スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローポリプ増殖

30cm海水水槽 436日目
8月5日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

無事に引越しを乗り切った30cmキューブ水槽2つ。
現在はサイフォン式連結パイプは外しています。
妄想アクアリウム
写真を見て分かるように、ウミキノコがものすごく大きく成長して
右側水槽を大きく占有しております…
30cmキューブでハタゴイソギンチャクを飼うと
ほとんど大部分を占領されてしまう話はよく聞きますが、
まさかウミキノコでこんなことになろうとは。

それと、左側水槽下側のこいつ
イエローポリプ
妄想アクアリウム
レイアウトするのに丁度良いライブロックが無いので
ベース岩と底砂の上に置いておいたら、
条件が良かったのか猛烈な勢いで繁殖中。

イエローポリプ
妄想アクアリウム
以前の配置↑では、数日に1度はピンセットで粒餌を与えていたのですが、
匂いを嗅ぎつけたヤドカリやイソギンチャクモエビが群がってきて
さながらバーゲンセールのオバサン祭りの様相でサンゴを踏みつけまくるので
なかなかイエローポリプにきっちり給餌することができませんでした。

それが今の配置になってからは、一切給餌していません!
(調子が良すぎて増えすぎるから)
イエローポリプにはあまり強い水流は適していないと言われていますが、
今の場所は結構強めに水流が当たっています。
2日に1度は活ブラインシュリンプを投入しているので、
流れてきたブラインを捕食してこんなに成長したようです。
あとエビ・ヤドカリ用に沈降性粒餌を入れたときに
目標を外れて稀に流れてきた餌も食べています。

「イエローポリプをうまく飼育できない」という話も聞きますが、
給餌さえしっかりすれば丈夫で飼い易いサンゴだと思いますよ!
うちでは増えすぎたので、株分けのように切り離そうかな…

ハマサンゴ
カンザシヤドカリが生息しているハマサンゴ。
照明ガン当てだとどうも調子が悪そうなので
グラッシーレディオを離してみたら、調子が上がりました。
相変わらず、ハマサンゴの好む条件がいまいち掴めません…

そういえば、ブルースポンジが生えてた土台のライブロックを
ムカデメリベ飼育のサテライトに入れていたのですが
ハマサンゴ
ハマサンゴ
これ、ハマサンゴですよね…?
ポルガドットスラッグ(ブチウミウシ)の餌としてブルースポンジを与えた結果、
土台のライブロックが残る訳ですが、こういう丸みのある土台からは
高確率でハマサンゴが生えてきています。
ブルースポンジとハマサンゴは同じ環境が適しているのか?
スポンジが元気なうちは、ハマサンゴはどうやって生き延びているのか?
うーむ、謎ですな。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
人気ブログランキングにも登録しています!
スポンサーサイト

コハナガタサンゴ追加!

30cm海水水槽 214日目
12月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

最近は多肉植物やボトルアクアリウムの話題が多かったので、
海水水槽のネタが貯まってきました。
今回は写真と共に一気に放出したいと思います!

魚が7匹もにぎやかに泳いでいた海水混泳水槽ですが、
白点病のせいでついにプテラポゴン・カウデルニーだけになってしまいました。
前日まで普段どおりだったマンダリンが忽然と姿を消したのはショックで…
テグリはほとんど白点病にならないはずなんですけどね…

ウミキノコも久々に2次ポリプまで全開で、水槽の調子も快調に戻ったんですが
この好調~不調の波の激しさと急激な変動が小型水槽の怖さですよね…。
ナガレハナサンゴなんて購入時の3倍に広がるくらいものすごく好調なんですが
白点病ラッシュの直後なので、当分は魚を追加しないで様子を見たいと思います。
イバラカンザシ水槽改めハゼ水槽の方は、カニハゼ・ミヤケテグリ・オドリハゼと
全個体の生存を確認。カニハゼは元気かどうかさっぱりわからないので心配です。

