スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白点病再び

30cm海水水槽 199日目
11月27日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

ブルーレッグハーミットクラブが写真を
撮って欲しそう(?)にしてたので1枚。
妄想アクアリウム
カリブ海のヤドカリは本当に綺麗ですね。

そして、なんと!
ネットで知り合ったJURIさんから、サンゴを頂いちゃいました!
妄想アクアリウム
バブルディスクとマメスナです!JURIさん、ありがとうございます!
なんでも、バブルディスクが大きく成長しすぎて置き場所が無いという
なんとも贅沢な悩みだそうで…
私もサンゴが増えすぎるとかそんな悩みをしてみたい…
あ!誰かうちの巨大ウミキノコさんをいりませんか?
あの大きさなら、株分けも十分できそうなんですが^^;

頂いたサンゴは小さいかわいいサイズなので、とりあえずサテライトへ。
バブルディスクは翌日にはポリプを開き始めたのですが、
マメスナはダンスゴビーシュリンプによって砂に埋められてしまいました…
うーん、小さなサンゴの置き場所を考えないとな。

ウミウシの餌として、ブルースポンジが到着。
妄想アクアリウム
コストパフォーマンスは悪いですが、水槽スペースがほとんどないので
幅8cmほどの小さな個体を購入しました。
写真には写っていませんが、裏側ではすぐにウミウシが齧りついています!

しかし、その2日後…なんだか様子がおかしい。
あれだけ調子が良くて巨大化していたナガレハナサンゴが小さくなってる。
ガラス面には線虫が何匹もくっついています。
いったい何事?っていうか、この線虫は何!?

ブルースポンジの白化が始まりました。
今からの経験からいうと、たぶん翌日には真っ白になっているでしょう。
そしてブルースポンジにくっついてるウミウシをよく見ると、いつもと様子が違う。
スポンジを食べても大きくならないし、フンが出ていない。
妄想アクアリウム
真っ白になってゆくブルースポンジと一緒に、そのまま溶けるように。
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の飼育日数は133日間でした。
直前まで予兆は無かったので、寿命…なんでしょうか…
(ウミウシの寿命は1年以内とも言われています。卵を産むとさらに縮まる)
大好物だったブルースポンジを食べながら天寿を全うしたと信じたいです。
餌代が高くついてしょうがなかった子だけど、悲しい。
いつかまたリベンジしたいです。

魚混泳水槽の方でも異変が。

あれだけ好調だった水槽の調子ですが、2つとも急降下した模様…
妄想アクアリウム
たった1日で、ロイヤルグラマが白点塗れに…
妄想アクアリウム
目を疑う白点の数…
以前、ロイヤルグラマを白点病で失ってるだけに、恐怖です。
妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼにも、見たこと無いくらいの白点…
妄想アクアリウム
なんと、ブルーリーフクロミスにまで白点が…
カクレクマノミは白点が1つ目視できる程度。

当初は白点病とは無縁だったうちの水槽ですが、
秋から白点病が猛威を振るうようになってきました。
今のところ、餌食いが良いのでまだ大丈夫と思いたいですが…
薬浴しても対処療法でしかないので、毎日水換えをしつつ
白点病と戦っていくつもりです。

ウザいくらい元気だったカタリナゴビー、グリーンバンデットゴビーも行方不明…
アカホシカクレエビの姿も見えないのは、落ちてしまったのか…
カニハゼ餌付けのために、餌の食い残しが大量に出たのが
水質悪化や不調の原因かもしれません。
小型水槽は水質が不安定なので、本当に水槽の好調~不調の波が激しすぎます。
細心の注意を払ってるつもりですが、小型水槽では如何ともし難く
いつも自分の無力さを痛感します。
引越しして大きな水槽を立ち上げるまで、生体追加は控えようかな…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

海水魚の色揚がり

30cm海水水槽 197日目
11月25日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

魚をいっぱい増やして賑やかになった混泳水槽。
サンゴは花畑が咲き乱れるようにポリプを開いてるし、
魚たちは元気いっぱいに泳ぎ回って、水槽は好調です。
問題といえば、カニハゼがまだ餌付かないことくらいでしょうか。

