スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ!

30cm海水水槽 183日目
11月11日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

現在の水槽全景
ライブロックやサンゴがギュウギュウ詰めに入っているので、
もうこれ以上追加できそうにありません^^;
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
フタをプラ製からガラス製に変更しました。これで透明度も質感もアップ!
しかし、密閉ではないので飛び出し事故が心配…

さて、リベンジシリーズの続きは…

ハタタテハゼ
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
私が一番最初に飼育した海水魚で、最も好きな魚の1つです。
そして悲しいことに、一番短い期間で死んでしまった魚でもあります。
体長は前回と同じく6cm程度。
今度は以前よりハタもピン!と立ってて状態も悪くなさそうです。
しかし、写真を拡大してみるとちょっと痩せてるかも…
臆病なのでスポイトを見ると逃げてしまいますが、何とか早めに餌付けたいところ。

ハタタテハゼは初心者向けと言われていますが、
・ものすごく臆病で強気の魚が居ると引き篭もって弱りやすい
・驚くと水槽から飛び出しやすい
これらの理由でなかなか長期飼育が難しい魚でもあります。
大人しいプテラポゴン・カウデルニーがちょっと近づいただけで
ハタタテハゼがびっくりして水面から飛び上がってしまいました。
水槽中央付近だったので事なきを得ましたが、ベラとは違う理由で
飛び出し事故に細心の注意を払う必要がありそうですね…

ロイヤルグラマ
妄想アクアリウム
白点病で落ちてしまったロイヤルグラマを再挑戦。
今回も隔離ケースに入れて、しばらく様子を伺う戦略。
初日から人工餌を食べてくれて、なかなか期待できそうです。
妄想アクアリウム
見つめあう2人(?)

現在の水槽の状態は決して良いとは言えないのですが、
キイロサンゴハゼの白点病も治癒し、
ちょうどショップに小さめサイズが入荷直後だったので。
臆病なハタタテハゼが環境に慣れてから、ロイヤルグラマを解放します。

共生ハゼの近況。
今のところ、オドリハゼもダンスゴビーシュリンプも元気。
しかし…

サテライト
妄想アクアリウム
たった数日でこんなになってしまいました。
情報どおり、共生エビは底砂を掘りすぎ!!
完全に地形を変化させるくらい掘り進み、左端はサテライトの底に達しています。

イバラカンザシ水槽
妄想アクアリウム
底砂の色が変わってる部分が、今までの表層です。
その上に積もった砂は、ダンスゴビーシュリンプが掘り出した量。
土台ライブロックが傾かないか心配になってきます。

他のタンクメイト紹介

ナガレハナサンゴ(蛍光グリーン)
妄想アクアリウム
チョウジガイ系ハードコーラルが好きなんですよね~。
イバラカンザシ水槽にもナガレハナサンゴを追加しました。
うちの環境に合っているようで、2つとも大きく広がっています。
いつもこの上にニセアカホシカクレエビが乗っかっています。

イエローポリプ
妄想アクアリウム
以前、ライブロックに発生したヒドロ虫を誤認していましたが、
これが正真正銘のイエローポリプです!
ショップで値段を尋ねてみると「小さいから1,000円でいいよ」とのことで
予定に無かったですが即購入してみました。
イエローポリプは飼育が簡単・難しいと意見が分かれるサンゴですが、
きっちりこまめに給餌すれば大丈夫なんじゃないかと考えています。

その横に写っているのは
ハードチューブ
妄想アクアリウム
大きな鰓冠を広げるハードチューブを衝動買いしてしまいました。
これだけ大きいと、さすがに存在感と迫力があります。

リベンジの魚ともども、元気に暮らしてくれるように頑張ります!
スポンサーサイト

謎の生き物

30cm海水水槽 85日目
8月5日(月)
現在の海水水槽タンクメイト

うちのポルカドットスラッグ(ブチウミウシ)君は今日も元気です。
妄想アクアリウム
餌のブルースポンジにむしゃぶりついて(?)ました。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
思ったより、食べるのが早いです。数日でこの状態に。
その間、ブルースポンジの上から一歩も動きません^^;
妄想アクアリウム
2日間不在の間に、ブルースポンジが半分以上真っ白に!
こうなってしまっては、ウミウシも餌と認識していないようです…
妄想アクアリウム
この翌日にはほとんどの部分が真っ白になってしまいました…
キーパー不在時の急速な水質悪化とはいえ、
スポンジは状態が不調になるとあっという間に全滅してしまいますなぁ;
妄想アクアリウム
また水槽の中を徘徊し始めて、キイロサンゴハゼを追い出して
隔離ケース上の空間を占領してしまいました^^;

