スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のサンゴ

30cm海水水槽 243日目
1月10日(金)
現在の海水水槽タンクメイト

何気なく立ち寄ったショップで、またもサンゴを衝動買いしてしまいました。
というのも…
妄想アクアリウム
パッと見ただけで、グリーンのバブルディスクが3枚付いています!
小さなスポンジかホヤとケヤリも居るし、ベースロックの状態も良さそうなので
これで2,000円は超お買い得!!と予定外の購入をしてしまいました。
妄想アクアリウム
バブルディスク自体はグリーンのノーマルカラーですが、
調子はなかなか良さそうです。

妄想アクアリウム
そのライブロックにくっついていた小さな巻貝。
種類は分かりませんが、そっと水槽に入れてあげました。
もちろん、サンゴを食害するようならすぐにご退場願いますけどね!

そして、次。
謎のサンゴを買ってしまいました。
妄想アクアリウム
これ、何のサンゴか分かりますか?
店員に尋ねても分からず。
オオトゲトサカじゃないし、ベニウミトサカでもない。
ミナベトサカか?陰日性サンゴには間違いないだろうけど…

ここで私の悪い病気が出てしまいました。
「安いし、面白そうだから買ってみようか!」
オオトゲトサカの飼育難易度を実感して、
もう難しい陰日性サンゴには手を出さないと決めていたのに;

後日、判明したのは…
「ウミイチゴ」でした!
しまった~~
これまた飼育困難なサンゴを買ってしまったなぁ。
妄想アクアリウム
確かに、イチゴっぽいといえばそう見えるかな^^;
これはポリプを閉じた状態で、主に夜には
花が開くように小さなポリプがたくさん咲くはずなんです。

導入翌日は上のライブロックにぶつかるくらい膨らんでたんですが、
その翌日には写真のように「くったり」と倒れこんでいます…
強い水流を好むらしいのでパワーヘッドを強めたり角度を変えたりしたんですが
今のところ、一度もポリプを開いてくれません。
プランクトンリッチな天然海水を取り寄せて換水してみたんですが、
なんとこれでも反応がありません。
やばいな。これではトゲナシヤギの二の舞になってしまう。
サンゴの体力が尽きる前に、液体フードで強制給餌しようと思います。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
スポンサーサイト

白点病再び

30cm海水水槽 199日目
11月27日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

ブルーレッグハーミットクラブが写真を
撮って欲しそう(?)にしてたので1枚。
妄想アクアリウム
カリブ海のヤドカリは本当に綺麗ですね。

そして、なんと!
ネットで知り合ったJURIさんから、サンゴを頂いちゃいました!
妄想アクアリウム
バブルディスクとマメスナです!JURIさん、ありがとうございます!
なんでも、バブルディスクが大きく成長しすぎて置き場所が無いという
なんとも贅沢な悩みだそうで…
私もサンゴが増えすぎるとかそんな悩みをしてみたい…
あ!誰かうちの巨大ウミキノコさんをいりませんか?
あの大きさなら、株分けも十分できそうなんですが^^;

頂いたサンゴは小さいかわいいサイズなので、とりあえずサテライトへ。
バブルディスクは翌日にはポリプを開き始めたのですが、
マメスナはダンスゴビーシュリンプによって砂に埋められてしまいました…
うーん、小さなサンゴの置き場所を考えないとな。

ウミウシの餌として、ブルースポンジが到着。
妄想アクアリウム
コストパフォーマンスは悪いですが、水槽スペースがほとんどないので
幅8cmほどの小さな個体を購入しました。
写真には写っていませんが、裏側ではすぐにウミウシが齧りついています!

しかし、その2日後…なんだか様子がおかしい。
あれだけ調子が良くて巨大化していたナガレハナサンゴが小さくなってる。
ガラス面には線虫が何匹もくっついています。
いったい何事?っていうか、この線虫は何!?

ブルースポンジの白化が始まりました。
今からの経験からいうと、たぶん翌日には真っ白になっているでしょう。
そしてブルースポンジにくっついてるウミウシをよく見ると、いつもと様子が違う。
スポンジを食べても大きくならないし、フンが出ていない。
妄想アクアリウム
真っ白になってゆくブルースポンジと一緒に、そのまま溶けるように。
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の飼育日数は133日間でした。
直前まで予兆は無かったので、寿命…なんでしょうか…
(ウミウシの寿命は1年以内とも言われています。卵を産むとさらに縮まる)
大好物だったブルースポンジを食べながら天寿を全うしたと信じたいです。
餌代が高くついてしょうがなかった子だけど、悲しい。
いつかまたリベンジしたいです。

魚混泳水槽の方でも異変が。

あれだけ好調だった水槽の調子ですが、2つとも急降下した模様…
妄想アクアリウム
たった1日で、ロイヤルグラマが白点塗れに…
妄想アクアリウム
目を疑う白点の数…
以前、ロイヤルグラマを白点病で失ってるだけに、恐怖です。
妄想アクアリウム
キイロサンゴハゼにも、見たこと無いくらいの白点…
妄想アクアリウム
なんと、ブルーリーフクロミスにまで白点が…
カクレクマノミは白点が1つ目視できる程度。