ブルーリーフクロミス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
「メタリックな美しさではアレンズダムゼルに劣る」みたいな書き方をして
ブルーリーフクロミス先輩、すいませんでした!
くすんだ色合いだったのは、輸送のストレスのせいだったんですね。
すっかり色揚がりして、ブルーの体色が際立っています。
妄想アクアリウム
うちの水槽では最も大きな魚なので、存在感もバッチリ。
それでいて他の魚を苛めたりしないところが素敵。
さすがデバスズメダイの10倍の値段するだけあります!
妄想アクアリウム
サンゴの間を泳ぐブルーリーフクロミス。絵になります。
カリブ海の魚は、名前もカッコイイですよね!
ロイヤルグラマとか、ロックビューティーとか、スイスガードバスレットとか。
妄想アクアリウム
そのロイヤルグラマと並んだところ。
美しさでは負けてません、と言いたいところですが、
やっぱりうちの水槽の主役はロイヤルグラマですよね。
妄想アクアリウム
たまにロイヤルグラマが口を開けて威嚇するんですが、
ブルーリーフクロミスは意に介しません。
「ああん?ヤんのか?コラ」とヤンキーがガン飛ばすみたいに
超至近距離なんですが、相手は平気です。
っていうか、ビビって逃げる魚を見たことがありません。
ロイヤルグラマの威嚇は魚界でナメられているのかも…

ロイヤルグラマ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
私一押しの海水魚です。
隔離ケースでしつこく慣らしたおかげで、
うちの環境では全然ライブロックに隠れません。
おかげで、いつでもゆっくり鑑賞することができます。
ただし、情報どおり白点病には非常にかかりやすいです。
この写真には写っていませんが、白点がポツリポツリと…
餌食いは非常に良いので、このまま自然治癒して欲しいものです。

テールスポットブレニー
妄想アクアリウム
すぐに粒餌に餌付いたブレニーですが、餌を食べるのが本当に下手。
餌を要領良く食べるカクレクマノミにいつも奪われてしまいます。

キイロサンゴハゼ
妄想アクアリウム
ボスの座から転落しましたが、飼育4ヶ月を超えました。
以前ほど良い体格ではなくなりましたが、元気です。
ただ、やっぱりすぐに白点が出ますね。ちょっと心配。

ホワイトソックス
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
淡水ではありえない、ド派手な真っ赤なエビです。
やっと環境に慣れてきたのか、昼間でも出てくるようになりました。
ちなみに、この緑色の物体はマガタマモです。
LEDライト直下に置いてると、こんなに濃い色になりました。
妄想アクアリウム
餌で釣って、さらに前面へ誘導してみます。
妄想アクアリウム
着色したのかと思うほどの鮮やかなレッド。
妄想アクアリウム
ザリガニ用餌をもらってバンザイしてるところ。
ピンセットから直接餌を受け取ってくれるので楽しいです。
可能ならもう1匹入れたくなるな…
妄想アクアリウム
ピントが外れて後ろのタカラガイに合ってしまったんですが、
外套膜がゼブラ柄みたいで綺麗に見えるので載せてみました。

妄想アクアリウム
そろそろ元気がなくなってきたポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)君。
20日間近い絶食だからな。もうすぐブルースポンジ届くから、待ってろよ。
しかし、餌にお金がかかるなぁ…
今までのトータルで(白化したものを含む)送料抜きでも餌代に17,520円。
なかなかにお金がかかりますなぁ;;
でもいいんです。ウミウシが元気に暮らせるならば。

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

カンザシヤドカリ

30cm海水水槽 122日目
9月10日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

どうも。マニアック生体の話題ばかりな海水水槽の時間ですよ!

現在の海水連結水槽全景
妄想アクアリウム
海水にもスポットLEDGrassy LeDio RS122を付けました!
浅場のスペクトラルを意識してリーフホワイトをチョイス。
もうやめて遊戯!財布の中身はとっくにゼロよ!