さて、魚がダメならサンゴだよね!ということで、久しぶりにサンゴを追加~

コハナガタサンゴ
妄想アクアリウム
これは水槽に入れた直後の様子。
LPS(ラージポリプ)のハードコーラル(骨サンゴ)で、
ぷっくり膨らむ半透明の共肉が美しくも可愛らしい種類です。
どこまで膨らむか分からないので、置く場所に困って
クサビライシみたいにとりあえず底砂の上に置きました^^;
妄想アクアリウム
しばらくすると、共肉が膨らんできました。
触った感じもゼリーみたいにプニプニしてます。
まだ小さな個体ですが、レッドにグリーンの色鮮やかなラインが入り綺麗ですね!
コハナガタサンゴにはグリーン、オレンジなどのカラーバリエーションがありますが、
このレッドなんかは入荷数が多くなく、なかなかな値段がします;
メタリックやツートンは余裕で1万円超えますよね…ガクガクブルブル

そんなぷっくり可愛いサンゴですが、このサンゴには裏の顔があって…
消灯後の夜の水槽を覗いてみると
妄想アクアリウム
共肉が縮んで、代わりに触手を伸ばします!
この状態のときに給餌すると、中心の口まで運んで食べるんですよねー。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
給餌した翌日はさらに元気に!
存在感のあるサンゴなので、何個かまとめて主役にしたくなりますね!
(そんなお金に余裕は無いですが…
透明感のあるピンクになるかもっとレッドが濃くなるか、
どういう風に色揚がりして成長するのか楽しみです。

妄想アクアリウム
元はブルースポンジの土台だったライブロック。
この上にコハナガタサンゴを置く予定だったんですが、
なんだかハマサンゴがどんどん広がって接触しそうなので止めました。
ハマサンゴってこんなに早く成長するものですか?うーむ。

妄想アクアリウム
ヒドロ虫に侵食されて骨格が見えているコエダナガレハナサンゴ。
隣のナガレハナサンゴは超元気なんですが、どうしてコエダだけ…?
ヒドロ虫を食べるムカデミノウミウシ導入に失敗したことが本当に悔やまれます。

妄想アクアリウム
濾過を強化してパワーヘッドのメンテを実施したおかげなのか、
飼育水の透明度も上がり水槽も全体的に調子が良いです。
イバラカンザシベースのハマサンゴもフッサフサ!ポリプが茶色で地味だけど。
妄想アクアリウム
拡大してみます。
カンザシヤドカリやクモヒトデが顔を出していますが、
こんなにポリプがフッサフサの絶好調!でも地味だけど。

妄想アクアリウム
芝生の上を散歩するようなグラスシュリンプ。
絵になります。でもサンゴは地味だけど。

妄想アクアリウム
このハマサンゴ、未だによく分からないんですよねー…
20Wのフルスペを意識したLED直下に配置すると調子が悪かったんで
14Wのブルーに換えて直撃を避けるようにすると調子が上がったということは、
浅場じゃなくて深場産なのか?水流も強いより弱めが好みなのか?
よくわかりません。

妄想アクアリウム
私が愛して止まないグラスシュリンプの写真ももっと載せましょうかー。
現在、ソリハシコモンエビが2匹います。
妄想アクアリウム
水質悪化するとニセアカホシカクレエビは即行方不明ですが、
このソリハシコモンエビは生き延びてくれました。
ザリガニ用の餌を入れるとホワイトソックスは飛びついて来るんですが、
ソリハシコモンエビはそんなお下品なことはしません。
っていうか、普段は何を食べてるのか謎です…

妄想アクアリウム
マガキガイに押されて傾いてしまったトサカガキ(貝)ですが、
貝の口が5mmくらい開いてるでしょ??
これが調子の良い証拠なんです!!(地味
飼育難易度の高いトサカガキですが、何度か表面のカイメンが剥がれたものの
とりあえず真っ赤な状態を維持できています。

イエローポリプ
ほぼ毎日給餌してるせいか、どんどん成長するイエローポリプ。

妄想アクアリウム
小さい方のハードチューブはサテライトに入れてたら
砂を掘りまくる共生エビに埋められて弱ってしまい、
鰓冠がこんなに小さくなってしまいました。
ハゼ水槽に避難させて回復を試みます。