ウミウシの生態は謎に包まれていますが、思うに
餌を求めてひたすら歩く→餌を見つけると食べれるだけ食べる
→餌が無くなると再び放浪の旅へ
こんな感じなのかと推測。
ウミウシは究極に偏食なので、自然界でも餌を見つけるのが困難でしょうから。
このポルカドットスラッグも、ブルースポンジしか食べません。
他の色のスポンジじゃダメなんです。味が違うのだろうか…

陰日性サンゴのオオトゲトサカも調子は悪くないみたいですが
妄想アクアリウム
縮むと、こんなに小さくなるんですね。
膨らんだ時と大きさの差が激しすぎる^^;

他のサンゴもやっと調子が戻りました。
妄想アクアリウム
ナガレハナサンゴとイソギンチャクモエビ。
こういうシーンが見られるのがほんとキーパー冥利に尽きます。
イソギンチャクモエビは2匹しか居なくなってしまったから、
また追加で投入しようかな。

ここからは、水槽内で発生した謎の生き物。
見たい人だけ「続きを読む」をクリック↓

マーブルサロンシュリンプ隔離

30cm海水水槽 64日目
7月15日(月)

現在の海水水槽タンクメイト

前回に書いた、ナガレハナサンゴをタッパーで守る作戦、
一晩でマーブルサロンシュリンプがあっさり捕まりました!
妄想アクアリウム
すぐに隔離ケースに入れます。
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
ユーモラスな体型と鮮やかな紫色の脚を持つおとなしいエビなんですがね。
サンゴさえ食べなければ良きタンクメイトになっただろうに。
妄想アクアリウム
隔離ケースのせいでライトが当たらなくなったナガレハナサンゴが
嫌がってポリプを偏らせています^^;
妄想アクアリウム
何度見てもミステリアスなサンゴですよね~。
食害された部分は復活できるかわかりませんが、
大事に育てていこうと思います。

妄想アクアリウム
隔離中にちょっと実験。
マーブルサロンシュリンプはモエビの仲間ということで
海藻(ホソジュズモ)を食べるかテストしてみました。
結果:食べる!
けれどかなりゆっくりだし、飛びつくほど好物ではない模様。
ザリガニ用人工餌に餌付けも成功しました。
こいつ、隔離中の方が贅沢な暮らしができてる気がします…^^;

現在の30cmキューブ海水水槽全景
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
だんだん過密飼育になってきましたが、サンゴも魚も調子が良くて
美しい姿を見せてくれています!
妄想アクアリウム
水換えの度にポリプを閉じてしまうくらいデリケートな
ツツウミヅタ(写真下側の白い花のようなサンゴ)も調子が良くて満開です。
写真上部、ヒメシャコガイもとりあえず現状は調子は良さそう。
14W+7WしかないLED照明で果たして飼育できるのか疑問だったんですが、
今は問題無さそうで一安心。シャコガイ買うときに
「ああ~、ケチらないで20WマルチスペクトラルLEDを買えば良かったかな~」
とちょっと後悔したんですが、白+青のLEDでもイケてます!

プリンセスモノクルブリーム

30cm海水水槽 60日目
7月11日(木)