左側の新水槽で気になるのが…
妄想アクアリウム
白化したスポンジ周辺に積みあがった白いモヤモヤ、
いったい何だと思いますか?
これ、全部ウミウシのウンコです!!!
わずか数日間でどんだけ食ってどんだけウンコしてんだよ…
デトリタス掃除要員のマガキガイを入れてみましたが、
ウンコまで掃除してくれるかどうか不明…

コレを入れるために水槽拡張までしたんです。
遂に到着したのが↓
ハマサンゴ+イバラカンザシ+カンザシヤドカリ
妄想アクアリウム
SPSハードコーラルのハマサンゴの育成には
ミドリイシに匹敵する環境が必要との情報…
ライトを増やして照明を強化したのはそのためなんです。
戦いは数だよ兄貴!
ミドリイシと言えば、難関サンゴの代名詞。
自分に上手く飼育できるかどうか自信はありませんが、
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ベースとなるハマサンゴに
イバラカンザシ 15個体
カンザシヤドカリ 5個体
が共存しています!!
こんな素晴らしい個体に巡り会えるなんて!!
やるしかないです。
全精力を傾けて頑張ります!

ここでおさらい。
イバラカンザシとは…
海中生物図鑑-イバラカンザシ Spirobranchus giganteus
イバラカンザシ(ウィキペディア)

カンザシヤドカリとは…
串本海域公園-カンザシヤドカリ

ダイバーの間では、イバラカンザシとカンザシヤドカリは
観察対象や被写体としてそこそこ有名だと思います。
けれど、熱帯魚ショップで販売されているかというと、超レアです。
イバラカンザシは大手ショップでたまに入荷されていますし
購入するのもそんなに難しくないですが、
カンザシヤドカリとなるとそうそう見つかりません。
こんなにたくさんの個体となると、数年に一度も無いんじゃないですか?
まあ、イバラカンザシとカンザシヤドカリを好き好んで
飼おうという人がそれだけ少ないだけかもしれませんけどね!^^;

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
手持ちのレンズではこれが精一杯…
透明度が高いADAガラス水槽でもこれが限界。
マクロレンズが欲しいけど、仕事用デジカメを買い換えたり
出費がかさみすぎて到底そんな余裕はありません;

妄想アクアリウム
カンザシヤドカリはこんな感じで住み着いています。
触覚を振り回して水中プランクトンを捕まえ、
それをハサミで拭ってパクパク食べます。
この動きが本当に面白いんですよね~。ずっと見ていて飽きません。
妄想アクアリウム
触覚を振り回すスピードは意外に素早く、
低速シャッターではブレてしまいます。
今まで1/125秒程度で撮影していましたが、
カンザシヤドカリ相手ではもっと高速にする必要がありますね。

水槽導入直後なんで、ちょっと水槽の前を横切るだけで
イバラカンザシもカンザシヤドカリも一斉に穴の中へ逃げ込んでしまいます。
スポイトで給餌も試してみたんですが、
やっぱり影が見えるとすぐ引っ込んでしまいますね。
慣れてくれば、カンザシヤドカリはスポイトに寄って来て
人工餌のメガバイトなども食べてくれるらいしいので、それも楽しみ。

ここで疑問。
ヤドカリは分かりますが、イバラカンザシについてはどうなんでしょうか?
カンザシゴカイ=ケヤリムシの仲間にどれだけ知性があるのか分かりませんが、
妄想アクアリウム
以前に導入したイバラカンザシはすっかり水槽に慣れたのか、
魚が鰓冠に接触しようがヤドカリが上を歩こうが、全然引っ込まなくなりました^^;

妄想アクアリウム
以前は臆病そうにライブロック後ろに隠れていたのに
堂々と表に出てくるようになったプテラポゴン・カウデルニーさん。
水槽にスポイトを入れると一目散に逃げていたのに、
最近ではスポイトにぶつかる勢いで餌を食べに来ます。

海水魚は一部を除いてワイルド(野生種)なので、
人間に慣れることはあっても懐くことはまずありません。
しかし、私の姿を見かけただけで水面にワラワラ寄って来る
ベラやクマノミ達を見ると、嬉しい反面、「お前らは池の鯉かっ!」
「野生を失うな!」とツッコミ入れたい思いでいっぱいです。

妄想アクアリウム
ハマサンゴと一緒に、ブルースポンジも購入しておきました。
例によってウミウシの餌用ですが、すぐには与えません。
食べられないようにウミウシとは別水槽でストックしておきます。
ウミウシは1週間程度の絶食は平気そうなので、
タイミングを図って与えたいと思います。