当初は白点病とは無縁だったうちの水槽ですが、
秋から白点病が猛威を振るうようになってきました。
今のところ、餌食いが良いのでまだ大丈夫と思いたいですが…
薬浴しても対処療法でしかないので、毎日水換えをしつつ
白点病と戦っていくつもりです。

ウザいくらい元気だったカタリナゴビー、グリーンバンデットゴビーも行方不明…
アカホシカクレエビの姿も見えないのは、落ちてしまったのか…
カニハゼ餌付けのために、餌の食い残しが大量に出たのが
水質悪化や不調の原因かもしれません。
小型水槽は水質が不安定なので、本当に水槽の好調~不調の波が激しすぎます。
細心の注意を払ってるつもりですが、小型水槽では如何ともし難く
いつも自分の無力さを痛感します。
引越しして大きな水槽を立ち上げるまで、生体追加は控えようかな…

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

陰日性サンゴに挑戦!

30cm海水水槽 79日目
7月30日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

暗い話題ばかりだと気が滅入ってしまうので、
ここらでニューフェイスの話題を。

私はサンゴ飼育にハマっていますが、サンゴには大きく分けて2つあります。
好日性サンゴ(光合成する、浅瀬の日向に生息)
陰日性サンゴ(光合成しない、深海や日陰に生息)

好日性サンゴは強力な照明と清涼な飼育水があれば飼育可能なんですが、
では陰日性サンゴはどうやって飼育するのかというと…

YAHOO!知恵袋
陰日性サンゴの飼い方を教えてください

これを読んで、
「ああ、俺には関係ないなぁ」
「いくらなんでも世話が大変すぎるだろ」
「こんなに苦労してまで、世の中には物好きな人も居るんだなぁ」
と思っていましたが…

気がつくと、自分も陰日性サンゴを買っていました!!!

しかも、飼育難易度が高いオオトゲトサカです。

東京ズーネット-念願のトゲトサカが咲き誇る

水族館でも飼育が困難なこのサンゴ…
ショップのセールで相場よりかなり安かったのが発端なのですが、
陰日性サンゴの色鮮やかな色彩に魅了されてしまったのが決め手でした。
別名:カリフラワーコーラルと言われ、ベニウミトサカと共に
レッド・ピンク・オレンジのカラーは別世界のような美しさです。

この難しいサンゴの対策として、準備したのはコレ↓
妄想アクアリウム
100均で釣り糸を購入。
好日性のチヂミトサカやヌメリトサカは比較的丈夫なことで知られていますが
陰日性のトサカ類は非常にデリケートなため、水槽導入時には
通常のようにライブロックに立てるのではなく、逆さ吊りのように
上から吊り下げて、サンゴに負担をかけないのが狙いです。
妄想アクアリウム
隔離ボックスのマーブルサロンシュリンプをサテライトに移して、
フタのキスゴムを利用してトゲトサカを吊り下げます。
これなら、導入時にトサカの身体が折れてしまう危険性を防げます。
ショップから輸送されてきたときも、
発泡スチロールの浮きに止められて逆さ吊りの状態で届きました。
これは「分かってる」ショップさんで、嬉しい配慮です。
妄想アクアリウム
偶然、土台のライブロックに小さな穴が空いていて、
釣り糸を通してしっかりと固定することができました。
こんな幸運、そうそうは有り得ませんよ!
このサンゴは絶対に育ててみせるとさらに固く誓った瞬間です。
妄想アクアリウム
数時間すると、トゲトサカが膨らんできました。
妄想アクアリウム
ポリプの状態までははっきり把握できませんが、
この状態のときに給餌すべきなんでしょうね。
妄想アクアリウム
そしてここまで大きく!
体長4~5cmと聞いていましたが、10cm近くになっています^^;
妄想アクアリウム
クリアな透明感と鮮やかなレッドのコントラストが本当に美しいです。
妄想アクアリウム
こちらは消灯後。
陰日性といっても光が嫌いな訳ではありません。
ただ、リズム的に消灯後に開く方が多いように思われます。
妄想アクアリウム
この神秘的な姿を見るためには、水流を止めて、サンゴ用液体フードや
プランクトンフードをスポイトでゆっくり給餌する必要があります。
本来、好日性と陰日性サンゴを一緒の水槽で飼うのはデメリットの方が多いのですが
こまめな世話でカバーできると考えています。
私は1日2~3回の給餌と、2~3日に1度の換水を続けています。
餌付けが難しい魚への給餌を含め、毎日3~4時間の世話をしてました。
私は(飼育に関しては)ドMなんで、全然問題ありません!!
この苦労に見合う美しさを見せてくれますよ!

魚とエビが大打撃を受けた「不在の2日間」を耐え、
現状でこのオオトゲトサカが一番元気なサンゴです。
アワサンゴはまだ不調ですが、水質にうるさいツツウミヅタも
ポリプを開くようになったので、再びこのまま頑張りたいと思います。

そしてもう1つ。
妄想アクアリウム
同時に購入したバブルディスク。
妄想アクアリウム
こちらもセールでありえない安さだったので一緒に購入w
どの程度までポリプを開くのか、慎重に観察していきたいです。

ちなみに、海藻ジャングルなサテライトに放り込まれた
マーブルサロンシュリンプですが、すぐ死んでしまったらどうしようと
心配していましたが、意外と元気でちょっと一安心。
引っ越したら水槽に戻してあげようと思います。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。