妄想アクアリウム
人工餌を食べ終え、ツツウミヅタとイバラカンザシの咲く前で
食後のコーヒーを飲む(?)、ホンヤドカリ。
こいつが問題児なんです。
妄想アクアリウム
タマゴの殻みたいな可愛い貝殻に入っていますが、
行動は全然可愛くありません。
マメスナを齧り、ラセンケヤリを襲ってるところを現行犯で押さえました。
「おまわりさーん、この人です!!」
妄想アクアリウム
購入時は5mmにも満たないミニミニサイズだったのに
3cmくらいになってこんなに凶暴に…
右腕のデカいハサミが恐ろしいですわ。
とりあえず毎日餌を食わせて、空腹で暴れないようにしています^^;
みなさんも、ヤドカリを買うときは注意が必要ですよ。
私も次は大人しいアカツメサンゴヤドカリにするつもりです!

次回のネットラジオ告知
オッサンが壁に向かって1人しゃべるラジオ
http://twitcasting.tv/pinojp/
2013年12月13日(金)22時~
妄想アクアリウム
またツイキャスで生放送やります~。
都合が合わない方は、録音配信もありますので、ぜひ!

にほんブログ村にも登録しました!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 写真ブログ 水族館・観賞魚写真へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

イバラカンザシ考

30cm海水水槽 192日目
11月20日(水)
現在の海水水槽タンクメイト

うちの海水環境は、30cmキューブ水槽を2個連結しているのですが、
イバラカンザシが3群入っています。
・ベースライブロック
・ベースハマサンゴ
・ベースハマサンゴsp.

ライブロックベースのイバラカンザシ
妄想アクアリウム
これは飼育が容易で、3ヶ月経った今でも綺麗な鰓冠を見せてくれるんですが、

ハマサンゴベースのイバラカンザシは…
妄想アクアリウム
 ↓
妄想アクアリウム
導入から2ヶ月ちょっとが経過しました。
イバラカンザシは穴から飛び出してしまうなど、半分以下になってしまいました。
水流が強すぎるんでしょうか?
水流が弱いとハマサンゴの凹凸にデトリタスが溜まってしまって
そのまま放置するとその部分が白化してしまうので…

下の写真、実はハマサンゴのポリプはわさわさ広がってるんですよ。
真上の照明を20Wから14Wに変更したり試行錯誤して、調子が戻りました。
ただし、あんなに鮮やかなグリーンだったのが、すっかり地味な茶色に!
でもこれは褐虫藻の色ということなら、そう悪いことではない?
それともまだ照明が強すぎたのか?うーむ、SPS初心者の私にはわかりません。

共生してるカンザシヤドカリは元気です。
一番大きくて元気なカンザシヤドカリの姿が見えなくなって心配していたら、
死んだイバラカンザシの穴に引越ししてました。
イバラカンザシが減った方がカンザシヤドカリには良い環境なのか…?
まだまだこれからも情報と経験を積み重ねていきたいと思います!

前回の記事に登場したテールスポットブレニー
妄想アクアリウム
土管の中で寝てる姿を撮影しました!
妄想アクアリウム
毎日、土管に戻ってきて中で休んでいます。
聞いていた通り、ブレニーは見てて飽きない魚ですね!
ブレニーがLPSを食べるという情報もありますが、
うちでは今のところ何の問題もありません。

イエローポリプ
イエローポリプはものすごく調子が良いです。
「水槽導入直後は毎日給餌して早く調子を取り戻させた方が良い」
という先人の情報通りでしたね!
魚用粒餌でも冷凍餌でもクリルでも何でも食べるので、
給餌さえできればとても飼育が簡単なサンゴだと思います。

さて、夜中に出現した謎の生物については、
見たい人だけ↓の「続きを読む」をクリック!