ブルースポンジは、いつでもショップで購入できる訳ではありません。
もしタイミング悪く数ヶ月購入できなかったりすると、
餌が無いウミウシは小さく縮んで消滅してしまうでしょう。
なので、買える時に買ってストックしておこうと思います。

苦手な人もいると思うので、
ウミウシの写真は追記にて↓

リフジウム急変

30cm海水水槽 120日目
9月8日(日)
現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽の横に設置して簡易リフジウムとして使用していたサテライトですが
妄想アクアリウム
突然、海藻が半分以上溶けました!
あんなに隙間無くぎっしり繁殖してジャングル状態だったのに…
妄想アクアリウム
小型LEDライトを常時点灯しているのですが、
見事にその周りの部分(白線内)だけ生き残り、
その外の部分はキレイに溶けてしまいました。
(溶けた海藻はピンセットで取り除いています)

この小さな照明では足りなかったか。うーむ。
↓この通りの結果になってしまいましたね。
リフジウムで海藻を別の水槽に入れるのは何故ですか?

水槽は暇さえあればよく観察しておくことが肝心。
妄想アクアリウム
ふと見ると、隔離ケースのフタにカーリー(セイタカイソギンチャク)が出現!
デジタル温度計のキスゴムにも出現して退治したばかりだというのに。
すぐにカーリー駆除薬「アイプタシアX」を取り出して、お仕置きのお注射!
すると、飛び散ったアイプタシアXを、ベラがバクバク食う!
釣られてクマノミもバクバク食う!お前ら、それ餌じゃないから!
こんな毒々しい紫色の溶液にも喰らい付くとは…ベラの食い意地は恐るべし。

マメスナギンチャクにくっついていた貝はコイツ↓と判明。
ウノアシガイ

ポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)は、まん丸になってスポンジをモグモグ。
妄想アクアリウム
ブルースポンジはすっかり白くなってしまいました;
そしてウミウシはまたデカくなった…?

水槽連結2

30cm海水水槽 118日目
9月6日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

30cmキューブ水槽の並列接続挑戦編。
妄想アクアリウム
30cmキューブが2個で25リットル+25リットルで50リットル!
サテライトLと外掛けフィルターの容量が加わって10リットル!
これで60cmスリム水槽を上回る合計60リットルだーっ!
妄想アクアリウム
こんな感じで水量ウォーズマン理論なんです。

濾過強化のため、新水槽にも外掛けフィルターを設置。
こっちには底面フィルターは付けていません。
パウダーじゃないけど粒が細かいサンゴ砂だし
イバラカンザシメインだから、そんなに水も汚さないはずだから。
妄想アクアリウム
サイフォンパイプがまだ届いていないので
CO2添加用の6mm耐圧ホースで仮に繋いでみました。
妄想アクアリウム
透明のオシャレなホースを3本設置してるんで、
マメオーバーフローみたいでカッコ良く見えない?
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
見えませんか。見えませんね。すいません。

サイフォンのテストとして水中ポンプを作動させると、
ちゃんと水が循環しています。よしよし。
ただ作動させ続けていると、水面がジワジワ上昇するので
洪水発生が怖いので手動でオフしています。
やっぱり耐圧ホースでは常時循環は無理ですね。

あいかわらず新水槽にはまだブルースポンジとウミウシだけ。
妄想アクアリウム
スポンジの土台あたりに蓄積している白いモヤモヤは、ウミウシのウンコです。

ウミウシがウンコしてる瞬間を目撃しました!
こんなの、水族館でもなかなか見られないんじゃね?
うちの水槽なら、2次鰓の中からプリッとウンコが出てくるのが
いつでも観察できるけどな!ウンコしてるウミウシが見たい人は、いつでもおいで!

ブルースポンジは猛烈な勢いで白化しています;
水槽立ち上げ中で、水合わせも十分にできかなったから仕方がない…
これは数日で真っ白だろうな…(遠い目

ポルカドットスラッグ導入からもうすぐ2ヶ月。
ウミウシは半月以内での死亡例が多いようですが
うちの場合は、ウミウシよりその餌のスポンジの維持が難しいです;

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。