FC2ブログ

モッスモスにしてやんよ(あげる)

淡水水槽 177日目
12月26日(木)
現在の淡水水槽タンクメイト

ベタちゃんに引越ししてもらった20cmハイキューブ水槽。
リセットこそしませんが、小型魚&エビ混泳水槽として生まれ変わります!
ベタが居たときは、小魚は怖がって一切出てきませんでしたからね。

まずはエビをお迎えする準備として、
エビが大好きなウィローモスを流木に巻きつけることにしました。
今までは巻きつけ済みを購入していたので、これが初チャレンジ。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
モッスモスにしてやんよ。
ウィローモスって、ご飯にかけて食べたら美味しそうな匂いしますよね?
(食べませんけど
妄想アクアリウム
つるピカハゲ丸に頭髪を植毛するように。
こんなにモスがフッサフサ!

そして、ずっと気になっていた青い淡水エビをついに導入。

ベルベットブルーシュリンプ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ルリーシュリンプの体色が青い種類です。
届いたばかりの水合わせ中でもこの綺麗な青さ!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
せっかくなんで、エビ撮影会してみましたが、
標準レンズではこれが限界…
またマクロレンズでも撮ってみたいと思います。

魚も追加して、こんなスペックとタンクメイトに。

水槽:GEXグラステリアキューブ200H(200×200×350)
濾過:スポンジフィルター+バブルストッパー
照明:Grassy LeDio RS122
   フレッシュホワイト(10,000K)21W
底材:マスターソイルHGブラック
添加剤:テトラ アクアセイフ、テトラ バイタル
餌:テトラ リッチフレーク、日動 メディフィッシュ

生体:
・ボララス・ブリジッタエ×8
・ミクロラスボラsp ハナビ×4
・スカーレットジェム×1
・ヤマトヌマエビ×約6
・ベルベットブルーシュリンプ×9
・カラー石巻貝×1
・シマカノコガイ×2

魚は動きが早すぎるので、一眼レフデジカメで動画をテスト撮影してみました。

動画形式の関係で、視聴サイズが違ってしまったか…
標準レンズだとこれ以上寄れないし、
グリップ無しだと持ちづらくて本当に手ぶれが酷い。
マクロレンズ+グリップか、ビデオカメラで撮り直したいですね。

赤の体色が綺麗なボララス・ブリジッタエは、性格もおとなしく
表層まで泳いで餌を食べてくれるし、本当にいい子です。
以前飼育していたラスボラ・アクセルロディがガサツな一面がありましたが、
ブリジッタエはそんな下品な泳ぎ方はいたしません。
群れるし給餌でもケンカしないし餌付けもいいし、マジでオススメです。
最大でも3cm程なので、小型水槽でも十分に群泳を満喫できます!

ミクロラスボラsp ハナビは臆病な性格でほとんど見ることができなかったんですが、
ベタと離して複数飼育にすることにより、表に出てくるようになりました。
メタリックのボディにキラキラ煌く金色のスポットは、思わずうっとりする美しさ。
性能の良い照明を導入すると、魚の色彩を最大限に鑑賞できるんですよ!
ハナビもおとなしく、ブリジッタエを突くこともありません。
中層を好むのか、ブリジッタエより少し下を泳ぐことが多いです。
大型水槽にハナビ単独飼育というのも浪漫がありますね~。
それくらい見ごたえがある、小さくても主役になりうる魚です!

スカーレットジェムはソイル近くの底層を住みかとするので、
目にする機会はあまり多くありません。
人工餌に餌付きにくい種類の魚なので、
活ブラインを与えてみたらすぐに食べました。
ブラインに誘われてやってきたハナビに対しては
激しく追い払うので、結構気性が荒いのかもしれません。
しかし、深さのあるハイタイプ水槽だと底層の魚へ
ピンセットで冷凍赤虫を与えるのはかなり困難ですね…
メディフィッシュに餌付いたという情報もあるので、色々試してみます。

にほんブログ村にも登録しています!
にほんブログ村 観賞魚ブログへにほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へにほんブログ村 観賞魚ブログ ボトルアクアへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



淡水でも混泳に挑戦!

20cm淡水水槽立ち上げ 40日目
8月10日(土)
現在の淡水水槽タンクメイト

淡水はベタ専用としか考えていなかったんですが、
20cmハイキューブのレイアウトを考えているうちに、
脇役として小さな魚を入れることを検討し始めました。
ベタは東南アジア産なので、ネオンテトラのような南米産カラシンを入れると
水草との統一感がなくなるなぁ、と思いつつ魚を探していると、
東南アジア産のラスボラ(コイの仲間)が適任という結論に!

さっそく、淡水でも混泳に挑戦してみたいと思います。

ボララス・ブリジッタエ
妄想アクアリウム
体長は1.5~2cm程度でしょうか。
赤味を帯びた体色とピンと立った背びれが特徴的。

ラスボラ・アクセルロディ ブルー
妄想アクアリウム
体長は2cm程度。
ブリジッタエよりも性格が強いようで、投入直後から水槽前面に出てきます。
水質に敏感な種類なので、今後も気をつけて注視していきます。

ドラキュラ・ダニオ
妄想アクアリウム
牙のような特徴があるだけで、血を吸ったりしないですよw
透明な身体は、食べたエサまで透けて見えるそうです。

ミクロラスボラsp ハナビ
すぐに水草に隠れてしまい、写真がありません…
餌も食べているかどうか(見えないので)不明。
早く環境に慣れて欲しいものです。

これで淡水水槽も、かなり様になってきた!(気がします)
超小型ラスボラとはいえ2cm前後の魚ばかりなので、
体長5.5cmのベタの口には入らない、と信じています…

投入から2日経ち、活ブラインシュリンプには反応するようになりました。
一旦口に入れても吐き出してしまいますが、
モグモグしてるので一応は食べている様子。
しかし、ドラキュラ・ダニオは食べてる様子が無い。
アクセルロディも痩せやすいと聞いているので、
淡水も餌付けの戦い開始ですね。頑張ります!
餌付いて落ち着いたら、主役のベタを入れようと思います。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】