それはまぎれもなく奴さ

30cm海水水槽 124日目
9月12日(木)
現在の海水水槽タンクメイト

まずは…奴と決着をつけねばなるまい…
妄想アクアリウム
サボテングサの間に、こんなデカいカーリーが生えてやがったぜ…
妄想アクアリウム
スチャッ
妄想アクアリウム
ズドーン
妄想アクアリウム
サイコガンは心で撃つもんなんだぜ

左手のサイコガン(アイプタシアX)が(脳内で)火を噴いて、
奴をぶっ倒してやったぜ。

寝る前、ふと水槽を覗いてみると…マメスナの間に奴が!
マメスナのポリプが閉じてる夜間なら、被害が最小限に抑えられるかもしれん。
妄想アクアリウム
ズドーン
妄想アクアリウム
奴は蒸発した。
妄想アクアリウム
「な、なにがあったんだよ」
っていう感じでマンダリンが覗きに来ています。

ふーっ。これで一安心。と思ったのだが…

まだまだすぐに隠れてしまいますが、
イバラカンザシ・カンザシヤドカリが姿を見せ始めました。
妄想アクアリウム
ハマサンゴはSPS(ポリプの短い石サンゴ)なんで、調子がよく分かりませんが
これで一応ポリプが開いているのかな?

カンザシヤドカリの1匹が動かない。
あれ、調子が悪いのかな?と思ってじっと見ていると、穴から這い出す動き。
ええっ!?穴から出るのか!?と思ったら、なんと脱皮でした!
妄想アクアリウム
まるで上着を脱ぎ捨てるように古い皮を放り投げました。
鳥の羽根のような第二触角も脱皮しています。
カンザシヤドカリは穴から出ずに脱皮するのか。
でも、抜け殻は上半身だけ。下半身は脱皮しないのか?
水族館でも見られないような、貴重な瞬間を目撃しました。

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
カンザシヤドカリはこんな風に第二触角を伸ばして
水中のプランクトンを捕まえて食べています。
カンザシヤドカリの餌としては活ブラインシュリンプが最適ですね。
スポイトの影に怯えてすぐに隠れてしまいますが
ブラインが流れてくると、身を乗り出して食べに来るのが可愛いです。

カンザシヤドカリは全部で7個体もいることが判明!
左の棲管から2本の触手を伸ばしているのはゴカイの仲間かヘビガイか。
調べてみると…サンバンセツバサゴカイなんでしょうか?
他にもクモヒトデが住み着いている穴もいくつかあります。
このハマサンゴは、いろんな生き物たちのマンションですね!

こんな感じで眺めていると、イバラカンザシのフタに、禍々しい物体が…
これは…カーリーかよ!しかも3つも!
「フフフ…いいのか?俺を撃つと、下のイバラカンザシも死ぬぞ?」ってことか?
てめぇ…人質とは汚ねーぞ…
ピッコロさんのようにゴクウごと魔貫光殺砲で撃ち抜くべきなのか!?
しかし、イバラカンザシは水槽内では繁殖しないので、
死んでしまうと取り返しがつかない。うーむ。
こんな場所にすらカーリーが生えるとは…恐ろしい生物です…

カンザシヤドカリ

30cm海水水槽 122日目
9月10日(火)
現在の海水水槽タンクメイト

どうも。マニアック生体の話題ばかりな海水水槽の時間ですよ!

現在の海水連結水槽全景
妄想アクアリウム
海水にもスポットLEDGrassy LeDio RS122を付けました!
浅場のスペクトラルを意識してリーフホワイトをチョイス。
もうやめて遊戯!財布の中身はとっくにゼロよ!

左側の新水槽で気になるのが…
妄想アクアリウム
白化したスポンジ周辺に積みあがった白いモヤモヤ、
いったい何だと思いますか?
これ、全部ウミウシのウンコです!!!
わずか数日間でどんだけ食ってどんだけウンコしてんだよ…
デトリタス掃除要員のマガキガイを入れてみましたが、
ウンコまで掃除してくれるかどうか不明…

コレを入れるために水槽拡張までしたんです。
遂に到着したのが↓
ハマサンゴ+イバラカンザシ+カンザシヤドカリ
妄想アクアリウム
SPSハードコーラルのハマサンゴの育成には
ミドリイシに匹敵する環境が必要との情報…
ライトを増やして照明を強化したのはそのためなんです。
戦いは数だよ兄貴!
ミドリイシと言えば、難関サンゴの代名詞。
自分に上手く飼育できるかどうか自信はありませんが、
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ベースとなるハマサンゴに
イバラカンザシ 15個体
カンザシヤドカリ 5個体
が共存しています!!
こんな素晴らしい個体に巡り会えるなんて!!
やるしかないです。
全精力を傾けて頑張ります!

