草に隠れてしまい、写真がありません…
餌も食べているかどうか(見えないので)不明。
早く環境に慣れて欲しいものです。

これで淡水水槽も、かなり様になってきた!(気がします)
超小型ラスボラとはいえ2cm前後の魚ばかりなので、
体長5.5cmのベタの口には入らない、と信じています…

投入から2日経ち、活ブラインシュリンプには反応するようになりました。
一旦口に入れても吐き出してしまいますが、
モグモグしてるので一応は食べている様子。
しかし、ドラキュラ・ダニオは食べてる様子が無い。
アクセルロディも痩せやすいと聞いているので、
淡水も餌付けの戦い開始ですね。頑張ります!
餌付いて落ち着いたら、主役のベタを入れようと思います。
スポンサーサイト

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。