現在の海水水槽タンクメイト

海水水槽にも魚を追加しました!
プリンセスモノクルブリーム
妄想アクアリウム
キツネウオの一種で、別名:バナナフィッシュ・ヤエヤマキツネウオ・パープルリーフ
以前から狙っていた魚なので、ショップから入荷案内が届いたらすぐ注文。
運送会社の手違いで届くのが遅れましたが、猛暑の中にも関わらず元気。
今回も水合わせに1時間以上かけ、飼育水も4リットルくらい使いました。
水合わせ失敗で絶対に死なせません!
プリンセスモノクルブリーム
鮮やかなイエローのラインが美しく目を惹きます。
魚が複数になると、一気に水槽が華やかになりますね。
大きさは5cmほど。平たい身体のデバスズメダイと違い、
円柱形をしているのでかなり大きく感じます。
しかし、先住のデバスズメは3cmほどしかないのに
自分より大きなプリンセスモノクルブリームを追い掛け回す!
スズメダイの中では温和な種類と言っても、
同じ上層遊泳型が来たら、縄張りを主張するのが当然か。
妄想アクアリウム
プリンセスモノクルブリームは大人しいですが、臆病ではないですね。
ハタタテハゼのようにライブロックに隠れることもなく、
水槽投入直後からさかんに餌を探しています。
デバスズメとの違いは、ライブロックや底砂をつつくことですね。
いきなり小さなケヤリムシを食べてしまいました(泣
口の大きさ的にイソギンチャクモエビは食べられないだろうし、興味もないみたい。
この辺りの習性は、実際に飼ってみないと分からないですね。

先日にスタートしたクロレラ培養ですが
妄想アクアリウム
これは7月9日の写真です。
大きなペットボトルが太陽光が当たる場所に設置した分、
小さなペットボトルは室内の蛍光灯のみです。
たった数日でこれだけの差が生まれました。
海水水槽のサテライトに、毎日少しずつ投入して、コポペーダの餌にしています。

ゆっくり沈むタイプの餌だと魚に全部食べられてしまい
エビに餌が回ってるかどうか心配だったので、沈降性の餌を探していたのですが、
妄想アクアリウム
実はこれが使えるんじゃないかと!ものすごく安いし。
妄想アクアリウム
予想に反して、すぐさま反応したのはイソギンチャクモエビ。
横取りされないように、餌を抱えて逃げていきますw
エビやヤドカリ達が集まってきます。
なにしろ、うちは小型水槽なのにエビが7匹も居ますからね!
妄想アクアリウム
匂いに惹かれたのか、久々にテッポウエビも姿を見せました。
後ろのサンゴモエビは4cmくらいに成長していますが、小さいな…
こんな小さなテッポウエビに6cmのハタタテハゼが捕食されたとは
今でも信じられない気持ちなのですが…;

現在、養生中のナガレハナサンゴ。
妄想アクアリウム
タッパーで囲んで、これ以上食害されないようにしています。
もしマーブルサロンシュリンプが食べに来たら
妄想アクアリウム
隔離グッズは万全です!w

クロレラ培養

30cm海水水槽 54日目
7月5日(金)

クロレラの培養を始めました!
妄想アクアリウム
クロレラの種水を購入して、プラケースやペットボトルに分けて
真水を足して繁殖させていく計画です。
青いボトルは、水性肥料のハイポネックス。
培養したクロレラの用途としては、ベタ水槽の亜硝酸対策と、
海水水槽のサテライトに入れてコペポーダの餌にするつもり。
プラケースは、自然光有り・空調有り(約30度)
ペットボトル大は、自然光有り・空調無し(約35度)
ペットボトル小は、蛍光灯下・空調有り(約25度)
この3箇所に設置して、増え具合を比較してみます。
しかし、アクアリウムというよりどんどん研究所みたくなってきましたねw

マーブルサロンシュリンプがナガレハナサンゴの上でツマツマ…
サンゴを食ってる可能性があるので、とりあえず追っ払いました^^;
エビは飢えるとこの危険性があるからなぁ。
水質向上のために餌付けを極少にしてたんですが、
デバスズメの寝ている夜にやってみることにしました。
沈降しやすいように粒を砕かないでそのまま。
しかし、餌の匂いですぐデバスズメが起きて食べ始めました^^;
でもいくつかは沈降したようで、レアキャラのソリハシコモンエビが出てきました。
ツツウミヅタの間に腕を突っ込んで餌を探している様子。
これはサンゴを食べてる風じゃないので安心かな。
エビ用に沈降性餌を買った方が安全そうです。
そうすれば夜中の餌付けも楽しそうですね!

消灯後に餌を入れると、ソリハシコモンエビが観察できます!
妄想アクアリウム
妄想アクアリウム
アクアリウムというより、生物観察記になってきてる気が…w
自分で購入した生体なのに、なかなか見ることすらできないという
これが海水水槽なんですけどね!

ナガレハナサンゴからまた触手が…
妄想アクアリウム
消灯後はウネウネと触手伸ばしまくっています。
妄想アクアリウム
このときにクリル(オキアミ)を与えたら食べるのかな?

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。