ここでおさらい。
イバラカンザシとは…
海中生物図鑑-イバラカンザシ Spirobranchus giganteus
イバラカンザシ(ウィキペディア)

カンザシヤドカリとは…
串本海域公園-カンザシヤドカリ

ダイバーの間では、イバラカンザシとカンザシヤドカリは
観察対象や被写体としてそこそこ有名だと思います。
けれど、熱帯魚ショップで販売されているかというと、超レアです。
イバラカンザシは大手ショップでたまに入荷されていますし
購入するのもそんなに難しくないですが、
カンザシヤドカリとなるとそうそう見つかりません。
こんなにたくさんの個体となると、数年に一度も無いんじゃないですか?
まあ、イバラカンザシとカンザシヤドカリを好き好んで
飼おうという人がそれだけ少ないだけかもしれませんけどね!^^;

妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
手持ちのレンズではこれが精一杯…
透明度が高いADAガラス水槽でもこれが限界。
マクロレンズが欲しいけど、仕事用デジカメを買い換えたり
出費がかさみすぎて到底そんな余裕はありません;

妄想アクアリウム
カンザシヤドカリはこんな感じで住み着いています。
触覚を振り回して水中プランクトンを捕まえ、
それをハサミで拭ってパクパク食べます。
この動きが本当に面白いんですよね~。ずっと見ていて飽きません。
妄想アクアリウム
触覚を振り回すスピードは意外に素早く、
低速シャッターではブレてしまいます。
今まで1/125秒程度で撮影していましたが、
カンザシヤドカリ相手ではもっと高速にする必要がありますね。

水槽導入直後なんで、ちょっと水槽の前を横切るだけで
イバラカンザシもカンザシヤドカリも一斉に穴の中へ逃げ込んでしまいます。
スポイトで給餌も試してみたんですが、
やっぱり影が見えるとすぐ引っ込んでしまいますね。
慣れてくれば、カンザシヤドカリはスポイトに寄って来て
人工餌のメガバイトなども食べてくれるらいしいので、それも楽しみ。

ここで疑問。
ヤドカリは分かりますが、イバラカンザシについてはどうなんでしょうか?
カンザシゴカイ=ケヤリムシの仲間にどれだけ知性があるのか分かりませんが、
妄想アクアリウム
以前に導入したイバラカンザシはすっかり水槽に慣れたのか、
魚が鰓冠に接触しようがヤドカリが上を歩こうが、全然引っ込まなくなりました^^;

妄想アクアリウム
以前は臆病そうにライブロック後ろに隠れていたのに
堂々と表に出てくるようになったプテラポゴン・カウデルニーさん。
水槽にスポイトを入れると一目散に逃げていたのに、
最近ではスポイトにぶつかる勢いで餌を食べに来ます。

海水魚は一部を除いてワイルド(野生種)なので、
人間に慣れることはあっても懐くことはまずありません。
しかし、私の姿を見かけただけで水面にワラワラ寄って来る
ベラやクマノミ達を見ると、嬉しい反面、「お前らは池の鯉かっ!」
「野生を失うな!」とツッコミ入れたい思いでいっぱいです。

妄想アクアリウム
ハマサンゴと一緒に、ブルースポンジも購入しておきました。
例によってウミウシの餌用ですが、すぐには与えません。
食べられないようにウミウシとは別水槽でストックしておきます。
ウミウシは1週間程度の絶食は平気そうなので、
タイミングを図って与えたいと思います。

ブルースポンジは、いつでもショップで購入できる訳ではありません。
もしタイミング悪く数ヶ月購入できなかったりすると、
餌が無いウミウシは小さく縮んで消滅してしまうでしょう。
なので、買える時に買ってストックしておこうと思います。

苦手な人もいると思うので、
ウミウシの写真は追記にて↓

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。